根岸ステークス 2016 過去10年のデータと予想

G1フェブラリーステークス2016の前哨戦です。ここがメイチという馬もいれば、叩きという馬もいるはずです。

過去の根岸ステークスを振り返ると、2013年メイショウマシュウや2012年シルクフォーチュンの印象が強いです。強烈な追い込みが決まることがあります。一方で、先行した馬も馬券圏内に入ったりします。つまりは予想が難しいレースです。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
根岸ステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 前走
2015 1 6 牡6 エアハリファ 武蔵野S(G3) 2着(0.1)
2 13 牡6 ワイドバッハ チャンピオンズC(G1) 6着(0.5)
3 14 牡8 アドマイヤロイヤル 武蔵野S(G3) 14着(2.1)
2014 1 6 牡7 ゴールスキー 武蔵野S(G3) 4着(0.3)
2 9 牡6 ノーザンリバー カペラS(G3) 1着(-0.0)
3 14 牡8 シルクフォーチュン カペラS(G3) 3着(0.1)
2013 1 7 牡5 メイショウマシュウ ギャラクシーS(OP) 3着(0.1)
2 5 牡4 ガンジス ギャラクシーS(OP) 1着(-0.0)
3 2 牡7 セイクリムズン 兵庫ゴールドトロフィー(G3) 5着(1.1)
2012 1 9 牡6 シルクフォーチュン ギャラクシーS(OP) 3着(0.4)
2 4 牡5 トウショウカズン 大和S(OP) 1着(-0.1)
3 11 牡6 テスタマッタ 東京大賞典(G1) 3着(0.4)
2011 1 1 牡5 セイクリムズン カペラS(G3) 1着(-0.0)
2 5 牡5 ダノンカモン 大和S(OP) 1着(-0.1)
3 11 牡8 ダイショウジェット 師走S(OP) 9着(1.6)
2010 1 8 牡4 グロリアスノア エニフS(OP) 1着(-0.3)
2 9 牡5 サマーウインド 初日の出S(1600下) 1着(-0.8)
3 13 牡5 オーロマイスター 大和S(OP) 1着(-0.0)
2009 1 11 牡5 フェラーリピサ エルムS(G3) 1着(-0.2)
2 4 牡5 ヒシカツリーダー ジャニュアリーS(OP) 1着(-0.5)
3 3 牡4 セントラルコースト サンタクロースS(1600下) 1着(-0.2)
2008 1 4 牡6 ワイルドワンダー ジャパンカップダート(G1) 5着(1.0)
2 16 牡5 タイセイアトム ガーネットS(G3) 1着(-0.3)
3 14 牡5 アドマイヤスバル 霜月S(OP) 1着(-0.0)
2007 1 10 牡6 ビッググラス 京都金杯(G3) 14着(1.7)
2 12 牡6 シーキングザベスト ギャラクシーS(OP) 1着(-0.0)
3 14 牡9 ニホンピロサート ガーネットS(G3) 4着(0.3)
2006 1 7 牡7 リミットレスビッド ガーネットS(G3) 1着(-0.0)
2 12 牡5 タイキエニグマ 師走S(OP) 1着(-0.0)
3 3 牡6 トウショウギア 霜月S(OP) 1着(-0.4)
関西馬

過去10年の根岸ステークス3着以内30頭中25頭が関西馬です。直近5年は、関西馬しか来ていません。

前走武蔵野S、カペラS

この2レースは、とても多いローテです。カペラSの前身であるガーネットSも非常に多いです。前走カペラSと前走ガーネットSともに大敗からの巻き返しは無いので、前走カペラS組は好走馬に限定していいかもしれません。

前走ダート1400m(オープン特別)

過去10年の根岸ステークス3着以内30頭中12頭に及びます。大敗からの巻き返しという馬はいないので、前走3着以内に好走した馬が狙いでしょうか。

馬券予想

3アドマイヤロイヤル

9歳馬ですから、上積みの期待は薄いでしょう。前走障害レースを使ってからの重賞というのは、かなり買い難い要素です。ただ昨年まで、オープンクラスの東京ダートで2度も3着に入ったような馬なので、無視するわけにも…という感じでしょうか。コース相性はかなり良いので、紐を沢山買う人は、押さえても良いかもしれません。

