メルボルンカップ-過去10年のデータと予想

日程 2019年11月5日(火曜)日本時間:13時00分発走予定
開催 オーストラリアフレミントン競馬場
距離 芝3200m
格付け G1
条件 サラ系3歳以上
斤量 ハンデ

メルボルンカップ2019

オーストラリアのフレミントン競馬場で行われるG1メルボルンカップ2019。今年で159回目となる伝統の一戦です。メルボルンでは、毎年この日をメルボルンカップ・デーとして祝日にしているそうです。メルボルンカップ2019には、日本馬メールドグラースが出走を予定。実績面では大注目の1頭だと思いますが、初の長距離重賞(ハンデ戦)ですし、取捨に悩むレースになりそうです。

配当

メルボルンカップは、20頭を超える出走頭数に加え、長距離のハンデ戦ということもあって、毎年かなり荒れています。JRAで馬券が販売された過去2回も高配当が出ています。今年も波乱を想定しておいた方が良いかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 4,810円 47,510円 315,040円
2017 発売なし
2016 15,150円 35,160円 219,110円

では以下、過去10年のメルボルンカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

メルボルンカップ2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。赤色イギリス濃い緑色アイルランド濃い黄色オーストラリアオレンジ色ドイツ濃い灰色南アフリカです。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2018 1 19 23 セ3 51 クロスカウンター 7 グレートヴォルティジュールS(G2) 2着
2 10 9 牡5 55 マルメロ 4 ケルゴルレイ賞(G2) 2着
3 20 17 セ5 53 アプリンスオブアラン 10 レクサスステークス(G3) 1着
2017 1 4 22 牡3 51.5 リキンドリング セントレジャーステークス(G1) 4着
2 3 7 牡4 54.5 ヨハネスフェルメール コーフィールドカップ(G1) 3着
3 2 9 セ7 54 マックスダイナマイト ジョンレーン&サンズトラリー 1着
2016 1 17 17 セ6 52 アルマンダン 8 ザバートカミングス(G3) 1着
2 23 13 セ6 54 ハートブレークシティー 12 イボアハンデ 1着
3 12 6 セ5 56 ハートネル 1 コックスプレート(G1) 2着
2015 1 1 19 セ6 53 プリンスオブペンザンス ムーニーヴァレーゴールドC(G2) 2着
2 2 8 セ6 55 マックスダイナマイト ロンスデールカップ(G2) 1着
3 4 2 牡5 57.5 クライテリオン コックスプレート(G1) 2着
2014 1 10 5 牡5 56.5 プロテクショニスト ハーバートパワーステークス(G2) 4着
2 14 4 セ8 57 レッドカドー セプテンバーステークス(G3) 7着
3 12 12 セ6 55 フーショットザバーマン コーフィールドカップ(G1) 13着
2013 1 5 6 牡5 55 フィオレンテ コックスプレート(G1) 3着
2 23 3 セ7 56.5 レッドカドー アイリッシュセントレジャー(G1) 4着
3 22 15 セ6 54 マウントアトス マーチステークス(LR) 2着
2012 1 5 14 牡5 53.5 グリーンムーン コックスプレート(G1) 7着
2 2 11 牡4 53.5 フィオレンテ フォワ賞(G2) 4着
3 19 3 牡6 55.5 ジャッカルベリー コーフィールドカップ(G1) 13着
2011 1 13 3 牡5 54.5 ドゥーナデン ジーロングカップ(G3) 1着
2 15 12 セ5 53.5 レッドカドー アイリッシュセントレジャー(G1) 3着
3 11 9 牡4 53.5 ルーカスクラナッハ コーフィールドカップ(G1) 5着
2010 1 11 8 牡5 54.5 アメリケン ジーロングカップ(G3) 1着
2 5 24 セ4 51 マラッキーデイ レクサスステークス(G3) 1着
3 2 3 牡4 56 ソーユーシンク マッキノンステークス(G1) 1着
2009稍重 1 21 21 牡4 51 ショッキング レクサスステークス(G3) 1着
2 10 8 セ6 53 クライムシーン ジーロングカップ(G3) 6着
3 13 5 牡5 54.5 モーリルヤン マーチステークス(LR) 1着
前走のレース傾向

過去10年のメルボルンカップ3着以内では、前走のグレードや調教国に関係なく、コーフィールドカップ、コックスプレート、ジーロングカップなど、前走でオーストラリアのレースを使った馬が多いです。

