函館記念 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年7月16日(日曜日)
開催 函館競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 弱雨参考 函館競馬場 – Yahoo!天気・災害

サマー2000シリーズ第二戦、ハンデ重賞「函館記念2017」です。恒例の夏のハンデ重賞。本当サマーシリーズは、当てたいけれど当たる気がしないです…。(´・ω・`)

実際、函館記念は波乱決着が多く、恐らく今年も波乱のレースになるのではないでしょうか。過去10年の函館記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが7回あります。馬連でも高配当になる年が多く、穴馬の連対まで意識したい一戦になりそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 10,890円 41,470円 233,010円
2015 8,120円 27,810円 124,990円
2014 5,000円 16,130円 85,710円
2013 3,590円 21,930円 102,090円
2012 9,870円 24,550円 152,360円
2011 15,910円 69,140円 401,180円
2010 1,540円 4,080円 20,350円
2009 6,600円 20,140円 121,200円
2008 1,830円 3,020円 17,620円
2007 18,620円 45,180円 385,960円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
函館記念2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016稍重 1 6 牡6 56 マイネルミラノ 3 エプソムカップ(G3) 3着(0.4)
2 8 牡6 52 ケイティープライド 13 巴賞(OP) 6着(0.8)
3 10 牡5 55 ツクバアズマオー 9 巴賞(OP) 3着(0.3)
2015 1 5 牡5 54 ダービーフィズ 3 目黒記念(G2) 6着(0.7)
2 3 牡4 56 ハギノハイブリッド 10 新潟大賞典(G3) 10着(0.6)
3 1 牡3 53 ヤマカツエース 7 NHKマイルカップ(G1) 13着(1.0)
2014 1 3 牡5 56 ラブイズブーシェ 2 目黒記念(G2) 2着(0.0)
2 9 牡7 58 ダークシャドウ 8 エプソムカップ(G3) 3着(0.2)
3 2 牡5 54 ステラウインド 7 ジューンステークス(1600万) 1着(-0.0)
2013 1 8 牡4 57.5 トウケイヘイロー 3 鳴尾記念(G3) 1着(-0.2)
2 1 牡4 55 アンコイルド 7 巴賞(OP) 8着(0.8)
3 15 牡6 56 アスカクリチャン 8 新潟大賞典(G3) 8着(1.1)
2012 1 3 セ7 54 トランスワープ 4 福島テレビオープン(OP) 3着(0.2)
2 8 牡8 52 イケトップガン 8 巴賞(OP) 5着(0.8)
3 4 牡6 55 ミッキーパンプキン 7 巴賞(OP) 6着(0.9)
2011 1 4 牡8 54 キングトップガン 4 目黒記念(G2) 1着(-0.0)
2 3 牡10 53 マヤノライジン 12 五稜郭ステークス(OP) 6着(0.2)
3 13 牡8 57 アクシオン 7 エプソムカップ(G3) 10着(0.9)
2010 1 6 牡5 56 マイネルスターリー 2 新潟大賞典(G3) 4着(0.3)
2 12 牡4 56 ジャミール 1 天皇賞春(G1) 7着(1.7)
3 8 牡6 57 ドリームサンデー 5 金鯱賞(G2) 2着(0.2)
2009札幌 1 16 牡7 56 サクラオリオン 4 巴賞(OP) 3着(0.1)
2 9 牡8 55 マヤノライジン 10 巴賞(OP) 6着(0.4)
3 12 牡5 55 メイショウレガーロ 8 巴賞(OP) 5着(0.4)
2008 1 4 牡4 56 トーセンキャプテン 4 巴賞(OP) 4着(0.2)
2 11 牡5 57 フィールドベアー 1 巴賞(OP) 1着(-0.0)
3 2 牡4 56 マンハッタンスカイ 2 巴賞(OP) 6着(0.3)
2007 1 4 セ7 57 エリモハリアー 7 巴賞(OP) 11着(1.5)
2 5 牝5 52 ロフティーエイム 9 巴賞(OP) 8着(0.6)
3 6 牡4 57 サクラメガワンダー 2 安田記念(G1) 13着(0.9)

過去10年の函館記念3着以内では、札幌開催だった2009年を除くと、内枠(1~4枠)が優勢傾向にあり、例年、1~4枠から2頭以上馬券圏内に好走しています。優勝馬も2009年を除いて、1~4枠から出ています。

