日経新春杯-過去10年のデータと予想

日程 2019年1月13日(日曜)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2400m
格付け G2
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

日経新春杯2019

ハンデ重賞、日経新春杯2019です。過去、日経新春杯上位馬が後のG1戦線で活躍することが多く、出世レースという印象の一戦。特に例年好成績を残している明け4歳の牡馬を注目したいですね。

京都競馬場の芝2400mコース

配当

過去10年の日経新春杯の配当を見ると、3連単1万円を切る払い戻しが5回あります。ハンデ重賞ながら、波乱の少ないレースと言えそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 1,680円 9,240円 37,240円
2017 620円 1,330円 5,040円
2016 510円 1,400円 6,550円
2015 10,150円 35,650円 200,130円
2014 520円 1,380円 4,700円
2013 4,090円 10,000円 63,590円
2012 510円 3,460円 9,250円
2011 960円 450円 3,250円
2010 630円 23,560円 89,590円
2009 15,190円 22,460円 213,570円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

日経新春杯2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 7 牡6 54 パフォーマプロミス 1 グレイトフルステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2 2 牡5 56 ロードヴァンドール 4 中日新聞杯(G3) 3着(0.3) 5
3 9 牡5 52 ガンコ 7 江坂特別(1000万) 1着(-0.3) 7
2017 1 5 牡4 55 ミッキーロケット 1 菊花賞(G1) 5着(0.7) 4
2 3 牡4 53 シャケトラ 2 境港特別(1000万) 1着(-0.1) 1
3 8 牡5 56.5 モンドインテロ 4 ステイヤーズステークス(G2) 3着(0.3) 2
2016 1 1 牡4 56 レーヴミストラル 2 金鯱賞(G2) 8着(0.4) 2
2 7 牡4 54 シュヴァルグラン 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
3 10 牡6 58 サトノノブレス 4 金鯱賞(G2) 3着(0.2) 4
2015 1 4 牡4 55 アドマイヤデウス 6 日本ダービー(G1) 7着(0.5) 10
2 5 牝6 55 フーラブライド 10 愛知杯(G3) 6着(0.4) 3
3 6 牡6 56 アドマイヤフライト 7 札幌記念(G2) 14着(3.9) 11
2014 1 1 牡4 55 サトノノブレス 2 菊花賞(G1) 2着(0.8) 5
2 8 牡5 56 アドマイヤフライト 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
3 4 牝5 52 フーラブライド 4 愛知杯(G3) 1着(-0.1) 12
2013 1 2 牡4 52 カポーティスター 10 北野特別(1000万) 1着(-0.0) 2
2 1 牡5 56 ムスカテール 1 アルゼンチン共和国杯(G2) 2着(0.2) 3
3 3 牡6 56 トウカイパラダイス 4 金鯱賞(G2) 4着(0.2) 9
2012 1 3 牡5 58.5 トゥザグローリー 1 有馬記念(G1) 3着(0.1) 9
2 11 牡4 56 ダノンバラード 3 中日新聞杯(G3) 3着(0.0) 2
3 9 牡5 56 マカニビスティー 8 万葉ステークス(OP) 2着(0.7) 7
2011 1 8 牡4 56.5 ルーラーシップ 2 有馬記念(G1) 6着(0.4) 6
2 11 牡4 56 ヒルノダムール 3 鳴尾記念(G3) 2着(0.1) 1
3 5 牡4 58 ローズキングダム 1 有馬記念(G1) 出走取消 6
2010 1 12 牝5 54 メイショウベルーガ 2 愛知杯(G3) 3着(0.1) 1
2 8 牡4 55 トップカミング 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
3 9 牝5 52 レッドアゲート 12 アンドロメダステークス(OP) 16着(2.3) 16
2009 1 10 牝6 49 テイエムプリキュア 11 愛知杯(G3) 18着(1.4) 9
2 8 牡5 56 ナムラマース 3 鳴尾記念(G3) 2着(0.5) 3
3 7 牡4 52 タガノエルシコ 4 猪名川特別(1000万) 1着(-0.3) 1

