福島牝馬ステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年4月23日(土曜日)
開催 福島競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴時々曇参考 福島競馬場 – Yahoo!天気・災害

牝馬のローカル重賞というだけで、当たる気がしないレースです。もちろん中山牝馬ステークス2016のようにハンデ戦ではないので、少し予想はしやすいかもしれません。

過去10年の傾向を見ると、結構荒れています。3連単10万馬券超えの配当になったのは、5回あります。直近3年連続で二桁人気馬が馬券に絡んでいます。2014年3着のフィロパトールは、最下位人気馬でした。

  • 2015年599,360円
  • 2014年238,230円
  • 2009年792,960円
  • 2007年147,110円
  • 2006年195,820円

過去10年では、2年に一度荒れているレースなので、今年も波乱含みのレースだと考えた方が良さそうです。

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
福島牝馬ステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 6 牝5 54 スイートサルサ 3 中山牝馬S(G3) 取消
2 12 牝4 53 リラヴァティ 9 四国新聞杯(1000万) 1着(-0.1)
3 1 牝6 54 メイショウスザンナ 13 京都牝馬S(G3) 9着(0.8)
2014 1 6 牝5 54 ケイアイエレガント 5 中山牝馬S(G3) 2着同着(0.2)
2 7 牝5 54 キャトルフィーユ 2 中山牝馬S(G3) 2着同着(0.2)
3 14 牝5 53 フィロパトール 16 但馬S(1600万) 11着(1.4)
2013 1 6 牝5 54 オールザットジャズ 1 中山牝馬S(G3) 3着(0.2)
2 10 牝5 56 マイネイサベル 3 中山牝馬S(G3) 1着(-0.1)
3 5 牝5 53 ピュアブリーゼ 10 クリスマスC(1600万) 6着(1.1)
2012 1 3 牝4 54 オールザットジャズ 1 中山牝馬S(G3) 2着(0.1)
2 2 牝5 54 コスモネモシン 4 中山牝馬S(G3) 6着(0.5)
3 10 牝4 54 アカンサス 2 中山牝馬S(G3) 8着(0.8)
2011(新潟) 1 1 牝5 54 フミノイマージン 9 中山牝馬S(G3) 2着(0.4)
2 5 牝4 54 コスモネモシン 5 中山牝馬S(G3) 3着(0.5)
3 6 牝4 53 ソウルフルヴォイス 3 但馬S(1600万) 4着(0.2)
2010稍重 1 8 牝5 54 レジネッタ 5 中山牝馬S(G3) 5着(0.2)
2 16 牝5 56 ブラボーデイジー 4 中山牝馬S(G3) 6着(0.3)
3 4 牝6 55 ウェディングフジコ 3 中山牝馬S(G3) 2着(0.1)
2009不良 1 8 牝4 54 ブラボーデイジー 7 中山牝馬S(G3) 6着(0.4)
2 2 牝5 56 アルコセニョーラ 11 福島民報杯(OP) 7着(1.1)
3 13 牝7 58 ヤマニンメルベイユ 13 中山牝馬S(G3) 16着(1.9)
2008 1 2 牝4 54 マイネカンナ 3 中山牝馬S(G3) 2着(0.1)
2 11 牝4 54 ハロースピード 4 中山牝馬S(G3) 5着(0.4)
3 9 牝4 54 ザレマ 1 京都牝馬S(G3) 2着(0.1)
2007 1 14 牝7 55 スプリングドリュー 9 愛知杯(G3) 13着(0.9)
2 10 牝5 54 フラッグシップ 4 1000万(阪神芝1800m) 1着(-0.4)
3 16 牝5 54 ヤマニンメルベイユ 2 中山牝馬S(G3) 3着(0.0)
2006 1 8 牝4 52 ロフティーエイム 7 野島崎特別(1000万) 2着(0.1)
2 4 牝4 54 ライラプス 5 阪神牝馬S(G2) 10着(1.5)
3 9 牝5 53 フィヨルドクルーズ 6 湾岸S(1600万) 6着(0.6)
①上位人気馬

1番人気馬と2番人気馬は不振傾向です。70%が馬券圏外になっています。

  • 1番人気馬(0-3-0-7)
  • 2番人気馬(0-1-2-7)
②内枠

特に近年は、4枠から内の馬から2頭が馬券に絡むケースが多いです。勝ち馬に関しては、2007年を除く9回で、4枠から内の馬が勝っています。

③前走中山牝馬S

過去10年の福島牝馬ステークス3着以内の30頭中18頭を占めます。勝ち馬に関しては、8年連続で前走中山牝馬Sの馬が勝っています。(昨年1着のスイートサルサは、中山牝馬S出走取り消しでした。)

