アメリカジョッキークラブカップ2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年1月21日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 11頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

アメリカジョッキークラブカップ2018

G2「アメリカジョッキークラブカップ2018」です。過去の上位馬を見ると、決して出世レースという印象はありませんが、例年、中山コース巧者の実力馬が好走している一戦です。

コース形態

中山競馬場の芝2200mコース

過去10年のアメリカジョッキークラブカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。傾向が読めないものの、やや波乱傾向のレースといえるでしょうか。2012年は、後に香港G1クイーンエリザベスカップ2012を優勝したルーラーシップが優勝。2着には中山巧者のナカヤマナイトという硬い決着となりましたが、過去10年を通して、中穴の好走が多いレースです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,930円 3,970円 28,980円
2016 1,800円 6,350円 30,540円
2015 11,950円 20,340円 169,220円
2014 14,960円 52,170円 299,470円
2013 3,360円 2,740円 20,710円
2012 300円 560円 1,270円
2011 2,210円 4,040円 18,300円
2010 10,990円 14,110円 111,460円
2009 1,650円 5,340円 27,530円
2008 7,040円 24,420円 142,190円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

アメリカジョッキークラブカップ2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 8 牡5 56 タンタアレグリア 7 天皇賞春(G1) 4着(0.3) 10
2 10 牡4 55 ゼーヴィント 1 福島記念(G3) 2着(0.2) 1
3 1 牡4 55 ミライヘノツバサ 3 迎春ステークス(1600万) 1着(-0.3) 2
2016 1 3 牡7 57 ディサイファ 2 金鯱賞(G2) 2着(0.2) 1
2 11 牡7 56 スーパームーン 3 ディセンバーステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 7 牡5 56 ショウナンバッハ 7 ジャパンカップ(G1) 12着(0.5) 15
2015 1 12 牡6 56 クリールカイザー 4 ステイヤーズステークス(G2) 3着(0.4) 1
2 14 セ7 56 ミトラ 7 福島記念(G3) 1着(-0.2) 6
3 9 牡6 57 エアソミュール 2 金鯱賞(G2) 3着(0.3) 2
2014 1 10 牡6 57 ヴェルデグリーン 2 有馬記念(G1) 10着(2.6) 8
2 2 牡6 56 サクラアルディート 11 中山金杯(G3) 9着(0.4) 4
3 1 牡4 55 フェイムゲーム 6 ディセンバーステークス(OP) 6着(0.2) 8
2013 1 3 牡5 56 ダノンバラード 3 金鯱賞(G2) 8着(0.6) 2
2 5 セ8 56 トランスワープ 5 天皇賞秋(G1) 17着(2.4) 9
3 4 牡5 56 アドマイヤラクティ 2 金鯱賞(G2) 3着(0.2) 4
2012不良 1 3 牡5 57 ルーラーシップ 1 有馬記念(G1) 4着(0.2) 11
2 4 牡4 55 ナカヤマナイト 2 ディセンバーステークス(OP) 1着(-0.4) 2
3 9 牡5 56 ゲシュタルト 4 中日新聞杯(G3) 2着(0.0) 4
2011 1 6 牡5 58 トーセンジョーダン 1 有馬記念(G1) 5着(0.3) 7
2 7 牡8 57 ミヤビランベリ 6 中日新聞杯(G3) 18着(2.2) 8
3 2 牡8 58 ネヴァブション 3 有馬記念(G1) 8着(0.8) 12
2010 1 9 牡7 58 ネヴァブション 5 有馬記念(G1) 12着(3.9) 13
2 13 牡8 58 シャドウゲイト 9 有馬記念(G1) 9着(2.7) 16
3 2 牡7 57 トウショウシロッコ 3 中山金杯(G3) 2着(0.0) 5
2009 1 3 牡6 57 ネヴァブション 4 中山金杯(G3) 5着(0.2) 3
2 6 牡8 58 エアシェイディ 2 有馬記念(G1) 3着(0.4) 10
3 7 牡6 57 トウショウシロッコ 7 ディセンバーステークス(OP) 1着(-0.3) 1
2008 1 5 牡7 57 エアシェイディ 2 中山金杯(G3) 2着(0.3) 2
2 11 牡7 57 トウショウナイト 9 中山金杯(G3) 11着(0.7) 10
3 16 セ6 57 ブラックアルタイル 6 クリスマスカップ(1600万) 1着(-0.2) 4
前走中山芝

