凱旋門賞 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年10月2日(日曜日)発走時刻(日本時間23:05予定)
開催 フランス シャンティイ競馬場
距離 芝2400m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 3歳56kg,4歳以上59.5kg,牝馬1.5kg減

世界最高峰のレースとされる「凱旋門賞2016

今年は、日本から今年の日本ダービー2016優勝馬マカヒキが出走予定となっています。父ディープインパクトは、3着入着後失格という結果に終わりましたが、果たして父を超える成績を残すのか注目が集まります。

凱旋門賞は、フランスのロンシャン競馬場で行われてきましたが、今年は改修工事のため、フランスのシャンティイ競馬場で行われることになっています。

そして、今年からJRAで海外G1の馬券が取り扱われることになっています。馬券的な意味でも、楽しみな一戦になりそうです。馬券の販売は、10月2日の午前10時~レース開始の4分前までとなっています。馬券の購入は、インターネット投票(即PAT、A-PAT会員)のみとなっているので、ご注意ください。

記憶に残る馬といえば、2011年3着スノーフェアリーです。エリザベス女王杯のスノーフェアリーは衝撃的でした。2010年&2011年と2年連続で3連単的中したのでよく覚えています!

では以下、過去10年の凱旋門賞で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

馬名背景色は、調教国を表します。濃い緑色はアイルランド、赤色はイギリス、濃い青色はフランス、オレンジ色はドイツです。
横にスクロールして下さい。
凱旋門賞2016
年度 着順 ゲート 性齢 馬名 前走
2015 1 9 牡3 ゴールデンホーン アイリッシュチャンピオンS(G1) 1着
2 11 牡5 フリントシャー ソードダンサーインビテーショナルS(G1) 1着
3 8 牡3 ニューベイ ニエル賞(G2) 1着
2014 1 3 牝4 トレヴ ヴェルメイユ賞(G1) 4着
2 4 牡4 フリントシャー フォワ賞(G2) 2着
3 15 牡3 タグルーダ ヨークシャーオークス(G1) 2着
2013 1 15 牝3 トレヴ ヴェルメイユ賞(G1) 1着
2 8 牡5 オルフェーヴル フォワ賞(G2) 1着
3 9 牡3 アンテロ プランスドランジュ賞(G3) 1着
2012不良 1 6 牝4 ソレミア ヴェルメイユ賞(G1) 3着
2 18 牡4 オルフェーヴル フォワ賞(G2) 1着
3 17 牡3 マスターストローク ドーヴィル大賞(G2) 1着
2011 1 2 牝3 デインドリーム バーデン大賞(G1) 1着
2 9 牝3 シャレータ ヴェルメイユ賞(G1) 3着
3 11 牝4 スノーフェアリー アイリッシュチャンピオンS(G1) 2着
2010 1 8 牡3 ワークフォース キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1) 5着
2 10 牡4 ナカヤマフェスタ フォワ賞(G2) 2着
3 3 牝3 サラフィナ ヴェルメイユ賞(G1) 3着
2009 1 6 牡3 シーザスターズ アイリッシュチャンピオンS(G1) 1着
2 1 牡6 ユームザイン バーデン大賞(G1) 3着
3 19 牡3 カヴァルリーマン ニエル賞(G2) 1着
2008稍重 1 1 牝3 ザルカヴァ ヴェルメイユ賞(G1) 1着
2 3 牡5 ユームザイン キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1) 3着
3 9 牡4 ソルジャーオブフォーチュン サンクルー大賞(G1) 2着
2007稍重 1 6 牡4 ディラントーマス アイリッシュチャンピオンS(G1) 1着
2 4 牡4 ユームザイン バーデン大賞(G1) 4着
3 11 牡3 サガラ ニエル賞(G2) 2着
2006 1 4 牡3 レイルリンク ニエル賞(G2) 1着
2 5 牝6 プライド フォワ賞(G2) 3着
3 1 牡4 ハリケーンラン フォワ賞(G2) 2着

ニエル賞2016

2016年9月11日、マカヒキは、凱旋門賞の前哨戦である「ニエル賞2016(3歳、G2、芝2400m)」に出走し、優勝しました。

以下、ニエル賞1着から凱旋門賞に出走した馬の成績(過去10年)です。

ニエル賞優勝馬一覧
年度 性齢 馬名 次走
2015 牡3 ニューベイ 凱旋門賞(G1) 3着
2014 牡3 エクト 凱旋門賞(G1) 17着
2013 牡3 キズナ 凱旋門賞(G1) 4着
2012 牡3 サオノア 凱旋門賞(G1) 15着
2011 牡3 リライアブルマン 凱旋門賞(G1) 15着
2010 牡3 ベーカバド 凱旋門賞(G1) 4着
2009 牡3 カヴァルリーマン 凱旋門賞(G1) 3着
2008 牡3 ヴィジョンデタ 凱旋門賞(G1) 5着
2007 牡3 ソルジャーオブフォーチュン 凱旋門賞(G1) 5着
2006 牡3 レイルリンク 凱旋門賞(G1) 1着

凱旋門賞優勝が1頭(2006年レイルリンク)、3着に2頭(2015年ニューベイ、2008年カヴァルリーマン)という成績を残しています。

日本馬では、2013年にキズナが4着という成績を残しています。キズナは、マカヒキと同ローテの日本ダービー2013 1着→ニエル賞2013 1着→凱旋門賞2013 4着という成績でした。キズナと同様、マカヒキも父ディープインパクト産というのは、とても楽しみです。

過去10年で見ると、10頭中7頭が凱旋門賞で5着以内という好成績を残しています。今年はシャンティイ競馬場に変わるので傾向なども変わるかもしれませんが、マカヒキの好走も期待したいです!

