マーチステークス 2016 過去10年のデータと予想

ハンデ戦のダート重賞マーチステークスです。

過去10年では、3連単10万馬券超えは5回あります。2回に1回は荒れていることになります。2012年は230万馬券の大波乱となりました。

  • 2006年258,590円
  • 2007年306,630円
  • 2008年106,110円
  • 2011年289,140円
  • 2012年2,321,750円

直近3年は、1~6番人気の馬で決着していますが、そろそろ荒れそう…と思ってしまうレースです。当然ながら、波乱含みのハンデ戦ということで、上位人気馬の信頼は低いです。

  • 1番人気(1-0-2-7)
  • 2番人気(2-1-1-6)
  • 3番人気(1-0-2-7)
  • 4番人気(1-0-1-8)
  • 5番人気(0-1-1-8)

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
マーチステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 16 牡5 56 マイネルクロップ 6 佐賀記念(G3) 1着(-0.0)
2 15 牡6 56 イッシンドウタイ 5 総武S(OP) 5着(0.4)
3 13 牡7 57 マスクトヒーロー 1 師走S(OP) 1着(-0.2)
2014 1 15 牡4 56 ソロル 3 フェブラリーS(G1) 12着(0.9)
2 5 牡4 57 ジェベルムーサ 2 フェアウェルS(OP) 1着(-0.5)
3 2 牡4 55 ドコフクカゼ 5 仁川S(OP) 2着(0.7)
2013 1 15 牡6 58 グランドシチー 2 仁川S(OP) 3着(0.2)
2 4 牡6 58 バーディバーディ 6 仁川S(OP) 4着(0.2)
3 1 牡4 55 フレイムオブピース 3 伊丹S(1600万) 1着(-0.1)
2012 1 11 牡5 55 サイレントメロディ 6 平安S(G3) 6着(1.0)
2 7 牡7 55 メイショウタメトモ 16 みやこS(G3) 12着(3.1)
3 16 牡5 58 バーディバーディ 7 ジャパンカップダート(G1) 10着(0.7)
2011稍重(阪神) 1 7 牡5 58 テスタマッタ 7 仁川S(OP) 3着(0.6)
2 10 牝6 55 ブラボーデイジー 9 エンプレス杯(G2) 2着(0.1)
3 15 牡5 57.5 インバルコ 6 平安S(G3) 2着(0.0)
2010稍重 1 12 牡6 58 マコトスパルビエロ 4 ダイオライト記念(G2) 3着(0.7)
2 3 牡4 54 ナニハトモアレ 6 東京ウインターP(1600万) 1着(-0.6)
3 1 牡5 56 シビルウォー 3 仁川S(OP) 3着(0.2)
2009 1 11 牡4 57.5 エスポワールシチー 1 フェブラリーS(G1) 4着(0.2)
2 16 牡6 55 ダイショウジェット 13 ポラリスS(OP) 1着(-0.0)
3 3 牡5 56 サトノコクオー 2 仁川S(OP) 2着(0.0)
2008 1 13 牡7 55 ナナヨーヒマワリ 7 北山S(1600万) 1着(-0.1)
2 9 牡4 56 マコトスパルビエロ 6 ダイオライト記念(G2) 4着(1.2)
3 10 セ6 58 フィフティーワナー 1 仁川S(OP) 1着(-0.2)
2007稍重 1 15 牡7 55 クワイエットデイ 9 仁川S(OP) 1着(-0.0)
2 5 牡6 56 トーセンブライト 8 武蔵野S(G3) 9着(1.0)
3 16 牡5 56 ヒカルウイッシュ 4 根岸S(G3) 5着(0.4)
2006 1 5 牡6 59 ヒシアトラス 2 仁川S(OP) 2着(0.0)
2 13 牡4 55 プライドキム 10 仁川S(OP) 5着(0.5)
3 6 牡7 56 ベラージオ 7 仁川S(OP) 7着(0.8)
前走仁川ステークス

過去10年のマーチステークス3着以内30頭中11頭を占めます。穴をあけるケースも多々あります。人気薄から好走した馬は、以下6頭です。

  • 2014年3着ドコフクカゼ(5番人気)
  • 2013年2着バーディバーディ(6番人気)
  • 2011年1着テスタマッタ(7番人気)
  • 2007年1着クワイエットデイ(9番人気)
  • 2006年2着プライドキム(10番人気)
  • 2006年3着ベラージオ(7番人気)
外枠

