阪神牝馬ステークス 2016 過去10年のデータと予想

過去10年では、上位人気の信頼が高いレースではありません。

  • 1番人気(3-1-1-5)複勝率50%
  • 2番人気(1-2-0-7)複勝率30%
  • 3番人気(0-3-2-5)複勝率50%

上位人気の半数以上が馬券圏外という結果になっています。一方、配当では、3連単10万円を超えたのは3回です。他の7回も、3連単数万円という決着が多いので、中穴馬ぐらいの馬には要注意だと思います。

  • 2012年441,470円
  • 2010年446,150円
  • 2009年149,870円

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。(今年から、芝1600mに変更となりました。傾向など変わる部分が多いと思うので、参考程度の認識でお願いします。)

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
阪神牝馬ステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
2015稍重 1 4 牝5 カフェブリリアント 4 節分S(1600万) 1着(-0.1)
2 7 牝4 ベルルミエール 7 京都牝馬S(G3) 10着(1.0)
3 12 牝5 ウリウリ 3 京都牝馬S(G3) 5着(0.3)
2014 1 4 牝4 スマートレイアー 1 大阪城S(OP) 1着(-0.2)
2 6 牝4 ウリウリ 3 京都牝馬S(G3) 2着(-0.1)
3 10 牝4 ローブティサージュ 9 京都牝馬S(G3) 7着(0.6)
2013 1 16 牝4 サウンドオブハート 2 洛陽S(OP) 1着(-0.3)
2 15 牝4 イチオクノホシ 4 うずしおS(1600万) 3着(0.0)
3 4 牝5 クィーンズバーン 7 阪急杯(G3) 13着(0.9)
2012 1 15 牝4 クィーンズバーン 11 うずしおS(1600万) 3着(0.3)
2 10 牝4 マルセリーナ 2 阪神C(G2) 4着(0.4)
3 7 牝6 フミノイマージン 4 東京新聞杯(G3) 4着(0.4)
2011 1 1 牝4 カレンチャン 1 山城S(1600万) 1着(-0.4)
2 16 牝4 アンシェルブルー 7 洛陽S(OP) 5着(1.2)
3 4 牝4 スプリングサンダー 3 うずしおS(1600万) 1着(-0.2)
2010 1 7 牝4 アイアムカミノマゴ 9 オーロC(OP) 1着(-0.2)
2 11 牝5 プロヴィナージュ 5 六甲S(OP) 3着(0.5)
3 1 牝6 カノヤザクラ 10 高松宮記念(G1) 15着(0.8)
2009 1 12 牝8 ジョリーダンス 7 阪急杯(G3) 6着(0.9)
2 8 牝5 ザレマ 3 中山牝馬S(G3) 4着(0.4)
3 15 牝4 オディール 4 京都牝馬S(G3) 5着(0.3)
2008 1 3 牝4 エイジアンウインズ 5 心斎橋S(1600万) 1着(-0.1)
2 7 牝5 ブルーメンブラット 1 京都牝馬S(G3) 4着(0.6)
3 13 牝5 パーフェクトジョイ 9 大阪城S(OP) 3着(0.5)
2007 1 6 牝6 ジョリーダンス 5 韓国馬事会杯(1600万) 1着(-0.1)
2 2 牝6 アグネスラズベリ 3 京都牝馬S(G3) 3着(0.8)
3 5 牝5 ディアデラノビア 1 京都牝馬S(G3) 1着(-0.7)
2006 1 4 牝4 ラインクラフト 1 高松宮記念(G1) 2着(0.0)
2 12 牝4 エアメサイア 2 中山記念(G2) 3着(1.1)
3 10 牝7 スナークスズラン 8 阪急杯(G3) 4着(0.3)
4歳馬

過去10年の阪神牝馬ステークス3着以内30頭中16頭を占めます。勝ち馬では、過去10年で7頭が4歳馬です。

6歳以上

6歳以上の馬は、過去10年の阪神牝馬ステークス3着以内30頭中6頭のみです。特に7歳以上の馬は2頭しかいません。直近3年では、4~5歳馬だけで決着しています。

前走二桁着順

前走が二桁着順だった馬は、過去10年の阪神牝馬ステークス3着以内30頭中、以下の3頭のみです。

  • 2015年2着ベルルミエール
  • 2013年3着クィーンズバーン
  • 2010年3着カノヤザクラ
前走の着差

過去10年の阪神牝馬ステークスで前走勝ち馬から1秒以上離されて負けていた馬は、以下の3頭のみです。

  • 2015年2着ベルルミエール
  • 2011年2着アンシェルブルー
  • 2006年2着エアメサイア

馬券予想

日曜の桜花賞2016と同じ舞台なので、芝や血統などの傾向は参考になりそうです。今年の注目は、⑥ミッキークイーンです。直近4走で戦ってきた相手を見ると、ここでは頭ひとつ抜けてるようにも思えます。

