鳴尾記念 2016 過去4年のデータと予想

日程 2016年6月4日(土曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走予定 14頭
天気 曇り参考 阪神競馬場 – Yahoo!天気・災害

結構、骨っぽいメンバーが揃いそうです。少し抜けてる印象のある馬は、ステファノスだと思いますが、その他に重賞勝ち馬が何頭か揃っています。

鳴尾記念の特徴は、宝塚記念で馬券圏内に来そうな馬を狙うレースというところでしょうか。鳴尾記念がこの時期の阪神芝2000mに移行した2012年以降、毎年宝塚記念で活躍する馬を輩出しています。

  • 2012年2着ショウナンマイティ⇒宝塚記念3着
  • 2013年3着ダノンバラード⇒宝塚記念2着
  • 2014年4着(3着とクビ差)カレンミロティック⇒宝塚記念2着
  • 2015年1着ラブリーデイ⇒宝塚記念1着

過去4年の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回です。4回中2回なので、やや波乱含みのレースといえそうです。

  • 2014年 108,720円
  • 2013年 199,150円

では過去4年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。(阪神芝2000m開催に変更された2012年以降の過去4年です。)

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
鳴尾記念2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 10 牡5 57 ラブリーデイ 2 天皇賞春(G1) 8着(0.5)
2 6 牡5 56 マジェスティハーツ 8 都大路S(OP) 4着(0.8)
3 4 牡4 56 アズマシャトル 4 新潟大賞典(G3) 12着(0.6)
2014 1 11 牡5 56 エアソミュール 1 中山記念(G2) 10着(1.2)
2 10 牡7 56 アドマイヤタイシ 9 新潟大賞典(G3) 13着(1.3)
3 2 牡7 56 フラガラッハ 10 大阪杯(G2) 6着(1.5)
2013 1 10 牡4 56 トウケイヘイロー 6 京王杯スプリングC(G2) 8着(0.3)
2 9 牡6 56 エクスペディション 7 小倉大賞典(G3) 16着(1.1)
3 7 牡5 57 ダノンバラード 3 日経賞(G2) 7着(0.9)
2012 1 10 牡5 57 トゥザグローリー 2 中山記念(G2) 10着(1.5)
2 8 牡4 57 ショウナンマイティ 1 大阪杯(G2) 1着(-0.2)
3 6 牡4 56 トーセンラー 5 新潟大賞典(G3) 11着(0.7)
①外枠

外枠が少し優勢です。過去4年の鳴尾記念では、馬番10番~11番あたりの外枠の馬が多いです。特に馬番10番は、4年連続で馬券に絡んでいます。

②年齢

過去4年の鳴尾記念では、8歳以上の馬が来ていません。過去4年3着以内の12頭中9頭が4~5歳馬です。

③前走馬券圏外

過去4年の鳴尾記念3着以内12頭中11頭が前走で馬券圏外でした。勝ち馬から1秒以上差をつけられて大敗していた馬も多いです。

④前走新潟大賞典、小倉大賞典

過去4年の鳴尾記念では、前走新潟大賞典、小倉大賞典で二桁着順だった馬が毎年穴をあけています。伏兵、中穴であれば、押さえても面白そうです。

馬券予想

実績からは、ステファノスが一番の注目でしょうか。次走宝塚記念2016で馬券圏内と考えると、宝塚記念2016の出走を予定しているステファノスとヤマカツエースは押さえたい馬です。ただステファノスとヤマカツエースの2頭とも休養明けというのは、少し不安な要素です。

以下、簡単な考察と予想です。

①メイショウナルト

逃げ先行を考えているだろう馬だと思うので、良い枠を引いたと思います。ただ昨年、一昨年と、このレースでは大敗しています。年齢も8歳になるので、さらなる上昇というのは難しいところでしょうか。夏場は調子が良い馬なので、このあとの小倉や福島あたりが狙い目かもしれません。

③サトノノブレス

順調に使ってきているのは良いですね。斤量を苦にしないタイプだと思いますが、56kgで出れるのは良いと思います。前走天皇賞春2016は、ディープインパクト産×京都の長距離だったので、話題にも出しませんでしたが、流石に今回のメンバーであれば上位候補の1頭ではないでしょうか。

