ユニコーンステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年6月19日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走予定 16頭
天気 曇り参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

3歳ダート路線は、ラニの活躍が話題ですが、国内の3歳馬たちも強豪揃いです。ユニコーンステークス2016は、ヒヤシンスS2016でラニに勝ったゴールドドリームや2着ストロングバローズが出走を予定しています。馬券的には、悩ましいですが、楽しみなレースになりました。

過去10年の傾向を見ると、例年荒れるレースではなかったのですが、昨年と一昨年は1番人気が飛び、2年連続で波乱決着となりました。過去10年では、2006年を除く9回で、1~4番人気から2頭以上が馬券圏内に来ています。なので、上位人気を押さえながら穴馬を拾うというのが狙い目かもしれません。過去10年の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回です。

  • 2015年 100,770円
  • 2014年 220,770円

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ユニコーンステークス2016
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走
2015稍重 1 10 56 ノンコノユメ 2 青竜S(OP) 1着(-0.1)
2 16 56 ノボバカラ 9 青竜S(OP) 4着(0.7)
3 6 56 アルタイル 3 青竜S(OP) 2着(0.1)
2014稍重 1 11 56 レッドアルヴィス 3 三浦特別(1000万) 4着(0.4)
2 15 54 コーリンベリー(牝) 4 端午S(OP) 2着(0.0)
3 4 56 バンズーム 7 鳳雛S(OP) 3着(0.7)
2013 1 6 56 ベストウォーリア 3 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(1.0)
2 12 54 サウンドリアーナ(牝) 1 端午S(OP) 1着(-0.7)
3 4 56 サウンドトゥルー 8 500万(東京ダ1600m) 1着(-0.5)
3 14 56 ケイアイレオーネ 11 UAE Derby(G2) 10着
2012 1 4 56 ストローハット 1 500万(中山ダ1800m) 1着(-0.5)
2 8 57 オースミイチバン 2 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.4)
3 3 56 タイセイシュバリエ 8 昇竜S(OP) 4着(0.4)
2011 1 11 54 アイアムアクトレス(牝) 3 昇竜S(OP) 1着(-0.0)
2 9 56 グレープブランデー 1 いぶき賞(OP) 1着(-0.0)
3 14 56 ボレアス 2 いぶき賞(OP) 2着(0.0)
2010 1 13 57 バーディバーディ 1 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.8)
2 1 56 バトードール 2 端午S(OP) 1着(-0.0)
3 15 56 サンライズクォリア 6 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(0.8)
2009不良 1 12 56 シルクメビウス 1 端午S(OP) 1着(-0.1)
2 9 56 グロリアスノア 2 500万(東京ダ1600m) 1着(-0.6)
3 1 56 カネトシコウショウ 3 ヒヤシンスS(OP) 1着(-0.0)
2008 1 6 56 ユビキタス 1 昇竜S(OP) 1着(-0.3)
2 7 56 シルクビッグタイム 3 ファルコンS(G3) 7着(0.6)
3 13 56 アポロドルチェ 6 NHKマイルC(G1) 11着(1.6)
2007 1 6 56 ロングプライド 1 端午S(OP) 1着(-1.1)
2 8 57 フェラーリピサ 2 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.5)
3 11 56 ナムラジョンブル 7 500万(京都ダ1800m) 1着(-0.4)
2006 1 11 54 ナイキアースワーク 4 500万(京都ダ1800m) 1着(-0.6)
2 4 56 ヤマタケゴールデン 7 端午S(OP) 1着(-0.0)
3 3 56 フィールドオアシス 5 昇竜S(OP) 2着(0.3)
①人気

過去9年連続で1~4番人気の馬から2頭以上が馬券圏内に来ています。その他、直近4年連続で、7~11番人気の穴馬が1頭は馬券圏内に来ています。

②距離

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭の前走を距離別に分けると、以下のようになります。

  • 1900m 1頭
  • 1870m 5頭
  • 1800m 10頭
  • 1700m 2頭
  • 1600m 8頭
  • 1400m 4頭
  • 1200m 1頭

同距離、もしくは距離短縮だった馬が26頭に及びます。なお1400m以下だった5頭は、前走がオープンクラスのレースでした。

  • 2014年2着コーリンベリー(前走端午S)
  • 2013年2着サウンドリアーナ(前走端午S)
  • 2012年3着イセイシュバリエ(前走昇竜S)
  • 2011年1着アイアムアクトレス(前走昇竜S)
  • 2008年2着シルクビッグタイム(前走ファルコンS)
③前走500万クラス

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭の中に、前走が500万クラスだった馬は以下5頭いますが、5頭とも2着以下に着差をつけて勝っています。

  • 2013年3着サウンドトゥルー(0.5秒差)
  • 2012年1着ストローハット(0.5秒差)
  • 2009年2着グロリアスノア(0.6秒差)
  • 2007年3着ナムラジョンブル(0.4秒差)
  • 2006年1着ナイキアースワーク(0.6秒差)

