札幌2歳ステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年9月3日(土曜日)
開催 札幌競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢
出走数 13頭
天気 晴れ参考 札幌競馬場 – Yahoo!天気・災害

札幌の2歳重賞「札幌2歳ステークス2016」です。過去10年では開催時期がバラバラですが、2009年と2012年~2015年は今の時期に開催されていました。他の年は、9月末から10月始めに開催されています。2013年は、改修工事のため函館競馬で行われています。

傾向としては、やや波乱含みのレースという感じです。過去10年の3連単の配当を見ると、2006年&2009年&2010年の3回が3連単1万円を切る決着となっていますが、10万馬券超えも3回あります。多くの年で穴馬の好走が目立つレースとなっています。

  • 2015年 26,990円
  • 2014年 452,740円
  • 2013年 51,340円
  • 2012年 22,330円
  • 2011年 9,930円
  • 2010年 6,200円
  • 2009年 103,440円
  • 2008年 19,960円
  • 2007年 259,540円
  • 2006年 8,430円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
札幌2歳ステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015稍重 1 11 アドマイヤエイカン 2 新馬(函館芝1800m) 1着(-0.4)
2 10 プロフェット 1 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.3)
3 4 クロコスミア(牝) 8 コスモス賞(OP) 4着(0.3)
2014 1 2 ブライトエンブレム 5 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2)
2 11 マイネルシュバリエ 11 新馬(福島芝1800m) 1着(-0.2)
3 13 レッツゴードンキ(牝) 7 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.5)
2013不良(函館) 1 1 レッドリヴェール(牝) 2 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.1)
2 6 マイネグレヴィル(牝) 4 コスモス賞(OP) 3着(0.0)
3 4 ハイアーレート 6 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.2)
2012 1 3 コディーノ 3 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.4)
2 11 ラウンドワールド 1 コスモス賞(OP) 1着(-0.1)
3 5 エデンロック 9 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.0)
2011稍重 1 11 グランデッツァ 1 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-1.3)
2 6 ゴールドシップ 2 コスモス賞(OP) 1着(-0.1)
3 7 マイネルロブスト 5 クローバー賞(OP) 1着(-0.0)
2010 1 13 オールアズワン 3 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.6)
2 11 アヴェンチュラ(牝) 2 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.6)
3 2 アドマイヤセプター(牝) 1 新馬(札幌芝1500m) 1着(-1.1)
2009 1 3 サンディエゴシチー 3 クローバー賞(OP) 1着(-0.2)
2 11 モズ 4 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.1)
3 9 アーバンウィナー 6 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.1)
2008 1 4 ロジユニヴァース 1 新馬(阪神芝1800m) 1着(-0.1)
2 7 イグゼキュティヴ 5 コスモス賞(OP) 2着(0.0)
3 2 モエレエキスパート 3 クローバー賞(OP) 1着(-0.2)
2007 1 7 オリエンタルロック 6 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.0)
2 10 サブジェクト 1 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.1)
3 11 ホウザン 13 コスモス賞(OP) 5着(0.3)
2006 1 8 ナムラマース 1 コスモス賞(OP) 1着(-0.6)
2 4 アドマイヤヘッド 5 新馬(札幌芝1500m) 1着(-0.0)
3 9 イクスキューズ(牝) 2 クローバー賞(OP) 1着(-0.3)
前走新馬、未勝利戦

過去10年の3着以内30頭中19頭に及びます。そのうち札幌&函館芝レースだった馬は12頭でした。速い上がりを使って勝った馬の好走が目立ちます。

前走オープン

過去10年の札幌2歳ステークス3着以内30頭中11頭を占めます。11頭全てが札幌&函館のオープンでした。

  • 前走コスモス賞7頭
  • 前走クローバー賞4頭
牝馬

過去10年の札幌2歳ステークス3着以内30頭中7頭を占めます。

直近3年連続、計4頭が馬券圏内に来ています。人気薄も多いので注意が必要です。

  • 2015年3着クロコスミア(8番人気)
  • 2014年3着レッツゴードンキ(7番人気)
  • 2013年1着レッドリヴェール(2番人気)
  • 2013年2着マイネグレヴィル(4番人気)

馬券予想

伏兵だと思っていましたが、ディープウォーリアは普通に人気しそうです…。出走馬の多くが1勝馬で、抜けた馬もいないと思いますし、これは的中どころか予想すら難解なレースになりそうです。

