新潟大賞典2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年5月6日(日曜日)
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

新潟大賞典2018

ハンデ重賞「新潟大賞典2018」です。過去の上位馬には、ローカル重賞やオープン特別で活躍していた馬が多く、例年骨っぽいメンバーが集まる一戦です。加えて、波乱傾向のレースということもあり、予想&的中ともに難関なレースとなっています。

コース形態

新潟競馬場の芝2000mコース

過去10年の新潟大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回もあります。馬連万馬券も4回あり、如何にも波乱含みのレースという印象です。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 11,960円 10,610円 89,460円
2016 5,190円 23,210円 161,790円
2015 35,750円 130,520円 945,420円
2014 1,050円 1,300円 7,500円
2013 2,550円 4,470円 29,360円
2012 12,340円 43,450円 306,700円
2011 6,480円 13,250円 80,490円
2010 1,640円 5,280円 27,010円
2009 29,470円 59,520円 453,690円
2008 4,550円 18,320円 103,310円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

新潟大賞典2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017稍重 1 2 牡5 55 サンデーウィザード 3 福島民報杯(OP) 3着(0.2) 1
2 6 牡6 57 マイネルフロスト 11 アメリカジョッキーカップ(G2) 11着(2.5) 13
3 11 牡4 55 メートルダール 1 アメジストステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2016 1 9 牡8 57 パッションダンス 10 フェブラリーステークス(G1) 16着(6.9) 14
2 3 牡6 57.5 フルーキー 1 中山記念(G2) 4着(0.4) 6
3 12 牡6 56.5 シャイニープリンス 8 福島民報杯(OP) 1着(-0.5) 9
2015 1 6 牡7 57 ダコール 5 福島民報杯(OP) 2着(0.2) 4
2 4 牡7 57 ナカヤマナイト 13 中山記念(G2) 8着(1.5) 7
3 5 牡6 56 アルフレード 6 東京新聞杯(G3) 2着(0.0) 9
2014 1 10 牡4 56 ユールシンギング 3 中日新聞杯(G3) 4着(0.1) 8
2 5 牡4 55 マジェスティハーツ 2 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.0) 4
2 16 牡4 56.5 レッドレイヴン 1 福島民報杯(OP) 1着(-0.6) 1
2013 1 11 牡5 55 パッションダンス 6 中日新聞杯(G3) 4着(0.4) 4
2 7 牡6 56 アドマイヤタイシ 3 中日新聞杯(G3) 2着(0.0) 1
3 4 牡5 56 ダコール 4 小倉大賞典(G3) 2着(0.0) 2
2012稍重 1 1 牡4 56 ヒットザターゲット 5 福島民報杯(OP) 1着(-0.1) 3
2 5 牡7 56 ダンツホウテイ 11 大阪杯(G2) 11着(1.0) 8
3 4 牡5 56 メイショウカンパク 9 大阪杯(G2) 10着(1.0) 10
2011 1 5 牡5 56 セイクリッドバレー 2 大阪城ステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 16 牡5 54 マッハヴェロシティ 10 中山金杯(G3) 15着(0.9) 10
3 13 牡7 56 サンライズベガ 4 小倉大賞典(G3) 1着(-0.0) 6
2010 1 16 牡6 56 ゴールデンダリア 2 大阪杯(G2) 2着(0.1) 9
2 9 牡4 56 セイクリッドバレー 3 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 5着(0.4) 6
3 2 牡7 56 ニホンピロレガーロ 6 大阪-ハンブルクカップ(OP) 1着(-0.1) 9
2009 1 9 牡6 56 シンゲン 5 白富士ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 6 牡6 55 ニホンピロレガーロ 16 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.2) 7
3 8 牡5 56 オペラブラーボ 2 中山金杯(G3) 6着(0.2) 1
2008 1 5 牡6 57 オースミグラスワン 3 マイラーズカップ(G2) 9着(0.5) 7
2 4 牡4 54 マンハッタンスカイ 6 メルボルントロフィー(1600万) 1着(-0.1) 4
3 10 牡5 56 フィールドベアー 7 福島民報杯(OP) 1着(-0.1) 6
ハンデ

