神戸新聞杯 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年9月25日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝2400m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡56kg,牝54kg)
出走数 15頭
天気 曇り参考 阪神競馬場 – Yahoo!天気・災害

菊花賞2016のトライアル競走として行われる「神戸新聞杯2016」です。3着馬までに優先出走権が与えられます。過去の神戸新聞杯上位馬を見ると、毎年のように、この後G1勝ちをする馬を輩出しています。近年では、2015年2着リアルスティール、2014年3着トーホウジャッカル、2013年1着エピファネイア、2012年1着ゴールドシップ…などがいます。

今年の神戸新聞杯2016は、世代4強と思われる4頭のうち3頭(サトノダイヤモンド、リオンディーズ、エアスピネル)が出走予定となっています。なので、穴・伏兵馬が上位陣に食い込むのは、かなり難しそうな印象です。

→リオンディーズは、浅屈腱炎のため回避です。

過去10年の神戸新聞杯の3連単配当を見ると、やや硬い印象のレースです。2009年は波乱決着となっていますが、この年の3歳は、皐月賞2009と日本ダービー2009の結果がほぼ真逆になるなど、不安定な世代でした。例外的な年だと考えて良いと思います。

  • 2015年 28,170円
  • 2014年 70,380円
  • 2013年 10,410円
  • 2012年 26,300円
  • 2011年 1,430円
  • 2010年 2,570円
  • 2009年 132,480円
  • 2008年 3,240円
  • 2007年 21,590円
  • 2006年 17,970円

では過去10年の神戸新聞杯のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。(2007年から現行の阪神芝2400mになりました。中京芝2000mで行われています。)

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
神戸新聞杯2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 6 リアファル 3 マレーシアC(1600万) 1着(-0.3)
2 5 リアルスティール 1 日本ダービー(G1) 4着(0.6)
3 9 トーセンバジル 7 白百合S(OP) 4着(0.3)
2014 1 10 ワンアンドオンリー 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.1)
2 11 サウンズオブアース 8 日本ダービー(G1) 11着(1.2)
3 2 トーホウジャッカル 9 玄海特別(1000万) 2着(0.0)
2013 1 10 エピファネイア 1 日本ダービー(G1) 2着(0.1)
2 15 マジェスティハーツ 7 長久手特別(1000万) 1着(-0.0)
3 4 サトノノブレス 2 信濃川特別(1000万) 2着(0.0)
2012 1 14 ゴールドシップ 1 日本ダービー(G1) 5着(0.2)
2 6 ロードアクレイム 8 ラジオNIKKEI賞(G3) 8着(0.8)
3 11 マウントシャスタ 2 宝塚記念(G3) 5着(0.8)
2011 1 7 オルフェーヴル 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.3)
2 5 ウインバリアシオン 2 日本ダービー(G1) 2着(0.3)
3 11 フレールジャック 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.1)
2010 1 3 ローズキングダム 2 日本ダービー(G1) 2着(0.0)
2 5 エイシンフラッシュ 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.0)
3 1 ビッグウィーク 5 玄海特別(1000万) 1着(-0.1)
2009 1 4 イコピコ 7 ラジオNIKKEI賞(G3) 4着(0.2)
2 13 リーチザクラウン 3 日本ダービー(G1) 2着(0.7)
3 11 セイウンワンダー 5 日本ダービー(G1) 13着(2.6)
2008 1 1 ディープスカイ 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.2)
2 10 ブラックシェル 3 日本ダービー(G1) 3着(0.3)
3 12 オウケンブルースリ 2 阿賀野川特別(1000万) 1着(-0.4)
2007 1 14 ドリームジャーニー 3 日本ダービー(G1) 5着(0.9)
2 13 アサクサキングス 5 宝塚記念(G1) 15着(4.9)
3 9 ヴィクトリー 2 日本ダービー(G1) 9着(1.3)
2006中京2000m 1 13 ドリームパスポート 3 日本ダービー(G1) 3着(0.4)
2 2 メイショウサムソン 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.1)
3 11 ソングオブウインド 6 ラジオNIKKEI賞(G3) 2着(0.3)
前走日本ダービー

