ホープフルステークス 過去10年のデータと予想

日程 2018年12月28日(金曜
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け G1
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(牡55kg)
出走数 13頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ホープフルステークス2018

2歳G1ホープフルステークス2018です。2014年にG3ラジオNIKKEI杯2歳ステークスがホープフルステークス(オープン特別戦)と入れ替わるかたちで、G2ホープフルステークスとして行われるようになりました。その後、2017年にG1レースに昇格しました。有馬記念の余韻を消すような日程で…、まだ慣れません。

一昨年の優勝馬が後のダービー馬レイデオロというレースですが、昨年は優勝馬を含め上位陣がその後の3歳クラシック戦線で殆ど活躍していません。今年はどうなるでしょうか。来年に向けて注目したいですね。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年のホープフルステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。馬連も好配当が続いているので、荒れやすいレースといえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,440円 10,920円 52,380円
2016 2,380円 3,600円 15,250円
2015 1,220円 840円 7,790円
2014 9,330円 76,660円 345,220円
2013 2,520円 2,990円 34,310円
2012 28,380円 42,570円 372,750円
2011 5,630円 122,380円 648,880円
2010 2,360円 5,100円 29,860円
2009 990円 3,940円 12,160円
2008 860円 1,640円 5,910円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。なお2013年以前は、オープン特別時代のデータです。

過去10年の1~3着馬の前走データ

過去のレース映像は、ホープフルステークス 過去のレース映像にまとめています。

ホープフルステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 7 タイムフライヤー 1 京都2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 1
2 15 ジャンダルム 4 デイリー杯2歳ステークス(G2) 1着(-0.2) 5
3 13 ステイフーリッシュ 8 新馬戦(中京芝2000m) 1着(-0.4) 3
2016 1 2 レイデオロ 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.2) 1
2 11 マイネルスフェーン 8 未勝利戦(東京芝2000m) 1着(-0.1) 1
3 6 グローブシアター 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.1) 1
2015 1 6 ハートレー 3 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
2 9 ロードクエスト 1 新潟2歳ステークス(G3) 1着(-0.7) 1
3 8 バティスティーニ 2 黄菊賞(500万) 1着(-0.6) 1
2014 1 10 シャイニングレイ 2 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.6) 2
2 6 コメート 8 きんもくせい特別(500万) 1着(-0.0) 1
3 7 ブラックバゴ 9 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.1) 2
2013 1 2 エアアンセム 8 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.1) 8
2 7 ベルキャニオン 1 未勝利(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
3 17 クラリティシチー 2 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.2) 5
2012 1 1 サトノネプチューン 7 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.0) 3
2 11 マイネルストラーノ 10 葉牡丹賞(500万) 7着(0.5) 6
3 5 カミノタサハラ 2 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.3) 2
2011 1 11 アドマイヤブルー 5 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.1) 1
2 10 ミヤビアミュレット 6 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.6) 5
3 15 コスモアンドロメダ(牝) 12 京王杯2歳ステークス(G2) 5着(0.6) 10
2010 1 7 ベルシャザール 4 萩ステークス(OP) 3着(0.4) 1
2 5 ナカヤマナイト 2 ベゴニア賞(500万) 1着(-0.3) 2
3 1 フェイトフルウォー 3 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.6) 7
2009 1 11 アリゼオ 1 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.0) 3
2 7 ミカエルビスティー 3 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.4) 3
3 13 セイウンジャガーズ 8 ベゴニア賞(500万) 3着(0.2) 1
2008 1 2 トーセンジョーダン 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.2) 2
2 10 アラシヲヨブオトコ 3 黄菊賞(500万) 2着(0.0) 2
3 8 セイクリッドバレー 5 葉牡丹賞(500万) 2着(0.2) 6
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中14頭を占めます。2008年と2010年を除く過去8回で1頭以上が馬券圏内に来ています。

前走3着以内

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中28頭を占めます。G2戦となった2014年以降では、3着以内12頭中11頭が前走1着馬でした。

前走1800m~2000m

過去10年のホープフルステークス3着以内30頭中24頭を占めます。前走1800m~2000m以外のレースに出走していたのは、以下6頭です。重賞化した2014年以降の2頭は、ともに前走重賞レースを優勝していました。

  • 2017年2着ジャンダルム(前走デイリー杯2歳ステークス1着)
  • 2015年1着ロードクエスト(前走新潟2歳ステークス1着)
  • 2013年1着エアアンセム(前走新馬戦1着、東京芝1600m)
  • 2011年3着コスモアンドロメダ(前走京王杯2歳ステークス5着)
  • 2010年2着ナカヤマナイト(前走ベゴニア賞1着)
  • 2009年3着セイウンジャガーズ(前走ベゴニア賞3着)

予想

やや混戦模様という印象のホープフルステークス2018。何頭かポテンシャルの高そうな馬がいますが、3着以内なら殆ど全頭にチャンスがあると思います。

以下、簡単な考察と予想です。上位人気馬を中心に狙いましたが…、紐候補が多すぎて難しいですね。

◎5サートゥルナーリア

2戦2勝かつ父ロードカナロア&母シーザリオの良血馬。前走萩ステークスは、直線ノーステッキで余裕を感じさせる伸びを見せ、そのまま楽勝しました。勝ちっぷりの良さを考えれば、重賞でも通用しそうです。

○2ブレイキングドーン

前走京都2歳ステークスの本命馬。新馬戦の勝ちっぷりが良く、終始楽な手応えで2着アドマイヤジャスタに3馬身差を付ける楽勝でした。前走2着も底を見せたわけではないので、再度期待したいですね。

▲1ニシノデイジー

実績に期待して一応押さえました。未勝利戦の勝ちっぷりが良く、2走前札幌2歳ステークスで対抗評価にしていました。地味な印象も3連勝(重賞2勝)ですから、ポテンシャルは高いのかもしれません。ただ前走東京スポーツ杯2歳ステークスが1~3番人気馬が飛ぶ波乱決着だっただけに、レースレベルには疑問が残りそうですが…。

△9ジャストアジゴロ

好走例の多い前走未勝利戦(東京芝2000m)優勝馬。前走は、2着シャドウディーヴァに交わされそうなところで、もう一度伸びての優勝。並ばれてからが強い印象でした。その後シャドウディーヴァは、未勝利戦を0.6秒差で楽勝しています。近年のホープフルステークスでは、差し追い込みが決まりやすい傾向にありますし、人気しないようであれば紐に押さえても面白そうですね。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、5着、11着でした。本命◎サートゥルナーリアは、1着でした。

ホープフルステークス2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 5 サートゥルナーリア 1 萩ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
2 8 アドマイヤジャスタ 2 紫菊賞(500万) 1着(-0.2) 1
3 1 ニシノデイジー 3 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 8

夜中に録画を見ました。人気を嫌ったアドマイヤジャスタが2着に入り、的中せず…。

レースは、珍しいほど硬い1~3番人気の決着。例年、追い込みが決まるレースですが、今年は前残りでした。1000m62.5秒のスローペースだったこともあり、後方組にはノーチャンスだったように見えます。2着アドマイヤジャスタも前々での競馬で、臨機応変なところは、ルメール騎手っぽいですね。

それにしてもサートゥルナーリアは、大物感たっぷりの内容でした。ホープフルステークス自体が大出世レースではないだけに評価が難しいところですが、人気実力ともに皐月賞の中心になりそうです。デムーロ騎手は、サートゥルナーリアとアドマイヤマーズのどちらを選ぶのか気になりますね。

JRA G1
深く考えない競馬