G1の過去データと予想

ホープフルステークス-過去10年のデータと予想

日程 2019年12月28日(土曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G1
条件 2歳
斤量 馬齢(牡55kg)
出走数 13頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ホープフルステークス2019

2歳G1ホープフルステークス2019です。2014年にG3ラジオNIKKEI杯2歳ステークスがホープフルステークス(オープン特別)と入れ替わるかたちで、G2ホープフルステークスとして行われるようになりました。その後、2017年にG1レースに昇格して現行のホープフルステークスとなっています。

出世レースという印象がないレースでしたが、近年の優勝馬には、レイデオロとサートゥルナーリアの2頭がいます。ホープフルステークスの優勝馬は、翌年以降のG1戦線でも期待が大きいといえるかもしれません。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年のホープフルステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。以前は、波乱含みのレースでしたが、近年はやや順当な決着が続いています。G1に格上げされたことで、有力馬の出走が増えたことも影響しているのかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 640円 1,130円 3,650円
2017 1,440円 10,920円 52,380円
2016 2,380円 3,600円 15,250円
2015 1,220円 840円 7,790円
2014 9,330円 76,660円 345,220円
2013 2,520円 2,990円 34,310円
2012 28,380円 42,570円 372,750円
2011 5,630円 122,380円 648,880円
2010 2,360円 5,100円 29,860円
2009 990円 3,940円 12,160円

では過去10年のホープフルステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2013年以前は、オープン特別時代のデータです。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ホープフルステークス2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 5 サートゥルナーリア 1 萩ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
2 8 アドマイヤジャスタ 2 紫菊賞(500万) 1着(-0.2) 1
3 1 ニシノデイジー 3 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 8
2017 1 7 タイムフライヤー 1 京都2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 1
2 15 ジャンダルム 4 デイリー杯2歳ステークス(G2) 1着(-0.2) 5
3 13 ステイフーリッシュ 8 新馬戦(中京芝2000m) 1着(-0.4) 3
2016 1 2 レイデオロ 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.2) 1
2 11 マイネルスフェーン 8 未勝利戦(東京芝2000m) 1着(-0.1) 1
3 6 グローブシアター 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.1) 1
2015 1 6 ハートレー 3 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
2 9 ロードクエスト 1 新潟2歳ステークス(G3) 1着(-0.7) 1
3 8 バティスティーニ 2 黄菊賞(500万) 1着(-0.6) 1
2014 1 10 シャイニングレイ 2 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.6) 2
2 6 コメート 8 きんもくせい特別(500万) 1着(-0.0) 1
3 7 ブラックバゴ 9 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.1) 2
2013 1 2 エアアンセム 8 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.1) 8
2 7 ベルキャニオン 1 未勝利(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
3 17 クラリティシチー 2 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.2) 5
2012 1 1 サトノネプチューン 7 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.0) 3
2 11 マイネルストラーノ 10 葉牡丹賞(500万) 7着(0.5) 6
3 5 カミノタサハラ 2 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.3) 2
2011 1 11 アドマイヤブルー 5 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.1) 1
2 10 ミヤビアミュレット 6 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.6) 5
3 15 コスモアンドロメダ(牝) 12 京王杯2歳ステークス(G2) 5着(0.6) 10
2010 1 7 ベルシャザール 4 萩ステークス(OP) 3着(0.4) 1
2 5 ナカヤマナイト 2 ベゴニア賞(500万) 1着(-0.3) 2
3 1 フェイトフルウォー 3 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.6) 7
2009 1 11 アリゼオ 1 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.0) 3
2 7 ミカエルビスティー 3 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.4) 3
3 13 セイウンジャガーズ 8 ベゴニア賞(500万) 3着(0.2) 1
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中14頭を占めます。2010年と2018年を除く過去8回で1頭以上が馬券圏内に来ています。

前走3着以内

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中28頭を占めます。重賞化した2014年以降では、3着以内15頭中14頭が前走1着馬でした。

前走1800m~2000m

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中24頭を占めます。前走1800m~2000m以外のレースに出走していた6頭のうち、重賞化した2014年以降の2頭は、ともに前走重賞レースを優勝していました。

  • 2017年2着ジャンダルム(前走デイリー杯2歳ステークス1着)
  • 2015年1着ロードクエスト(前走新潟2歳ステークス1着)

予想

今年のホープフルステークス2019は、好メンバーが揃いました。前走東京スポーツ杯2歳ステークスを楽勝したコントレイルを中心に、2戦2勝の馬が4頭。休養明けとなる札幌2歳ステークス優勝馬ブラックホールなど、層が厚いメンバー構成だと思います。

以下、簡単な考察と予想です。点数を絞るため、休養明けのブラックホールとオーソリティを機械的にスルーしました。3連単は、好配当狙いでコントレイルを除いた組み合わせにしています。

◎7ワーケア

2戦連続圧倒的1番人気を集めて楽勝。2戦とも力のいる馬場で快勝した脚は、この時期の中山でも良さそうです。例年、わりと好走例の多い真ん中あたりの枠(4~6枠)。底を見せてない魅力にも期待です。

○5ヴェルトライゼンデ

兄にワールドプレミアとワールドエース。血統面の魅力はありそう…。前走萩ステークスは、上位3頭の叩き合いを制しての優勝。ただ小粒なメンバーの少頭数でしたし、評価が難しいところだと思います。ここは血統に期待しての対抗です。

▲2コントレイル

前走東京スポーツ杯2歳ステークスをコースレコードで圧勝。1頭だけ格上というレースでした。ただ今回は、馬場傾向が全く異なる中山。やや評価を下げました。

△4ガロアクリーク

過去、わりと穴をあける傾向にある新馬戦と未勝利戦組。15頭立ての前走新馬戦(東京芝2000m)は中団から抜け出しで完勝。良い脚を使っていました。今回、有力馬が前走少頭数のレースを完勝している馬ばかりですし、多頭数を中団から差し切った魅力はありそうです。紐荒れに期待して…。

3連複4頭ボックス◎○▲△3連単◎→○△→○△合計6点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、11着でした。本命◎ワーケアは、3着でした。

ホープフルステークス2019結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 コントレイル 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.8) 1
2 5 ヴェルトライゼンデ 3 萩ステークス(LR) 1着(-0.1) 1
3 7 ワーケア 2 アイビーステークス(LR) 1着(-0.5) 1

晩に録画を見ました。少額なことに加え、外れの3連単を買ってるため、どうでも良い的中になってしまいました。

1番人気コントレイルが好位からの抜け出しで楽勝。スタートも良く、不利もなく、ただただ強さを見せたレースでした。前半、やや折り合いを欠く場面がありながらも、1頭だけ格上という内容。3歳クラシックも楽しみが大きいと思います。

3着には本命ワーケア。道中後方からの競馬で、もう一列前なら2着争いがあったかもしれません。ただそれでもコントレイルが強すぎたので、勝てなかったのは仕方ないところでしょうか。紐に押さえていたガロアクリークは、直線に入る前から手応え怪しく、後退…。このクラスでは、全く足りない印象を受けました。

深く考えない競馬