近年の日経新春杯3着以内では、内枠が優勢な傾向にあります。2012年~2016年まで、6年連続で1~3枠の馬が優勝。2017年~2018年も2~3枠の馬が2着に好走しています。

4歳牡馬

過去10年の日経新春杯3着以内30頭中13頭を占めます。4歳馬の出走が無かった昨年を除くと、毎年馬券圏内に好走しています。5年連続(2013年~2017年)で優勝しており、4歳の有力馬が狙い目といえそうです。

二桁人気馬

過去10年の日経新春杯3着以内30頭中4頭を占めます。ともに軽ハンデ馬、もしくは牝馬でした。

  • 2015年2着フーラブライド(10番人気、牝馬)
  • 2013年1着カポーティスター(10番人気、52kg)
  • 2010年3着レッドアゲート(12番人気、52kg、牝馬)
  • 2009年1着テイエムプリキュア(10番人気、49kg、牝馬)
前走1000~1600万クラス優勝馬

過去10年の日経新春杯3着以内30頭中8頭を占めます。そのうち昨年3着ガンコを除く7頭が前走1~2人気馬でした。前走で人気に応えて勝ち切った馬は、期待できそうです。

予想

今年の日経新春杯2019は、骨っぽいメンバーが揃った印象。抜けて強い馬はいませんが、重賞好走歴のある馬が集まりました。4歳牡馬を中心に、多くの馬にチャンスがありそうですね。馬券的には、取捨に悩むレースになりそうですが…。

以下、簡単な考察と予想です。前に行く馬が多いため、中団ぐらいからの差し馬を中心に狙いました。

◎10ルックトゥワイス

前走グレイトフルステークスは、中団から直線抜け出しての楽勝。1600万クラスでこの勝ちっぷりなら、重賞でも上位争いを期待できそうです。2走前のアルゼンチン共和国杯は、最後詰めてきているものの、後方から外を回す競馬だったこともあり、展開が向かなかったように見えました。今回、伏兵扱いになるようなら、狙ってみても…。

○2グローリーヴェイズ

内枠の4歳牡馬。データ傾向からは、狙い目になるでしょうか。例年と比べると、力のいる馬場という印象の京都コース。馬場が向くかどうかがポイントになりそうですね。

▲16ムイトオブリガード

前走アルゼンチン共和国杯は、外から上がり最速で突っ込んで来て2着。後ろ過ぎる馬には厳しい流れだったことを考えると、負けて強しという内容でした。今回も差し追い込みが突っ込んで来る流れになれば、一発あっても…。

(無印)11ノーブルマーズ

内枠なら…と思っていたので、無印にしました。ゆったりとした流れとなった2走前アルゼンチン共和国杯。直線勝負の中、勝ち負けした2頭が32秒台の脚を使っていたことを考えると、向かないレースだったと言えるかもしれません。メトロポリタンステークス~宝塚記念の好走を見ると、このクラスで勝負する力はありそうです。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。予想した馬は、1着、2着、6着でした。本命◎ルックトゥワイスは、2着でした。

日経新春杯2019 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡4 55 グローリーヴェイズ 1 菊花賞(G1) 5着(0.5) 12
2 10 牡6 55 ルックトゥワイス 5 グレイトフルステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
3 5 牡6 55 シュペルミエール 3 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.0) 1

的中でした。

想定通り、最初の1000mが58.3秒で前が流れ、差しが決まるレース。出負けしたメイショウテッコンがまくって行ったこともあって、4角からの争いが面白いレースでした。

上位陣は大混戦で、何が来てもおかしくない中、抜け出したのはグローリーヴェイズ。ムイトオブリガードも伸びてきそうな感じだったのですが、伸び切れず…。プラス14kgの馬体重も影響したのかもしれません。

2着には本命ルックトゥワイス。後方から大外をぶん回しての追い込み。優勝馬グローリーヴェイズとの差は、通ってきたコースの差という感じもしますが、アルゼンチン共和国杯も大外一気だったので、こういう競馬が合うのかもしれませんね。

深く考えない競馬