阪神開催(2011年)を除く過去9年では、外枠(7~8枠)の好走が多く、過去9年のマーチステークス3着以内27頭中11頭を占めます。8枠の馬が馬券に絡まなかった年は、2008年と2010年の2回だけです。

前走二桁着順

過去10年のマーチステークス3着以内では、以下の3頭のみです。

  • 2014年1着ソロル(前走12着)
  • 2012年2着メイショウタメトモ(前走12着)
  • 2014年3着バーディバーディ(前走10着)

前走で掲示板を外していた(6着以下)馬も、過去10年のマーチステークス3着以内30頭中6頭のみです。

馬券予想

1キングヒーロー、8ドコフクカゼ、15マイネルバウンス

前走仁川ステークス2016の3頭です。実績からはドコフクカゼが少し抜けてる感じですが、マイネルバウンスを選びたいです。例年外枠(7~8枠)が好走しているレースですので、枠順的には狙い目ではないでしょうか。荒れるハンデ重賞と考えれば、買えなくは無い1頭だと思います。

3バスタータイプ

中山ダート1800mを使って3連勝中の馬です。中山ダート1800mでは未だ2着以内を外していない(3-1-0-0)ので、コース相性はいいと思います。

前走は3kgの斤量差の恩恵があったものの、イッシンドウタイに勝ちました。イッシンドウタイは、昨年のマーチステークス2015 2着馬です。バスタータイプが、このクラスで上位争いをしても不思議ではないでしょう。

9サンマルデューク

3走前の師走ステークス2015では、15番人気で勝ちました。斤量が52kgだったことに加え、最初の1000m59.9秒で、流れが向いたと評する記者が多かったです。

次走となったポルックスステークス2016では、「流石に今回は、前走のような流れにはならない」とサンマルデュークを軽視する記者がいました。結果的には、斤量57kg&最初の1000m62.6秒でも2馬身差をつけて1着(12番人気)になりました。

そして前走総武ステークス2016では、3着に食い込みました。勝ち馬バスタータイプは斤量55kg、サンマルデュークは斤量58kgという斤量だったので、ハンデ差を考えると十分に力のあるとこをを見せた印象です。今が充実期だと思うので、押さえたい1頭だと思います。

蛯名ジョッキーに乗り代わりになりましたが、直近3走は武士沢ジョッキーが乗って好走が続いていた馬だけに、少し狙い難くなった印象はします。

13モズライジン、14クリノスターオー、16トウショウフリーク

例年好走が多い外枠の3頭です。重賞実績のある馬ですが、7ヶ月の休み明けの9歳馬トウショウフリークは流石に買い難いところです。

ここは前走重賞で好走しているモズライジンとクリノスターオーが狙い目でしょうか。

買い方

◎15マイネルバウンス

○3バスタータイプ

▲13モズライジン

△14クリノスターオー

3連複4頭ボックス

合計4点です。

前走仁川ステークス2016の馬から、外枠のマイネルバウンスを本命に選びました。その他、中山ダート1800m3連勝中の勢いを買ってバスタータイプ、前走重賞で好走している外枠のモズライジンとクリノスターオーを押さえました。

とにかく当たる気がしないレースなので、ワイドボックスor馬連ボックスでもいいかな…と思ったりもしますが、欲で3連複ボックスを狙ってみます。

ほぼ全頭が馬券圏内に来ても不思議ではない気がしてしまいます。混戦の上にハンデ戦ですから、ノーマークの馬が来てしまったりしそうですね。

結果

馬券的には、2着、5着、9着、12着でした。

本命◎マイネルバウンスは12着でした。

マーチステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 4 牡6 ショウナンアポロン 総武S(OP) 6着(0.7)
2 3 牡4 バスタータイプ 総武S(OP) 1着(-0.0)
3 8 牡6 ドコフクカゼ 仁川S(OP) 2着(0.4)

当たる気がしないレースではありましたが、全く駄目でしたね。3連単50,080円だったので、荒れたというわけでもなく、ただ当たらないレースでした。

例年好走例が多い外枠の馬が1頭も来ませんでした。上位(1~4着馬)は2枠と4枠の馬でした。

前走仁川ステークス2016の馬からは、順当にドコフクカゼが来ました。斤量差があったとはいえ、1着ショウナンアポロンは買えないです。OPに上がってから一度も馬券に絡んでいない馬でした。松岡ジョッキーの好騎乗でした。

1~3着馬の次走情報