過去10年のアメリカジョッキークラブカップ3着以内30頭中19頭を占めます。前走だけでなく、過去中山芝のオープンクラスのレースで好走していた馬も多く、中山コース巧者の活躍が目立ちます。特に、前走有馬記念中山金杯ディセンバーステークスの3レースが多いです。

前走G1

過去10年のアメリカジョッキークラブカップ3着以内30頭中10頭を占めます。そのうち9頭が昨年の秋G1出走馬でした。前走が春G1だったのは、昨年優勝タンタアレグリアのみです。

人気

過去10年のアメリカジョッキークラブカップ3着以内では、1番人気の凡走が目立ちます。

  • 1番人気(2-1-0-7)複勝率30%
  • 2番人気(3-2-2-3)複勝率70%
  • 3番人気(1-1-3-5)複勝率50%

1番人気で優勝したのは、トーセンジョーダン(2011年)、ルーラーシップ(2012年)の2頭ですが、ともに同年の秋G1を優勝しています。

  • 2011年1着トーセンジョーダン(天皇賞秋2011優勝)
  • 2012年1着ルーラーシップ(クイーンエリザベスカップ2012優勝)

予想

アメリカジョッキークラブカップ2018は、登録12頭の少頭数ながら、上位争いは混戦というメンバーだと思います。ゴールドアクターミッキースワローが人気も実力も中心になりそうですが、2~3着には何が来ても不思議ではない気がしますね…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑤ゴールドアクター

実績面では出走馬中トップでしょうか。中山コースの相性も良く、ここは勝ち負け候補になりそうです。あとは、7ヶ月の休養明けをクリアできれば…。

○③ミッキースワロー

前走菊花賞2017 6着。このメンバーなら勝ち負けがありそうです。同コース(中山芝2200m)の2走前セントライト記念2017では、実績馬アルアイン、サトノクロニクルに完勝。コース相性も良さそうです。ただ過去10年では、アメリカジョッキークラブカップは、4歳馬の優勝がないレース。そのため評価的には、ゴールドアクターを上にしました。

△⑧ショウナンバッハ

追い込み一辺倒というタイプの馬。展開に左右されそうです。とはいえ、近走は、重賞で大崩れなく、掲示板(5着以内)に好走しています。流れ次第では十分に馬券圏内の候補になりそうですね。一昨年のアメリカジョッキークラブカップ2016では、戸崎ジョッキーを背に3着に好走。近走の安定感と過去のコース実績に期待して…。

△⑦ダンビュライト

前走サンタクロースステークス2017は、着差こそ無いものの、余力を感じさせる内容で、2着以下とは力差を感じるものでした。昨年の3歳クラシックを大崩れ無く戦ってきたことを考えると、ここでも上位争いを期待できそうです。

馬連◎-○ 3連複◎-○-△△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、6着、11着でした。本命◎ゴールドアクターは、11着でした。

アメリカジョッキークラブカップ2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 7 牡4 56 ダンビュライト 2 サンタクロースステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2 3 牡4 56 ミッキースワロー 1 菊花賞(G1) 6着(0.8) 3
3 9 牡8 56 マイネルミラノ 8 中山金杯(G3) 11着(0.6) 12

晩に録画を見ました。データ傾向から、劣勢傾向にあった4歳馬のワンツーフィニシュ。まさかの本命ゴールドアクターが吹っ飛ぶことに…。(´・ω・`;)

最初の1000mが61.3秒。過去のアメリカジョッキークラブカップでは、早くもなく遅くもなくというペース。それでいて、楽にハナに行けた3着マイネルミラノは、すごく展開が向いた印象でした。昨年のオールカマー2017でも、楽に逃げることができて、4着に好走しています。

本命ゴールドアクターは、前に行くことができず。向こう正面で周りが動き出したところで、既に手応えが怪しそうな雰囲気でした。直線に入って鞭が入るも反応が悪く、武豊ジョッキーもそのまま流していました。これが7ヵ月休養明けの影響かどうかは分かりませんが、レースが出来る状態ではなかったのかもしれないですね。