過去10年の神戸新聞杯3着以内30頭中17頭に及びます。馬券圏内に来なかった年はありませんが、3着以内まで前走ダービー組だけで決まったという年もありません。

前走条件戦

前走条件戦(1000~1600万クラス)好走馬も好成績を残しています。過去10年の神戸新聞杯3着以内30頭中6頭を占めます。直近3年連続で馬券圏内に来ているので、傾向から押さえても良いかもしれません。

  • 2015年1着リアファル(前走1600万)→菊花賞3着
  • 2014年3着トーホウジャッカル(前走1000万)→菊花賞1着
  • 2013年2着マジェスティハーツ(前走1000万)→菊花賞13着
  • 2013年3着サトノノブレス(前走1000万)→菊花賞2着
  • 2010年3着ビッグウィーク(前走1000万)→菊花賞1着
  • 2008年3着オウケンブルースリ(前走1000万)→菊花賞1着

6頭中5頭が菊花賞で好走しているのは、面白い傾向です。

馬券予想

注目は、やはり有力馬2頭(サトノダイヤモンドとエアスピネル)でしょうか。このメンバーですから、2頭とも馬券圏外というのは考えにくいと思います。

以下、簡単な考察と予想です。

①ヒルノマゼラン

実績からは、このメンバー相手では厳しそうです。穴馬として考えるなら、父マンハッタンカフェ、母父ブライアンズタイムというのは、京都の長距離戦での実績がある血統です。なので、菊花賞2016まで含めて期待するならば押さえておいても良いかもしれません。

②ジョルジュサンク

サトノダイヤモンドとエアスピネルより後ろからの競馬で3着に食い込めるとも思えないので、前に行ける脚質は良さそうですね。前走ラジオNIKKEI賞2016では、ゼーヴィントと0.3秒差、4走前すみれステークス2016勝ちという実績を考えると、押さえても良さそうです。

⑤カフジプリンス

前走丹頂ステークス2016の負けで人気を落としそうですが、2走前の阿寒湖特別2016(1000万)がとても強かったです。2着以下に0.8秒差の着差を付けての圧勝でした。

神戸新聞杯2016は、岩田ジョッキーに乗り替わりになりますが、先週のローズステークス2016 2着、先日の東京盃競走2016(大井)優勝と復調の香りがするのは良さそうです。

⑥マイネルラフレシア

父ジャングルポケット、母父ダンスインザダークを見ると、もろに菊花賞向きですね。菊花賞2016に出走するのであれば狙いたいですが、ただやはり、このメンバー相手に優先出走権(3着以内)を取るのは厳しそうな成績の馬です。沢山買う場合の押さえという感じでしょうか。

⑦エアスピネル

3歳世代の5強と思われるメンバー相手に、常に4着以内をキープしています。今年は、サトノダイヤモンドが抜けてるように思いますが、他のメンバーを見る限りは、エアスピネルも上位争い必死でしょう。菊花賞トライアルということもあるので、状態次第ではサトノダイヤモンドとの逆転も無くは無さそうです。

掛かるところがあるので、長い距離はどうか…という感じもしますが、それでも日本ダービー2016で4着に来るほどの馬なので、押さえておきたい1頭です。

⑧ナムラシングン

前走小倉芝2000m(1000万)というのは気になります。2010年3着ビッグウィーク、2014年3着トーホウジャッカルも前走小倉芝2000m(1000万)でした。2頭ともその後、菊花賞で優勝しています。

⑫レッドエルディスト

青葉賞2016のときの本命馬で、3連複4頭ボックスで的中しました。日本ダービー2016では、プロディガルサンやロードクエストに先着、レインボーラインとは僅差という結果でした。日本ダービー2016後、プロディガルサンは先週のセントライト記念2016で3着、ロードクエストは京成杯オータムハンデキャップ2016優勝、レインボーラインは札幌記念2016 3着という成績を残しています。