④アズマシャトル

昨年の3着馬で、前走小倉記念2015を勝っていますが、10ヶ月休養明けというのは積極的には買い難いところです。能力的には上位候補の1頭ですが、脚部不安で放牧されていたという話なので、様子見というのもありでしょうか。

⑦パッションダンス

前走新潟大賞典2016は10番人気ながら重賞勝ちしました。新潟芝2000mということで押さえていましたが、阪神のここでは積極的には狙えないという印象です。

3年前の5歳時も、新潟大賞典2013勝ち⇒鳴尾記念2013というローテでしたが、6着に破れています。8歳馬になりますし、沢山買う場合の押さえ候補という印象です。

⑨マジェスティハーツ

穴っぽいな…という1頭です。前走平安ステークス2016はダート戦だったので参考外で良いと思います。買い時の難しいムラのある馬なので、近走の不振はあまり参考にならない印象です。人気もしないと思うので、オッズ的には面白そうですね。

⑩ヤマカツエース

オカルト的ですが、馬番10番は、直近4年連続で馬券圏内に来ています。積極的に消す要素もないですし、押さえておきたい馬です。

⑫ステファノス

毎日王冠2015のときに狙った馬ですが、次の天皇賞秋2015では押さえず残念なことをしました。

4走前Queen Elizabeth II Cup 2015で2着に好走していますが、そもそも過去、Queen Elizabeth II Cupで上位に入った日本馬を見ると、G1クラスの馬ばかりです。(近年であれば、エイシンプレストン、アグネスデジタル、アドマイヤムーン、ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、エピファネイア、ラブリーデイ…など)そこで2着に好走した能力を考えると、当然にこのメンバーであれば勝ち負け争いを期待したい1頭です。

買い方

◎⑫ステファノス

○⑩ヤマカツエース

▲③サトノノブレス

△⑨マジェスティハーツ

1~2番人気ですが、ステファノスとヤマカツエースは押さえておきたいです。特に宝塚記念との相性が良いレースなので、G1で上位実績のあるステファノスには期待してしまいます。その他、重賞実績のあるサトノノブレス、人気薄から昨年2着馬のマジェスティハーツも押さえました。

改めて見返すと、今年G1を勝ってるジョッキー3人に印が集まりました。戸崎ジョッキー(ヴィクトリアマイル2016)、池添ジョッキー(オークス2016)、川田ジョッキー(日本ダービー2016)勢いもあると思うので、期待したいですね。

3連複 ◎ – ○ – ▲△

合計2点

ステファノスとヤマカツエースの馬連かワイド1点でも良いかも…と思いつつ、欲張って3連複で狙ってみます。少頭数がモットーなので無印ですが、やはり恐い馬は、アズマシャトルやパッションダンスなどの重賞実績のある馬です。

結果

馬券的には、1着、2着、5着、6着でした。

本命◎ステファノスは2着でした。

鳴尾記念2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 3 牡6 サトノノブレス 天皇賞春(G1) 11着(0.7)
2 12 牡5 ステファノス Hong Kong Cup(G1) 10着
3 2 牡6 プランスペスカ 都大路S(OP) 7着(0.6

晩に録画していたものを見ましたが、ダメでしたね…内心自信があったのですが、当てにならないものです。狙えた可能性があるのは、ステファノスから馬連流しぐらいでしょうか。プランスペスカは完全スルーだったので、3連系は総流しでもしないかぎり取れません。2着に好走したステファノスは、この後宝塚記念2016に出走するようであれば狙いたい1頭です。

サトノノブレスの勝利で、明日の安田記念2016が気になってしまいます。安田記念2016の予想では、サトノ&川田ジョッキーを無印にしているので不安です…。

解説でもありましたが、レコード決着となり、ヤマカツエースは速い時計に対応できなかったかもしれません。確かに成績を見ると、時計の掛かったレースでの好走が目立ちます。晴天でも無かったので、これほど速い時計は予想外でした。

1~3着馬の次走情報
  • 1着サトノノブレス、2着ステファノスは、宝塚記念2016に向かいました。
  • 3着プランスペスカは、小倉記念2016に向かいました。