JBCクラシック2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年11月4日(日曜)
開催 京都競馬場 11R
距離 ダート1900m
格付け J・G1
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量3歳55kg , 4歳以上57kg , 牝馬2kg減
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

JBCクラシック2018

各地の地方競馬場の持ち回り開催で行われる地方交流G1、JBCクラシック2018です。同日に、JBCスプリントとJBCレディスクラシックも行われ、例年国内トップクラスのダート馬が集う国内ダート馬の祭典となっています。

今年は初めてJRA(京都競馬場)で開催。開催地によって施行距離が異なり、今年のJBCクラシック2018は、京都ダート1900m戦で行われます。

京都競馬場のダート1900mコース

過去10年のJBCクラシックの配当を見ると、かなり順当な傾向にあります。3連単1万円を切る決着は5回、1~2万円台が3回と大きな波乱がありません。ただ今年は、初の京都開催。データ外の決着もありえそうですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,050円 5,720円 27,570円
2016 700円 1,330円 4,230円
2015 2,630円 650円 10,860円
2014 760円 430円 3,950円
2013 240円 550円 1,230円
2012 2,110円 1,980円 22,970円
2011 100円 160円 250円
2010 1,040円 5,830円 44,360円
2009 270円 190円 560円
2008 190円 1,440円 3,670円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

JBCクラシック2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2017大井 1 8 セ7 サウンドトゥルー 4 日本テレビ盃(G2) 2着(0.0) 3
2 12 牡4 ケイティブレイブ 3 日本テレビ盃(G2) 3着(0.1) 1
3 5 牡5 ミツバ 7 シリウスステークス(G3) 8着(0.8) 2
2016川崎 1 9 牡6 アウォーディー 2 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.0) 1
2 8 牡7 ホッコータルマエ 3 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 3着(0.8) 4
3 6 セ6 サウンドトゥルー 5 日本テレビ盃(G2) 3着(1.0) 2
2015不良大井 1 15 牡5 コパノリッキー 3 日本テレビ盃(G2) 3着(2.0) 1
2 5 セ5 サウンドトゥルー 4 東京大賞典(G1) 1着(-0.3) 3
3 10 牡6 ホッコータルマエ 1 帝王賞(G1) 1着(-0.2) 1
2014盛岡 1 15 牡4 コパノリッキー 3 帝王賞(G1) 2着(0.4) 1
2 6 牡4 クリソライト 1 かしわ記念(G1) 4着(1.4) 1
3 4 牡8 ワンダーアキュート 2 帝王賞(G1) 1着(-0.4) 3
2013不良金沢 1 1 牡4 ホッコータルマエ 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 2着(0.2) 1
2 12 牡7 ワンダーアキュート 2 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.0) 1
3 2 牡6 ソリタリーキング 5 日本テレビ盃(G2) 2着(0.0) 2
2012川崎 1 9 牡6 ワンダーアキュート 5 東海ステークス(G2) 10着(0.9) 1
2 1 牡7 シビルウォー 3 ブリーダーズゴールドカップ(G2) 1着(-1.2) 2
3 13 牡6 トランセンド 1 Dubai World Cup(G1) 13着
2011大井 1 10 牡6 スマートファルコン 1 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.7) 1
2 9 牡5 トランセンド 2 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 1着(-0.0) 1
3 1 牡6 シビルウォー 3 白山大賞典(G3) 1着(-0.5) 3
2010船橋 1 13 牡5 スマートファルコン 4 日本テレビ盃(G2) 3着(0.5) 3
2 3 牡6 フリオーソ 1 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.5) 1
3 4 牡7 アドマイヤスバル 7 エルムステークス(G3) 5着(0.7) 3
2009名古屋 1 5 牡7 ヴァーミリアン 1 帝王賞(G1) 1着(-0.5) 1
2 10 牡5 マコトスパルビエロ 2 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.2) 2
3 12 牡7 ワンダースピード 3 シリウスステークス(G3) 5着(0.6) 1
2008園田 1 2 牡6 ヴァーミリアン 1 Dubai World Cup(G1) 12着
2 1 牡3 サクセスブロッケン 2 ジャパンダートダービー(G1) 1着(-0.6) 1
3 8 牡6 メイショウトウコン 6 エルムステークス(G3) 4着(0.5) 1
1~5番人気

