京都2歳ステークス-過去10年のデータと予想

日程 2019年11月23日(土曜)
開催 京都競馬場11R
距離 芝2000m(内回り)
格付け G3
条件 2歳
斤量 馬齢(牡55kg,牝54kg)
出走数 9頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京都2歳ステークス2019

2歳重賞、京都2歳ステークス2019です。長くオープン特別として行われていましたが、2014年に重賞化されました。あまり出世レースという印象は無いものの、過去10年では、タイムフライヤー(2014年)、エピファネイア(2012年)、ヴィクトワールピサ(2009年)と3頭のG1馬を輩出しています。

京都競馬場の芝2000mコース(内回り)

配当

過去10年の京都2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは、2010年の1回だけです。3連単は数千円~2万円台という年が多く、比較的荒れにくいレースといえるかもしれません。特に直近3年は、馬連数百円、3連単数千円と順当な決着が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 730円 720円 3,840円
2017 380円 1,180円 5,450円
2016 670円 2,360円 7,450円
2015 2,330円 2,000円 14,300円
2014 3,880円 8,430円 68,280円
2013 1,110円 2,220円 6,060円
2012 2,140円 8,620円 24,190円
2011 5,170円 23,940円 95,810円
2010 23,440円 14,820円 212,390円
2009 970円 1,000円 4,150円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都2歳ステークス2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 1 クラージュゲリエ 1 札幌2歳ステークス(G3) 3着(0.1) 1
2 6 ブレイキングドーン 4 萩ステークス(OP) 競走除外
3 2 ワールドプレミア 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.1) 1
2017 1 6 グレイル 2 新馬戦(京都芝2000m) 1着(-0.0) 1
2 2 タイムフライヤー 1 萩ステークス(OP) 1着(-0.7) 1
3 1 ケイティクレバー 5 黄菊賞(500万) 2着(0.1) 12
2016 1 3 カデナ 3 百日草特別(500万) 2着(0.1) 3
2 9 ヴァナヘイム 1 萩ステークス(OP) 2着(0.3) 1
3 10 ベストアプローチ 6 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.1) 3
2015 1 4 ドレッドノータス 3 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.0) 1
2 1 リスペクトアース 5 新馬(東京芝2000m) 1着(-0.3) 3
3 3 アドマイヤエイカン 1 札幌2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2014稍重 1 6 ベルラップ 6 黄菊賞(500万) 1着(-0.0) 5
2 3 ダノンメジャー 2 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 5 シュヴァルグラン 5 未勝利(京都芝2000m) 1着(-0.2) 1
2013 1 9 トーセンスターダム 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.0) 1
2 6 アグネスドリーム 5 萩ステークス(OP) 9着(1.1) 2
3 7 サトノロブロイ 4 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.0) 9
2012 1 1 エピファネイア 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.5) 1
2 4 ダンツアトラス 8 デイリー杯2歳ステークス(G2) 10着(0.6) 5
3 3 テイエムダイパワー 7 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.0) 5
2011 1 4 トリップ 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.4) 1
2 2 エーシングングン 9 新馬(新潟芝2000m) 1着(-0.2) 2
3 9 マナウス 7 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.2) 1
2010 1 5 マーベラスカイザー 8 萩ステークス(OP) 7着(0.5) 8
2 3 プレイ 5 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.6) 2
3 6 ダノンバラード 1 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.3) 1
2009 1 4 ヴィクトワールピサ 1 未勝利(京都芝2000m) 1着(-0.6) 1
2 5 メイショウホンマル 4 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 2 ダノンスパシーバ 3 新馬(京都芝1600m) 1着(-0.2) 1
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年の京都2歳ステークス3着内30頭中18頭を占めます。そのうち14頭が前走京都芝レースに出走していました。

前走1着馬

過去10年の京都2歳ステークス3着内30頭中22頭を占めます。前走で勝ち馬から大きく離されて負けていた馬は、アグネスドリーム(2013年)のみで、前走大敗からの巻き返しが少ない傾向にありそうです。

1~6番人気

重賞化した2014年以降の京都2歳ステークス3着内15頭中15頭を占めます。毎年、中穴(4~6番人気)の好走例があるものの、大きな波乱が少ない傾向にありそうです。

予想

力関係が分からない2歳戦。今年の京都2歳ステークス2019も取捨の難しいレースになりそうです。過去、中穴(4~6番人気)の好走例は多いものの、大きな波乱が少ないレース。上位人気馬を中心に狙おうと思っていますが、どうなるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。逃げ切り勝ちした経験のある馬が3頭。先行馬も多いので、今回は差し追い込み馬を中心に狙いました。

◎8マイラプソディ

前走野路菊ステークスを楽勝。2着以下を楽に突き放していましたし、1頭だけクラスが上という印象でした。上位人気馬が結果を残す傾向にあるレースですし、ここは上位争いを期待しても良さそうです。

○6ミヤマザクラ

前走未勝利戦(札幌芝2000m)を楽勝。前走の勝ちっぷりを考えれば、上位争いに加わっても良さそうです。過去、牝馬の好走がありませんが、出走自体が少ないので、あまり気にしないで良いと思います。

△1トウカイデュエル

前走黄菊賞は、早めに抜け出した1~2着馬に突き放されるかたちの3着でした。差し追い込み勢が突っ込んで来る決着だったと考えれば、先行勢の中ではよく粘った方だと思います。ここは紐荒れに期待して…。

3連単3頭ボックス◎○△合計6点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、4着でした。本命◎マイラプソディは、1着でした。

京都2歳ステークス2019結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 マイラプソディ 1 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.8) 1
2 6 ミヤマザクラ 2 未勝利戦(札幌芝2000m) 1着(-0.8) 2
3 4 ロールオブサンダー 3 紫菊賞(1勝クラス) 1着(-0.1) 6

録画を見ました。東京スポーツ杯2歳ステークスに続いて、1~3番人気による順当な決着。荒れない世代なのでしょうか。3連単は640円という安すぎる払い戻しでした。

逃げたロールオブサンダーが粘る中、最後は人気を集めたマイラプソディとミヤマザクラがきっちり交わしてワンツーフィニッシュ。押さえていたトウカイデュエルはジリジリ伸びていましたが、ロールオブサンダーを交わせずの4着でした。仕方ないです。

深く考えない競馬