新潟2歳ステークス2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年8月26日(日曜)
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝1600m(外回り)
格付け GⅢ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(54kg)
出走数 12頭
天気 弱雨(ヤフー天気)

新潟2歳ステークス2018

2歳マイル重賞「新潟2歳ステークス2018」です。早熟馬が好走する印象のレースですが、近年は、ジャスタウェイ(2011年)、ハープスター&イスラボニータ(2013年)など、後のG1馬も出走して結果を残しています。

新潟競馬場の芝1600mコース

過去10年の新潟2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。データ外になりますが、2007年には142万馬券が出ている波乱含みの一戦。直近2年連続で大きは荒れていないだけに、周期的には、そろそろ波乱があっても良さそうですね…。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,760円 8,330円 49,030円
2016 4,170円 8,440円 56,360円
2015 13,130円 56,400円 261,060円
2014 760円 4,780円 16,440円
2013 1,640円 8,280円 31,910円
2012 12,380円 92,550円 471,970円
2011 950円 8,840円 57,810円
2010 29,400円 107,160円 867,410円
2009 7,500円 17,210円 110,120円
2008 11,490円 26,520円 173,450円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

新潟2歳ステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 8 フロンティア 3 新馬(中京芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 15 コーディエライト(牝) 5 未勝利(中京芝1400m) 1着(-1.0) 3
3 3 テンクウ 2 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2) 1
2016 1 10 ヴゼットジョリー(牝) 3 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.2) 3
2 12 オーバースペック 6 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.0) 3
3 3 イブキ 2 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.1) 3
2015稍重 1 2 ロードクエスト 1 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.3) 6
2 13 ウインファビラス(牝) 12 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.0) 2
3 7 マコトルーメン 8 函館2歳ステークス(G3) 5着(0.8) 6
2014 1 4 ミュゼスルタン 3 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.2) 2
2 7 アヴニールマルシェ 1 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.0) 1
3 2 ニシノラッシュ 6 新馬(福島芝1200m) 1着(-0.7) 1
2013 1 17 ハープスター(牝) 1 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.3) 1
2 3 イスラボニータ 4 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2) 2
3 18 ピークトラム 6 未勝利(中京芝1600m) 1着(-0.1) 7
2012 1 16 ザラストロ 3 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.3) 1
2 7 ノウレッジ 10 新馬(新潟ダ1200m) 1着(-0.1) 1
3 1 サウンドリアーナ(牝) 9 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.0) 3
2011 1 10 モンストール 4 新馬(新潟芝1400m) 1着(-0.6) 3
2 11 ジャスタウェイ 1 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.8) 4
3 14 クイーンアルタミラ(牝) 9 新馬(中山芝1600m) 1着(-0.0) 6
2010 1 16 マイネイサベル(牝) 9 新馬(新潟芝1400m) 1着(-0.0) 6
2 1 マイネルラクリマ 10 ダリア賞(OP) 3着(0.4) 2
3 12 レッドセインツ 5 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.2) 1
2009 1 6 シンメイフジ(牝) 1 ダリア賞(OP) 2着(0.1) 1
2 15 フローライゼ 15 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.3) 5
3 8 クロフォード(牝) 2 新馬(福島芝1200m) 1着(-0.2) 1
2008不良 1 8 セイウンワンダー 1 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-1.0) 1
2 4 ツクバホクトオー 15 未勝利(新潟芝1200m) 1着(-0.2) 1
3 6 バンガロール 4 マリーゴールド賞(OP) 2着(0.2) 2
牝馬

過去10年の新潟2歳ステークス3着以内30頭中9頭を占めます。人気薄の好走も目立ちます。

関東馬
過去10年の新潟2歳ステークス3着以内30頭中19頭を占めます。二桁人気馬5頭すべてが関東馬でした。さらに6~9番人気を見ても、7頭中5頭が関東馬でした。関東馬が穴馬候補といえそうです。

予想

2歳戦の新潟2歳ステークス2018。波乱傾向に加え、馬券候補を絞れるデータ傾向も少ないため、馬券は難しそうですね…。

昨年は、過去10年では例がないほどの超スローで、前残り決着となりましたが、例年追い込みが決まるレース。最後良い脚が使えそうな馬や前走勝ちっぷりが良かった馬を中心に、牝馬や関東馬(穴馬候補)を狙おうと思っていますが、どうなるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしないレース。台風による馬場悪化がさらに予想を難しくさせますね。

◎⑨アンブロークン

重馬場で行われた前走の新馬戦は、終始楽な手応えで1着。勝ちっぷりの良さは魅力ですね。前走を見る限りは、台風による馬場悪化も対応できそうです。

○②エルモンストロ

前走の新馬戦は、逃げ切って1着。直線では、並ばれてからもう一度伸びる脚を見せていました。例年1~2枠あたりの馬の好走が見られるので、人気が落ち着くようなら狙ってみても…。

▲⑪ジョディー

直近5年連続で、前走東京芝(新馬戦)に出走し、速い上がり(上がり1~2位)を使って優勝していた馬が3着以内に好走しています。今年は、アンブロークン、ジョディー、ロードアクアの3頭が候補になるでしょうか。ジョディーは、前走新馬戦を逃げて2着以下を2馬身突き放す完勝でした。その後、2着ウインゼノビアが未勝利戦を3馬身差で快勝&クローバー賞2018(OP)を3馬身差の快勝と2連勝していることを考えれば、前走の結果をポジティブに考えて良いかもしれません。人気が落ち着きそうなので、オッズ的にも魅力がありそうです。

△⑧スティルネス

穴をあける傾向にある人気薄の関東馬。牝馬限定戦の前走新馬戦は、2着以下と力の差を感じる勝ちっぷりの良さでした。兄は、2015年の新潟2歳ステークスを制したロードクエストですし、血統面の魅力はありそう…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着、6着でした。本命◎アンブロークンは、2着でした。

新潟2歳ステークス2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 ケイデンスコール 1 未勝利戦(新潟芝1600m) 1着(-0.2) 1
2 9 アンブロークン 2 新馬戦(東京芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 8 スティルネス(牝) 8 新馬戦(福島芝1200m) 1着(-0.4) 3

これは惜しかった…。ゴール前、見応えたっぷの直線の攻防でした。馬券的には、人気薄スティルネスを押さえていただけに、残念な決着…。

内の馬場状態が悪く、外差しが決まる馬場状態。内から逃げたエルモンストロには厳しいレースだったと思います。アンブロークンとケイデンスコールは、直線で選択したコースの差という感じがしました。

深く考えない競馬