過去10年の新潟大賞典では、軽ハンデ馬が活躍しているわけでは無く、斤量56kg以上を背負っていた馬が3着以内30頭中25頭を占めます。ハンデ戦ですが、ハンデを意識しないでも良さそうな傾向です。

前走福島民報杯

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中6頭を占めます。6頭全てが福島民報杯で3着以内に好走していました。直近4年連続で馬券圏内に好走しています。

前走重賞

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中17頭を占めます。距離別に見ると、前走の重賞から距離短縮だった馬は、昨年2着マイネルフロスト(前走芝2200m戦)のみです。

予想

新潟大賞典2018は、当然の混戦模様です。今週のJRA重賞は、特に当たる気がしないレースが続きますね…。過去データの傾向では、前走で重賞を戦ってきた斤量56~57kg前後の馬が上位争いの候補になるでしょうか。ただ過去の波乱を考えると、何が来てもおかしくない気がします。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしないですね…。

◎⑬ステファノス

実績ではメンバー中トップ。約5カ月の休養明けになること斤量58kgがネックになりそうですね。ステファノスの戦績を見ると、G1前に一度叩いてからという印象がするものの、流石にこのメンバーが相手なら3着を外したくないところではないでしょうか。深く考えず本命で。

○⑫マイスタイル

前走は、層が薄いメンバーだった福島民報杯2018で2着。優勝馬とは僅かクビ差で、1kgの斤量差が敗因の一つだったかもしれません。重賞クラスでは、厳しそうなメンバーが相手だったことを考えれば、福島民報杯2018を勝ち切れなかったことは、ここではネガティブな要素になりそうですね。ただやはり、近年は福島民報杯組の好走例が多い傾向にあるので、データ傾向からは狙い目の1頭でもあります。

△①スズカデヴィアス

勝ち切れないレースが続いているものの、このメンバーが相手なら上位争いの候補になりそうです。トリオンフよりも斤量が2.5kg重かった前走小倉大賞典2018は、トリオンフに完敗でしたが、今回は斤量差がトリオンフの方が0.5kg重くなります。逆転があるとすれば、ここになるでしょうか…。

△⑦カレンラストショー

斤量54kg&前走条件クラスで、データ傾向からは狙い難いところでしょうか。長く条件クラスを勝ち切れなかったようですが、直近3戦で1000万と1600万を勝っての重賞出走となりました。近走の条件戦の相手が骨っぽいメンバーばかりで、相手なりに走るタイプかもしれません。2走前の優勝馬ダンビュライトは、後にアメリカジョッキークラブカップ2018優勝し、G1大阪杯で6着に入っています。4走前の優勝馬ポポカテペトルは、G1菊花賞2017で3着の実績。5走前の優勝馬キンショーユキヒメは、後に福島牝馬ステークス2018を優勝しています。今回は人気も落ち着くと思うので、波乱期待で紐に入れておいても面白いタイプかもしれませんね。

3連複◎○△△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、6着、11着、12着でした。本命◎ステファノスは、11着でした。

新潟大賞典2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 牡7 56.5 スズカデヴィアス 5 小倉大賞典(G3) 3着(0.6) 4
2 14 牡7 57 ステイインシアトル 9 函館記念(G3) 15着(2.1) 2
3 2 牡6 55 ナスノセイカン 11 日経賞(G2) 13着(1.5) 11

晩に録画を見ました。…が、こちらも案の定という波乱決着(3連単581,000円)でした。本命対抗が飛び、押さえたスズカデヴィアスが優勝。波乱傾向のレースとはいえ、難しすぎます。

本命ステファノスは、行きっぷりも悪く、スローながらズルズル位置を下げて後方からの競馬。向こう正面では、頭を横にして、真剣に走っているのか疑ってしまうものでした。(´・ω・`;) 直線で追い込むも、馬群をわっていく様子もなく、そのまま終了。このレースがひと叩きだったとしても、このメンバーで見せ場皆無とは、残念過ぎる内容だったと思います。

いつものパターンであれば、一度叩いたあとのG1で穴をあけるのですが、今年はどうなるでしょうか。昨年は、これで大阪杯2017を当てることが出来ましたが、流石に7歳馬ですし、次走以降の取捨に悩むことになりそうです。