日経新春杯2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年1月14日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2400m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 12頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

日経新春杯2018

ハンデ重賞「日経新春杯2018」です。過去、日経新春杯上位馬が後のG1戦線で活躍することが多く、わりと出世レースという印象の一戦。ただ今年は、例年好成績を残している明け4歳の牡馬の出走がなく、若干寂しいメンバーに映ります。

コース形態

京都競馬場の芝2400mコース

過去10年の日経新春杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。ハンデ重賞ながら、近年は硬めの決着が続いており、馬連が数百円、3連単でも数千円という決着が多いです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 620円 1,330円 5,040円
2016 510円 1,400円 6,550円
2015 10,150円 35,650円 200,130円
2014 520円 1,380円 4,700円
2013 4,090円 10,000円 63,590円
2012 510円 3,460円 9,250円
2011 960円 450円 3,250円
2010 630円 23,560円 89,590円
2009 15,190円 22,460円 213,570円
2008 1,750円 84,010円 460,670円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

日経新春杯2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 5 牡4 55 ミッキーロケット 1 菊花賞(G1) 5着(0.7) 4
2 3 牡4 53 シャケトラ 2 境港特別(1000万) 1着(-0.1) 1
3 8 牡5 56.5 モンドインテロ 4 ステイヤーズステークス(G2) 3着(0.3) 2
2016 1 1 牡4 56 レーヴミストラル 2 金鯱賞(G2) 8着(0.4) 2
2 7 牡4 54 シュヴァルグラン 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
3 10 牡6 58 サトノノブレス 4 金鯱賞(G2) 3着(0.2) 4
2015 1 4 牡4 55 アドマイヤデウス 6 日本ダービー(G1) 7着(0.5) 10
2 5 牝6 55 フーラブライド 10 愛知杯(G3) 6着(0.4) 3
3 6 牡6 56 アドマイヤフライト 7 札幌記念(G2) 14着(3.9) 11
2014 1 1 牡4 55 サトノノブレス 2 菊花賞(G1) 2着(0.8) 5
2 8 牡5 56 アドマイヤフライト 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
3 4 牝5 52 フーラブライド 4 愛知杯(G3) 1着(-0.1) 12
2013 1 2 牡4 52 カポーティスター 10 北野特別(1000万) 1着(-0.0) 2
2 1 牡5 56 ムスカテール 1 アルゼンチン共和国杯(G2) 2着(0.2) 3
3 3 牡6 56 トウカイパラダイス 4 金鯱賞(G2) 4着(0.2) 9
2012 1 3 牡5 58.5 トゥザグローリー 1 有馬記念(G1) 3着(0.1) 9
2 11 牡4 56 ダノンバラード 3 中日新聞杯(G3) 3着(0.0) 2
3 9 牡5 56 マカニビスティー 8 万葉ステークス(OP) 2着(0.7) 7
2011 1 8 牡4 56.5 ルーラーシップ 2 有馬記念(G1) 6着(0.4) 6
2 11 牡4 56 ヒルノダムール 3 鳴尾記念(G3) 2着(0.1) 1
3 5 牡4 58 ローズキングダム 1 有馬記念(G1) 出走取消 6
2010 1 12 牝5 54 メイショウベルーガ 2 愛知杯(G3) 3着(0.1) 1
2 8 牡4 55 トップカミング 1 オリオンステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
3 9 牝5 52 レッドアゲート 12 アンドロメダステークス(OP) 16着(2.3) 16
2009 1 10 牝6 49 テイエムプリキュア 11 愛知杯(G3) 18着(1.4) 9
2 8 牡5 56 ナムラマース 3 鳴尾記念(G3) 2着(0.5) 3
3 7 牡4 52 タガノエルシコ 4 猪名川特別(1000万) 1着(-0.3) 1
2008 1 2 牡7 56 アドマイヤモナーク 3 万葉ステークス(OP) 3着(0.1) 2
2 12 牡5 55 ダークメッセージ 2 万葉ステークス(OP) 2着(0.0) 3
3 15 牝5 50 テイエムプリキュア 12 万葉ステークス(OP) 8着(0.9) 12