当然ながら、レッドエルディストも無視できないと思います。ゼンノロブロイ産の牡馬というのは買いにくいところですが…。

⑭サトノダイヤモンド

日本ダービー2016のときの本命馬でした。日本ダービー2016では、マカヒキとハナ差2着でしたが、サトノダイヤモンドは落鉄した上での2着でした。落鉄が無ければ勝ってたと思っているので、流石に今回のメンバーでは負けられないところでしょうか。

この世代は、皐月賞2016&日本ダービー2016の上位5頭(マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティ、エアスピネル、リオンディーズ)が少し抜けてる感じがしますね…。ディープインパクト産なので、本番の菊花賞2016では少し軽視したい気持ちもありますが、神戸新聞杯2016では勝ち負けを期待したいです。

買い方

◎⑭サトノダイヤモンド

○⑦エアスピネル

▲⑫レッドエルディスト

△⑥マイネルラフレシア

過去10年では、前走日本ダービー2016組だけで決まった年はありませんが、今年は日本ダービー2016好走馬がかなり強いのでは…という期待で、前走日本ダービー2016組3頭に印を付けました。

3歳世代の5強と思われるサトノダイヤモンドとエアスピネルの2頭、それからレッドエルディストも押さえました。その他、穴馬のマイネルラフレシアも一応押さえようと思います。

3連複 ◎ – ○ – ▲△ 合計2点

馬連1点でもいいかも…と思いつつ、欲張って3連複にしました。カフジプリンスやナムラシングンも気になりますが、今回も少点数でいこうと思います。

結果

馬券的には、1着、3着、5着、14着でした。

本命◎サトノダイヤモンドは1着でした。

神戸新聞杯2016
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 14 サトノダイヤモンド 1 日本ダービー(G1) 2着(0.0)
2 15 ミッキーロケット 6 HTB賞(1000万) 1着(-0.1)
3 12 レッドエルディスト 4 日本ダービー(G1) 9着(0.8)

サトノダイヤモンドの貫禄勝ち&エアスピネルどうなってるの!?という決着でした。エアスピネルが飛ぶとは…結果的には、日本ダービー2016組2頭&前走1000万1頭という決着なので、データ通りの決着といえばそうなりますが…。

阪神10Rも見ましたが、後ろからでは届きそうにない馬場でした。ちょうど阪神10Rも豊ジョッキーがマキシマムドパリ(1番人気)に乗って、後方から大外まわして届かずという競馬でした。エアスピネルもまさにマキシマムドパリを見ているような競馬でした…菊花賞2016を意識しているかのような競馬でしたが、キングカメハメハ産なので、適正を考えると淀の長距離よりは神戸新聞杯2016を獲りに行って欲しかったところです。

菊花賞2016を考えると、ディープインパクト産やキングカメハメハ産は買い難いイメージがあります。そういう意味では、今回3着のレッドエルディスト(ゼンノロブロイ産)や4着カフジプリンス(ハーツクライ産)は面白そうです。

ゼンノロブロイ産の主な長距離実績馬

  • タンタアレグリア(阪神大賞典2着、菊花賞4着、天皇賞春4着など)
  • リアファル(菊花賞3着)

ハーツクライ産の主な長距離実績馬

  • シュヴァルグラン(阪神大賞典1着、天皇賞春3着など)
  • ギュスターヴクライ(阪神大賞典1着、天皇賞春5着など)
  • フェイムゲーム(ダイヤモンドS1着、天皇賞春2着など)
  • アドマイヤラクティ(ダイヤモンドS1着など)
  • カレンミロティック(天皇賞春2着など)
  • ウインバリアシオン(菊花賞2着、天皇賞春2着など)
1~3着馬の次走情報
  • 1着サトノダイヤモンド、2着ミッキーロケット、3着レッドエルディストは、菊花賞2016に向かいました。