オールカマー 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年9月25日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 12頭
天気 曇り参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

秋のG1戦線の前哨戦として出走する馬が多い「オールカマー2016」です。近年では、昨年の優勝馬ショウナンパンドラがジャパンカップを制し、一昨年2着馬のラキシスはエリザベス女王杯2014を制しています。オールカマーの優勝馬には、天皇賞秋2016の優先出走権も与えられることになっています。

過去10年のオールカマーの3連単配当を見ると、重馬場の新潟開催だった2014年を除くと、やや硬い印象のレースです。3連単10万馬券超えは2014年のみなので、今年のオールカマーも硬めのレースになるかもしれません。

  • 2015年 24,060円
  • 2014年 255,930円
  • 2013年 64,420円
  • 2012年 31,940円
  • 2011年 6,120円
  • 2010年 13,170円
  • 2009年 4,830円
  • 2008年 13,780円
  • 2007年 16,740円
  • 2006年 21,440円

では過去10年のオールカマーのデータをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。(2014年は新潟芝2200mで行われています。)

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
オールカマー2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 3 牝4 55 ショウナンパンドラ 3 宝塚記念(G1) 3着(0.2)
2 4 牝4 55 ヌーヴォレコルト 1 宝塚記念(G1) 5着(0.3)
3 9 セ7 56 ミトラ 7 中日新聞杯(G3) 5着(0.5)
2014新潟 1 11 牡6 56 マイネルラクリマ 2 七夕賞(G3) 3着(0.4)
2 6 牝4 54 ラキシス 7 ヴィクトリアマイル(G1) 15着(0.8)
3 5 牡5 56 クリールカイザー 12 札幌日経OP(OP) 4着(1.0)
2013 1 12 牡5 56 ヴェルデグリーン 9 新潟大賞典(G3) 10着(1.2)
2 4 セ5 56 メイショウナルト 2 小倉記念(G3) 1着(-0.2)
3 9 牡5 57 ダノンバラード 1 宝塚記念(G1) 2着(0.6)
2012 1 13 牡4 56 ナカヤマナイト 2 宝塚記念(G1) 8着(2.6)
2 3 牡5 56 ダイワファルコン 4 七夕賞(G3) 9着(0.7)
3 8 牡4 56 ユニバーサルバンク 6 目黒記念(G2) 5着(0.4)
2011 1 7 牡6 59 アーネストリー 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.2)
2 1 牡4 57 ゲシュタルト 6 天皇賞春(G1) 17着(2.8)
3 6 牡4 57 カリバーン 2 札幌記念(G2) 5着(0.3)
2010 1 5 牡7 57 シンゲン 5 天皇賞秋(G1) 5着(0.8)
2 3 牡6 59 ドリームジャーニー 1 宝塚記念(G1) 4着(0.3)
3 2 牡7 57 トウショウシロッコ 6 新潟記念(G3) 2着(0.0)
2009 1 15 牡6 58 マツリダゴッホ 3 札幌記念(G2) 9着(0.6)
2 9 牡5 59 ドリームジャーニー 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.3)
3 2 牡6 57 シンゲン 2 エプソムC(G3) 1着(-0.2)
2008 1 11 牡5 59 マツリダゴッホ 1 札幌記念(G2) 2着(0.0)
2 10 牡6 57 キングストレイル 6 キーンランドC(G3) 4着(0.7)
3 4 牡5 57 トウショウシロッコ 8 新潟記念(G3) 3着(0.4)
2007 1 6 牡4 58 マツリダゴッホ 1 札幌記念(G2) 7着(0.5)
2 12 牡5 57 シルクネクサス 5 札幌記念(G2) 5着(0.2)
3 15 セ7 57 エリモハリアー 7 札幌記念(G2) 8着(0.6)
2006 1 5 牡7 58 バランスオブゲーム 4 宝塚記念(G1) 3着(0.8)
2 4 牡5 59 コスモバルク 2 札幌日経OP(OP) 2着(0.7)
3 10 牝4 55 ディアデラノビア 6 ヴィクトリアマイル(G1) 3着(0.4)
1~2番人気

過去10年のオールカマーでは、1~2番人気の好走が多いレースです。1番人気馬が馬券圏外になった3回とも2番人気の馬が馬券圏内に来ています。傾向から、1~2番人気の馬を軸に考えても良さそうです。

  • 1番人気(3-3-1-3)複勝率70%
  • 2番人気(2-2-2-4)複勝率60%
前走G1

過去10年のオールカマー3着以内30頭中12頭を占めます。中でも、前走宝塚記念組が8頭と好走が目立ちます。前走宝塚記念組は、新潟開催だった2014年を除いて、6回連続で馬券圏内に来ています。

外枠

オールカマーは、外枠(7~8枠)が劣勢という印象です。7枠&8枠は、それぞれ2頭のみです。7枠は重馬場だった2012年1着ナカヤマナイトと少頭数だった2011年1着アーネストリーです。

馬券予想

今年のオールカマーは、ゴールドアクターとマリアライトが抜けてる印象で、3頭目を探すレースになりそう…と思っています。その最有力がサトノノブレスです。オッズ的には、穴馬にも期待したいところですが…。

