日経新春杯2021過去データと予想

日程 2021年1月17日(日曜)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2200m
格付け G2
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)
クッション値 10.4(17日)

日経新春杯2021

ハンデ重賞、日経新春杯2021です。日経新春杯上位馬は、後のG1戦線で活躍することが多く、出世レースという印象の一戦です。中でも毎年のように好成績を残している明け4歳の牡馬が注目になるでしょうか。※今年は、京都競馬場の整備工事の影響で中京競馬場の芝2200mコースで開催されます。

中京競馬場の芝2200mコース

配当

過去10年の日経新春杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回あります。この2回を除くと順当な決着が多く、ハンデ重賞ながら波乱決着の少ないレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2020 2,070円 29,380円 110,680円
2019 1,320円 2,640円 10,530円
2018 1,680円 9,240円 37,240円
2017 620円 1,330円 5,040円
2016 510円 1,400円 6,550円
2015 10,150円 35,650円 200,130円
2014 520円 1,380円 4,700円
2013 4,090円 10,000円 63,590円
2012 510円 3,460円 9,250円
2011 960円 450円 3,250円

では過去10年の日経新春杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:日経新春杯 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

日経新春杯2021過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2020 1 6 牡4 52 モズベッロ 2 グレイトフルステークス(3勝クラス) 4着(0.1) 4
2 4 牡5 54 レッドレオン 5 比叡ステークス(3勝クラス) 1着(-0.1) 3
3 8 牡6 51 エーティーラッセン 11 オリオンステークス(3勝クラス) 2着(0.2) 8
2019 1 2 牡4 55 グローリーヴェイズ 1 菊花賞(G1) 5着(0.5) 12
2 10 牡6 55 ルックトゥワイス 5 グレイトフルステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
3 5 牡6 55 シュペルミエール 3 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2018 1 7 牡6 54 パフォーマプロミス 1 グレイトフルステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2 2 牡5 56 ロードヴァンドール 4 中日新聞杯(G3) 3着(0.3) 5
3 9 牡5 52 ガンコ 7 江坂特別(1000万) 1着(-0.3) 7
2017 1 5 牡4 55 ミッキーロケット 1 菊花賞(G1) 5着(0.7) 4
2 3 牡4 53 シャケトラ 2 境港特別(1000万) 1着(-0.1) 1
3 8 牡5 56.5 モンドインテロ 4 ステイヤーズステークス(G2) 3着(0.3) 2
2016 1 1 牡4 56 レーヴミストラル 2 金鯱賞(G2) 8着(0.4) 2
2 7 牡4 54 シュヴァルグラン 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
3 10 牡6 58 サトノノブレス 4 金鯱賞(G2) 3着(0.2) 4
2015 1 4 牡4 55 アドマイヤデウス 6 日本ダービー(G1) 7着(0.5) 10
2 5 牝6 55 フーラブライド 10 愛知杯(G3) 6着(0.4) 3
3 6 牡6 56 アドマイヤフライト 7 札幌記念(G2) 14着(3.9) 11
2014 1 1 牡4 55 サトノノブレス 2 菊花賞(G1) 2着(0.8) 5
2 8 牡5 56 アドマイヤフライト 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
3 4 牝5 52 フーラブライド 4 愛知杯(G3) 1着(-0.1) 12
2013 1 2 牡4 52 カポーティスター 10 北野特別(1000万) 1着(-0.0) 2
2 1 牡5 56 ムスカテール 1 アルゼンチン共和国杯(G2) 2着(0.2) 3
3 3 牡6 56 トウカイパラダイス 4 金鯱賞(G2) 4着(0.2) 9
2012 1 3 牡5 58.5 トゥザグローリー 1 有馬記念(G1) 3着(0.1) 9
2 11 牡4 56 ダノンバラード 3 中日新聞杯(G3) 3着(0.0) 2
3 9 牡5 56 マカニビスティー 8 万葉ステークス(OP) 2着(0.7) 7
2011 1 8 牡4 56.5 ルーラーシップ 2 有馬記念(G1) 6着(0.4) 6
2 11 牡4 56 ヒルノダムール 3 鳴尾記念(G3) 2着(0.1) 1
3 5 牡4 58 ローズキングダム 1 有馬記念(G1) 出走取消 6
4歳牡馬

過去10年の日経新春杯3着以内30頭中13頭を占めます。4歳馬の出走が無かった2018年を除く過去9回で馬券圏内に好走しています。過去10年で優勝は8頭。勝ち負けの有力候補といえそうです。

二桁人気馬

過去10年の日経新春杯3着以内30頭中3頭を占めます。ともに軽ハンデ馬、もしくは牝馬でした。

  • 2020年3着エーティーラッセン(11番人気、51kg)
  • 2015年2着フーラブライド(10番人気、牝馬)
  • 2013年1着カポーティスター(10番人気、52kg)
前走1000~1600万クラス(現2勝クラス~3勝クラス)

過去10年の日経新春杯3着以内30頭中11頭を占めます。前走勝ち負けしていた馬や前走人気を集めていた馬の好走例が目立ちます。

予想

日経新春杯2021は、ほぼ例年並みのメンバー構成になりそうです。順当ならアドマイヤビルゴから相手探しというレースになるでしょうか。毎年、穴馬の好走が見られるので、仮にアドマイヤビルゴが来たとしても、馬券候補の取捨が難解なレースになると思います。

以下、簡単な考察と予想です。好位中団で進めそうな馬を狙いました。

◎10アドマイヤビルゴ

前走アンドロメダステークス優勝。重賞ではどうか…という感じもしますが、大物であってほしいという期待を込めて、深く考えず本命評価にしました。

〇11クラージュゲリエ

前走アンドロメダステークス2着。今回は外からアドマイヤビルゴをマークする位置で進めることになるでしょうか。アドマイヤビルゴを狙うなら、クラージュゲリエも押さえておいた方が良さそうです。

▲9ヴェロックス

約9か月半ぶりのレースとなった前走中日新聞杯は、何とか3着に好走というレースでした。まだ3歳時の強さを感じるものではありませんでしたが、一度使ってさらに状態が良くなっているようであれば、上位争いがあっても良いかもしれません。

馬連3頭ボックス◎○▲3連複◎-〇-▲合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、9着、10着でした。本命◎アドマイヤビルゴは、10着でした。

日経新春杯2021結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 牡5 53 ショウリュウイクゾ 7 関ケ原ステークス(3勝クラス) 8着(0.6) 1
2 5 牝6 52 ミスマンマミーア 13 新潟牝馬ステークス(OP) 4着(1.4) 4
3 11 牡5 56 クラージュゲリエ 4 アンドロメダステークス(LR) 2着(0.1) 4

外差し決着。人気2頭が崩れ、外を差した軽ハンデ馬が上位争いを演じる大波乱(3連単961,790円)でした。

本命アドマイヤビルゴと押さえヴェロックスの5枠2頭は、想定どおりの位置取りという感じでしたが、直線伸びを欠いて、そのまま失速…。馬場の内が荒れているように見えましたが、それにしても負けすぎだと感じました。

深く考えない競馬