調教国

過去10年のメルボルンカップ3着以内は、オーストラリア、イギリス、アイルランド調教馬が中心となっています。特に近年は、イギリスとアイルランド調教馬の好走例が目立ちます。

斤量55kg以下

過去10年のメルボルンカップ3着以内30頭中23頭を占めます。斤量54kg以下に限っても30頭中15頭に及びます。軽ハンデ馬が狙い目といるかもしれません。

日本調教馬の成績

年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 前走
2018 14 4 4 牡4 55.5 チェスナットコート コーフィールドカップ(G1) 13着
2016 23 18 3 セ8 56.5 カレンミロティック オールカマー(G2) 9着
2015 13 12 3 牡6 57 フェイムゲーム コーフィールドカップ(G1) 6着
17 20 7 牡8 55.5 ホッコーブレーヴ コーフィールドカップ(G1) 10着
2014 22 7 1 牡6 58.5 アドマイヤラクティ コーフィールドカップ(G1) 1着
2010 12 3 9 牡8 54.5 トウカイトリック コーフィールドカップ(G1) 12着
2006 1 11 2 牡5 56 デルタブルース コーフィールドカップ(G1) 3着
2 12 12 牡5 53 ポップロック コーフィールドカップ(G1) 6着
2005 12 9 6 牡5 54 アイポッパー コーフィールドカップ(G1) 2着

過去、日本馬9頭がメルボルンカップに出走していますが、2006年(デルタブルースとポップロック)を除くと、二桁着順の大敗が続いています。軽ハンデ馬の活躍が目立つレースですし、ハンデを背負うことが敗因のひとつかもしれません。

予想

過去、波乱決着が続いているくレース。全く当たる気がしません。過去の傾向から軽ハンデの前走オーストラリアのレース出走馬(前走3着以内)を狙いました。

以下、簡単な考察と予想です。なお投票はゲート番号ではなく馬番です。ご注意ください。

◎23ヴァウアンドディクレア

前走コーフィールドカップ2着。軽ハンデ(52kg)の前走オーストラリアのレース出走馬と考えれば、狙い目になるでしょうか。長距離戦の実績もありますし、穴をあけるシーンがあっても良さそうです。

○12プリンスオブアラン

好走例の多い軽ハンデ(54kg)の前走オーストラリアのレース出走馬。前走ジーロンカップ優勝馬は、2010年と2011年のメルボルンカップを制しています。JRAの公式データで紹介されている血統(父の父がMonsun)も買い要素になるでしょうか。

▲18サプライズベイビー

好走例の多い軽ハンデ(53.5kg)の前走オーストラリアのレース出走馬。前走ザバートカミングス優勝馬は、2016年のメルボルンカップを制しています。人気薄なら狙ってみても…。

△14ダウンドラフト

ハンティングホーンと迷ってダウンドラフトを押さえました。好走例の多い軽ハンデ(53.5kg)の前走オーストラリアのレース出走馬。過去10年で計3頭のレクサスステークス組が3着以内に好走(2018年、2009年、2010年)しています。

追記:ダウンドラフトの前走ホッサムハンデキャップは、現地表記でレクサスステークスのようです。修正しました。お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、5着、22着でした。本命◎ヴァウアンドディクレアは、1着でした。

メルボルンカップ2019結果
着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 21 23 セ4 52 ヴァウアンドディクレア 3 コーフィールドカップ(G1) 2着 2
2 8 12 セ6 54 プリンスオブアラン 7 ジーロンカップ(G3) 1着
3 17 20 牡3 52.5 イルパラディーゾ 9 セントレジャーステークス(G1) 5着

録画を見ました。どこか悔しさの残る決着でした。本命ヴァウアンドディクレアが外ゲートから出して行って先行する展開。ゆったりとしたペースだったみたいで、上位争いは先団グループが占める決着となりました。中団から後ろの馬には厳しかったように見えます。

2着に入ったマスターオブリアリティは、最後内に斜行したため降着。結果、本命対抗のワンツーフィニッシュでした。そして最後の最後で押さえていた11番人気サプライズベイビーが外から突っ込んで来て、約半馬身差の5着。あと少しで大きな的中だったかも…と思えてしまいます。

セントレジャーステークス組とアイリッシュセントレジャー組の3~4着馬。気になってはいたのですが、4頭ボックスでは手が回らず…。仕方ないです。

深く考えない競馬