ホープフルステークス2020過去データと予想

日程 2020年12月26日(土曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G1
条件 2歳
斤量 馬齢(牡55kg)
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)
クッション値 10.5(26日)

ホープフルステークス2020

2歳G1ホープフルステークス2020です。2014年にG3ラジオNIKKEI杯2歳ステークスがホープフルステークス(オープン特別)と入れ替わるかたちでG2戦となり、その後2017年にG1レースに昇格して現行のホープフルステークスになりました。

長く出世レースという印象がないレースでしたが、近年の優勝馬には、コントレイル、サートゥルナーリア、レイデオロと後のG1馬が名を連ねています。来年に向けて、注目のレースと言えるかもしれません。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年のホープフルステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。以前は、波乱含みのレースでしたが、近年は順当な決着が続いています。G1に格上げされたことで、有力馬の出走が増えたことも影響しているのかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 810円 580円 2,760円
2018 640円 1,130円 3,650円
2017 1,440円 10,920円 52,380円
2016 2,380円 3,600円 15,250円
2015 1,220円 840円 7,790円
2014 9,330円 76,660円 345,220円
2013 2,520円 2,990円 34,310円
2012 28,380円 42,570円 372,750円
2011 5,630円 122,380円 648,880円
2010 2,360円 5,100円 29,860円

では過去10年のホープフルステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:ホープフルステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

ホープフルステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 2 コントレイル 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.8) 1
2 5 ヴェルトライゼンデ 3 萩ステークス(LR) 1着(-0.1) 1
3 7 ワーケア 2 アイビーステークス(LR) 1着(-0.5) 1
2018 1 5 サートゥルナーリア 1 萩ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
2 8 アドマイヤジャスタ 2 紫菊賞(500万) 1着(-0.2) 1
3 1 ニシノデイジー 3 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 8
2017 1 7 タイムフライヤー 1 京都2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 1
2 15 ジャンダルム 4 デイリー杯2歳ステークス(G2) 1着(-0.2) 5
3 13 ステイフーリッシュ 8 新馬戦(中京芝2000m) 1着(-0.4) 3
2016 1 2 レイデオロ 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.2) 1
2 11 マイネルスフェーン 8 未勝利戦(東京芝2000m) 1着(-0.1) 1
3 6 グローブシアター 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.1) 1
2015 1 6 ハートレー 3 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
2 9 ロードクエスト 1 新潟2歳ステークス(G3) 1着(-0.7) 1
3 8 バティスティーニ 2 黄菊賞(500万) 1着(-0.6) 1
2014 1 10 シャイニングレイ 2 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.6) 2
2 6 コメート 8 きんもくせい特別(500万) 1着(-0.0) 1
3 7 ブラックバゴ 9 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.1) 2
2013 1 2 エアアンセム 8 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.1) 8
2 7 ベルキャニオン 1 未勝利(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
3 17 クラリティシチー 2 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.2) 5
2012 1 1 サトノネプチューン 7 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.0) 3
2 11 マイネルストラーノ 10 葉牡丹賞(500万) 7着(0.5) 6
3 5 カミノタサハラ 2 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.3) 2
2011 1 11 アドマイヤブルー 5 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.1) 1
2 10 ミヤビアミュレット 6 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.6) 5
3 15 コスモアンドロメダ(牝) 12 京王杯2歳ステークス(G2) 5着(0.6) 10
2010 1 7 ベルシャザール 4 萩ステークス(OP) 3着(0.4) 1
2 5 ナカヤマナイト 2 ベゴニア賞(500万) 1着(-0.3) 2
3 1 フェイトフルウォー 3 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.6) 7
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中12頭を占めます。直近2年こそ馬券圏内に来ていませんが、過去穴馬の好走が目立ちます。

前走3着以内

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中28頭を占めます。重賞化した2014年以降では、3着以内18頭中17頭が前走1着馬でした。

前走1800m~2000m

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中25頭を占めます。前走1800m~2000m以外のレースに出走していた5頭のうち、重賞化した2014年以降の2頭は、ともに前走重賞レースを優勝していました。

  • 2017年2着ジャンダルム(前走デイリー杯2歳ステークス1着)
  • 2015年1着ロードクエスト(前走新潟2歳ステークス1着)

予想

今年のホープフルステークス2020は、かなり難解なレースになりそうです。データ傾向から搾れる要素も少ないですが、近年は上位人気馬が結果を残す傾向にあるので、前走勝ち切っている人気馬が狙い目になるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。

◎10ダノンザキッド

デビュー戦を楽勝、その後の前走東スポ杯2歳ステークスも完勝と底を見せていません。特に前走は、約5ヵ月明けの馬体重+24kgでの出走ということも踏まえれば、前走以上の内容を期待できそうです。あとは他馬との力関係だけでしょうか。

〇2ヨーホーレイク

前走紫菊賞優勝。2着馬と着差こそクビ差になりましたが、まだ余力がありそうな印象を受けました。全兄を見ると、2歳重賞なら…という感じはするので、人気が落ち着きそうなここで対抗評価にしました。

▲3ランドオブリバティ

前走芙蓉ステークスを先行から抜け出して完勝。楽に後続を突き放していました。今回は、前走と同じ内枠(3番)ですし、前走のようなレースをすることになるでしょうか。連勝の勢いと前走の勝ちっぷりに期待して…。

△9アオイショー

過去好走例が多い前走新馬戦優勝馬。前走は、捲って行くかたちの追い込みで完勝しました。2着以下も突き放していたので、力はありそうな印象を受けました。2勝馬が揃っているので、ここでは格下感はありますが、紐荒れに期待して押さえました。

(無印)1オーソクレース

対抗にしようかと迷いつつ…。2戦2勝、前走アイビーステークスの勝ちっぷりも良かったと思います。ただ2戦連続でスタートが良くないので、G1の最内枠で出負けしてしまうとどうだろう…ということで無印にしました。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、7着、中止でした。本命◎ホープフルステークスは、1着でした。

ホープフルステークス2020結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 10 ダノンザキッド 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.2) 1
2 1 オーソクレース 3 アイビーステークス(LR) 1着(-0.0) 2
3 2 ヨーホーレイク 4 紫菊賞(1勝クラス) 1着(-0.0) 1

本命ダノンザキッドが好位抜け出しで快勝。ここでは力が違うような内容だったと思います。勝利ジョッキーインタビューを見ると、もっと良くなる余地がありそうな印象でした。

2着には、終始内で脚をためていたオーソクレース。スタートを不安視して無印にしたのですが、今回は上手く出て、好位の内をロスなくという競馬でした。直線に入ったところで、前にいたランドオブリバティがいなくなったこともあり、進路がきれいに空いたのも良かったと思います。

押さえていたランドオブリバティ。4角から直線に入るタイミングで、外に振れてそのままレースは終わってしまいました。これが無ければ、上位(特に2着以下)の着順もガラッと変わったんじゃないかと思います。

深く考えない競馬
Amazonセール&クーポン
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro
Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.