阪急杯 2016 過去10年のデータと予想

過去10年では、1番人気で勝ったのは2013年のロードカナロアだけという難解なレースです。1番人気の複勝率も低く、馬券圏外になったのは過去10年で5回もあります。

一方、上位人気が総崩れになった年も無く、1番人気の馬が馬券圏外になった年は、漏れなく2番人気の馬が馬券圏内に来ています。

阪急杯2016ですが、抜けた馬がいません。過去このコースは「サンカルロを買っとけ!」でしたが、サンカルロ引退後の今は、予想に困ってしまいますね。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
阪急杯2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 前走
2015不良 1 13 牡6 ダイワマッジョーレ 阪神C(G2) 3着(0.0)
2 5 牡4 ミッキーアイル 阪神C(G2) 7着(0.4)
3 6 牝5 ローブティサージュ 京阪杯(G3) 14着(1.1)
2014 1 1 牡4 コパノリチャード 阪神C(G2) 10着(0.6)
2 6 牡8 サンカルロ 阪神C(G2) 4着(0.4)
3 7 牝4 レッドオーヴァル マイルCS(G1) 8着(0.6)
2013 1 3 牡5 ロードカナロア 香港スプリント(G1) 1着
2 2 牡6 マジンプロスパー シルクロードS(G3) 4着(0.1)
3 6 牡4 オリービン 阪神C(G2) 15着(0.8)
2012 1 11 牡5 マジンプロスパー シルクロードS(G3) 8着(0.5)
2 2 牝5 スプリングサンダー 京都牝馬S(G3) 13着(1.4)
3 16 牡6 サンカルロ 阪神C(G2) 1着(-0.0)
2011 1 15 牡5 サンカルロ 阪神C(G2) 6着(0.4)
2 2 牡4 ガルボ 京都金杯(G3) 2着(0.0)
3 4 牡4 フラガラッハ 東京新聞杯(G3) 11着(0.8)
2010 1 2 牡5 エーシンフォワード 東京新聞杯(G3) 3着(0.2)
2 4 牝4 ワンカラット 京都牝馬S(G3) 4着(0.1)
3 6 牡4 サンカルロ 阪神C(G2) 2着(0.2)
2009 1 4 牡5 ビービーガルダン 京阪杯(G3) 6着(0.3)
2 13 牡5 ローレルゲレイロ 東京新聞杯(G3) 13着(1.8)
3 3 牡4 ドラゴンファング 雲雀S(1600下) 1着(-0.3)
2008 1 3 牡4 ローレルゲレイロ 東京新聞杯(G3) 1着(-0.0)
2 4 牡6 スズカフェニックス 阪神C(G2) 1着(-0.1)
3 2 牝4 ローブデコルテ 京都牝馬S(G3) 5着(0.7)
2007 1 1 牡8 プリサイスマシーン 阪神C(G2) 2着(0.1)
1 5 牡5 エイシンドーバー 小倉大賞典(G3) 2着(0.2)
3 3 牡5 スズカフェニックス 東京新聞杯(G3) 1着(-0.1)
2006不良 1 9 牡7 ブルーショットガン シルクロードS(G3) 13着(0.6)
2 13 牡4 コスモシンドラー 山城S(1600下) 1着(-0.1)
3 10 牡6 オレハマッテルゼ 東京新聞杯(G3) 2着(0.0)
内枠

過去10年の阪急杯では、内枠が優勢です。外枠(6~8枠)の馬も来ていますが、ほぼ重賞実績馬だけです。

前走阪神カップ

過去10年の阪急杯3着以内30頭中10頭に及びます。特に近年は顕著になっています。

前走東京新聞杯

過去10年の阪急杯3着以内30頭中6頭に及びます。2011年以前では、毎年1頭が馬券圏内に来ています。

前走条件戦、オープン特別

前走条件戦だった馬は、過去10年で以下の2頭のみです。一方、前走オープン特別だった馬はいません。

  • 2009年3着ドラゴンファング
  • 2006年2着コスモシンドラー

馬券予想

今年の阪急杯は、2~3着ならありえそうな出走馬が多いです。例年3枠から内枠が優勢のレースですが、内枠に人気薄の馬が並び、真ん中あたりの枠(4~6枠)に人気馬が揃いました。

