中山記念2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年2月25日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 10頭
天気 曇り(ヤフー天気)

中山記念2018

春のG1に向けた一戦「中山記念2018」です。ドゥラメンテ(2016年)、ヌーヴォレコルト(2015年)、ジャスタウェイ(2014年)、ヴィクトワールピサ(2011年)など、近年の優勝馬は、G1馬が多いレース。今春のG1戦線に向けて、有力馬は中山記念から始動ということになりそうです。昨年の優勝馬ネオリアリズムは、次走の香港G1クイーンエリザベス2世カップを優勝しています。

コース形態

中山競馬場の芝1800mコース

過去10年の中山記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回あります。硬めの決着が続いていましたが、昨年は上位人気の有力馬(アンビシャス、リアルスティール、ヴィブロス、ヌーヴォレコルト)が崩れ、波乱決着となっています。有力馬の目標がこのあとのG1ということもあり、取りこぼした可能性はありそうですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 14,300円 52,870円 315,300円
2016 800円 920円 3,780円
2015 880円 1,860円 7,520円
2014 2,730円 7,160円 38,020円
2013 1,360円 6,560円 28,270円
2012 6,170円 12,360円 93,090円
2011 600円 1,520円 4,210円
2010 18,080円 66,160円 534,940円
2009 1,600円 2,110円 13,200円
2008 4,310円 3,860円 26,150円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

中山記念2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 1 牡6 57 ネオリアリズム 3 香港マイル(G1) 9着 3
2 5 牡6 56 サクラアンプルール 8 白富士ステークス(OP) 2着(0.0) 5
3 9 牡7 58 ロゴタイプ 7 香港マイル(G1) 5着 5
2016 1 9 牡4 57 ドゥラメンテ 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.3) 1
2 10 牡4 55 アンビシャス 4 天皇賞秋(G1) 5着(0.2) 4
3 2 牡4 55 リアルスティール 2 菊花賞(G1) 2着(0.0) 2
2015稍重 1 4 牝4 54 ヌーヴォレコルト 3 エリザベス女王杯(G1) 2着(0.0) 1
2 7 牡5 57 ロゴタイプ 2 根岸ステークス(G3) 8着(0.5) 3
3 11 牡4 55 ステファノス 4 富士ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2014稍重 1 4 牡5 58 ジャスタウェイ 2 天皇賞秋(G1) 1着(-0.7) 5
2 9 牡5 56 アルキメデス 4 朝日チャレンジカップ(G3) 1着(-0.2) 1
3 5 牡4 58 ロゴタイプ 3 札幌記念(G2) 5着(2.1) 1
2013 1 15 牡5 57 ナカヤマナイト 2 有馬記念(G1) 7着(1.1) 5
2 10 牡6 56 ダイワファルコン 3 有馬記念(G1) 10着(1.6) 12
3 9 牡8 57 シルポート 8 阪神カップ(G2) 14着(0.8) 5
2012 1 3 牡5 56 フェデラリスト 3 中山金杯(G3) 1着(-0.0) 2
2 1 牡7 57 シルポート 7 京都金杯(G3) 16着(3.0) 5
3 2 牡4 57 リアルインパクト 4 阪神カップ(G2) 10着(0.9) 1
2011 1 9 牡4 58 ヴィクトワールピサ 1 有馬記念(G1) 1着(-0.0) 2
2 3 牡6 58 キャプテントゥーレ 4 天皇賞秋(G1) 13着(1.9) 9
3 4 牡5 58 リーチザクラウン 3 京都金杯(G3) 4着(0.4) 1
2010不良 1 3 牡6 57 トーセンクラウン 13 白富士ステークス(OP) 8着(0.5) 4
2 5 牡6 57 テイエムアンコール 12 小倉大賞典(G3) 7着(0.8) 6
3 10 牡6 57 ショウワモダン 5 根岸ステークス(G3) 16着(2.4) 15
2009稍重 1 2 牡8 58 カンパニー 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 4着(0.3) 2
2 5 牡5 57 ドリームジャーニー 4 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 8着(1.3) 1
3 6 牡7 57 アドマイヤフジ 2 中山金杯(G3) 1着(-0.0) 4
2008 1 7 牡7 57 カンパニー 2 東京新聞杯(G3) 4着(0.2) 1
2 16 牡6 58 エイシンドーバー 7 京都金杯(G3) 7着(0.6) 6
3 5 牡7 58 エアシェイディ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 1着(-0.2) 2
前走重賞

