マーメイドステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年6月12日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 14頭
天気 曇後雨参考 阪神競馬場 – Yahoo!天気・災害

例年、荒れるレースです。牝馬限定戦、ハンデ戦というのは、荒れ要素ですね…。加えて予報では、日曜の阪神競馬場は曇時々雨となっています。波乱含みのレースで、雨が降るとすれば、とてもやっかいなレースになることは言うまでもないでしょう。

過去10年の配当を見ると、3連単10万馬券超えは7回に及びます。配当的には大きく荒れなかった年も人気薄の馬が来ているので、硬く決まらないレースと言えます。

  • 2015年 151,990円
  • 2014年 127,050円
  • 2013年 193,030円
  • 2011年 425,710円
  • 2009年 124,220円
  • 2008年 1,930,350円
  • 2006年 301,550円

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
マーメイドステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 2 牝5 53 シャトーブランシュ 8 パールS(1600万) 4着(0.5)
2 12 牝4 53 マリアライト 1 緑風S(1600万) 1着(-0.2)
3 13 牝7 53 パワースポット 10 モンゴル大統領賞(OP) 7着(0.6)
2014 1 13 牝4 53 ディアデラマドレ 1 パールS(1600万) 2着(0.0)
2 14 牝5 50 コスモバルバラ 13 野島崎特別(1000万) 1着(-0.1)
3 9 牝5 56 フーラブライド 2 ヴィクトリアマイル(G1) 13着(0.8)
2013 1 14 牝5 56 マルセリーナ 7 メイS(OP) 6着(0.5)
2 12 牝6 55 アグネスワルツ 10 都大路S(OP) 8着(1.2)
3 7 牝4 54 アロマティコ 1 ヴィクトリアマイル(G1) 10着(0.5)
2012 1 3 牝4 53 グルヴェイグ 1 ホンコンJCT(1000万) 1着(-0.5)
2 6 牝5 50 クリスマスキャロル 7 御室特別(1000万) 1着(-0.1)
3 7 牝5 50 メルヴェイユドール 10 パールS(1600万) 7着(0.3)
2011 1 8 牝5 55 フミノイマージン 2 金鯱賞(G2) 6着(1.2)
2 4 牝5 56 ブロードストリート 7 ヴィクトリアマイル(G1) 9着(0.6)
3 5 牝6 52 アースシンボル 13 目黒記念(G2) 10着(1.2)
2010 1 9 牝5 53 ブライティアパルス 3 メイS(OP) 3着(0.3)
2 13 牝6 53 セラフィックロンプ 14 都大路S(OP) 5着(1.3)
3 3 牝4 53 テイエムオーロラ 4 パールS(1600万) 1着(-0.0)
2009 1 1 牝6 53 コスモプラチナ 9 愛知杯(G3) 16着(1.3)
2 10 牝5 52 ニシノブルームーン 4 府中S(1600万) 1着(-0.1)
3 16 牝4 56.5 リトルアマポーラ 2 ヴィクトリアマイル(G1) 6着(1.5)
2008 1 8 牝5 48 トーホウシャイン 12 1000万(東京芝2000m) 9着(1.4)
2 2 牝6 52 ピースオブラヴ 10 新潟大賞典(G3) 15着(2.2)
3 4 牝5 53 ソリッドプラチナム 5 烏丸S(1600万) 7着(0.4)
2007 1 7 牝6 53 ディアチャンス 2 エメラルドS(1600万) 1着(-0.1)
2 9 牝5 54 サンレイジャスパー 5 ヴィクトリアマイル(G1) 14着(1.3)
3 4 牝4 53 ソリッドプラチナム 6 ヴィクトリアマイル(G1) 16着(1.4)
2006(京都) 1 13 牝3 49 ソリッドプラチナム 9 白百合S(OP) 2着(0.0)
2 2 牝4 51 サンレイジャスパー 3 むらさき賞(1600万) 3着(0.3)
3 4 牝4 51 オリエントチャーム 11 関ケ原S(1600万) 7着(0.7)
①斤量

ハンデ戦ということもあり、軽ハンデの馬の活躍が目立ちます。実績以上に軽ハンデが重要な要素となります。過去10年のマーメイドステークス3着以内30頭中22頭が斤量53kg以下です。

②前走条件戦

前走条件戦のレースに出走し、マーメイドステークスで軽ハンデになる馬の活躍が目立ちます。過去10年のマーメイドステークス3着以内30頭中14頭を占めます。

馬券予想

軽ハンデの馬が活躍するということ以外に特に特徴がないので、予想&的中ともに難しいレースではないでしょうか。近年、条件戦のパールS組の活躍が目立ちますが、今年の出走馬では前走パールSの馬は4頭もいます。

その他、前走ヴィクトリアマイル2016で56kg背負うことになるシュンドルボンの取捨に悩みそうです。過去10年で見ると、2014年3着フーラブライドや2011年2着ブロードストリート、2009年3着リトルアマポーラが56kg以上の斤量を背負ってましたが、すべて重賞2勝馬やG1戦線で活躍した馬たちでした。

以下、簡単な考察と予想です。

②ナムラアン

この馬は時計がかかる馬場の方が良さそうですね。5走前の遠州灘特別2015(芝2000m、1000万)で完勝していますが、その時の時計が2:03.4です。エンパイアメーカー産で、主な産駒にイジゲンやフェデラリストがいます。

