ニュージーランドトロフィー2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年4月7日(土曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡56kg、牝54kg)
出走数 15頭
天気 曇り(ヤフー天気)

ニュージーランドトロフィー2018

NHKマイルカップの前哨戦「ニュージーランドトロフィー2018」です。NHKマイルカップは、ニュージーランドトロフィー組が穴をあける年が多く、本番に向けて注目のレースとなっています。

コース形態

中山競馬場の芝1600mコース

過去10年のニュージーランドトロフィーの配当を見ると、波乱傾向のレースといえそうです。3連単10万馬券超えが4回直近2年連続で波乱決着となっています。データ外ですが、11年前(2007年)には、490万馬券が炸裂しています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 29,320円 49,810円 496,220円
2016 22,190円 195,280円 1,051,270円
2015 2,940円 3,340円 29,660円
2014 1,400円 7,100円 25,680円
2013 1,550円 50,240円 195,350円
2012 1,090円 1,980円 9,080円
2011 32,820円 22,850円 278,820円
2010 740円 4,080円 15,660円
2009 1,510円 3,870円 16,950円
2008 7,180円 8,080円 76,430円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、阪神開催となっています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ニュージーランドトロフィー2018
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 6 ジョーストリクトリ 12 ファルコンステークス(G3) 6着(0.4) 4
2 4 メイソンジュニア 8 ファルコンステークス(G3) 3着(0.1) 6
3 16 ボンセルヴィーソ 5 ファルコンステークス(G3) 2着(0.0) 2
2016 1 5 ダンツプリウス 2 アーリントンカップ(G3) 2着(0.0) 9
2 8 ストーミーシー 14 500万(中山芝1200m) 2着(0.2) 6
3 4 エクラミレネール(牝) 12 アネモネステークス(OP) 4着(0.2) 6
2015稍重 1 8 ヤマカツエース 7 ファルコンステークス(G3) 3着(0.0) 5
2 9 グランシルク 1 500万(中山芝1600m) 1着(-0.2) 2
3 12 アルマワイオリ 2 アーリントンカップ(G3) 2着(0.0) 5
2014 1 12 ショウナンアチーヴ 1 ファルコンステークス(G3) 6着(0.4) 2
2 9 ショウナンワダチ 4 共同通信杯(G3) 8着(0.8) 5
3 15 ベルルミエール(牝) 8 ファルコンステークス(G3) 4着(0.2) 7
2013 1 12 エーシントップ 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.0) 1
2 4 レッドアリオン 3 フローラルウォーク賞(500万) 1着(-0.6) 1
3 3 ストーミングスター 12 500万(中山ダ1200m) 1着(-0.2) 2
2012 1 4 カレンブラックヒル 1 こぶし賞(500万) 1着(-0.1) 1
2 3 セイクレットレーヴ 2 クロッカスステークス(OP) 1着(-0.0) 3
3 5 ブライトライン 4 ファルコンステークス(G3) 1着(-0.1) 4
2011阪神 1 8 エイシンオスマン 12 スプリングステークス(G2) 5着(0.6) 12
2 6 エーシンジャッカル 7 500万(阪神芝1400m) 1着(-0.1) 2
3 4 グランプリボス 1 スプリングステークス(G2) 4着(0.2) 5
2010 1 16 サンライズプリンス 1 スプリングステークス(G2) 4着(0.4) 3
2 6 ダイワバーバリアン 2 弥生賞(G2) 4着(0.5) 6
3 9 レト 7 アーリントンカップ(G3) 3着(0.3) 8
2009 1 5 サンカルロ 1 スプリングステークス(G2) 4着(0.2) 4
2 14 ティアップゴールド 5 500万(阪神芝1400m) 1着(-0.3) 2
3 3 ジョーカプチーノ 3 ファルコンステークス(G3) 1着(-0.0) 4
2008 1 4 サトノプログレス 6 500万(中山芝1600m) 1着(-0.1) 2
2 11 エーシンフォワード 5 アーリントンカップ(G3) 2着(0.3) 9
3 7 アサクサダンディ 2 スプリングステークス(G2) 4着(0.3) 5
前走重賞

過去10年のニュージーランドトロフィー3着以内30頭中20頭を占めます。二桁着順からの巻き返しはありません

前走4着以下

過去10年のニュージーランドトロフィー3着以内30頭中11頭を占めます。11頭すべて2勝以上していました。

予想

ニュージーランドトロフィー2018は、かなりの混戦模様だと思います。何頭かマイル重賞で好走歴のある馬がいるものの、抜けた馬が不在のため、如何にも波乱傾向の重賞という感じがしますね…。データ傾向から絞れる要素も少ないので、馬券は難解なものになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。波乱想定も、これは全く当たる気がしないです…。(´・ω・`;)

◎⑥カシアス

函館2歳ステークス2017から4戦連続で本命対抗で狙い続けている馬。変わらず今回も本命です。短い距離で実績がある馬ですが、マイルまでは問題ないような印象で、ここでも上位争いを期待したいですね。

○⑧ラムセスバローズ

前走の500万は、外々を楽な手応えで周って、余裕を感じさせる内容で、きっちり差し切り勝ちしました。力のいる馬場も対応できそうです。

△④アイスフィヨルド

過去、内枠(2~3枠)の好走例が多く、その中で前走好走馬となると、⑤カツジかアイスフィヨルドが候補になるでしょうか。前走の500万は、外目を先行する競馬。最後は、2着オメガラヴィサンとの叩き合いを制しての辛勝でした。やや格下という印象ですが、オッズ的な魅力で適当に押さえました。

△⑮アンブロジオ

近年好走例の多いファルコンステークス組。今年はアンブロジオが候補になるでしょうか。ファルコンステークス2018は、後方にいた1~2番人気馬が飛び、やや前残りの決着。その中で、2着アサクサゲンキ、3着フロンティアの2頭とともに、最後は良い脚で差して来て4着でした。アサクサゲンキ、フロンティアが重賞勝ち馬ということを考えると、力のある所は示したと思います。大外枠は買いにくいところですが…。

3連複◎-○△△-○△△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、7着、13着、15着でした。本命◎カシアスは、7着でした。

ニュージーランドトロフィー2018
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 5 カツジ 2 きさらぎ賞(G3) 5着(0.8) 3
2 14 ケイアイノーテック 1 500万(阪神芝1600m) 1着(-0.7) 1
3 2 デルタバローズ 9 京成杯(G3) 13着(1.7) 3

想定はしていたものの、全くカスリもせず…。(´・ω・`;)

雨の影響か否か、インコースの馬場が全く伸びず、押さえていた馬は全滅でした。前に行った馬が潰れて、最後は大外まわした差し追い込み馬が上位を占める決着。こればかりは仕方ないですね。

深く考えない競馬