過去10年のJBCクラシック3着以内30頭中27頭を占めます。直近2年は、1番人気が馬券圏外に沈んでいるものの、穴馬の好走は少ない傾向にあります。

前走日本テレビ盃(3着以内)

過去10年のJBCクラシック3着以内30頭中11頭を占めます。特に近年は、好走例が多い傾向にあります。

地方所属馬

過去10年のJBCクラシック3着以内では、フリオーソ(2010年2着)のみです。JRA所属の人気実力馬が上位争いの候補と言えそうです。

前走4着以下

過去10年のJBCクラシック3着以内30頭中7頭を占めます。前走が海外のレースだったヴァーミリアン(2008年1着)を除く6頭が前走のレースで人気(1~3番人気)を集めていました。

予想

今年のJBCクラシック2018は、チャンピオンズカップに直行するルヴァンスレーヴやゴールドドリームこそいませんが、現在の国内ダートトップクラスの馬が揃ったと思います。

以下、簡単な考察と予想です。今週は重賞が多すぎるため、いつも以上に簡単な予想です。「深く考えない」がテーマなので…(;^_^A 初の京都開催。上位人気馬を中心に狙いましたが、どうなるでしょうか。

◎4サンライズソア

2走前平安ステークス(今回と同コースの京都ダート1900m戦)を優勝。コース適性は問題なさそうです。不安点をあげるなら、3走前のブリリアントステークスでしょうか。出負けして後方からの競馬となり、見せ場なく直線で失速しています。スタートがポイントになりそうです。

○9ノンコノユメ

末脚が活きる流れになれば、突っ込んで来る1頭でしょうか。昨年の武蔵野ステークスあたりから徐々に復調を見せ、その後、2連勝でG1フェブラリーステークスを制覇。直近2戦の4着は、前残りが多い地方競馬場ですし、後方からの競馬で届かなかったのは、仕方ないところだと思います。

▲8ケイティブレイブ

前走は、好走例の多い日本テレビ盃を楽勝。データ傾向からは「買い」と言えそうです。ただ昨年からの成績を見る限り、地方競馬場の方が合うのかもしれませんね。JRAの重賞では結果を残せていません。

  • 2017年フェブラリーステークス6着
  • 2017年平安ステークス5着
  • 2017年チャンピオンズカップ4着
  • 2018年フェブラリーステークス11着

とはいえ無視できるような馬ではないので、押さえておいた方が無難だと思いますが…。

△7サウンドトゥルー

8歳馬になり、チャンピオンズカップを制した頃と比べると、勢いが無くなってきている感じはします。それでも末脚は健在で、近走の交流G1でも見せ場を作っています。昨年末のチャンピオンズカップはスローの前残りで、後方から突っ込んで来たのは、昨年の最優秀ダートホースのゴールドドリームのみ。展開が向かなかったと言って良いと思います。

(無印)14オメガパフューム

前走シリウスステークスは、前にいたサンライズソアをあっさり交わしての優勝。まだ底を見せてない3歳と考えれば、魅力は十分でしょうか。ただダートG1で戦う馬としては、小柄な馬格は気になるところです。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、4着、5着でした。本命◎サンライズソアは、3着でした。

JBCクラシック2018 結果
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牡5 ケイティブレイブ 3 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.4) 1
2 14 牡3 オメガパフューム 2 シリウスステークス(G3) 1着(-0.0) 2
3 4 牡4 サンライズソア 1 シリウスステークス(G3) 3着(0.3) 3

硬い決着でした。楽な逃げが出来た本命サンライズソア。勝ちパターンかと思いきや、最後はケイティブレイブとオメガパフュームに交わされて3着でした。勝ち負けした2頭は強かったですね。

特にオメガパフュームは、小柄な馬格故に5番手評価で馬券外にしましたが、あっさり突っ込んできました。オメガパフュームに楽勝したルヴァンスレーヴは、さらに強いと考えると、チャンピオンズカップ2018や東京大賞典2018あたりは、凄く盛り上がりそうです。

4~5着には穴で狙ったノンコノユメとサウンドトゥルー。2頭ともに最後の脚は確実ですね。相手が強すぎただけだと思います。

深く考えない競馬