過去10年を振り返ると、2011年を除いて過去10年中9回2~3枠の馬が馬券圏内に来ています。穴馬としては、2~3枠の馬を狙い目でしょうか。ちなみに2011年は1枠のゲシュタルトが穴をあけているので、傾向的には、内枠の馬を押さえておきたいです。

以下、簡単な考察と予想です。

①サトノノブレス

母父トニービンというのは良さそうです。近年では好走例も多いです。

  • 2013年1着ヴェルデグリーン(父ジャングルポケット)
  • 2012年2着ダイワファルコン(父ジャングルポケット)
  • 2011年1着アーネストリー(母父トニービン)

敵はゴールドアクターとマリアライトの2頭だけというメンバーですし、近走はG1を除いて崩れてないので期待したいですね。

②クリールカイザー

いかにも穴っぽいです。怪我(屈腱炎)で1年近く休んでいました。直近5走は良いところなしという感じですが、優勝したAJCC2015と同舞台(中山芝2200m)になるのは、プラスに働きそうですね。

AJCC2015は、1000m63.0秒というドスローに落とした逃げがハマった感があります。今回は、強い2頭(ゴールドアクターとマリアライト)がいるので、同じ競馬は出来ないかもしれません。ただ重賞実績のある人気薄と考えれば、狙えなくもない感じでしょうか。

③ショウナンバッハ

直近5走を見る限りは、買えないです。ただクリールカイザーと同様、中山芝2200mという舞台は良さそうですね。今年のアメリカジョッキークラブカップ2016では、戸崎ジョッキーを背に上がり最速の追い込みで3着に入っています。今回、戸崎ジョッキーに戻るのはプラスに働きそうです。追い込みが決まる展開になれば…だと思うので、クリールカイザーとは真逆の扱いになりそうです。

⑤ツクバアズマオー

相性の良い吉田豊ジョッキーに戻るのは良さそうです。中山の相性も良さそうですし、2走前の函館記念2016では3着に好走しています。ただ当然ながら、函館記念2016のメンバーを見ると、今年のオールカマー2016より薄いメンバーなのは確実です。なので、沢山買う場合の押さえという感じでしょうか。

⑥ゴールドアクター、⑦マリアライト

2頭揃って馬券圏外というのは考えにくいほどの実績馬です。今年のオールカマー2016は、この2頭軸で良いのでは…という感じがします。休み明けですが、他の有力馬も休み明けが多いので、比較する上では、あまり気にしないでも良さそうです。ゴールドアクターの天皇賞春2016は、不利な外枠でしたので、ここでは度外視したいところです。

⑪ワンアンドオンリー

京都大賞典2015で狙って、それ以来スルーしている馬です。昨年の有馬記念2015やジャパンカップ2016でも勝ち馬から大きく離されているわけではありません。なので、いつ復活劇があっても不思議ではないのも事実です。ただ少点数狙いなので、積極的には狙えないところです…。

⑫カレンミロティック

8歳馬ながら、実績を見ると十分に上位候補になりそうな馬です。近走に限れば、内目の枠&長い距離が良さそうなので、今回の条件(中山芝2200m、8枠)では、割引が必要かもしれません。

買い方

◎⑥ゴールドアクター

○⑦マリアライト

▲①サトノノブレス

△③ショウナンバッハ

実績で抜けているゴールドアクターとマリアライトの2頭を押さえました。その他、重賞実績のあるサトノノブレスを押さえました。

ゴールドアクターとマリアライトの2頭は、秋のG1戦線への叩きだと思うので、逆転があるとすればここ(オールカマー2016)かもしれません。

穴馬として、例年好成績を残している2~3枠からショウナンバッハを押さえました。

3連複 ◎ – ○ – ▲△ 合計2点

神戸新聞杯2016と同様、馬連orワイド1点でもいいかも…と思ってしまいます。恐らく、上位人気3頭で決まってしまうと、かなり安そうですね。オッズ的には、ショウナンバッハの好走に期待したいです。

結果

馬券的には、1着、2着、5着、6着でした。

本命◎ゴールドアクターは1着でした。

オールカマー2016
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
1 6 牡5 ゴールドアクター 1 天皇賞春(G1) 12着(0.8)
2 1 牡6 サトノノブレス 3 宝塚記念(G1) 8着(1.1)
3 5 牡5 ツクバアズマオー 6 札幌日経OP(OP) 4着(0.3)

ゴールドアクターの貫禄勝ち&マリアライトどうなってるの!?という決着でした。2強のときに1頭飛ぶというのはよくあることですが、まさか宝塚記念2016優勝馬が飛ぶとは…

3~7着まで僅差だったので、マリアライト差せー!と願いながら見ていましたが、差し切れず。3着ツクバアズマオーが上がり最速だったので、マリアライトの位置取り的に、ツクバアズマオーを差し切るのは厳しいところでした。

ウイニング競馬で吉田兄弟&大久保元調教師が出演したので、1着&3着とは、まるでテレビ出演がフラグのような決着でしたね。ゴールドアクターは、別定戦の2kg差も関係なく、着差以上に強さを感じました。次走以降のG1が楽しみです。

1~3着馬の次走情報