毎日杯 2016 過去9年のデータと予想

混戦になりそうなメンバーが揃いました。抜けた馬もいないですし、ほぼ全頭にチャンスがありえそうな印象です。

注目は、スマートオーディンやレプランシュでしょうか。スマートオーディンは、前走の負け方が不可解ですが、メンバー中、唯一の重賞優勝経験のある馬です。自力は上位でしょう。

レプランシュは、前走きさらぎ賞2016では優勝馬から離された2着に終わりましたが、優勝馬サトノダイヤモンドが強すぎたと考えれば、ここでは十分に上位候補の1頭でしょう。

阪神競馬場改修後の過去9年では、3連単10万馬券を超えたのは2008年と2009年の2回だけです。近年は波乱決着がありません。

  • 2008年233,880円
  • 2009年115,030円

1番人気の信頼は高い(4-1-2-2)ので、1番人気馬が馬券の中心になると思います。

では過去9年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去9年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
毎日杯2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 9 ミュゼエイリアン 7 共同通信杯(G3) 4着(0.5)
2 8 ダノンリバティ 3 つばき賞(500万) 2着(0.1)
3 15 アンビシャス 1 共同通信杯(G3) 3着(0.3)
2014 1 1 マイネルフロスト 5 共同通信杯(G3) 4着(0.5)
2 2 エイシンブルズアイ 3 アーリントンC(G3) 7着(1.4)
3 14 ステファノス 4 つばき賞(500万) 1着(-0.1)
2013 1 6 キズナ 1 弥生賞(G2) 5着(0.1)
2 5 ガイヤースヴェルト 6 500万(東京ダ1600m) 2着(0.0)
3 4 バッドボーイ 3 弥生賞(G2) 10着(0.9)
2012 1 6 ヒストリカル 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.2)
2 11 マウントシャスタ 3 アルメリア賞(500万) 1着(-0.0)
3 4 スピルバーグ 7 500万(中山芝2000m) 4着(0.7)
2011 1 6 レッドデイヴィス 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.2)
2 3 コティリオン 4 きさらぎ賞(G3) 6着(0.7)
3 14 トーセンレーヴ 1 アルメリア賞(500万) 1着(-0.2)
2010 1 4 ダノンシャンティ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.0)
2 7 ミッキードリーム 5 つばき賞(500万) 1着(-0.2)
3 9 リルダヴァル 2 野路菊S(OP) 1着(-0.4)
2009 1 14 アイアンルック 1 アーリントンC(G3) 4着(0.2)
2 12 ゴールデンチケット 12 ベストホイップ特別(船橋ダ1600m) 1着(-1.0)
3 11 アプレザンレーヴ 2 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5)
2008 1 2 ディープスカイ 6 アーリントンC(G3) 3着(0.3)
2 4 アドマイヤコマンド 1 新馬(阪神芝1800m) 1着(-1.2)
3 6 ミダースタッチ 11 未勝利(阪神ダ1800m) 1着(-0.1)
2007稍重 1 10 ナムラマース 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.3)
2 7 ヒラボクロイヤル 6 ゆきやなぎ賞(500万) 1着(-0.0)
3 5 ニュービギニング 4 すみれS(OP) 7着(0.8)
関東馬

直近4年の毎日杯では、関東馬が毎年1頭馬券圏内に来ています。その4頭すべてが穴馬というのは面白い傾向です。

  • 2015年1着ミュゼエイリアン(7番人気)
  • 2014年1着マイネルフロスト(5番人気)
  • 2013年2着ガイヤースヴェルト(6番人気)
  • 2012年3着スピルバーグ(7番人気)
前走重賞

前走重賞だった馬が馬券に絡まなかった年はありません。

  • 前走共同通信杯 4頭
  • 前走アーリントンカップ 3頭
  • 前走弥生賞 2頭
  • 前走きさらぎ賞 3頭
  • 前走シンザン記念 1頭
前走新馬戦、未勝利戦

過去9年の毎日杯3着以内では、以下の2頭のみです。

  • 2008年2着アドマイヤコマンド
  • 2008年3着ミダースタッチ
前走500万クラス

前走500万クラス(連対馬)は、過去9年の毎日杯3着以内27頭中8頭を占めます。前走500万クラスに出走し馬券圏外だった馬は、以下1頭のみです。スピルバーグは、前々走共同通信杯3着という実績がありました。

  • 2012年3着スピルバーグ

馬券予想

10頭立てになりました。少頭数ですが、レプランシュが回避したため、一気に混戦になりました。半数以上が3着以内に入っても不思議ではないと思います。

1ロワアブソリュー

このメンバーですから、実績から押さえざるを得ない1頭です。前走アーリントンカップ2016は混戦でした。上位11頭が僅か0.4秒差の決着で、掲示板の5頭は時計が同じという接戦でした。その中で、ロワアブソリューは上がり最速の脚で突っ込んできました。強いのか強くないのか良く分からないですが、消す材料もないので押さえようと思います。

2アーバンキッド

唯一の関東馬です。過去データの傾向から押さえたい1頭です。直近3戦連続で、0.0秒差ながら勝てないレースが続いています。何かのきっかけひとつで勝つこともあるので、ジョッキーが代わる今回は少し期待しています。

5タイセイサミット

今回2頭しかいない2勝馬のうちの1頭ですから、自力上位は間違いないでしょう。ただ前走の弥生賞2016から中2週は不安点ですね。東スポ2歳S2015の内容からは、スマートオーディンよりは下の評価にしたいです。

10スマートオーディン

前走共同通信杯2016が不可解な負け方だったものの、このメンバーが相手なら3着以内は外せないところでしょう。混戦なので馬券圏外も…ということもありえなくは無いですが、ここは押さえたいと思います。

買い方

◎10スマートオーディン

○2アーバンキッド

▲1ロワアブソリュー

△4ディープエクシード

3連複◎-○▲△-○▲△

合計3点です。

前走重賞の馬から、スマートオーディン、アーバンキッド、ロワアブソリューを選びました。この中から重賞勝ちのあるスマートオーディンを本命にしました。特に近年は、中穴の関東馬の好走が多いので、アーバンキッドも期待ですね。

その他、過去データでは「消し」ですが、ディープエクシードを押さえました。前走が強すぎたので、未勝利戦勝ちながらも期待してしまいます。当然人気薄ですし、今回が狙い目ではないでしょうか。

結果

馬券的には、1着、2着、5着、6着でした。

本命◎スマートオーディンは1着でした。

毎日杯2016
着順 馬番 馬名 前走
1 10 スマートオーディン 共同通信杯(G3) 6着(1.3)
2 2 アーバンキッド アーリントンカップ(G3) 5着(0.0)
3 5 タイセイサミット 弥生賞(G2) 4着(1.2)

惜しかったです。本命◎対抗○が1~2着に来ました。スマートオーディンは、持ったままの完勝でした。今回唯一の関東馬アーバンキッドは2着に好走しました。過去データの傾向通りでした。

ロワアブソリューはチグハグな感じの競馬になってしまいました。最終コーナーで、ロスが多い競馬になってしまいました。厳しそう…と思いながら見ていましたが、最後詰めてきていたので、能力は高そうですが…。

1~3着馬の次走情報