過去10年の中山記念3着以内30頭中28頭を占めます。そのうち12頭前走G1に出走していました。

1番人気

過去10年の中山記念3着以内では、劣勢傾向(3-0-1-6)にあります。近年、1番人気の支持を集めて勝ったのは、ドゥラメンテ、ヴィクトワールピサの2頭。ともに前走でG1を勝っていました。抜けた馬でなければ、人気に応えて勝つのは難しいレースかもしれません。

予想

中山記念2018は、昨年のG1馬(ペルシアンナイト、ヴィブロス、アエロリット)を中心に、重賞実績馬が揃いました。少数精鋭というメンバーだと思います。ざっと見た感じでは、8~9頭に馬券圏内の可能性がありそうです。取捨がすごく難しいですね。

以下、簡単な考察と予想です。【追記】ボックス買いに変更しました。

◎②サクラアンプルール

昨年の中山記念2017は、今年以上のメンバーが揃った中での2着でした。実績から中山巧者という印象です。前走有馬記念2017は、直線で絶好の手応えに見えたところで、大きな不利を受けて急ブレーキ。そのまま流して16着となりました。大敗は、完全に度外視しても良いと思います。能力はあると思うので、ある程度、差しが決まる馬場と展開になれば、上位争いを期待できそうですね。

○④ペルシアンナイト

昨年の皐月賞2017は、クビ差2着に好走。皐月賞2017の上位馬が、アルアイン、ダンビュライト、クリンチャー、レイデオロ、スワーヴリチャードというハイレベルなメンバーでした。劣勢傾向の1番人気になってしまうと狙い難いですが、実力は確かという1頭だと思います。

▲⑧マルターズアポジー

有力馬が差し追い込み脚質のため、穴をあけるとすれば、前に行く馬になるでしょうか。ハマれば勝ち負けの可能性も…。

△⑥マイネルハニー

このメンバー相手では少し厳しそうな印象も、直近2戦のオープン特別を勝ち切った勢いは買いたいですね。前走白富士ステークス2018は、スズカデヴィアスの猛追を凌いでの優勝。(先週ズカデヴィアスは、不利を受けながら小倉大賞典2018で3着に好走しています。)マルターズアポジー同様、前残り期待で。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、4着、5着、10着でした。本命◎ペルシアンナイトは、5着でした。

中山記念2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 5 牡4 56 ウインブライト 2 中山金杯(G3) 2着(0.0) 2
2 10 牝4 55 アエロリット 5 秋華賞(G1) 7着(1.2) 1
3 8 牡6 56 マルターズアポジー 6 マイルチャンピオンシップ(G1) 15着(1.1) 6

カスリもせずでした。(´・ω・`;)

押さえていたマイネルハニーは出遅れ。前に行く馬だけに、この時点で終わった感じです…。マルターズアポジーの大逃げ、その後ろアエロリットという展開。想定通りの隊列だったとは思いますが、向こう正面で既に、届くのかどうか心配するほど、有力馬は後ろ過ぎる感じがしました。結果、アエロリットとマルターズアポジーの逃げ残り、その後ろにいたウインブライトが優勝。完全な前残りとなりました。

さらにペルシアンナイトは、大外をぶん回していた分、これは厳しかったと思います。仕方ないとはいえ、何とも後味の悪い内容でした。過去、最初の1000mを58秒台で逃げたシルポートが残るような傾向のレースなので、有力馬はもう少し早めに動いてほしかったところです。