共同通信杯 2016 過去10年のデータと予想

過去を振り返ると、波乱決着というのはあまりありません。2008年の3連単75万馬券(6番人気→5番人気→11番人気)ぐらいです。3連単数千円という決着も多く、傾向的には上位人気を中心に狙うレースという感じです。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
共同通信杯2016
年度 着順 馬番 馬名 前走
2015 1 1 リアルスティール 新馬(阪神芝1800m) 1着(-0.6)
2 8 ドゥラメンテ セントポーリア賞(500下) 1着(-0.9)
3 10 アンビシャス 千両賞(500下) 2着(-0.1)
2014 1 7 イスラボニータ 東スポ杯2歳S(G3) 1着(-0.0)
2 2 ベルキャニオン ホープフルS(OP) 2着(0.1)
3 5 サトノアラジン ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.3)
2013 1 8 メイケイペガスター 若駒S(OP) 3着(0.2)
2 7 ゴットフリート 朝日杯FS(G1) 3着(0.4)
3 4 マイネルストラーノ 京成杯(G3) 8着(0.7)
2012 1 3 ゴールドシップ ラジオNIKKEI杯(G3) 2着(0.2)
2 2 ディープブリランテ 東スポ杯2歳S(G3) 1着(-0.5)
3 8 スピルバーグ 500万下(東京芝2000m) 2着(0.3)
2011 1 2 ナカヤマナイト ホープフルS(OP) 2着(0.0)
2 6 ユニバーサルバンク 若駒S(OP) 2着(0.0)
3 13 ディープサウンド ホープフルS(OP) 10着(1.8)
2010 1 6 ハンソデバンド ジュニアC(OP) 1着(-0.1)
2 3 ダノンシャンティ ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2)
3 5 アリゼオ ホープフルS(OP) 1着(-0.3)
2009 1 5 ブレイクランアウト 朝日杯FS(G1) 3着(0.1)
2 3 トーセンジョーダン ホープフルS(OP) 1着(-0.4)
3 9 トップカミング シンザン記念(G3) 3着(0.3)
2008 1 11 ショウナンアルバ 若竹賞(500下) 1着(-0.1)
2 1 タケミカヅチ シンザン記念(G3) 4着(0.4)
3 5 マイネルスターリー つばき賞(500下) 5着(0.2)
2007 1 3 フサイチホウオー ラジオNIKKEI杯(G3) 4着(-0.0)
2 5 ダイレクトキャッチ 京成杯(G3) 5着(0.4)
3 7 フライングアップル 朝日杯FS(G1) 4着(0.3)
2006 1 1 アドマイヤムーン ラジオたんぱ杯2歳S(G3) 2着(0.0)
2 6 フサイチリシャール 朝日杯FS(G1) 1着(-0.0)
3 3 マッチレスバロー ひいらぎ賞(500下) 2着(-0.2)
8枠

8枠は、2011年3着ディープサウンドのみです。二桁馬番の馬で見ても、過去10年の共同通信杯3着以内30頭中3頭だけなので、外枠はマイナスと考えた方が良さそうです。

前走3着以内

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中24頭に及びます。特に近年は、その傾向が強くなっています。

その他、レース別では、前走ホープフルステークス組の好走が目立ちます。またラジオNIKKEI杯や京成杯、若駒ステークスなど前走芝2000m戦を使った馬も多いです。

前走東スポ杯2歳ステークス勝ち馬は、過去10年で2頭出走していますが、2頭とも馬券圏内に来ているので、押さえたいローテでしょう。

  • 2014年1着イスラボニータ
  • 2012年2着ディープブリランテ

馬券予想

少数精鋭です。ロードクエストに完勝したハートレーを中心に、他馬がどこまで迫れるかという構図でしょうか。

1スマートオーディン

東スポ杯2歳ステークス2015で○評価をした馬です。

過去、イスラボニータやディープブリランテが東スポ杯2歳ステークス1着から共同通信杯に直行しています。そして2頭とも連対しているので、スマートオーディンも期待できそうです。

2リスペクトアース

舞台と条件が変わりましたが、前走ラジオNIKKEI杯2015は好ローテでしょう。今回は、逃げそうな馬がリスペクトアースだけですし、スムーズに自分のペースで逃げられそうです。過去10年では、共同通信杯で逃げて3着以内に入った馬は2頭しかいないですが、成績的には期待したい1頭だと思います。

6メートルダール

ルメールは、京都記念2016のタッチングスピーチに乗るのかなと思っていました。ジョッキー的には怖い1頭になりそうです。

ただ過去の前走京成杯組は、ダイレクトキャッチやマイネルストラーノなど穴馬に多いので、ここでは「違う」ような気もします。

9イモータル

穴っぽいと思っていましたが、やはり下馬評でもそこそこ人気しそうです。デビュー戦の1800mが強い内容でしたし、前走の朝日杯フューチュリティステークス2015も3着以下は団子状態だったので、着順はあまり気にしないでも良さそうです。

10ハートレー

ここでは複勝圏内を外せないでしょう。ロードクエストに完勝した内容からも、かなり強いのではないかと思ってしまいます。

難点は、外枠(8枠や二桁馬番)が劣勢という傾向です。他にも上位食い込みがありえそうな馬もいるので、押さえ候補という感じでしょうか。

買い方

◎1スマートオーディン

○10ハートレー

▲2リスペクトアース

△6メートルダール

3連複4頭ボックスを考えています。合計4点です。

名前を挙げていない馬では、3ピックミータッチ、4ディーマジェスティ、8キングオブアームズあたりも一発ありそうです。特に相手なりに走る馬は、ひっそり3着に紛れ込むなんてことがありそうです。

結果

波乱の決着になりました。馬券的には、3着、4着、6着、9着でした。

本命◎スマートオーディンは6着でした。

共同通信杯2016
着順 馬番 馬名 前走
1 4 ディーマジェスティ ホープフルステークス(G2) 取消
2 9 イモータル 朝日杯FS(G1) 9着(1.0)
3 6 メートルダール 京成杯(G3) 3着(0.2)

本命スマートオーディンの大敗の原因が分かりません。先日のテレビ番組で、スマートオーディンは、まだ幼いところがあって難しい馬だと言っていました。道中、掛かっていたので、敗因の一つはそこかもしれません。

ハートレーも良く分かりません。前走と前々走は、ジョッキーが上手く乗ったというのもありそうですが…。

1~3着馬の次走情報