馬券予想

オッズも割れそうなほど、上位は混戦だと思います。前走中山牝馬ステークス2016の馬を中心に考えたいですが、その他の馬も上位食い込みを否定できないメンバーだと思います。

③アースライズ

このメンバーですから、買わざるを得ないところです。過去10年中9回で内枠の馬が勝っているレースです。昨年のスイートサルサも含めると、前走中山牝馬ステークスの馬が8連勝しています。

今年の中山牝馬ステークス2016で好走していた内枠の馬といえば、②フレイムコード、③アースライズ、④アルマディヴァンの3頭です。過去10年で見ると、4~5歳馬が好成績を出しているレースなので、この3頭の中では、③アースライズが狙い目だと判断しました。難点としては、過去10年では1~2番人気の複勝率がともに30%で、勝ち馬はいないところでしょうか。

④アルマディヴァン

昨年の6着馬(0.2秒差)です。前走の中山牝馬ステークス2016も勝ち馬から僅か0.2秒差で、大きくは崩れていません。藤岡佑介ジョッキーとのコンビは、昨年の中京記念2015で大穴をあけ、次走の関屋記念2015でも好走しているので、良い相性だと思います。

前走中山牝馬ステークスの馬が好成績を出しているレースなので、ここは押さえたい1頭ですが、難点を挙げるとすれば、東京・新潟・中京など、広いコースでの良績が目立つところでしょうか。小回りの福島で好走できるか注目です。

⑤クインズミラーグロ

2走前の愛知杯2016では◎評価、前走中山牝馬ステークス2016では○評価にした馬です。どこかチグハグなレースが続いているので、上手く運べたら上位に食い込んでもおかしくない馬だと思います。とは言いつつも、前走が案外だったので、しばらく様子見です。

⑨ハピネスダンサー

前走中山牝馬ステークス2016では△評価にした馬です。2走前の小倉大賞典2016では牡馬相手で5着(0.2秒差)に好走しました。ただ小倉大賞典2016と中山牝馬S2016と2走連続ハンデ重賞だったので、52kgと53kgという斤量で出走できていました。今回、別定の54kgになり、どう影響するかですね・・・。

⑫メイショウスザンナ

牝馬限定の芝1800m重賞に限れば、馬券圏内(1-1-2-0)を外していません。さらに前走中山牝馬ステークス2016組で、前走から斤量が減る(55kg→54kg)のは、⑫メイショウスザンナだけです。

理由はありませんが、人気すると来ないタイプだと思うので、中穴ぐらいまでに留まっていれば狙いたい一頭です。

⑯シャルール

「牝馬は勢い」と聞きます。3連勝で1600万クラスを勝ち上がった勢いを買いたいです。

前走の初音ステークス2016が今年から芝1600mから芝1800mになりました。2着のリラヴァティに2馬身差を付け快勝でした。リラヴァティは、昨年の福島牝馬ステークス2015 2着馬で、⑯シャルールがこのクラスで通用しても全く不思議ではない力を持っているといえそうです。

買い方

◎③アースライズ

○④アルマディヴァン

▲⑫メイショウスザンナ

△⑯シャルール

内枠(1~4枠)から2頭が馬券圏内に来ることが多いレースです。内枠かつ好ローテの前走中山牝馬ステークス2016の③アースライズと④アルマディヴァンを押さえました。その他、前走中山牝馬ステークス2016で芝1800mの牝馬限定重賞で馬券圏外が無い⑫メイショウスザンナ、3連勝中の勢いを買って⑯シャルールも押さえました。

3連複◎-○▲△-○▲△

合計3点

結果

馬券的には、2着、4着、8着、9着でした。

本命◎アースライズは4着でした。

福島牝馬ステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 8 牝6 マコトブリジャール 愛知杯(G3) 18着(1.8)
2 16 牝4 シャルール 初音S(1600万) 1着(-0.3)
3 6 牝6 オツウ 六甲S(OP) 12着(0.7)

大荒れでした。3連単735,970円で、1着と3着には二桁人気の馬が来ました。仮にもう一度走ったとしても、当たる気がしないレースです。1番人気シャルール軸で、ガミらないように大量に流した人は取れた感じでしょうか。今週からBコースに変更だったらしく、比較的馬場が良くて、前残りになりました。その中で、突っ込んできた2着シャルールは、とても強かったですね。

1着マコトブリジャールは2走前のチャレンジC2015のときに買ったんですが、前走の大敗を見ると、今回は流石に手が出せません。

本命アースライズは、大幅な馬体重減が気になりました。4着というのは、これが原因のひとつかもしれません。

1~3着馬の次走情報