京都2歳ステークス 過去10年のデータと予想

日程 2018年11月24日(土曜)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(牡55kg 牝54kg)
出走数 9頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京都2歳ステークス2018

2歳重賞、京都2歳ステークス2018です。暮れのG1ホープフルステークスに向けた一戦。長くオープン特別として行われていましたが、2014年に重賞化されました。あまり出世レースという印象は無いものの、過去10年では、タイムフライヤー(2014年)、エピファネイア(2012年)、ヴィクトワールピサ(2009年)、アンライバルド(2008年)と4頭のG1馬を輩出しています。

京都競馬場の芝2000mコース(内回り)

過去10年の京都2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは、2010年の1回だけです。3連単は数千円~2万円台という年が多く、比較的荒れにくいレースといえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 380円 1,180円 5,450円
2016 670円 2,360円 7,450円
2015 2,330円 2,000円 14,300円
2014 3,880円 8,430円 68,280円
2013 1,110円 2,220円 6,060円
2012 2,140円 8,620円 24,190円
2011 5,170円 23,940円 95,810円
2010 23,440円 14,820円 212,390円
2009 970円 1,000円 4,150円
2008 2,540円 1,440円 16,280円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都2歳ステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 6 グレイル 2 新馬戦(京都芝2000m) 1着(-0.0) 1
2 2 タイムフライヤー 1 萩ステークス(OP) 1着(-0.7) 1
3 1 ケイティクレバー 5 黄菊賞(500万) 2着(0.1) 12
2016 1 3 カデナ 3 百日草特別(500万) 2着(0.1) 3
2 9 ヴァナヘイム 1 萩ステークス(OP) 2着(0.3) 1
3 10 ベストアプローチ 6 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.1) 3
2015 1 4 ドレッドノータス 3 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.0) 1
2 1 リスペクトアース 5 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.3) 3
3 3 アドマイヤエイカン 1 札幌2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2014稍重 1 6 ベルラップ 6 黄菊賞(500万) 1着(-0.0) 5
2 3 ダノンメジャー 2 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 5 シュヴァルグラン 5 未勝利(京都芝2000m) 1着(-0.2) 1
2013 1 9 トーセンスターダム 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.0) 1
2 6 アグネスドリーム 5 萩ステークス(OP) 9着(1.1) 2
3 7 サトノロブロイ 4 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.0) 9
2012 1 1 エピファネイア 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.5) 1
2 4 ダンツアトラス 8 デイリー杯2歳ステークス(G2) 10着(0.6) 5
3 3 テイエムダイパワー 7 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.0) 5
2011 1 4 トリップ 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.4) 1
2 2 エーシングングン 9 新馬(新潟芝2000m) 1着(-0.2) 2
3 9 マナウス 7 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.2) 1
2010 1 5 マーベラスカイザー 8 萩ステークス(OP) 7着(0.5) 8
2 3 プレイ 5 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.6) 2
3 6 ダノンバラード 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.3) 1
2009 1 4 ヴィクトワールピサ 1 未勝利(京都芝2000m) 1着(-0.6) 1
2 5 メイショウホンマル 4 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 2 ダノンスパシーバ 3 新馬(京都芝1600m) 1着(-0.2) 1
2008 1 9 イグゼキュティヴ 2 札幌2歳ステークス(G3) 2着(0.2) 5
2 6 ファミリズム(牝) 5 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.0) 2
3 2 アンライバルド 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.2) 3
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年の京都2歳ステークス3着内30頭中19頭を占めます。そのうち15頭が前走京都芝レースに出走していました。

前走1着馬

過去10年の京都2歳ステークス3着内30頭中23頭を占めます。前走で勝ち馬から大きく離されて負けていた馬は、アグネスドリーム(2013年)のみとなっており、前走大敗からの巻き返しは少ない傾向にありそうです。

人気

過去10年の京都2歳ステークス3着内では、1番人気の好走例が多い一方、2~3番人気が不振傾向にあります。

  • 1番人気(4-2-3-1)複勝率90%
  • 2番人気(2-1-0-7)複勝率30%
  • 3番人気(2-0-1-7)複勝率30%

予想

評価が難しい2歳戦。荒れにくいはずの東京スポーツ杯2歳ステークスが波乱決着となっているだけに、今年の京都2歳ステークス2018もどうなるか分からないですね。傾向からは、1番人気から狙いたいところですが、どうなるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。

◎6ブレイキングドーン

新馬戦(阪神芝1800m)は、終始楽な手応えで完勝。直線抜け出してからは、楽に後続を突き放していました。2着アドマイヤジャスタは、その後、2連勝で500万クラスを完勝。新馬戦の勝ちっぷりを考えれば…。

○2ワールドプレミア

前走の新馬戦(京都芝1800m)は、後方からの競馬。最後は外から余裕を感じさせる伸びを見せて優勝しました。2着馬と僅差でしたが、余力たっぷりの内容に見えたので、相手が強くなるここでも期待が持てそうです。全兄はワールドエース(きさらぎ賞優勝、皐月賞2着など)で、血統面の魅力も十分ですね。

▲8ミッキーブラック

新馬戦は、後方からの上がり最速の追い込みで優勝。前走芙蓉ステークスは、早め先頭からの押し切り勝ち。と違った内容で勝ち切っており、センスを感じさせる2戦だったと思います。底を見せていない魅力に期待して…。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着でした。本命◎ブレイキングドーンは、2着でした。

京都2歳ステークス2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 クラージュゲリエ 1 札幌2歳ステークス(G3) 3着(0.1) 1
2 6 ブレイキングドーン 4 萩ステークス(OP) 競走除外
3 2 ワールドプレミア 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.1) 1

東京スポーツ杯2歳ステークスから一転、順当な決着になりました。スルーした1番人気クラージュゲリエが優勝。確かに1番人気が強いレースではあるので、変に点数を絞らない方が良かったです…。

レースは、道中途中から緩い流れ。最初の1000mは62.3秒で、後ろの馬は届くのだろうかと思っていましたが、結局、直線の切れ味勝負になりました。上がり33.8秒の脚を使っているクラージュゲリエは、流れが向いたのかもしれません。

しかし今年の札幌2歳ステークス組の取捨は難しいですね。優勝馬ニシノデイジーが東京スポーツ杯2歳ステークス優勝、3着馬クラージュゲリエが京都2歳ステークス優勝も、ほかの上位馬は次走でいまいちな走りを見せています。2歳G1はどうなるでしょうか…。

スポンサーリンク
深く考えない競馬