マイラーズカップ 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年4月24日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 15頭
天気 参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

2012年から、京都競馬場開催になりました。開幕週になるので、逃げや先行勢には注意が必要になると思います。

過去10年では、穴馬の好走が目立ちます。3連単10万馬券超えの配当になったのは、3回あります。傾向としては、穴馬が馬券圏内に来るものの、配当的にはあまり付かない年が多いです。

  • 2013年137,990円
  • 2011年1,234,360円
  • 2007年281,610円

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
マイラーズカップ2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 15 牡5 56 レッドアリオン 8 洛陽S(OP) 1着(-0.2)
2 4 牡6 56 サンライズメジャー 5 スワンS(G2) 2着(0.1)
3 7 牡6 56 フィエロ 1 香港マイル(G1) 9着
2014 1 4 牡5 56 ワールドエース 3 白富士S(OP) 5着(0.4)
2 5 牡5 56 フィエロ 1 六甲S(OP) 1着(-0.4)
3 12 牡5 56 エキストラエンド 2 東京新聞杯(G3) 2着(0.2)
2013 1 17 牡5 57 グランプリボス 5 香港マイル(G1) 12着
2 14 牡4 56 サンレイレーザー 8 六甲S(OP) 2着(0.0)
3 12 牡5 56 ダノンシャーク 3 京都金杯(G3) 1着(-0.4)
2012稍重 1 17 牡7 56 シルポート 3 中山記念(G2) 2着(0.1)
2 3 牡4 56 ダノンシャーク 6 東京新聞杯(G3) 5着(0.5)
3 6 牡5 56 コスモセンサー 7 東京新聞杯(G3) 2着(0.0)
2011(阪神) 1 17 牡6 57 シルポート 7 大阪城S(OP) 6着(0.4)
2 7 牡5 57 クレバートウショウ 14 六甲S(OP) 2着(0.1)
3 11 牡5 57 ダノンヨーヨー 1 東京新聞杯(G3) 7着(0.3)
2010(阪神) 1 18 牡4 57 リーチザクラウン 3 フェブラリーS(G1) 10着(2.7)
2 2 牡4 57 トライアンフマーチ 6 ダービー卿CT(G3) 10着(0.8)
3 12 牡5 58 キャプテントゥーレ 5 AJCC(G2) 11着(1.9)
2009(阪神) 1 3 牡6 58 スーパーホーネット 1 香港マイル(G1) 5着
2 5 牡8 58 カンパニー 3 中山記念(G2) 1着(-0.0)
3 10 牡4 57 スマイルジャック 9 東京新聞杯(G3) 3着(0.5)
2008(阪神) 1 3 牡7 58 カンパニー 1 中山記念(G2) 1着(-0.3)
2 11 牝4 55 ニシノマナムスメ 8 中山牝馬S(G3) 4着(0.3)
3 6 牡6 58 エイシンドーバー 3 中山記念(G2) 2着(0.3)
2007(阪神) 1 11 牡5 58 コンゴウリキシオー 9 中京記念(G3) 12着(1.3)
2 6 牝6 56 スイープトウショウ 2 有馬記念(G1) 10着(1.0)
3 10 牡4 57 マイネルスケルツィ 5 高松宮記念(G1) 6着(0.6)
2006稍重(阪神) 1 11 牡5 58 ダイワメジャー 1 中山記念(G2) 2着(0.8)
2 6 牝5 55 ダンスインザムード 2 マイルCS(G1) 4着(0.2)
3 3 牝4 55 ディアデラノビア 4 中山牝馬S(G3) 2着(0.2)
①上位人気馬

1番人気馬と3番人気馬は、複勝率60%です。

  • 1番人気馬(3-1-2-4)
  • 3番人気馬(3-1-2-4)

一方、2番人気馬は、複勝率30%で勝ち馬もゼロと、不振傾向です。

  • 2番人気馬(0-2-1-7)
②前走好走馬

特に直近5年では、前走香港カップだった馬を除くと、前走で大敗していた馬はいません。遡ると大敗していた馬も多いですが、近年の傾向からは、大敗からの巻き返しは狙い難いところです。

③前走2着馬

直近5年連続で前走2着馬が馬券圏内に来ています。2011年2着クレバートウショウ(14番人気)や2012年3着コスモセンサー(7番人気)、2013年2着サンレイレーザー(8番人気)など、穴馬の好走が目立ちます。

馬券予想

当初の想定どおり、フィエロが抜けてる印象ですが、他の馬も結構骨っぽいメンバーが揃いました。そのフィエロも休み明けの7歳馬ですから、上位争いは混戦になりそうです。

③テイエムイナズマ

実績からは「買い難い」馬ですが、直近5年連続で馬券圏内に来ている前走2着馬です。下位人気確実なここは、穴馬として面白そうです。

軸と考えると難しいですが、2走連続でオープン特別で連対している勢いもありますし、2歳時に重賞勝ちした舞台(デイリー杯2歳S2012)でもあるので、好走を期待したいですね。