馬券予想

今年の注目は、やはりストロングバローズとゴールドドリームでしょうか。2頭ともヒヤシンスSではラニに先着しています。グレンツェントをはじめ、他の馬も骨っぽい印象なので、穴馬まで考えると高いレベルで混戦という印象がします。

以下、簡単な考察と予想です。

アルーアキャロル ⇒ 回避です。

キャリア3戦全て、東京ダート1600mです。まるでここを狙ってきたかのようなローテですね…。

前走青竜S2016は、中団より少し後ろから外を回ってというレースでした。休み明けの中、勝ったグレンツェントとは差のない2着に来ているので、ここでは十分逆転可能ではないでしょうか。前走だけ見ると、3着以下とは力差があるように思いました。残り300mぐらいから楽に伸びてきて、相手はグレンツェントだけに見えました。例年、追い込みが決まりやすい舞台なので、先行して粘ったグレンツェントよりは、アルーアキャロルを狙いたいです。過去9年連続で上位人気が好走しているレースですし、人気すると思いますが押さえたい1頭です。

①マイネルバサラ

ヒヤシンスS2016では9着に敗れていますが、穴馬を選ぶとなれば、十分候補になるのではないでしょうか。前走は内枠から中団で脚を溜めて差すという競馬でした。今回も1枠を引けたので、ジョッキーは変わりますが、同じようなイメージではないでしょうか。

⑪クインズサターン

前走500万クラスの馬から選ぶとすれば、クインズサターンあたりでしょうか。過去データでは、前走500万クラスの馬は着差をつけて勝っていた馬ばかりですから、狙うとすればクインズサターンやヤマイチジャスティあたりを考えたいです。前走1400mだった馬というのもデータ的には劣勢なので、クインズサターンの方が狙いになりそうです。ただやはり中穴ぐらいに人気しそうなので、積極的に押さえるのも難しいところです。

⑫ゴールドドリーム

前走兵庫チャンピオンジップ2016はケイティブレイブに負けましたが、前半すごいスローで逃げられ、最後詰めることが出来ず、そのまま突き放されるというレースでした。ケイティブレイブも強い馬ですが、力負けというより、園田競馬場を知り尽くしたジョッキーとの差に思えました。当然ここでは力上位だと思うので、押さえたい1頭です。

⑬ストロングバローズ

過去5走を見ると先行したいところでしょう。2走前のヒヤシンスS2016も内から先行してロス無くという競馬だったので、この7枠13番がどう影響するかだと思います。…とは言いつつも、勝ち負け争いしてきた相手がグレンツェントやゴールドドリームなので、ここでも能力上位というのは言うまでもないところです。

⑭グレンツェント

ダートでは底を見せていない印象の馬なので、ここでも上位争い候補の1頭でしょう。前走青竜S2016組では、回避したアルーアキャロルの方を狙っていました。アルーアキャロルの予想でも書きましたが、例年追い込みが決まりやすい舞台です。前走は先行して粘ったものの、2走前の伏竜S2016では後ろから進めてストロングバローズの2着に来ています。前からでも後ろからでも良いというのは強みかもしれません。

買い方

◎⑫ゴールドドリーム

○⑭グレンツェント

▲⑬ストロングバローズ

△①マイネルバサラ

面白くもない印になってしまいました。上位人気3頭になりそうですが、押さえたい3頭です。他に、例年穴馬が馬券に絡むレースなので、穴馬になりそうなマイネルバサラを押さえました。

馬連 ◎ – ○▲ 計2点

3連複 ◎ – △ – ○▲ 計2点

合計4点

面白くもない予想になってしまいましたが、上位人気の馬連を2点押さえたいです。穴馬(マイネルバサラ)が来る想定で、ゴールドドリームと穴馬の2軸の3連複を押さえました。

結果

馬券的には、1着、2着、3着、9着でした。

本命◎ゴールドドリームは1着でした。

ユニコーンステークス2016
着順 馬番 馬名 前走
1 12 ゴールドドリーム 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(1.2)
2 13 ストロングバローズ 伏竜S(OP) 1着(-0.3)
3 14 グレンツェント 青竜S(OP) 1着(-0.0)

的中しました。…が安っいですね。当たらなくてもどちらでも良い額です…。予想の3連複も少しだけ押さえているので、薄利すぎて当たらなくてもどちらでも良い額になりました。欲のせいですが、馬連2点だけの方が良かったです。

過去の傾向的には、久しぶりに穴馬が来ない決着となりました。それにしても、このメンバー相手に1~2着の2頭は抜けていました。そしてここでクビ差で勝つのが、今勢いに乗ってる川田ジョッキーという感じがします。

マイネルバサラは、前走内で脚を溜めて良い脚を使っていたので、先行するとは思いませんでした。最後はズルズルと後退してしまいました。回避したアルーアキャロルも出走していたら上位に食い込んでいたのでは…と思ってしまいますが、ともあれこの世代は、次走以降が楽しみです。

1~3着馬の次走情報