京都大賞典2018-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2018年10月8日(月曜)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2400m
格付け G2
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 11頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京都大賞典2018

秋のG1戦線に向けた戦い。G2京都大賞典2018です。例年、天皇賞秋やジャパンカップの前哨戦として、実力馬が集います。近年は京都大賞典をステップに、秋G1で活躍する馬が多く、昨年は京都大賞典3着シュヴァルグランがジャパンカップ優勝しています。

京都競馬場の芝2400mコース

過去10年の京都大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。2013年の360万馬券が強烈なインパクトですね。ただ直近4年は平穏な決着が続いていますし、実力馬が結果を残しやすい舞台とも言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 4,300円 2,950円 31,790円
2016 1,420円 1,520円 7,400円
2015 680円 1,510円 6,540円
2014 2,890円 2,540円 17,470円
2013 90,240円 161,330円 3,619,290円
2012 15,750円 11,380円 128,790円
2011 690円 1,140円 4,360円
2010 600円 870円 3,880円
2009 1,810円 8,780円 43,670円
2008 5,830円 16,340円 114,270円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都大賞典2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 4 牝7 54 スマートレイアー 4 鳴尾記念(G3) 2着(0.0) 1
2 8 牡5 56 トーセンバジル 6 新潟記念(G3) 7着(0.2) 2
3 3 牡5 57 シュヴァルグラン 1 宝塚記念(G1) 8着(1.2) 6
2016 1 1 牡4 58 キタサンブラック 1 宝塚記念(G1) 3着(0.0) 2
2 3 牡5 56 アドマイヤデウス 6 天皇賞春(G1) 9着(0.6) 11
3 10 牡6 58 ラブリーデイ 2 宝塚記念(G1) 4着(0.2) 4
2015 1 1 牡5 58 ラブリーデイ 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.0) 6
2 10 牡4 56 サウンズオブアース 2 天皇賞春(G1) 9着(0.7) 4
3 7 セ7 56 カレンミロティック 5 宝塚記念(G1) 13着(1.0) 5
2014 1 7 牡4 56 ラストインパクト 3 新潟記念(G3) 3着(0.0) 3
2 10 牡4 56 タマモベストプレイ 6 丹頂ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 2 牡6 58 トーセンラー 1 安田記念(G1) 14着(1.9) 8
2013 1 2 牡5 56 ヒットザターゲット 11 宝塚記念(G1) 11着(2.4) 9
2 1 牡4 56 アンコイルド 7 札幌記念(G2) 3着(1.7) 14
3 11 牡5 57 トーセンラー 2 宝塚記念(G1) 5着(1.0) 4
2012 1 14 牡5 56 メイショウカンパク 5 オールカマー(G2) 6着(0.8) 10
2 9 牡7 57 オウケンブルースリ 7 阪神大賞典(G2) 8着(2.6) 7
3 6 牡4 57 ギュスターヴクライ 2 天皇賞春(G1) 5着(1.3) 4
2011 1 7 牡4 59 ローズキングダム 1 宝塚記念(G1) 4着(0.3) 5
2 8 牡4 57 ビートブラック 4 宝塚記念(G1) 11着(1.5) 12
3 4 牡6 58 オウケンブルースリ 3 天皇賞春(G1) 10着(1.3) 12
2010 1 2 牝5 56 メイショウベルーガ 2 新潟記念(G3) 4着(0.1) 2
2 9 牡5 58 オウケンブルースリ 1 ジャパンカップ2009(G1) 2着(0.0) 2
3 6 牝5 55 プロヴィナージュ 4 チャレンジカップ(G3) 2着(0.3) 3
2009 1 2 牡4 59 オウケンブルースリ 3 阪神大賞典(G2) 7着(1.2) 1
2 3 牡4 57 スマートギア 4 西宮ステークス(1600万) 2着(0.0) 1
3 1 牡5 57 トーセンキャプテン 7 オールカマー(G2) 7着(0.8) 6
2008 1 5 牡5 57 トーホウアラン 4 チャレンジカップ(G3) 2着(0.1) 4
2 9 牡7 58 アドマイヤモナーク 6 天皇賞春(G1) 6着(0.9) 7
3 3 牡8 57 アイポッパー 7 目黒記念(G2) 5着(0.6) 4
前走G1レース

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中16頭を占めます。そのうち9頭が前走宝塚記念、5頭が天皇賞春に出走していました。前走の着順に関係なく、好走例が多いです。

年齢

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中22頭が4~5歳馬でした。昨年(優勝馬スマートレイアー)を除く9回で、4~5歳馬が優勝しています。

1~7番人気

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中29頭を占めます。二桁人気馬は、波乱決着となった2013年のヒットザターゲットのみとなっています。

予想

今年の京都大賞典2018は、実績面で抜けた2頭(シュヴァルグラン、サトノダイヤモンド)が中心になるでしょうか。順当なら勝ち負けという2頭だと思います。ただ例年、人気3頭の決着が無く、中穴(4~7番人気)が馬券圏内に好走しています。穴馬の取捨が馬券のポイントになりそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。人気2頭が馬券圏内に来たとしても、残る1頭は大混戦の模様…。紐抜け必死だと思います。

◎8シュヴァルグラン

秋のG1戦線を考えると、このメンバーなら3着を外したくないところだと思います。深く考えず、本命で。

○2サトノダイヤモンド

フランス遠征後から崩れていますが、ポテンシャルはトップクラスのはずだと思います。前走宝塚記念は、スタートから下げて一度外に出す競馬。直線での伸びも欠き、以前のような力強さがありませんでした。休養を挟んで、状態面が良くなっていれば…。

△9スマートレイアー

8歳馬になり、流石に積極的に狙うのは難しそう…。とはいえ、昨年の京都大賞典以降は、G1戦レースのみ出走。大崩れしていたわけではないので、ポテンシャルは高い馬だと思います。昨年の京都大賞典は、武豊騎手の絶妙なイン突きで差し切り勝ち。今年も上位争いを期待して…。

馬連◎-○ 3連複◎-○-△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、8着でした。本命◎シュヴァルグランは、4着でした。

京都大賞典2018 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡5 57 サトノダイヤモンド 2 宝塚記念(G1) 6着(0.8) 1
2 4 牝4 54 レッドジェノヴァ 4 2018ワールドオールスターJ第2戦(1600万) 1着(-0.3) 1
3 5 牡7 57 アルバート 3 宝塚記念(G1) 13着(1.8) 15

人気2頭が硬いと思っていましたが…、カスリもせずでした。早めに前を捕まえに行ったスマートレイアーは、直線すぐに手応え無さそうな感じで伸びませんでした。道中、掛かっていたようなので、それが原因かもしれないですね。

そして、流石に3着は硬いと思っていた本命シュヴァルグランが圏外に…。レッドジェノヴァと並んで、あっさり交わされていました。レッドジェノヴァは、前走1600万を勝ったばかりの馬ですし、ここで喰らい付けなかったのは、状態面の問題でしょうか。秋のG1に向けた一戦とはいえ、この内容では、今後買い難い感じはしますね…。

深く考えない競馬