セントライト記念 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年9月18日(月曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡馬56kg)
出走数 18頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

セントライト記念 2017

菊花賞トライアル「セントライト記念 2017」です。3着までの馬に、G1菊花賞2017の優先出走権が与えられます。ただ過去10年では、セントライト記念組が菊花賞で好走する例は少ない傾向にあります。

一方、過去の上位馬では、キタサンブラックをはじめ、スクリーンヒーロー(ジャパンカップ2008)、ナカヤマフェスタ(宝塚記念2010)、サダムパテック(マイルチャンピオンシップ2012)、トーセンラー(マイルチャンピオンシップ2013)、フェノーメノ(天皇賞春2013&2014)など、後のG1馬を輩出しており、出世レースといえるかもしれません。

コース形態

中山競馬場の芝コース
中山競馬場の芝コース

過去10年のセントライト記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回あります。穴馬の好走が多いレースですが、高配当になりにくい傾向があります。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 390円 770円 1,820円
2015 13,320円 125,690円 618,050円
2014 250円 2,250円 4,490円
2013 2,720円 8,670円 40,970円
2012 9,100円 26,910円 137,500円
2011 4,970円 5,250円 56,160円
2010 2,040円 3,110円 19,020円
2009 2,380円 17,680円 78,230円
2008 3,190円 10,320円 65,060円
2007 520円 14,700円 45,120円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。2014年は、新潟開催となっています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

前走の人気欄を追加しました。暫定的です…

横にスクロールして下さい。
セントライト記念 2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 4 ディーマジェスティ 1 日本ダービー(G1) 3着(0.1) 1
2 10 ゼーヴィント 2 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.2) 1
3 9 プロディガルサン 3 日本ダービー(G1) 10着(0.9) 11
2015 1 13 キタサンブラック 6 日本ダービー(G1) 14着(2.3) 6
2 4 ミュゼエイリアン 9 日本ダービー(G1) 10着(1.4) 10
3 2 ジュンツバサ 10 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2) 3
2014新潟 1 5 イスラボニータ 1 日本ダービー(G1) 2着(0.1) 1
2 16 トゥザワールド 2 日本ダービー(G1) 5着(0.4) 2
3 14 タガノグランパ 10 日本ダービー(G1) 4着(0.3) 16
2013 1 3 ユールシンギング 3 500万(新潟芝1800m) 1着(-0.4) 1
2 8 ダービーフィズ 5 信濃川特別(1000万) 4着(0.5) 4
3 9 アドマイヤスピカ 6 青葉賞(G2) 7着(0.6) 5
2012 1 12 フェノーメノ 1 日本ダービー(G1) 2着(0.0) 5
2 2 スカイディグニティ 14 阿賀野川特別(1000万) 6着(0.8) 2
3 15 ダノンジェラート 4 500万(札幌芝1800m) 1着(-0.3) 1
2011 1 11 フェイトフルウォー 6 日本ダービー(G1) 13着(2.7) 13
2 2 トーセンラー 3 日本ダービー(G1) 11着(2.5) 7
3 14 サダムパテック 1 日本ダービー(G1) 7着(2.3) 2
2010 1 13 クォークスター 4 ラジオNIKKEI賞(G3) 2着(0.0) 2
2 15 ヤマニンエルブ 3 阿賀野川特別(1000万) 1着(-1.1) 3
3 2 アロマカフェ 2 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.0) 3
2009 1 17 ナカヤマフェスタ 2 日本ダービー(G1) 4着(0.8) 9
2 11 セイクリッドバレー 4 信濃川特別(1000万) 1着(-0.0) 1
3 14 フォゲッタブル 7 阿賀野川特別(1000万) 2着(0.8) 6
2008稍重 1 6 ダイワワイルドボア 9 阿賀野川特別(1000万) 3着(0.6) 3
2 16 マイネルチャールズ 1 札幌記念(G2) 6着(0.9) 2
3 15 ノットアローン 5 ラジオNIKKEI賞(G3) 2着(0.0) 6
2007 1 7 ロックドゥカンブ 1 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.2) 2
2 1 ゴールデンダリア 2 日本ダービー(G1) 6着(1.0) 6
3 11 スクリーンヒーロー 14 新潟記念(G3) 16着(1.8) 9

前走日本ダービー

過去10年のセントライト記念3着以内30頭中13頭を占めます。特に近年は好走例が多く、直近3年では3着以内9頭中7頭に及びます。

前走新潟芝

過去10年のセントライト記念3着以内30頭中8頭を占めます。そのうち7頭芝2000~2200m戦に出走していました。前走が500万~1000万クラスだった馬を中心に、人気薄の好走も多いです。

