ホープフルステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年12月25日(日曜日)
開催 中山競馬場 9R
距離 芝2000m
格付け GⅡ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢
出走数 14頭
天気 晴時々曇参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

2歳重賞「ホープフルステークス2016」です。G1に格上げし、有馬記念の翌週に行うという話も出ていますが、出世レースでもないので、G1のイメージもないですし、年の締めくくりは有馬記念であってほしいな…と思っています。有馬記念で締めくくり→ホープフル(希望)&来年に向けた2歳戦という流れにしたいのかもしれませんね。

過去8年のホープフルステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。(オープン特別時代の2006~2007年は3連単の発売はありません。)昨年は硬い決着でしたが、波乱含みのレースだと思います。

  • 2015年 7,790円
  • 2014年 345,220円
  • 2013年 34,310円
  • 2012年 372,750円
  • 2011年 648,880円
  • 2010年 29,860円
  • 2009年 12,160円
  • 2008年 5,910円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ホープフルステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 6 ハートレー 3 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.2)
2 9 ロードクエスト 1 新潟2歳S(G3) 1着(-0.7)
3 8 バティスティーニ 2 黄菊賞(500万) 1着(-0.6)
2014 1 10 シャイニングレイ 2 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.6)
2 6 コメート 8 きんもくせい特別(500万) 1着(-0.0)
3 7 ブラックバゴ 9 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.1)
2013 1 2 エアアンセム 8 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.1)
2 7 ベルキャニオン 1 未勝利(東京芝2000m) 1着(-0.2)
3 17 クラリティシチー 2 東スポ杯2歳S(G3) 3着(0.2)
2012 1 1 サトノネプチューン 7 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.0)
2 11 マイネルストラーノ 10 葉牡丹賞(500万) 7着(0.5)
3 5 カミノタサハラ 2 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.3)
2011 1 11 アドマイヤブルー 5 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.1)
2 10 ミヤビアミュレット 6 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.6)
3 15 コスモアンドロメダ(牝) 12 京王杯2歳S(G2) 5着(0.6)
2010 1 7 ベルシャザール 4 萩S(OP) 3着(0.4)
2 5 ナカヤマナイト 2 ベゴニア賞(500万) 1着(-0.3)
3 1 フェイトフルウォー 3 東スポ杯2歳S(G3) 3着(0.6)
2009 1 11 アリゼオ 1 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.0)
2 7 ミカエルビスティー 3 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.4)
3 13 セイウンジャガーズ 8 ベゴニア賞(500万) 3着(0.2)
2008 1 2 トーセンジョーダン 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.2)
2 10 アラシヲヨブオトコ 3 黄菊賞(500万) 2着(0.0)
3 8 セイクリッドバレー 5 葉牡丹賞(500万) 2着(0.2)
2007稍重 1 5 マイネルチャールズ 2 葉牡丹賞(500万) 2着(0.2)
2 2 ブラックシェル 1 未勝利(阪神芝2000m) 1着(-0.1)
3 9 ドットコム 4 新馬(中山ダ1800m) 1着(-0.2)
2006 1 13 ニュービギニング 2 新馬(阪神芝2000m) 1着(-0.2)
2 9 サンツェッペリン 10 エリカ賞(500万) 5着(0.4)
3 3 コーナーストーン 12 新馬(中山芝1600m) 1着(-0.0)
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年のホープフルステークスでは、2008年と2010年を除いて、毎年馬券圏内に来ています。特に東京芝1800~2000mを使った馬の好走が目立ちます。

前走3着以内

過去10年のホープフルステークス30頭中27頭が、前走で3着以内に好走していました。前走4着以下だった馬は、以下の3頭です。

  • 2012年2着マイネルストラーノ(前走葉牡丹賞7着)
  • 2011年3着コスモアンドロメダ(前走京王杯2歳ステークス5着)
  • 2006年2着サンツェッペリン(前走エリカ賞5着)
前走1800m~2000m

過去10年のホープフルステークス30頭中24頭が、前走1800m~2000mのレースでした。例外は、以下6頭になります。

  • 2015年1着ロードクエスト(前走新潟2歳ステークス1着)
  • 2013年1着エアアンセム(前走新馬戦1着、東京芝1600m)
  • 2011年3着コスモアンドロメダ(前走京王杯2歳ステークス5着)
  • 2010年2着ナカヤマナイト(前走ベゴニア賞1着)
  • 2009年3着セイウンジャガーズ(前走ベゴニア賞3着)
  • 2006年3着コーナーストーン(前走新馬戦1着、中山芝1600m)