⑦フィエロ

鮫島良太ジョッキーに乗り代わりです。同じ藤原厩舎のエイジアンウインズを思い出します。重賞で中々勝ちきれない馬ですが、鮫島ジョッキーも久々の重賞勝ちを目指して頑張ってほしいですね。

休み明けの7歳は不安要素ともいえますが、この馬の京都実績(1-5-2-0)を見ると、無視できないです。勝ちきれないレースが続いているので、穴党の方は、2~3着付けというのも面白そうですね・・・。
中団より後方からという競馬になると思うので、負けるとすれば、先行勢を差せないパターンでしょうか。

⑨ネオスターダム

500万~1600万クラスで戦ってきた相手を見ると、今回のメンバーより格下というのは言うまでもありませんが、連勝中という馬は買いたくなってしまいますね。

血統的には、近親にトーセンスターダム(重賞2勝)がいるので、買えなくはないです。ただ伏兵として狙いたい馬なので、今回はスルーしようと思います。

⑪レッドアリオン

④クラレントと⑪レッドアリオンと、橋口厩舎の2頭出しです。どちらか1頭となると、⑪レッドアリオンでしょうか。近走は良いところがないものの、そろそろ馬券に絡みそう・・・という雰囲気がします。(理由はありません。)

今年は、絶対に逃げたい馬がいませんし、先行馬も少ないです。昨年の1着馬ですし、斤量が昨年よりも重くなるものの、今年も開幕週の京都を上手く先行できれば面白そうな1頭だと思います。

⑬ケントオー

何となく、大穴っぽいなと思ってる馬です。少点数で狙うので、流石にここまでは手が回りませんが、沢山買うなら紐にひっそり入れていると思います。

京都のマイル戦の相性(2-0-1-0)も良いですし、2走前の洛陽Sは、勝ち馬がラングレー、2着馬がエイシンブルズアイでした。G3やG2なら上位に来てもおかしくない2頭でした。この2頭相手に3着ですから、自力はあると思います。

⑭ダノンリバティ

強いのか弱いのか分からない馬です。ダートから再び芝に戻ってきて、前走でオープン特別を勝ちました。芝の重賞は、3歳時に毎日杯2015で2着に入っています。そのときの3着がアンビシャス(産経大阪杯2016 1着)、4着がアルバートドック(小倉大賞典2016 1着)、5着がシュヴァルグラン(阪神大賞典2016 1着)ですから、順調に成長しているとすれば、ここでも勝ち負け争いの候補だと思います。

買い方

◎⑦フィエロ

○③テイエムイナズマ

▲⑪レッドアリオン

△⑭ダノンリバティ

前走ダービー卿チャレンジトロフィー組の成績があまりよくないレースなので、前走ダービー卿チャレンジトロフィー2016の馬は、バッサリ消しました。

本命は、安定の京都実績から⑦フィエロにしました。また5年連続で前走2着馬が馬券圏内に来ているので、出走馬中唯一の前走2着馬③テイエムイナズマを押さえました。

その他、今年は逃げ先行馬が少ないので、前残りを期待して昨年1着馬の⑪レッドアリオン、直近2走で③テイエムイナズマと差の無い競馬をしている⑭ダノンリバティも押さえました。

3連複◎-○▲△-○▲△

合計3点

3連複4頭ボックスと迷うところですが、点数を減らす為、⑦フィエロの一頭軸にしました。考察で取り上げてはいないものの、②クルーガーや⑥エキストラエンドなど、上位争いがありえそうな馬が多いので、自信はありません。

結果

馬券的には、4着、10着、12着、14着でした。

本命◎フィエロは4着でした。

マイラーズカップ2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 2 牡4 クルーガー 中日新聞杯(G3) 6着(0.3)
2 1 牡8 ダノンシャーク 阪急杯(G3) 7着(0.3)
3 4 牡7 クラレント ダービー卿CT(G3) 14着(1.2)

3連単281,010円という波乱の決着になりました。少し自信があったんですが、全く見当違いの結果になりました。開幕週ということもあり、内&先行がかなり優勢です。京都の開幕週は大体いつもそうですね・・・。出遅れたテイエムイナズマ、外枠の馬や後方を追走した馬には厳しい流れでした。

フィエロは、開幕週の京都であの位置は届かないだろうと、大外を回した最終コーナーの時点で諦めました。・・・が、結果的に4着まで追い込んできているので、やはり能力は示した格好です。シルクロードステークス2016のときのビッグアーサーを思い出しました。この馬場を後方から差し切るのは至難の業です。なので、フィエロは次走が「買い」だと思います。内&先行がかなり優勢の特殊な馬場だったので、安田記念2016には直結しない着順だと思います。

1~3着馬の次走情報