府中牝馬ステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年10月15日(土曜日)
開催 東京競馬場
距離 芝1800m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 13頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

牝馬限定のG2「府中牝馬ステークス2016」です。以前は、G3として行われていましたが、2011年にG2へ格上げとなりました。エリザベス女王杯2016への叩き&前哨戦として出走する馬が多く、例年、府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯で馬券圏内に来る馬も多いです。

過去10年の府中牝馬ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回です。波乱決着となった年は全て二桁人気の馬が馬券に絡んでいます。高配狙いの場合は、二桁人気の馬を押さえても良さそうな傾向です。

  • 2015年 163,830円
  • 2014年 12,400円
  • 2013年 54,030円
  • 2012年 173,540円
  • 2011年 41,940円
  • 2010年 423,340円
  • 2009年 421,050円
  • 2008年 14,760円
  • 2007年 10,380円
  • 2006年 10,580円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
府中牝馬ステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015稍重 1 15 牝5 54 ノボリディアーナ 11 小倉日経OP(OP) 2着(0.2)
2 4 牝5 54 スマートレイアー 1 米子S(OP) 1着(-0.2)
3 17 牝5 55 カフェブリリアント 5 関屋記念(G3) 7着(0.4)
2014 1 5 牝4 54 ディアデラマドレ 4 クイーンS(G3) 5着(0.6)
2 3 牝4 55 スマートレイアー 1 クイーンS(G3) 3着(0.0)
3 12 牝6 55 ホエールキャプチャ 2 札幌記念(G2) 3着(0.9)
2013 1 11 牝5 55 ホエールキャプチャ 4 札幌記念(G2) 14着(5.4)
2 13 牝5 54 ドナウブルー 5 関屋記念(G3) 4着(0.2)
3 3 牝3 52 スイートサルサ 7 長岡S(1600万) 1着(-0.2)
2012 1 14 牝4 54 マイネイサベル 10 新潟記念(G3) 17着(1.4)
2 8 牝5 54 スマートシルエット 5 新潟記念(G3) 6着(0.1)
3 11 牝4 54 ドナウブルー 1 関屋記念(G3) 1着(-0.0)
2011稍重 1 13 牝5 55 イタリアンレッド 5 小倉記念(G3) 1着(-0.3)
2 15 牝4 55 アニメイトバイオ 4 クイーンS(G3) 3着(0.2)
3 5 牝5 55 フミノイマージン 3 マーメイドS(G3) 1着(-0.2)
2010 1 13 牝4 55 テイエムオーロラ 4 西宮S(1600万) 1着(-0.0)
2 2 牝6 55 セラフィックロンプ 14 マーメイドS(G3) 2着(0.0)
3 14 牝3 53 スマートシルエット 2 三面川特別(1000万) 1着(-0.2)
2009 1 4 牝4 55 ムードインディゴ 7 クイーンS(G3) 4着(0.3)
2 10 牝5 55 ベッラレイア 3 ポートアイランドS(OP) 4着(0.3)
3 9 牝4 55 レジネッタ 11 ポートアイランドS(OP) 11着(1.0)
2008 1 16 牝5 55 ブルーメンブラット 4 ヴィクトリアマイル(G1) 3着(0.1)
2 7 牝5 55 カワカミプリンセス 1 金鯱賞(G2) 3着(0.2)
3 2 牝4 55 ベッラレイア 3 マーメイドS(G3) 5着(1.6)
2007 1 8 牝5 55 デアリングハート 4 クイーンS(G3) 7着(0.5)
2 15 牝4 55 アサヒライジング 1 クイーンS(G3) 1着(-0.3)
3 1 牝4 55 アドマイヤキッス 2 クイーンS(G3) 4着(0.3)
2006 1 3 牝4 55 デアリングハート 2 クイーンS(G3) 1着(-0.3)
2 16 牝4 55 サンレイジャスパー 4 新潟記念(G3) 2着(0.0)
3 8 牝4 55 ディアデラノビア 1 オールカマー(G2) 3着(0.0)
4~5歳

過去10年の府中牝馬ステークスでは、4~5歳の好走が目立ちます。優勝馬は全て4~5歳馬、連対馬は20頭中19頭が4~5歳馬です。

  • 3歳馬2頭
  • 4歳馬14頭
  • 5歳馬12頭
  • 6歳馬2頭
外枠

過去10年の府中牝馬ステークスでは、外枠(7~8枠)の好走が目立ちます。馬券圏内に来なかったのは、2009年のみです。

馬券予想

予定通りの13頭が揃いました。これといって強い傾向があるレースではありませんが、過去データの傾向から「4~5歳の実績馬」を押さえたいです。

過去10年では「前走クイーンステークス、マーメイドステークス、関屋記念」あたりの好走が多いので、シャルールやシュンドルボン、マジックタイムあたりが注目でしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。