3ブラヴィッシモ

前走データ的には買い難いですが、芝1400mでは、馬券圏外が前走のみという安定した成績です。

前走タンザナイトステークス2015では、ミッキーラブソングと僅か0.1秒差です。今回は同じ阪神1400mコースですし、ミッキーラブソングが買えるなら、ブラヴィッシモも無視するわけにもいかないところでしょうか。

4ヒルノデイバロー

前走シルクロードステークス2016は出遅れたものの、上がり最速で7着まで追い上げています。芝でも問題なさそうという印象でした。人気もしていないですし、好枠を引いたので押さえても良いかなと思っています。

5ミッキーラブソング

前走京都金杯2016は7人気で本命◎にした馬です。人気を背負って来るタイプとは思えないですが、今回絶好枠を引きました。この枠なら、押さえるべきでしょう。橋口調教師の定年前最後ということなので、渾身の仕上げで挑んでくるのではないかと考えています。

小牧ジョッキーというのも良いですね。個人的に橋口調教師の馬に乗ってる上村元ジョッキーと小牧ジョッキーは、ドラマを感じさせるので好きです。

6ティーハーフ

昨年の函館スプリントステークス2015は、かなり強かったですね。戦績を見ると、1400m戦で一度も勝てていないので、やはり1200mの馬なのかもしれません。ジョッキーが変わって、違ったレースを見せる可能性に期待というところでしょうか。

10ダノンシャーク

前走阪神カップ2015の馬ですが、8歳馬になり、上積みというのは期待できないですね。全盛期、マイルCS2013 3着後の阪急杯2013が9着、マイルCS2014 1着後の阪急杯2014が5着と、レース相性も良くないですし、積極的には狙えない馬だと思っています。

11オメガヴェンデッタ

1400mの重賞(スワンS2015 3着と京王杯スプリングC2015 3着)で結果を出しているのは、良いと思います。阪神1400mコースの勝ち経験もあるので、枠次第では楽しみですね。

13ミッキーアイル

メンバー中、実績はナンバー1です。高松宮記念2016への叩きだと思いますが、3着は外せないしょう。

不良馬場の昨年が58kgで2着だった馬が、今年は57kgです。地雷か?と疑ってしまうほどに、良い条件です。良馬場の方が良い馬だと思うので、ここでは上位争いの1頭ではないでしょうか。

買い方

◎5ミッキーラブソング

○13ミッキーアイル

▲4ヒルノデイバロー

△3ブラヴィッシモ

3連複◎–○–▲△ 計2点

3連単◎>○>▲△ 計2点

合計4点です。

内枠に拘りましたが、そういうときに年に限って、真ん中から外の馬(8マイネルアウラート、9レッツゴードンキ、11オメガヴェンデッタ)で決まったりしそうです…。

結果

馬券的には、1着、3着、4着、8着でした。

本命◎ミッキーラブソングは4着でした。

阪急杯2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 13 牡5 ミッキーアイル 香港スプリント(G1) 7着
2 11 セ5 オメガヴェンデッタ 京都金杯(G3) 12着(0.8)
3 3 牡4 ブラヴィッシモ タンザナイトS(OP) 5着(0.3)

滅茶苦茶惜しかったですね・・・。当たる当たる!と思いながら、残り50mぐらいまで見てました。

ミッキーラブソングは、外まわった分、最後厳しい感じでした。馬券に関係なく、ここは勝って欲しかったので、とても残念です。内を上手く捌いた馬と先行した馬が優勢という結果でした。

オメガヴェンデッタは、6枠ということで軽視してしまいました。武豊ジョッキーの好騎乗だと思います。

ミッキーアイルは、ここでは格が違いました。再び逃げる競馬をするということだったので、どうなるか楽しみでした。ただ高松宮記念2016を逃げ切るというのは至難の業だと思います。本番ではどうするのか注目ですね。

1~3着馬の次走情報