タートルボウル産のトリオンフやアイルハヴアナザー産のアンノートル、ワークフォース産のアドマイヤウイナー など、あまり見かけない産駒の傾向が分からないので、血統的な狙い方も難しそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

③インヴィクタ

生産者ノーザンファーム、佐々木オーナー、ルメール騎手ですから、文字だけ見ると如何にも走りそうです。ただ前走のVTRを見る限りは、強いのかどうか分からなくなります。ゲシュタルト崩壊みたいな感じです。

私見ですが、ハービンジャー産は買い難いので、様子見しようかと思っています。

⑤トラスト

地方所属馬です。過去10年では、馬券圏内に来た地方馬は2頭のみで積極的には狙えません。

ただ岡田繁幸オーナーというのは、面白そうですね。同オーナーの地方所属から中央の重賞挑戦といえば、プレイアンドリアルを思い出します。プレイアンドリアルも柴田大知ジョッキー騎乗で、東スポ杯2歳S2013 2着、京成杯2014 1着という成績を残しています。

⑧タガノアシュラ

前走のVTRを見ましたが、圧勝でした。最後の直線は持ったままだったので、かなり力はありそうです。ここでも上手く先手を取れば、上位争いしそうですね。

難点としては、札幌2歳ステークスは、逃げた馬よりも速い上がりで差して来た馬の好走が多いことでしょうか。展開が向けば良いですが…。

⑨コリエドール

厩舎、生産者、馬主を見ると、買いたくなってしまいます。如何にも有り得そうな名前が揃っています。コリエドールもインヴィクタと同様、前走のVTRを見る限りは強いのかどうかは分かりません。時計差なしの2着だったサトノアレスは、次走の未勝利戦で勝ち切れていません。

⑩ディープウォーリア

中一週というのは不安材料ですが、「前走札幌芝1800m&着差をつけて上がり最速で勝つ」というのは王道の狙い目でしょうか。デビュー戦のVTRを見ましたが、荒削りな印象がしました。ただ他の有力馬もキャリア一戦馬が多いので、あまり気にしない方が良いかもしれませんね。

傾向的には、ディープインパクト産は買い難いレースですが、伏兵扱いになりそうなので、押さえても良いかもしれません。

⑪エトルディーニュ

速い上がりを使える馬では無さそうですが、渋いサンデー系の父エイシンサンディ、母父オペラハウスというのは、洋芝でこそ狙いたいです。波乱があるとすれば、こういう人気薄が狙いでしょうか。

⑫アドマイヤウイナー

父ワークフォースの父キングズベストといえば、エイシンフラッシュを思い出します。Mr. Prospector系の血が入った馬の好走が多いレースですし、今回は狙い目でしょうか。

⑬ブラックオニキス

穴をあけることの多い牝馬&前走クローバー賞2016勝ちですから、データ的には押さえたいです馬です。ただ小柄な馬体が気になりますね。(昨年3着クロコスミアは406kgでしたが…)

買い方

◎⑩ディープウォーリア

○⑨コリエドール

▲⑤トラスト

△⑪エトルディーニュ

今回は何時にも増して適当です。本命は、ディープウォーリアにしました。その他、堀厩舎のコリエドール、岡田オーナーのトラスト、波乱演出に期待して人気薄のエトルディーニュを押さえました。

3連複 ◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

馬券的には、1着、4着、10着、12着でした。

本命◎ディープウォーリアは10着でした。

札幌2歳ステークス2016
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 5 トラスト 5 クローバー賞(OP) 2着(0.2)
2 13 ブラックオニキス 10 クローバー賞(OP) 1着(-0.2)
3 12 アドマイヤウイナー 7 新馬(函館芝1800m) 1着(-0.2)

3連単501,710円の波乱決着でした。

押さえで買っていたトラストが勝ちましたが、予想としては全く駄目でしたね…。ただ人気薄の牝馬ブラックオニキスが来ているので、過去データ的には傾向通りの結果となりました。

本命ディープウォーリアは、後方から大外をぶんまわして全く届かずという競馬でした。最終コーナーを見ると、これは抜けた馬じゃないと無理だろうと思ってしまいました。2~3着に入った8枠2頭より外をまわって来て来ているのは厳しいですね。

トラストは強かったです。まだ余裕がありそうでした。掛からず気分よく走ることができれば強そうな馬だと思います。スクリーンヒーロー産なので、勝って勢いのある間は次走以降も「買い」かもしれません。

1~3着馬の次走情報