小倉2歳ステークス2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年9月2日(日曜)
開催 小倉競馬場 11R
距離 芝1200m
格付け GⅢ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(54kg)
出走数 14頭
天気 曇り(ヤフー天気)

小倉2歳ステークス2018

2歳重賞「小倉2歳ステークス2018」です。過去の上位馬は、早熟馬が中心のレース。小倉2歳ステークス以降はサッパリ…ということも多いです。ただレーヌミノル、ベルカント、エピセアロームなど、牝馬に限れば、3歳以降の重賞戦線でも活躍する馬を輩出しています。

小倉競馬場の芝1200mコース

過去10年の小倉2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。大きく荒れない年が多いものの、ほぼ毎年馬券圏内に人気薄の馬が入ってくるため、馬連や3連複が好配当となっています。ノーマークの人気薄も多く、的中が難しいレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,170円 13,240円 66,780円
2016 4,990円 12,530円 57,690円
2015 1,590円 5,600円 16,700円
2014 21,630円 38,210円 472,690円
2013 720円 1,280円 6,010円
2012 3,540円 25,340円 103,020円
2011 560円 11,200円 36,690円
2010 790円 6,370円 23,440円
2009 2,900円 8,670円 42,450円
2008 12,570円 6,230円 58,580円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

小倉2歳ステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 17 アサクサゲンキ 3 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.7) 1
2 14 アイアンクロー 5 フェニックス賞(OP) 3着(0.2) 1
3 10 バーニングペスカ 7 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.0) 2
2016 1 4 レーヌミノル(牝) 1 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.3) 1
2 2 ダイイチターミナル 10 未勝利(福島芝1200m) 1着(-0.8) 1
3 3 カシノマスト 4 ひまわり賞(OP) 1着(-1.2) 1
2015稍重 1 3 シュウジ 1 中京2歳ステークス(OP) 1着(-0.5) 1
2 13 サイモンゼーレ 7 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.5) 1
3 4 レッドラウダ 6 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.2) 1
2014 1 8 オーミアリス(牝) 15 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.0) 4
2 16 レオパルディナ(牝) 1 フェニックス賞(OP) 1着(-0.1) 3
3 13 スノーエンジェル(牝) 2 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.7) 1
2013 1 3 ホウライアキコ(牝) 2 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.4) 3
2 12 ベルカント(牝) 1 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.8) 1
3 1 ラブリープラネット 3 新馬(中京芝1200m) 1着(-0.3) 1
2012 1 5 マイネルエテルネル 2 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.6) 1
2 6 クラウンレガーロ 6 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.4) 1
3 10 ラヴァーズポイント(牝) 7 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.5) 3
2011稍重 1 10 エピセアローム(牝) 2 新馬(京都芝1600m) 1着(-1.0) 1
2 11 マコトリヴァーサル 1 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.8) 1
3 13 ハギノコメント 12 新馬(京都ダ1200m) 1着(-0.1) 4
2010 1 8 ブラウンワイルド 1 フェニックス賞(OP) 2着(0.4) 1
2 14 シゲルキョクチョウ 2 フェニックス賞(OP) 1着(-0.4) 3
3 7 スギノエンデバー 9 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.3) 1
2009 1 13 ジュエルオブナイル(牝) 2 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.5) 1
2 14 ダッシャーゴーゴー 5 新馬(小倉ダ1000m) 1着(-0.1) 1
3 2 オレンジティアラ(牝) 4 フェニックス賞(OP) 3着(0.4) 3
2008 1 16 デグラーティア(牝) 3 フェニックス賞(OP) 1着(-0.1) 2
2 2 コウエイハート(牝) 8 ひまわり賞(OP) 1着(-0.3) 1
3 1 ツルマルジャパン 1 マリーゴールド賞(OP) 1着(-0.4) 1
前走小倉芝1200m

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内30頭中22頭を占めます。馬券に絡まなかった年は無く、例年、前走で小倉芝1200m戦のレースを強い勝ち方で勝った馬が狙い目となっています。

前走3着以内

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内30頭中30頭を占めます。前走が馬券圏外だった馬はいません。さらにそのうち27頭が前走1着馬でした。前走が2~3着だった3頭は、ともに前走フェニックス賞に出走していました。

  • 2017年2着アイアンクロー(前走フェニックス賞3着)
  • 2010年1着ブラウンワイルド(前走フェニックス賞2着)
  • 2009年3着オレンジティアラ(前走フェニックス賞3着)

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内では、真ん中(5~6枠)の好走例が極端に少なく、6枠からは0頭、5枠は3着に2頭のみとなっています。中がごちゃつく為か、3着以内は内枠と外枠に偏る傾向があります。

牝馬

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内30頭中13頭を占めます。人気を集め、人気に応える牝馬が多い傾向にあります。

予想

2歳戦の小倉2歳ステークス2018。キャリア1戦の馬も多く、力関係や評価が難しいレースです。さらに例年、人気薄(特に7番人気以下)が馬券圏内に突っ込み、好配当を演出するため、馬券は難しい一戦になると思います。

以下、簡単な考察と予想です。殆ど全頭に馬券の可能性がありそうなメンバー。スルーした人気馬で決着なんてこともありそうですね…。

追記:セプタリアンを△から◎に変更しました。他3頭は、評価を一つずつ下げました。買い目の変更はありません。
◎④セプタリアン

重馬場で行われた前走未勝利戦は、2着に3馬身半差を付ける楽勝。楽な感じで後続を突き放す勝ちっぷりの良さでした。週末の雨でタフな馬場になるようであれば、一発あっても良さそうですね。

○③ルチアーナミノル

前走未勝利戦(小倉芝1200m)は、終始楽な感じで2着以下を突き放す楽勝でした。好時計(1:08.2)でしたし、勝ちっぷりの良さは際立っていました。スムーズにレースができれば、ここでも期待できそうですね。

▲①チュウワフライヤー

前走フェニックス賞2018は、好位で脚を溜めて2着。直線で前にいたアーデントリーがフラフラ動いたため、やや不利を受けた感じになりましたが、それでもそこから上がり最速の脚で伸びてきていました。伏兵扱いになるようなら、狙ってみても面白そうです。

△⑤シングルアップ

前走フェニックス賞2018は、逃げ切り優勝。2戦2勝の勢いから、ここで軽視するわけにも…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、5着、6着、8着、14着でした。本命◎セプタリアンは、14着でした。

小倉2歳ステークス2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 ファンタジスト 3 新馬戦(中京芝1200m) 1着(-0.0) 2
2 9 アズマヘリテージ(牝) 13 新馬戦(小倉芝1200m) 1着(-0.0) 3
3 8 ミヤジシルフィード 9 新馬戦(小倉芝1200m) 1着(-0.1) 1

カスリもしない波乱決着(3連単627,690円)でした。本命セプタリアンは、スタート前にゲート内で暴れて、外枠発走。さらにコーナーで接触もあり、最後は流しているようにも見えました。スタート前に怪我していなければ良いですが…。後味の悪いレースとなりました。

先行した押さえていた馬は潰れ、2~3着に穴馬が差してくる決着。しかし優勝したファンタジストは強かったです。余力を感じさせる内容と勝ちっぷりでした。もう少し距離が伸びても問題なさそうだっただけに、次走以降に注目したいですね。

深く考えない競馬