馬券予想

過去10年の傾向から「前走新馬戦、未勝利戦(特に東京芝)」「前走3着以内」「前走芝1800~2000m」に注目です。

ホープフルステークス2016は、予想困難な一戦になりそうです。キャリアの浅い2歳馬に加え、トリッキーな中山コースです。過去波乱決着が多いのには、納得してしまいます。

注目は、レイデオロでしょうか。2戦2勝で底を見せていません。阪神ジュベナイルフィリーズ2016~朝日杯フューチュリティステークス2016の2週連続G1勝ちと勢いに乗っている藤沢厩舎というのも楽しみですね。

以下、簡単な考察と予想です。引き続き馬券予想もアッサリした内容になります。すいません(;´д`)

②レイデオロ

前走葉牡丹賞2016は、1頭だけクラスが違うような強い競馬でした。最後の直線でコマノインパルスが凄い脚で伸びてきて、コマノインパルスの勝ちかな…と思うところを外からさらに凄い脚でグイグイ伸びて差し切り、あとは流しているようでした。

重賞で同じような競馬が出来るかは未知数ですが、前走のパフォーマンスを見る限りは、軽視もできないでしょう。

③エンドゲーム

前走が福島の未勝利戦というのは少し手が出しにくい印象ですが、内容自体は強い勝ち方だったので、上のクラスでも勝負できそうな感じがしました。

兄には、重賞で好走したクラリティスカイやクラリティシチーがいるので、血統的なポテンシャルはありそうですね。

⑤サングレーザー

前走デイリー杯2歳ステークス2016は、前に行った馬&内を通った馬が上位を占めましたが、サングレーザーは外目をまわり、一番タフな競馬をしていたように思います。2走前の札幌未勝利戦が強い競馬で、2着以下との力差を感じる内容だったので、デイリー杯2歳ステークス2016では本命馬でした。

その未勝利戦で完勝した2着サトノアレスは、その後、朝日杯フューチュリティステークス2016を優勝しているので、能力を比較するとサングレーザーも十分に世代上位の能力のように思えますね。

⑥グローブシアター

血統面での最注目馬でしょう。兄エピファネイア、全兄リオンディーズ。兄のようなポテンシャルがあれば、アッサリ優勝もありそうです。

⑪マイネルスフェーン

前走の未勝利戦は、外枠が劣勢の東京芝2000mを大外枠から上がり最速で差し切るという競馬でした。着差こそ僅差ですが、2着以下の馬よりもタフな競馬だったと思います。

ホープフルステークスは、前走東京芝1800~2000mの馬の好走例が多いだけに、面白そうな1頭だと思います。人気薄になりそうですし、オッズ的には紐に押さえておいても良さそうですね。

⑬ベストリゾート

前走の未勝利戦は、相性の良い東京芝1800mでした。残り400mを過ぎたあたりから、この馬が勝ちそうだと分かるぐらい力強く伸びていました。前走の内容&ローテともに良いと思うので、人気も落ち着きそうな今回は押さえ候補として面白そうです。

買い方

◎②レイデオロ

○⑤サングレーザー

▲⑥グローブシアター

△⑪マイネルスフェーン

本命は、レイデオロにしました。前走が強すぎる内容だったので、上位争いを期待したいですね。その他、サングレーザー、グローブシアター、マイネルスフェーンの3頭を押さえました。

3連複ボックス ◎○▲△ 合計4点

結果

引き続き、より簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、5着でした。

本命◎レイデオロは1着でした。

ホープフルステークス2016
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 2 レイデオロ 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.2)
2 11 マイネルスフェーン 8 未勝利戦(東京芝2000m) 1着(-0.1)
3 6 グローブシアター 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.1)

的中しました(´・ω・`)今週は、中山大障害2016に続いての的中です。

マイネルスフェーンのおかげで結構良い配当ですね。週初めから狙っていたマイネルスフェーンの好走は嬉しいです。

最後の直線は、そこ付くの??というぐらい最内を付いてグイグイ伸びてきましたね。シュミノー騎手あっぱれです。無難に外々周ってたらグローブシアターに差されていたんじゃないかと思います。

データ的には、前走東京芝1800~2000mの馬は、やはり狙い目ですね。4着ベストリゾートも前走は東京の未勝利戦でした。

レイデオロの強さが際立ったレースですが、血統的には3着グローブシアターの今後が楽しみです。

1~3着馬の次走情報
  • 1着レイデオロは、皐月賞2017に向かいました。
  • 2着マイネルスフェーンは、京成杯2017に向かいました。
  • 3着グローブシアターは、弥生賞2017に向かいました。