フローラステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年4月24日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 定量(牝54kg)
出走数 18頭
天気 曇り参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

定量の東京芝2000mという力が出し切れそうな舞台ですが、意外と荒れています。過去10年では、穴馬の好走が目立ち、3連単10万馬券超えの配当になったのは、4回あります。

  • 2014年1,088,940円
  • 2012年163,970円
  • 2011年1,131,690円
  • 2006年686,860円

このうち2回で100万馬券超えの大荒れです。今年も一筋縄ではいかないレースになるかもしれませんね。

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
フローラステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 5 シングウィズジョイ 2 君子蘭賞(500万) 1着(-0.1)
2 6 ディアマイダーリン 1 フラワーC(G3) 3着(0.2)
3 1 マキシマムドパリ 3 君子蘭賞(500万) 2着(0.1)
2014 1 2 サングレアル 4 福寿草特別(500万) 4着(0.6)
2 5 ブランネージュ 6 君子蘭賞(500万) 1着(-0.2)
3 17 マイネオーラム 13 フラワーC(G3) 6着(0.5)
2013稍重 1 12 デニムアンドルビー 1 未勝利(阪神芝2000m) 1着(-0.3)
2 10 エバーブロッサム 2 フラワーC(G3) 2着(0.0)
3 6 ブリュネット 9 未勝利(阪神芝1800m) 1着(-0.2)
2012 1 6 ミッドサマーフェア 1 君子蘭賞(500万) 1着(-0.6)
2 10 アイスフォーリス 2 ミモザ賞(500万) 2着(0.0)
3 5 ダイワデッセー 18 梅花賞(500万) 6着(2.7)
2011 1 8 バウンシーチューン 9 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.2)
2 1 マイネソルシエール 15 500万(阪神芝1800m) 9着(0.9)
3 5 ピュアブリーゼ 3 500万(阪神芝1800m) 2着(0.1)
2010 1 15 サンテミリオン 1 フラワーC(G3) 3着(0.4)
2 5 アグネスワルツ 4 白菊賞(500万) 1着(-0.3)
3 14 ブルーミングアレー 2 クイーンC(G3) 5着(0.8)
2009 1 16 ディアジーナ 2 フラワーC(G3) 2着(0.1)
2 12 ワイドサファイア 3 毎日杯(G3) 7着(0.3)
3 15 ハシッテホシーノ 4 500万(東京芝2400m) 1着(-0.2)
2008 1 8 レッドアゲート 1 フラワーC(G3) 2着(0.0)
2 4 カレイジャスミン 6 フラワーC(G3) 6着(0.6)
3 14 キュートエンブレム 8 未勝利(中京芝2000m) 1着(-0.2)
2007 1 2 ベッラレイア 1 あざみ賞(500万) 1着(-0.3)
2 3 ミンティエアー 4 ミモザ賞(500万) 3着(0.0)
3 10 イクスキューズ 3 桜花賞(G1) 5着(1.0)
2006 1 3 ヤマトマリオン 10 忘れな草賞(OP) 5着(0.4)
2 2 ブロンコーネ 8 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.5)
3 9 アクロスザヘイブン 4 未勝利(中山芝2000m) 1着(-0.2)
①内枠

2009年、2010年、2013年など、外枠の馬が好成績だった年もありますが、傾向としては、内枠が優勢という印象です。2010年以降、人気を問わず、6年連続3枠の馬が馬券圏内に来ています。

②前走重賞

過去10年のフローラステークス3着以内の30頭中10頭を占め、そのうち7頭がフラワーCです。前走フラワーC以外は以下3頭ですが、ともに人気を集めた馬でした。

  • 2010年3着ブルーミングアレー(2番人気)
  • 2009年2着ワイドサファイア(3番人気)
  • 2007年3着イクスキューズ(3番人気)
③前走芝1800m~2000m

過去10年のフローラステークスで3着以内だった馬の前走を距離別に分けると、以下のようになります。前走1800m~2000mだった馬が過去10年3着以内30頭中25頭を占めます。

  • 前走1800m 18頭
  • 前走2000m 7頭
  • 前走1600m 3頭
  • 前走2400m 2頭

馬券予想

3着以内と考えると、抜けた馬がいないので、かなり多くの馬にチャンスがありそうです。中でも好相性の前走フラワーカップ2016の馬は押さえたいです。

②ゲッカコウ

前走フラワーカップ2016では本命評価にした馬です。どこか強さを感じない馬ですが、しぶとい脚は魅力ですね。成績からは、小回りコースの方が良いように思いますが、デビュー3戦目の百日草特別2015(東京芝2000m)では、牡馬相手に3着に食い込んでいます。

2勝かつ重賞2着という実績ですし、メンバー中、唯一の前走フラワーカップ2016組です。ここは押さえたいところです。

⑤ショコラーチ、⑥アウェイク

6年連続で馬券圏内に来ている3枠の2頭です。2頭とも下位人気確実で、実績的にも「買い難い」です。どちらか1頭を選ぶとすれば、⑥アウェイクでしょうか。フローラSは、前走芝1800m~2000mの馬が好成績をあげています。とは言いつつも、前走500万(フリージア賞2016)で大敗しているので、やはり積極的には狙い難いです・・・。

⑪パールコード

前走は芝2000mの500万(ミモザ賞2016)を完勝しました。私見ですが、VTRを見る限り、2着ジェラシーの方が強そうに思えました。ただ、2走前のつばき賞2016は、ナムラシングンの3着です。ナムラシングンは、若葉S2016 2着→皐月賞2016 7着という実績の馬です。⑪パールコードは、そのナムラシングン相手に0.2秒差の3着ですから、ここでは上位争いの1頭ではないでしょうか。

⑱チェッキーノ

2連勝中、3戦連続上がり最速、全兄コディーノと、勝ち負け争いしそうな条件が揃っています。大外枠というのは少し気がかりですが、前走アネモネS2016(芝1600m)ということを除けば、「買い」だと思います。

買い方

◎②ゲッカコウ

○⑪パールコード

▲⑥アウェイク

沢山勝っても当たる気がしないので、3頭まで絞りました。本命は、好相性の前走フラワーC2016組から②ゲッカコウにしました。内枠、重賞連対実績と条件が揃っているので、好走を期待したいです。その他、前走ミモザ賞2016を完勝した⑪パールコード、6年連続で馬券圏内に来ている3枠から⑥アウェイクを押さえました。

3連複◎-○-▲ 計1点

ワイド◎-○ 計1点

合計2点

結果

馬券的には、2着、3着、8着でした。

本命◎ゲッカコウは8着でした。

フローラステークス2016
着順 馬番 馬名 前走
1 18 チェッキーノ アネモネS(OP) 1着(-0.2)
2 11 パールコード ミモザ賞(500万) 1着(-0.2)
3 6 アウェイク フリージア賞(500万) 8着(1.8

3連単228,510円という波乱の決着になりました。

結果的にはニヤピンでした。ゲッカコウは、出負けして後方からの競馬になってしまいました。最後も大外をぶん回して、届かずという内容でした。「1枠をロス無く、中段より前目で」というイメージで本命にしたのですが、こればっかりは仕方ないですね。

アウェイクは13番人気3着に好走しました。これで、7年連続3枠の馬が好走し続けたことになります。来年も要注意の枠です。

大外枠から勝ったチェッキーノは、強かったです。オークス2016を意識してしまうような強さでした。ただ相手関係だけ見ると、桜花賞2016のメンバーと比べると一枚下というのは確実なので、本番では桜花賞2016組が中心になりそうです。

1~3着馬の次走情報