①マジックタイム

府中牝馬ステークスは、例年外枠が優勢のレースですが、1枠1番になってしまいました。もちろん馬場状態によるので、当日内枠が優勢ということもあるかもしれませんが…。

データ的には、前走関屋記念2016組の好走が目立つレースですし、「買い」だと思います。差し追い込みが決まることが多いレースなので、当日の馬場次第では面白そうです。

父ハーツクライ、母父ブライアンズタイムを見る限りは、1800mも問題ないと思いますが、マイル以下のレースばかりを使っているのは、気になりますね…。当然ながら不安点は、距離不安だけでしょう。

⑤カフェブリリアント

前走京成杯AH2016ではスルーしていましたが、2着に好走しました。1着ロードクエスト、3着ダノンプラチナという強いメンバーが相手でした。昨年の府中牝馬ステークスでは、3着に好走しているのでコース相性も問題無さそうです。

ただデータ的には、6歳馬が劣勢なので押さえ候補という感じでしょうか。

⑥スマートレイアー

6歳という年齢を感じさせない牝馬です。重賞2連勝から挑んだヴィクトリアマイル2016では4着に好走しています。府中牝馬ステークスは、2014年&2015年と2年連続で2着に入るなど、安定した強さを見せています。

実績的には勝ち負け、データ的には押さえ候補という感じです。

⑦ハピネスダンサー

いつか激走するのでは…と思いながらも、重賞4走連続で差のない5~6着という成績です。前走マーメイドステークス2016は、1~5着までクビ差が続く決着の中で、差のない5着でした。大きな力さはないと思うので、何かのきっかけ一つだと思いますが…。

⑩シュンドルボン

前走マーメイドステークス2016組から狙うとすれば、ハピネスダンサーではなくシュンドルボンえしょうか。中山牝馬ステークス2016&マーメイドステークス2016の2戦で斤量差がある中、ともに先着しています。

中山牝馬ステークス2016では、2kgの斤量差がありましたが、ルージュバックを差し切っての優勝でした。もともとエリザベス女王杯2015で僅か0.2秒差の7着という能力のある馬なので、今回のメンバーでも上位候補の1頭という感じがします。

⑪メイショウスザンナ

キャリア44戦の7歳馬ですから、上積みは期待できません。牝馬限定の1800m戦に強く、穴をあけてきましたが、福島牝馬ステークス2016&クイーンステークス2016は凡走に終わりました。

ただ3~4戦に1度の激走を繰り返している馬なので、周期的には今回が少し怖いですね。大穴候補なら…。

⑫シャルール

府中牝馬ステークスは、例年外枠の好走が目立つレースなので、枠の問題はあまりないと思います。

クイーンステークス2016や福島牝馬ステークス2016を見る限り、牝馬限定1800mの今回は、当然に上位候補でしょう。2走とも内枠が上位を占める中で、外枠からの強い競馬でした。前からも後ろからも対応できそうな脚質は良さそうですね。

⑬クイーンズリング

マイルより短い距離のほうが良いと思っていたので、京都牝馬ステークス2016では本命馬でした。今回再び距離が長くなるのをこなせるかどうかでしょうか。

馬券圏内に来た前走と3走前がともに重馬場ですが、秋華賞はかなり早い時計(1:56.9)で2着に来ています。なので、馬場状態はあまり意識しないでも良さそうな馬です。

買い目

◎⑫シャルール

○⑩シュンドルボン

▲①マジックタイム

△⑥スマートレイアー

本命は、ローテ&枠順ともに良いシャルールにしました。東京の相性も良さそうです。

その他、前走マーメイドステークス2016のシュンドルボン&前走関屋記念2016のマジックタイムを押さえました。ともに相性の良いローテですし、重賞実績もあるので好走を期待したいです。そして6歳馬になりますが、実績では無視できないスマートレイアーも押さえました。

3連複 ◎ – ○▲△- ○▲△ 合計3点

結果

馬券的には、2着、3着、5着、10着でした。

本命◎シャルールは10着でした。

府中牝馬ステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
1 13 牝4 クイーンズリング 3 米子S(OP) 2着(0.6)
2 1 牝5 マジックタイム 2 関屋記念(G3) 3着(0.2)
3 6 牝6 スマートレイアー 1 ヴィクトリアマイル(G1) 4着(0.6)

晩に録画を見ました。

まさか唯一押さえなかった人気馬クイーンズリングが勝つとは…。距離不安を感じさせない勝ちっぷりでした。府中の1800mでこの競馬ができるのは、かなり力をつけているということだと思います。ただエリザベス女王杯2016に向かうとすれば、京都外回り2200mになるので、本番で狙えるかどうかは分かりません。

本命シャルールは、残り200mを切ったあたりから失速…。そのまま流しているように見えました。この舞台は、初音ステークス2016(1600万)で勝ってはいますが、小回りの競馬場の方が合うのかもしれません。

2~3着は順当という決着でした。4~5歳馬が連対しているので、過去データの傾向通りという結果になりました。