近年の日経新春杯3着以内では、圧倒的に内枠が優勢です。6年連続1~3枠の馬が優勝しています。ただ今年の京都の馬場は、露骨な内枠優勢というわけでは無さそうなので、意識しすぎる必要はないかもしれません。

4歳馬

過去10年の日経新春杯では、2008年を除く過去9回馬券圏内に好走しています。さらに現在、5年連続4歳馬が優勝しています。しかし今年の登録馬では、4歳馬が牝馬のリカビトス1頭のみとなっており、データ的な取捨が難しそうですね。

軽斤量馬&牝馬

過去10年の日経新春杯3着以内では、二桁人気馬が5頭いますが、5頭とも軽ハンデもしくは牝馬でした。

  • 2015年2着フーラブライド(10番人気、牝馬)
  • 2013年1着カポーティスター(10番人気、52kg)
  • 2010年3着レッドアゲート(12番人気、52kg、牝馬)
  • 2009年1着テイエムプリキュア(10番人気、49kg、牝馬)
  • 2008年3着テイエムプリキュア(12番人気、50kg、牝馬)
前走1000~1600万優勝馬

過去10年の日経新春杯3着以内30頭中6頭を占めます。そのうち5頭前走1番人気残る1頭前走2番人気でした。前走で人気を集め勝ち上がってきた勢いは、期待できそうです。

予想

日経新春杯2018は、4歳牡馬の出走が無く、例年より若干層が薄いメンバー構成という一戦。加えてハンデ戦ですし、紐荒れは十分に有り得そうですね。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑧ミッキーロケット

昨年の日経新春杯2017優勝馬。やや低調なメンバーだけに、1番人気(推定)の支持を集めるのは、仕方ないところでしょうか。まる一年、勝ち切れないレースが続いているものの、戦ってきた相手を見れば、今回大崩れするシーンは想像しにくいです。あとは斤量(57.5kg)次第ですね…。飛ぶとすれば、斤量が敗因のひとつになりそうです。

○⑦パフォーマプロミス

前走は、1番人気1600万クラスを優勝。データ傾向からは、押さえておきたい1頭です。3走前の六社ステークス2017では、ソールインパクトに先着(2着)。6歳にして、重賞初挑戦もとなるものの、斤量54kgでこのメンバーなら…。

△⑩ソールインパクト

前走アルゼンチン共和国杯2017は、軽ハンデを活かしての2着でした。余力たっぷりで優勝したのは、スワーヴリチャード。3着セダブリランテスは、次走中山金杯2018優勝。結果的に、この相手に2着というのは、好走したと言えそうです。今回、ミッキーロケットやモンドインテロと3kg以上の斤量差となる軽ハンデ(54kg)での出走。勝ち切れないタイプだけに頭からは狙い難いものの、伏兵馬扱いなら押さえておいても…。

△③モンドインテロ

昨年の日経新春杯2017は、4着レッドエルディストとハナ差で3着でした。重賞では少し足りない印象の馬だけに、紐候補で狙いたいですね。

3連複◎○△△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、7着、10着でした。本命◎ミッキーロケットは、4着でした。

日経新春杯2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 7 牡6 54 パフォーマプロミス 1 グレイトフルステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2 2 牡5 56 ロードヴァンドール 4 中日新聞杯(G3) 3着(0.3) 5
3 9 牡5 52 ガンコ 7 江坂特別(1000万) 1着(-0.3) 7

昨年の日経新春杯2017は、3連複4頭ボックスで1~4着独占で的中したレース。今年は、密かな自信があったんですが、まさかのカスリもせすという決着となりました。

最初の1000mが62.0秒緩い流れ。今年の年明け後の京都芝は、例年のように露骨な前残りでは無かったというのに、ここに来て前に行った馬だけで決着となりました。直線に入った所で、前にいた4頭が1~4着を独占。5~6番手にいたサンタフェチーフとヒットザターゲットが5~6着でした。本当、いちいち逆を突いてきますね。(´・ω・`;) 後ろにいたモンドインテロやソールインパクトには厳しい流れでした。

本命4着ミッキーロケットは、斤量の影響が大きかったかもしれません。毎回、大崩れしない力はあるんですが、残念なレースが続きます。このメンバーで3着を外すと、今後の狙い所が難しくなりますね。