川崎記念2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年1月31日(水曜日)
開催 川崎競馬場 11R(16時10分)
距離 ダート2100m
格付け J.GⅠ
条件 サラ系4歳以上
斤量 定量
出走数 10頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

川崎記念2018

交流G1「川崎記念2018」です。例年、国内ダート戦線トップクラスの馬が集まる一戦。昨年末のチャンピオンズカップ~東京大賞典で活躍した馬が出走を予定しており、川崎記念2018の上位争いの中心として活躍が期待できそうです。

コース形態

川崎競馬場のダート2100mコース

過去10年の川崎記念の配当を見ると、かなり硬い傾向のレースといえそうです。馬連や3連複は、数点で当てないとトリガミとなる年も多く、如何に少点数で抑えるかがポイントになりそうです。

ただ、2014~2016年に3連覇を果たしたホッコータルマエが引退。ホッコータルマエがいなくなった昨年は、波乱決着となっています。今年も波乱となるのかどうか注目ですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,760円 9,410円 70,890円
2016 180円 340円 1,160円
2015 450円 720円 1,640円
2014 540円 280円 880円
2013 140円 200円 950円
2012 860円 1,060円 3,220円
2011 450円 440円 1,350円
2010 250円 780円 1,770円
2009 500円 230円 900円
2008 140円 280円 800円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

川崎記念2018
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 9 牡5 オールブラッシュ 5 観月橋ステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2 12 セ7 サウンドトゥルー 1 東京大賞典(G1) 3着(0.3) 2
3 4 牡4 コスモカナディアン 6 招福ステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
2016 1 12 牡7 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 2着(0.3) 1
2 1 セ6 サウンドトゥルー 2 東京大賞典(G1) 1着(-0.3) 3
3 2 牝5 アムールブリエ 3 名古屋グランプリ(G2) 1着(-0.2) 2
2015 1 5 牡6 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.8) 1
2 11 牡4 カゼノコ 3 チャンピオンズカップ(G1) 7着(0.6) 14
3 10 牡7 サミットストーン 6 東京大賞典(G1) 3着(1.1) 8
2014 1 5 牡5 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.3) 1
2 4 牡6 ムスカテール 3 金鯱賞(G2) 6着(1.0) 4
3 3 牡7 トウショウフリーク 2 名古屋グランプリ(G2) 2着(0.7) 5
2013稍重 1 3 牡4 ハタノヴァンクール 2 東京大賞典(G1) 2着(0.1) 3
2 11 牡7 ワンダーアキュート 1 東京大賞典(G1) 3着(0.1) 1
3 1 牡5 グラッツィア 3 みやこステークス(G3) 5着(0.3) 12
2012不良 1 5 牡7 スマートファルコン 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.0) 1
2 1 牡6 ランフォルセ 5 マイルCS南部杯(G1) 6着(1.0) 4
3 4 牡8 フリオーソ 2 日本テレビ盃(G2) 競走除外
2011 1 4 牡7 フリオーソ 1 東京大賞典(G1) 2着(0.3) 2
2 2 牡6 メイショウタメトモ 3 師走ステークス(OP) 3着(0.5) 7
3 7 牡7 ボランタス 2 報知オールスターカップ(川崎ダ2100m) 1着(-0.9) 3
2010 1 2 牡8 ヴァーミリアン 1 東京大賞典(G1) 2着(0.0) 1
2 3 牡6 フリオーソ 3 東京大賞典(G1) 7着(0.9) 4
3 5 牡4 テスタマッタ 4 浦和記念(G2) 3着(0.8) 3
2009稍重 1 3 牡7 カネヒキリ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.0) 2
2 11 牡5 フリオーソ 3 東京大賞典(G1) 5着(1.0) 4
3 2 牡4 サクセスブロッケン 2 東京大賞典(G1) 3着(0.5) 3
2008稍重 1 1 牡6 フィールドルージュ 1 名古屋グランプリ(G2) 1着(-0.3) 1
2 2 牡4 フリオーソ 2 東京大賞典(G1) 2着(0.7) 2
3 9 牡6 シャドウゲイト 3 香港カップ(G1) 5着
前走東京大賞典

過去10年の川崎記念3着以内30頭中16頭を占めます。そのうち14頭が東京大賞典で3着以内に好走していました。東京大賞典で4着以下だったのは、地方馬フリオーソのみです。

  • 2010年2着フリオーソ(前走東京大賞典7着)
  • 2009年2着フリオーソ(前走東京大賞典5着)
前走名古屋グランプリ

過去10年の川崎記念3着以内30頭中3頭を占めます。3頭とも名古屋グランプリで連対していました。

人気

過去10年の川崎記念3着以内では、上位人気馬が結果を残しています。過去10年では、7番人気以下の好走が無く、1~6番人気馬で決着しています。

  • 1番人気(8-2-0-0)勝率80%、連対率100%
  • 2番人気(1-2-4-3)複勝率70%
  • 3番人気(0-5-3-2)複勝率80%

予想

川崎記念2018は、JRA所属の人気馬が上位争いの中心になるでしょうか。データ傾向からは、前走東京大賞典2017好走馬のサウンドトゥルーケイティブレイブに注目ですね。とはいえ、差のない実力馬が揃っており、ここから少点数に抑えて当てるのは、かなり難しそうです…。(´・ω・`;)

以下、簡単な考察と予想です。過去トリガミ必死というレース。2点に絞りました。

◎④サウンドトゥルー

人気を集めそうな1頭。順当な決着であれば、3着は外したくないところでしょうか。前走東京大賞典2017の末脚は、まだ衰えを感じさせないものだったので、このメンバーが相手なら勝ち負けを期待したいです。川崎より大井の方が合いそうな印象はしますが、過去、川崎記念は2回走って、ともに2着に好走。昨年は、逃げたオールブラッシュを捕まえきれないという決着でした。取りこぼすとすれば、サウンドトゥルーより前に行く馬(逃げ馬)が勝つパターンになりそうですね。

○⑦アポロケンタッキー

4走前日本テレビ盃2017の叩き合いが忘れられず。サウンドトゥルーとケイティブレイブを抑えての優勝でした。ムラのあるタイプですが、日本テレビ盃2017の再現に期待して…。

△⑥ケイティブレイブ

前走東京大賞典2017は、粘り強い3着。今回は、他に有力の逃げ先行馬がいないことから、逃げるかもしれないですね。

△③アウォーディー

海外帰り後、勢いがなくなってきた印象ですが、それでもG1で掲示板(5着)を外していません。川崎2100mコースは、一昨年優勝したJBCクラシック2016の舞台。復活期待で…。

3連複◎-○-△△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、5着でした。本命◎サウンドトゥルーは、5着でした。

川崎記念2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 牡5 57 ケイティブレイブ 1 東京大賞典(G1) 3着(1.1) 1
2 7 牡6 57 アポロケンタッキー 4 東京大賞典(G1) 4着(1.3) 6
3 3 牡8 57 アウォーディー 3 チャンピオンズカップ(G1) 5着(0.4) 4

例年通りの順当な決着。馬券は本命サウンドトゥルー以外の3頭で決着する悲しい結果に…。(´・ω・`)

サウンドトゥルーは、過去の川崎記念よりも後ろからという競馬。届かなかったですね…。川崎の交流G1を勝ててない故が何となく伝わってくるレースになってしまいました。船橋の日本テレビ盃2017の再現を狙っていたのですが、前が楽な流れになったということもあり、あの位置からでは厳しかったのかもしれません。

深く考えない競馬