その他、2009年を除く過去9回では、二桁馬番の好走例が少なく、過去9回の3着以内27頭中5頭のみとなっています。

前走巴賞

過去10年の函館記念3着以内30頭中13頭を占めます。巴賞で負けた馬(特に馬券圏外だった)の巻き返しが目立ち、巴賞優勝馬からの好走は、2008年2着フィールドベアーのみとなっています。

人気

過去10年の函館記念3着以内では、上位人気が不振傾向にあります。

  • 1番人気(0-2-0-8)複勝率20%
  • 2番人気(2-0-2-6)複勝率40%
  • 3番人気(3-0-0-7)複勝率30%

馬券予想

過去10年の傾向から「内枠(1~4枠)」「前走巴賞(特に馬券圏外だった馬)」「上位人気不振」に注目です。

函館記念2017は、重賞好走歴のある馬が何頭かいますが、抜けた馬が不在の為、かなりの混戦だと思います。さらにハンデ戦になるので、いかにも波乱決着がありそうというレースです…。(;´ω`p

函館記念2017の注目は、昨年の朝日杯フューチュリティステークス2016優勝馬サトノアレスでしょうか。ただ不振の前走巴賞優勝馬というのは、なんとも不気味です…。近年では、レッドレイヴン(2016年9着)、マイネルミラノ(2015年8着)、エアソミュール(2013年10着)、トウカイパラダイス(2012年4着)…など、前走巴賞優勝から函館記念に出走し、人気を裏切る結果が続いています。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑥アングライフェン

前走巴賞2017 2着。上がり最速で、サトノアレスとクビ差の2着。確かにサトノアレスは余力を感じさせる勝ち方ではありましたが、そこまで大きな力差を感じませんでした。

今回、サトノアレスとの斤量差は1kg差に縮まるので、ハンデ戦の面白さがあるのは、アングライフェンの方でしょうか。データ的には内目の枠は良さそうです。

○③ナリタハリケーン

前走巴賞2017 3着。内で脚を溜めて、最後の直線で追い込む競馬。外から上がり2位ので、前にいた馬をどんどん交わし、3着に入り込みました。ムラのあるダート馬とは思えない内容でした。

今回、サトノアレスとの斤量差が無くなります。8歳馬になりますが、アングライフェンが買えるなら、この馬も…。

▲⑩ステイインシアトル

前走鳴尾記念2017 1着。前走は、開幕週の内回りコースということで、逃げ残り期待で押さえました。結果、スマートレイアーやマイネルフロストを抑えての優勝で、重賞でも十分戦えるところを見せました。

今回は、何頭か逃げ先行馬がいるので、展開予想が難しいですね…。ただ2走前の福島民報杯では、2~3番手から強い競馬をしているので、ひょっとするとハナには拘らない競馬をするかもしれないと思っています。

△②ダンツプリウス

前走巴賞2017 4着。先行して粘るという競馬。近走の成績からは、中々勝ち切るイメージがわかない馬です。今回も好枠を活かして、どこまで…という感じでしょうか。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、7着、14着、15着でした。

本命◎アングライフェンは4着でした。

函館記念2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 12 牡6 ルミナスウォリアー 5 金鯱賞(G2) 5着(0.3)
2 14 牡7 タマモベストプレイ 14 天皇賞(春)(G1) 13着(2.6)
3 15 牡5 ヤマカツライデン 7 天皇賞(春)(G1) 15着(3.2)

カスリもせず。3連単915,320円の波乱決着でした。

外枠決着&巴賞組全滅と、いちいちデータ傾向の逆を突いてくる感じが波乱傾向のハンデ戦というところでしょうか。(´;ω;`)

馬場の影響か、例年のように露骨な内優勢というわけではなく、中団より前にいれば上位争いに加われたという印象でした。

優勝したルミナスウォリアーは完勝。レース直後、安藤勝己元騎手が「こういう馬場が合うんでしょうね。」ということを言っていました。洋芝に加え、雨の影響で、泥が舞う重馬場でした。さらに休み明けの方が走る馬で、函館記念2017に合わせてきたのもプラスに働いたように思います。

押さえていたステイインシアトルは、コーナー手前で手応え無さそうにズルズル後退を始めてました。良馬場で楽に先行できたときが良いタイプかもしれないですね。

1~3着馬の次走情報