  • 2013年2着ダービーフィズ(5番人気)
  • 2012年2着スカイディグニティ(14番人気)
  • 2009年3着フォゲッタブル(7番人気)
  • 2008年1着ダイワワイルドボア(8番人気)
  • 2007年3着スクリーンヒーロー(14番人気)

前走芝1800m

過去10年のセントライト記念3着以内では、計8頭が馬券圏内に好走しています。そのうち6頭が前走1着馬、残る2頭はラジオNIKKEI賞2着馬でした。

近年では、新潟開催だった2014年を除く2012~2016年の4回で、馬券圏内に好走しています。

  • 2016年2着ゼーヴィント(前走福島芝1800m)
  • 2015年3着ジュンツバサ(前走東京芝1800m)
  • 2013年1着ユールシンギング(前走新潟芝1800m)
  • 2012年3着ダノンジェラート(前走札幌芝1800m)

馬券予想

過去10年の傾向から「前走日本ダービー」「前走新潟芝(特に1000万クラスの芝2000~2200m戦)」「前走芝1800m連対馬」に注目です。

今年のセントライト記念 2017は、ほぼ例年レベルでしょうか。夏競馬を使ってきた馬の取捨がポイントになりそうです。その中で、セントライト記念 2017の注目は、やはり前走日本ダービー2017組(アルアインクリンチャー)の2頭でしょう。特にアルアインは、相手関係からもここは勝ち負けしたいところだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑦アルアイン

前走日本ダービー2017 5着。深く考えず、ここは本命で。この相手で、皐月賞2017優勝&日本ダービー2017 5着の実積なら、勝ち負けが求められる一戦だと思います。松山騎手からルメール騎手に乗り替わるのは、やや残念なところですが、ルメール騎手にとっては落とせない一戦になるはず…。

○④クリンチャー

前走日本ダービー2017 13着。予想に反して、控える競馬で見せ場を作れず…。ただ2走前の皐月賞2017では、マイル実績馬が3着までを独占する中、2000m超を使ってきたクリンチャーが4着に好走。最後は、しぶとい脚で粘っており、前に行くと強い印象でした。

皐月賞2017のように、上手く先行することが出来れば…。

▲⑥サーレンブラント

前走信濃川特別2017 3着。スタートしてから最後方まで下げて後ろから。最後は、大外をブン回して、直線一気という競馬でした。1~2着馬から離された3着というのは、通ったコースの差も随分ありそうな気がしました。勝ち時計は1:56.9で、1000万クラスとしては、かなり速いもので、その適正の差もあったかもしれません。

成績から中山コースは少し買いにくい印象ではありますが、過去データで好走例が多い前走1000万クラスの新潟芝2000m出走馬というのは良さそうです。

(無印)⑨プラチナヴォイス

前走NHKマイルカップ2017 11着。サトノクロニクルと迷いながら、人気薄のこちらを適当に押さえました。

右回りだと内にもたれる癖があるようで、難しい馬だと思います。ただ中山コースは、スプリングステークス2017で3着に来ているコース。コース相性が良いとすれば、無くはない1頭ではないでしょうか。

△⑫ローリングタワー

前走知床特別2017(500万)1着。前走は、札幌の重馬場というタフな馬場の中、上がり最速で楽に伸びていました。タフな馬場の適正は高そうな内容だったので、馬場次第では面白そうです。

たしかに戦ってきた相手を見ると、格下感は否めませんが、母父ダンスインザダークという血統を菊花賞で狙いたいということもあり、期待を込めて押さえます。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、7着、9着、12着でした。

本命◎アルアインは2着でした。

セントライト記念 2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 5 ミッキースワロー 2 いわき特別(1000万) 3着(0.0)
2 7 アルアイン 1 日本ダービー(G1) 5着(0.3)
3 2 サトノクロニクル 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 5着(0.7)

晩に録画を見ました。アルアイン鉄板軸だと思っていたので、若干期待していたんですが…、カスリもせずでした。重馬場期待どころか、まさかの良馬場…。(´・ω・`)天気予報からして読めていないです。

紐に中穴狙いでしたが、昨年のセントライト記念2016に続いて、1~3番人気のかなり硬い決着となりました。デムーロ騎手(サトノクロニクル)と1000万クラス好走馬(ミッキースワロー、スティッフェリオ)が気になりつつ…と書いていたものの、結局、消した3頭がそのまま好走するという、何ともセンスのない予想でした。

クリンチャーはスタートから押して押してやっと先行。どこか同じディープスカイ産のスピリッツミノルに近いものを感じます。母父ブライアンズタイムという血統から、菊花賞2017で見たかったところですが、仕方ないですね…。

アルアインも残念でした。プラス体重でしたが、太め感は無かったように思います。この相手&ルメール騎手で勝てないのであれば、せめて松山騎手で見たかったですね。(;´・ω・`p

スポンサーリンク