きさらぎ賞 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年2月5日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 8頭
天気 弱雨参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

3歳重賞「きさらぎ賞2017」です。昨年の優勝馬はサトノダイヤモンド、一昨年はルージュバックなど、近年は後のクラシック戦線に繋がる一戦です。

過去10年のきさらぎ賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回だけです。以前は、3連単数万円という決着が続いていましたが、近年は硬い傾向で、3連単数千円の決着が続いています。

  • 2016年 1,570円
  • 2015年 1,270円
  • 2014年 3,310円
  • 2013年 28,120円
  • 2012年 4,970円
  • 2011年 89,500円
  • 2010年 23,630円
  • 2009年 31,180円
  • 2008年 213,030円
  • 2007年 13,570円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
きさらぎ賞2017
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 9 56 サトノダイヤモンド 1 500万(阪神芝2000m) 1着(-0.6)
2 2 56 レプランシュ 4 シクラメン賞(500万) 1着(-0.0)
3 3 56 ロイカバード 2 福寿草特別(500万) 1着(-0.1)
2015 1 3 54 ルージュバック(牝) 1 百日草特別(500万) 1着(-0.4)
2 5 56 ポルトドートウィユ 2 シクラメン賞(500万) 1着(-0.2)
3 4 56 アッシュゴールド 3 朝日杯FS(G1) 8着(0.6)
2014稍重 1 1 56 トーセンスターダム 2 京都2歳ステークス(OP) 1着(-0.0)
2 5 56 バンドワゴン 1 エリカ賞(500万) 1着(-0.8)
3 3 56 エイシンエルヴィン 6 未勝利(新潟芝1600m) 1着(-0.3)
2013 1 3 56 タマモベストプレイ 6 シンザン記念(G3) 3着(0.2)
2 2 56 マズルファイヤー 5 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.7)
3 7 56 アドマイヤドバイ 3 福寿草特別(500万) 2着(0.0)
2012 1 9 56 ワールドエース 1 若駒ステークス(OP) 2着(0.4)
2 4 56 ヒストリカル 4 福寿草特別(500万) 4着(0.2)
3 13 56 ベールドインパクト 2 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.2)
2011 1 6 56 トーセンラー 3 福寿草特別(500万) 3着(0.0)
2 8 56 リキサンマックス 8 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.1)
3 10 56 オルフェーヴル 2 シンザン記念(G3) 2着(0.2)
2010 1 2 56 ネオヴァンドーム 5 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.2)
2 11 56 レーヴドリアン 1 福寿草特別(500万) 1着(-0.4)
3 9 56 ステージプレゼンス 6 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.0)
2009 1 7 56 リーチザクラウン 1 ラジオNIKKEI杯(G3) 2着(0.7)
2 3 56 リクエストソング 2 福寿草特別(500万) 1着(-0.0)
3 9 56 エンブリオ 10 ビオラ賞(500万) 6着(0.9)
2008 1 15 56 レインボーペガサス 8 全日本2歳優駿(G1) 3着(0.2)
2 12 56 スマイルジャック 5 若竹賞(500万) 3着(0.3)
3 10 56 ヤマニンキングリー 7 朝日杯FS(G1) 7着(1.3)
2007 1 7 56 アサクサキングス 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 5着(0.4)
2 3 57 ナムラマース 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2)
3 5 56 サムライタイガース 4 未勝利(京都芝2000m) 1着(-0.2)
前走福寿草特別

過去10年のきさらぎ賞では、2009年から2013年の5年連続で馬券圏内に来ています。

前走3着以内

過去10年のきさらぎ賞3着以内30頭中25頭を占めます。特に、直近3年では3着以内9頭中8頭が前走1着に好走していました。

なお馬券圏外だった5頭も前走4~8着馬で、前走大きく負けた馬はいませんでした。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走3着以内」「前走福寿草特別」に注目です。ただ今年は、福寿草特別で3着以内だった馬がいないので、軽視しても良いかもしれません。

→ 福寿草特別2017組のワンダープチュックは回避しました。

きさらぎ賞2017はの注目は、サトノアーサーでしょうか。前走の勝ちっぷりに大物感がありました。他の出走予定馬は混戦という感じなので、ここでは勝ち負けを期待したいですね。

以下、簡単な考察と予想です。アッサリした内容になります。すいません(;´д`)

①サトノアーサー

前走シクラメン賞2016は、1頭だけクラスが違うような圧勝&楽勝劇でした。残り200mを超えた辺りからは持ったまま流していて、余裕たっぷりの貫禄勝ちという印象でした。この後のクラシック戦線を考えると、相手関係的に、ここでは勝ち負けを期待したい馬です。

③タガノアシュラ、④ダンビュライト、⑦アメリカズカップ

前走朝日杯フューチュリティステークス2016の3頭です。3頭とも過去データからは狙い難いところですが、今年は8頭の少頭数になったこともあり、十分に上位争い可能な状況だと思います。

タガノアシュラ

勝った2戦とも逃げ切り勝ちのレースでした。今回は、他に逃げ馬がいませんし、少頭数なので、楽にハナを主張出来るかもしれません。前残りがあれば、十分に狙える1頭だと思います。

⑤プラチナヴォイス

京都芝1800mは2戦2勝。コース相性は良さそうですね。2走前の萩ステークス2016は、先行から直線で抜け出し、後続を寄せ付けない強い勝ち方でした。前走京都2歳ステークス2016は、直線でソーグリッタリングがよれて、 プラチナヴォイスはもの凄く邪魔されてしまいました。そこで一度ブレーキがかかったことを考えると、前走は度外視しても良いと思います。

⑥エスピリトゥオーゾ

前走の未勝利戦は、荒削りな印象ながら、上がり2位で差し切る競馬でした。時計は平凡なので、いまいち強さが分からないところですが、京都コースの相性自体は良さそうですね。ダイワメジャー産なので、距離短縮はプラスに働くようにも思います。

買い方

◎①サトノアーサー

○⑤プラチナヴォイス

▲③タガノアシュラ

△⑥エスピリトゥオーゾ

本命は、サトノアーサーにしました。前走の勝ちっぷりから、大物期待で狙いたいです。その他、プラチナヴォイス、タガノアシュラ、エスピリトゥオーゾの3頭を押さえました。

2~3着争いは混戦のような感じがします。サトノアーサー頭の3連単も気になりますが、無印馬も含めて紐が混戦だと思うので止めておきます(・Θ・;)

3連複 ◎ – ○ – ▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、5着、7着でした。

本命◎サトノアーサーは2着でした。

きさらぎ賞2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 7 アメリカズカップ 6 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 9着(0.9)
2 1 サトノアーサー 1 シクラメン賞(500万) 1着(-0.6)
3 4 ダンビュライト 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 13着(1.1)

無印の人気馬が馬券圏内に来てしまいました。(´・ω・`)

雨の影響と年明けからの馬場の痛みで、かなりタフな馬場だったと思います。勝ち時計は1:50.1で、昨年の1:46.9から3秒以上遅い時計になりました。上位陣は、馬場適性の有無が出た印象です。

最後の直線でサトノアーサーやエスピリトゥオーゾが伸びそうで伸びなかったのは、馬場の影響でしょう。次走以降、良馬場で見直したいのは、間違いなくサトノアーサーだと思います。

1~3着馬の次走情報
  • 1着アメリカズカップは、皐月賞2017に向かいました。
  • 2着サトノアーサーは、毎日杯2017に向かいました。
  • 3着ダンビュライトは、弥生賞2017に向かいました。