④アンドリエッテ

前走は僅差ながら、1600万クラスを勝ちました。勝った相手は重賞好走馬ではないので、今回のメンバーと比べると一枚下というのは否定できません。

ただ阪神1600mは、全2勝を挙げている相性は良い舞台です。過去データからも候補として残る馬なので、押さえたいと思います。

⑥ミッキークイーン

このあとヴィクトリアマイル2016を予定しているようなので、ここは良い結果を期待したいですね。ルメール騎手が土日重賞2連勝するのか注目です。

難点は、1600mは短いのでは・・・というところです。例えば、京都牝馬Sの勝ち馬クイーンズリングは、オークス2015前から距離不安があり、短い距離の方が良さそうな馬でした。距離短縮の京都牝馬S2016(1400m)で期待に応え完勝しました。

一方、ミッキークイーンは、短い方がいいかも・・・という話を聞いた記憶がありません。ただ、阪神の外回りコースですから、こなしてくれる気はします。過去データ的には優勢の4歳の有力馬ですし、ここでは上位候補でしょう。

⑦スマートレイアー

6歳ということを除けば、「買い」だと思います。前走は牡馬相手に東京新聞杯2016を完勝しました。差し追い込み馬でしたが、前走は逃げての好走劇でした。

阪神外回りコースに限れば、(4-0-0-1)で、馬券圏外だったのは2014年のチャレンジCのみです。コース相性もマイル実績もジョッキーも良いので、過去データを無視してでも押さえておきたいです。

⑨ウインプリメーラ

2走前の京都金杯2016は展開が向いただけかな・・・と思っていましたが、前走京都牝馬ステークス2016でも好走しました。6歳ということを除けば、十分にこのクラスで勝負できる馬だと思います。

ただ傾向から6歳以上の馬が上位を占めるとも思えないので、6歳以上から1頭を選ぶとすれば、スマートレイアーの方を候補として考えたいです。

⑩ペルフィカ

近走のレースや成績からは、狙い難い馬です。ただ過去データの傾向からは消せない馬でもあります。下位人気確実なので、紐に入れておいても面白いかもしれません。

⑬ストレイトガール

このあと、ヴィクトリアマイル2016を予定しているようです。7歳馬の牝馬なので手が出し辛いですが、実績だけで言えば押さえるべき馬です。

買い方

◎⑥ミッキークイーン

○④アンドリエッテ

▲⑦スマートレイアー

△⑩ペルフィカ

3連複◎-○▲△-○▲△ 計3点

合計3点です。

過去データから残ったミッキークイーンとアンドリエッテとペルフィカを押さえました。3頭の中で重賞実績のあるミッキークイーンを本命にしました。

目標(ヴィクトリアマイル2016)で勝ち負け争いを期待と考えると、叩きだとしてもこのメンバーであれば3着は外せないのではないでしょうか。

アンドリエッテとペルフィカは、実績からは買い難いので、全く自信はありません。その他、過去データからは買い難い馬ですが、スマートレイアーも押さえました。コース相性、距離実績、重賞実績、ジョッキーともに良いと思います。

結果

馬券的には、1着、2着、6着、8着でした。

本命◎ミッキークイーンは2着でした。

阪神牝馬ステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 7 牝6 スマートレイアー 東京新聞杯(G3) 1着(-0.3)
2 6 牝4 ミッキークイーン ジャパンC(G1) 8着(0.3)
3 9 牝6 ウインプリメーラ 京都牝馬S(G3) 3着(0.2)

藤岡兄弟の馬が2頭ともダメでしたね・・・。6着ペルフィカ、8着アンドリエッテでした。馬券予想の記事で、この2頭は「全く自信はありません」と書きましたが、何事も無かったかのように馬券圏外となりました。

アンドリエッテは最後方からでした。ミッキークイーンの数馬身後方から同等の以上の脚を使うのは無理でしょう。あの位置から届くとも思えず、すぐに諦めました。

結果的には、1~2着のスマートレイアーとミッキークイーンが強いところを見せました。ミッキークイーンは、休み明け&久々のマイルだったので、この結果はヴィクトリアマイル2016に繋がりそうです。

1~3着馬の次走情報