出馬表と馬券予想&買い目

出走馬とゲート番号が決まりました。なお馬券は、ゲート番号ではなく「馬番」で投票となっているので、ご注意ください。

以下、出馬表と前走データの一覧です。よろしければご活用とご参考ください。

凱旋門賞2016出馬表
馬番 ゲート 性齢 馬名 前走
1 8 牡4 ニューベイ アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 4着
2 7 牡5 ポストポンド インターナショナルステークス(G1) 1着
3 13 牡4 ミグワール スールビエ賞(OP) 1着
4 11 牡4 ハイランドリール アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 7着
5 9 牡4 ワンフットインヘヴン フォワ賞(G2) 4着
6 2 牡5 ザグレーギャツビー インターナショナルステークス(G1) 6着
7 4 牡4 シルバーウェーヴ フォワ賞(G2) 1着
8 16 牡4 オーダーオブセントジョージ アイリッシュセントレジャー(G1) 2着
9 3 牝6 シルジャンズサガ ヴェルメイユ賞(G1) 2着
10 12 牝4 ファウンド アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 2着
11 6 牡3 ハーザンド アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 8着
12 1 牡3 ヴェデヴァニ テュレンヌ賞(OP) 3着
13 5 牡3 タリスマニック テュレンヌ賞(OP) 1着
14 14 牡3 マカヒキ ニエル賞(G2) 1着
15 10 牡3 サヴォワヴィーヴル ドーヴィル大賞(G2) 1着
16 15 牝3 レフトハンド ヴェルメイユ賞(G1) 1着

馬券予想と買い目

欧州の競馬事情は分からないので、先入観なしで、過去データと成績だけを見て決めようと思います。

◎⑪ハーザンド(調教国アイルランド、生産国アイルランド)

○⑩ファウンド(調教国アイルランド、生産国アイルランド)

▲⑦シルバーウェーヴ(調教国フランス、生産国フランス)

△⑭マカヒキ(調教国日本、生産国日本)

3連複4頭ボックス ◎○▲△ 合計4点

◎は、ハーザンドにしました。過去10年で見ると、前走が4着以下だった馬は、3頭のみです。この3頭とも、2走前にG1で好走しています。

  • 2014年1着トレヴ(2走前ヴェルメイユ賞2016 4着)
  • 2010年1着ワークフォース(2走前イギリスダービー2016 1着)
  • 2007年2着ユームザイン(2走前キングジョージ6世&QES2016 2着)

ハーザンドの2走前はアイルランドダービー2016 1着3走前はイギリスダービー2016 1着です。2カ国のダービーを制覇をするような馬ですし、前走の負けは度外視したいです。

○は、ファウンドにしました。過去10年のデータを見ると、前走アイリッシュチャンピオンステークス組の好走が目立ちます。優勝馬がいない今年は、2着のファウンドが狙い目でしょうか。昨年の凱旋門賞2015は9着に敗れていますが、その後アメリカのBCターフ2015を優勝しています。さらに直近5走連続、アイルランドとイギリスのG1で2着に入る成績を残しています。力を付けている今回は、リベンジを期待したいです。

▲は、シルバーウェーヴにしました。定番の前走フォワ賞2016組です。過去10年のデータを見る限り、フォワ賞かニエル賞を使った馬は押さえておきたいです。

2走前サンクルー大賞2016 1着、3走前イスパーン賞2016 3着、4走前ガネー賞2016 2着と、3走連続フランスのG1で3着以内に入っています。地の利もあると思うので無視するわけにもいかないでしょう。

△は、マカヒキにしました。定番のニエル賞勝ち馬は押さえておきたいです。改めて、評価することはありませんが、今年の日本馬(3歳)の中でトップクラスなのは言うまでもありません。前走は余裕のある勝ちっぷりで、コースの試走という感じがしました。相手はかなり強いメンバーが揃っていますが、日本馬の優勝を目指して頑張って欲しいです。

結果

馬券的には、1着、9着、13着、14着でした。

本命◎ハーザンドは9着でした。

凱旋門賞2016
着順 ゲート 性齢 馬名 人気 前走
1 12 牝4 ファウンド 3 アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 2着
2 11 牡4 ハイランドリール 9 アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 7着
3 16 牡4 オーダーオブセントジョージ 8 アイリッシュセントレジャー(G1) 2着

残念ながら日本馬マカヒキは14着でした。1番人気のポストポンドは5着に入り、波乱決着となりました。

見慣れていないせいか、どこでどの馬が走ってるのか分からず…。終わってから結果を確認しました。JRAのレース中継に慣れてるせいか、とても見にくかったです。

そして驚くべことに、1~3着馬の3頭とも「アイルランドのA.オブライエン調教師」でした。加えて、ファウンド、ハイランドリール、オーダーオブセントジョージともにアイルランド産の馬で、今年の凱旋門賞2016はアイルランド勢が圧倒した結果に終わりました。

前走アイリッシュチャンピオンステークス組が強いレースですが、流石にハイランドリールまでは手が回らなかったです…。

日本馬の次走情報