4マルカフリート

前走カペラS2015では、10歳を理由に軽視してしまいました。前々走では、根岸S2015と同じ東京ダート1400m(OP)を差し切って快勝しています。かつ3走連続で上がり最速をマークしています。

根岸Sは、過去強烈な追い込みが決まっているレースだけに不気味な1頭です。昨年の根岸S2015は7着ながら、勝ち馬から僅か0.4秒差です。

8タールタン

この馬も8歳になるので、買い難いです。ただ東京ダート1400mでは、好成績(2-2-1-2)が目立つ1頭です。馬券圏外だった2走とも4着だったので、この舞台での凡走経験はありません。

9タガノトネール

前々走マイルCS南部杯2015では3連複1点的中しました!そのあと武蔵野S2015でも買った馬なので、勢いのあるうちは買い続けたいですね。

ギャンブルのパターンから考えると、人気しそうな今回がそろそろ地雷なのかな…なんて思ったりもしますが…。

10アドマイヤサガス

ローテ的には消せない1頭ですが、この馬も8歳になるので買い難いです。JRAの重賞ではワンパンチ足りない成績です。全く人気もしていないので、高配狙いなら…という感じです。

11プロトコル

前走1600万クラスというのは、過去データ的には買い難いですが、「勢いのあるスクリーンヒーロー産は買っとけ」が去年のパターンでした。直近4走は東京ダート1400m~1600mを使い続けて、オープン入りしました。実績よりも勢いと考えるなら、ここも面白い馬です。

3連複1点でいいかもと思ってしまいます。日経新春杯2016と同じパターンで、ワイド馬券も考えています。

  • モーニンとタガノトネールのワイド1点
  • モーニンとタガノトネールとプロトコルの3連複
  • モーニンとタガノトネールと何かの3連複
14サクラエール

ローテ的には消せない1頭です。ダート転向2走目から掲示板を外していない安定感と直近9走連続で最後良い脚を使って伸びてきています。オープンクラスの勝ちがないものの、相手なりに走るタイプだと考えれば、十分に馬券候補でしょう。

15モーニン

本命です。昔からart blakey & the jazz messengersのMoanin’が好きなんです。そんな理由で武蔵野S2015の本命でした。好きな馬なので、ここでも買いたいと思います。

16レーザーバレット

近走は、交流重賞で好走し続けていますし、昨年の根岸S2015も僅か0.4秒差の6着です。一発あってもおかしくはないですが…。

難点は、テン乗りのジョッキーでしょうか。長い間乗ってきた横山典弘ジョッキーが6アンズチャン、近3走で乗ってる戸崎ジョッキーが15モーニンに乗ります。評価としては、この2頭の下かなという感じがします。

買い方

◎15モーニン

○9タガノトネール

▲11プロトコル

△14サクラエール

結局、上位人気で落ち着きました。

◎-○ ワイド1点

◎○-◎○-▲△ 3連複2点

合計3点

もちろん6アンズチャンやG1馬2グレープブランデーも無視できる馬ではありませんので、的中は難しいレースになりそうです。

結果

馬券的には、1着、4着、6着、14着でした。

本命◎モーニンは1着でした。

根岸ステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 15 牡4 モーニン 武蔵野S(G3) 3着(0.3)
2 8 牡8 タールタン 2015ファイナルS(OP) 1着(-0.0)
3 2 牡8 グレープブランデー チャンピオンズC(G1) 8着(0.9)

馬券予想のタガノトネールについて書いたことが、現実になってしまいました。中穴ぐらいの馬は、注目され出したときには来ないものです。モーニンとタガノトネールのワイドは持ってたんですが、最後余力が無さそうなのは分かったので、すぐに諦めました。

3着グレープブランデーは、ジョッキーが上手く乗ったと思います。ローテと成績を見ると、8歳馬ですから手が出せませんでした。

  • 昨年が武蔵野S2014 3着→チャンピオンズカップ2014 9着→根岸S2015 10着
  • 今年が武蔵野S2015 5着→チャンピオンズカップ2015 8着→

2着タールタンは、コース相性もローテも良かったので、過去データ的には候補でしたが、5番手の評価だったので、ここまで手が回りませんでした。

1~3着馬の次走情報