前走は逃げがハマった感がありますが、勝った相手が牡馬のラングレーなので、能力は高そうですね。今回、このメンバー相手に55kgはどうかな…とも思いますが、沢山買う場合は押さえたいと馬です。

③アカネイロ、④レッドオリヴィア、⑦ヒルノマテーラ、⑫リラヴァティ

前走パールS2016の4頭です。傾向からは、押さえておきたい4頭です。ただ4頭全てに印を打つわけにも行かないので、何頭かに絞りたいところです。

前走前目に付けたのがレッドオリヴィアとリラヴァティです。内から差したのがアカネイロ、外を回して差したのがヒルノマテーラです。人気しそうですが、前残りを期待するならレッドオリヴィアとリラヴァティが狙い目でしょうか。

アカネイロ

マーメイドSは、6年連続で二桁人気の馬が馬券圏内に来ています。二桁人気になりそうなのは、アカネイロ、メイショウマンボ、ゴールドテーラー、シャイニーガール、ショウナンバーキンあたりだと思うので、大穴で狙うのも面白そうです。

ヒルノマテーラ

当然ですが、全く人気しなさそうですね…。積極的に買える要素はありませんが、51kg&前走パールSというのは、穴候補になると思います。

前走のVTRを見ましたが、ヒルノマテーラは後方から2頭目を追走し、最後大外を回して追い込んでいました。よく4着まで来たな…という内容だったので、先行して1~2着馬に入ったリラヴァティやレッドオリヴィアより1~2kg軽くなる今回は、十分逆転可能ではないでしょうか。

例年マーメイドSは、差し追い込みが馬券圏内に来ます。リラヴァティやレッドオリヴィアはそこそこ人気しそうなので、押さえるとすれば穴馬になりそうなこちらを選びたいです。

⑤ハピネスダンサー

前走福島牝馬ステークス2016 6着馬です。直近3走連続で重賞を好走しています。それで53kgで出走できるのは、上位候補の1頭と言っていいと思います。

難点を挙げるとすれば、過去10年の3着以内に前走福島牝馬ステークス組がいないことでしょうか。ローテからは買い難い馬です。

⑪ウインリバティ

荒れるハンデ戦と考えると、ありえそう…と思ってしまいます。直近3走はいいところがありませんでしたが、4走前マーメイドSと同コースのムーンライトハンデキャップ2016(1600万)を逃げて快勝しています。約2馬身差の3着には、今回人気しているレッドオリヴィアが入りました。

難点を挙げるとすれば、ハピネスダンサーと同様、前走福島牝馬S2016組ということでしょうか。

⑬シュンドルボン

今回、最も取捨に悩む馬です。前走ヴィクトリアマイル2016の相手関係を見ても、ここでは能力上位でしょう。ただ斤量が56kgですから、買い難い馬でもあります。過去の傾向を見ると、外枠も良さそうなので、斤量以外に消す要素は無いと思います。直近4年連続で、1番人気が来ているレースなので、人気と能力を信じるなら押さえるべき馬だと思います。

買い方

◎⑪ウインリバティ

○⑬シュンドルボン

▲⑦ヒルノマテーラ

今週の2レースは、沢山買っても当たりそうもないので、マーメイドS2016も3頭まで絞りました

軽ハンデ&二桁人気のウインリバティを本命にしました。その他、1番人気馬のシュンドルボン、前走パールS2016&軽ハンデのヒルノマテーラを押さえました。

3連複 ◎ – ○ – ▲ 計1点

ワイド ◎ – ○ 計1点

合計2点

だいぶ適当です。アカネイロがそこそこ人気していたので、二桁人気のウインリバティに変更しました。

全く触れてもいませんが、①ココロノアイも怪しいです。前走阪神牝馬ステークス2016のメンバーを見ると、上位馬はかなり強い馬ばかりです。ココロノアイは、半年の休み明けで5着に入り、負けたものの能力は示した印象がしました。

結果

馬券的には、2着、4着、8着でした。

本命◎ウインリバティは8着でした。

マーメイドステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 12 牝5 リラヴァティ パールS(1600万) 1着(-0.0)
2 7 牝5 ヒルノマテーラ パールS(1600万) 4着(0.3)
3 1 牝4 ココロノアイ 阪神牝馬S(G2) 5着(0.5)

夕方に録画していたものを見ましたが、やはりダメでしたね…。今年は、二桁人気の大穴が馬券に絡まず&1番人気も絡まず…とデータを無視した結果になりました。

最終コーナーでは、ウインリバティ良い!と思えましたが、すぐにズルズル…。シュンドルボンは、56kgでかなり頑張ったのではないでしょうか。

そして2着に入ったヒルノマテーラの脚には驚きました。パールS2016組で押さえるならヒルノマテーラと予想で書いていたものの、思っていた以上の走りでした。51kgの斤量ということもありますが、フミノイマージンを思い出させる脚でした。フミノイマージンは、1600万クラスを勝つこと無くハンデ戦の中山牝馬S2011を51kgで好走し、その後重賞を4勝しました。

勝ち馬のリラヴァティは、松若ジョッキーがかなり上手く乗った気がしました。今日の騎乗成績を見ると、穴馬も含め3勝2着1回という好成績で、かなり乗れていました。

1~3着馬の次走情報