セントライト記念-過去10年のデータと予想

日程 2019年9月16日(月曜
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け G2
条件 3歳
斤量 馬齢(牡56kg)
出走数 18頭
天気 雨(ヤフー天気)

セントライト記念2019

菊花賞トライアル、セントライト記念2019です。3着馬までに、G1菊花賞の優先出走権が与えられますが、トライアルレースとしては、神戸新聞杯の方が菊花賞に直結している為、本番での評価が難しいレースとなっています。

一方、過去の上位馬の中には、キタサンブラック(2015年)をはじめ、ナカヤマフェスタ(2009年)、サダムパテック(2011年)、トーセンラー(2011年)、フェノーメノ(2012年)など、後のG1馬が多数名を連ねています。出世レースといえそうです。

中山競馬場の芝2200mコース

配当

過去10年のセントライト記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回あります。この2回を除くと、大きな波乱が無く、特に近年は順当な決着が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 900円 5,460円 33,050円
2017 590円 1,150円 7,230円
2016 390円 770円 1,820円
2015 13,320円 125,690円 618,050円
2014 250円 2,250円 4,490円
2013 2,720円 8,670円 40,970円
2012 9,100円 26,910円 137,500円
2011 4,970円 5,250円 56,160円
2010 2,040円 3,110円 19,020円
2009 2,380円 17,680円 78,230円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2014年は、新潟競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

セントライト記念2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 4 ジェネラーレウーノ 4 日本ダービー(G1) 16着(1.7) 8
2 15 レイエンダ 1 松前特別(1000万) 1着(-0.3) 1
3 2 グレイル 6 日本ダービー(G1) 14着(1.0) 9
2017 1 5 ミッキースワロー 2 いわき特別(1000万) 3着(0.0) 1
2 7 アルアイン 1 日本ダービー(G1) 5着(0.3) 4
3 2 サトノクロニクル 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 6着(0.7) 1
2016 1 4 ディーマジェスティ 1 日本ダービー(G1) 3着(0.1) 1
2 10 ゼーヴィント 2 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.2) 1
3 9 プロディガルサン 3 日本ダービー(G1) 10着(0.9) 11
2015 1 13 キタサンブラック 6 日本ダービー(G1) 14着(2.3) 6
2 4 ミュゼエイリアン 9 日本ダービー(G1) 10着(1.4) 10
3 2 ジュンツバサ 10 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2) 3
2014新潟 1 5 イスラボニータ 1 日本ダービー(G1) 2着(0.1) 1
2 16 トゥザワールド 2 日本ダービー(G1) 5着(0.4) 2
3 14 タガノグランパ 10 日本ダービー(G1) 4着(0.3) 16
2013 1 3 ユールシンギング 3 500万(新潟芝1800m) 1着(-0.4) 1
2 8 ダービーフィズ 5 信濃川特別(1000万) 4着(0.5) 4
3 9 アドマイヤスピカ 6 青葉賞(G2) 7着(0.6) 5
2012 1 12 フェノーメノ 1 日本ダービー(G1) 2着(0.0) 5
2 2 スカイディグニティ 14 阿賀野川特別(1000万) 6着(0.8) 2
3 15 ダノンジェラート 4 500万(札幌芝1800m) 1着(-0.3) 1
2011 1 11 フェイトフルウォー 6 日本ダービー(G1) 13着(2.7) 13
2 2 トーセンラー 3 日本ダービー(G1) 11着(2.5) 7
3 14 サダムパテック 1 日本ダービー(G1) 7着(2.3) 2
2010 1 13 クォークスター 4 ラジオNIKKEI賞(G3) 2着(0.0) 2
2 15 ヤマニンエルブ 3 阿賀野川特別(1000万) 1着(-1.1) 3
3 2 アロマカフェ 2 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.0) 3
2009 1 17 ナカヤマフェスタ 2 日本ダービー(G1) 4着(0.8) 9
2 11 セイクリッドバレー 4 信濃川特別(1000万) 1着(-0.0) 1
3 14 フォゲッタブル 7 阿賀野川特別(1000万) 2着(0.8) 6
前走日本ダービー

過去10年のセントライト記念3着以内30頭中15頭を占めます。特に近年は好走例が多く、直近5年では3着以内15頭中10頭に及びます。

前走500万~1000万クラス

過去10年のセントライト記念3着以内30頭中10頭を占めます。夏のレースを使ってきた馬が狙い目といえるかもしれません。

前走芝1800m

過去10年のセントライト記念3着以内30頭中8頭を占めます。8頭すべてが前走のレースで1~3番人気の支持を集めていました。

予想

混戦模様という印象のセントライト記念2019。前走ダービー組を中心に、何が来てもおかしくないメンバーだと思います。近年の傾向では、上位争いはダービー組が中心と考えていますが、どうなるでしょうか。予想的中ともに難関なレースだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。穴馬を中心に狙いましたが、全く当たる気がしません。

追記修正:タフな馬場になることを想定して、予想を変更しました。○メイショウテンゲンと△モズベッロを追加、○ニシノデイジーと△ランフォザローゼスを無印にしました。買い目は、3連複4頭ボックスのままです。

◎7オセアグレイト

イレギュラーなローテですが、3連勝(上がり最速)で2勝クラスを勝ち上がってるだけに、このメンバー構成なら無くはないところでしょうか。血統的にも菊花賞まで進めることが出来れば、面白そうなタイプです。伏兵扱いになるようなら、狙ってみても…。

11メイショウテンゲン

重馬場で行われた弥生賞優勝馬。勝利ジョッキーインタビューで、馬場が味方したという旨を言っていました。実績面では買い難いものの、馬場が味方すれば、今回も見せ場を作ることが出来るかもしれません。

▲9エングレーバー

今回は逃げ馬が何頭かいるため、500万を勝ったときのように好位から進めることになるでしょうか。前走は、2勝クラスの前走宮崎特別を逃げて2着。休養明けを一度使って、状態が良くなっていれば…。

6モズベッロ

メンバーに恵まれた印象はありますが、重馬場で行われた前走1勝クラスを楽勝。直線で良い脚を見せて、後続を楽に突き放していました。力のいる馬場になれば、穴をあけるシーンがあっても…。

(無印)12ニシノデイジー

後方から進める脚質に不安があるものの、前走日本ダービー5着(0.5秒差)なら、勝ち負けがあってもおかしくない実績だと思います。日本ダービー組の好走例が多いレースですし、ここは深く考えず買い目に入れました。

(無印)18ランフォザローゼス

好位からの競馬を期待していた前走札幌記念。予想に反して、後方からの競馬でした。その後はズルズルと後退して、ただ周ってきただけという内容でした。敗因が分かりませんが、日本ダービー7着の実績なら、一発あってもおかしくないと思います。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、11着、15着、16着、17着でした。本命◎オセアグレイトは、14着でした。

セントライト記念2019 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 リオンリオン 1 日本ダービー(G1) 15着(2.4) 6
2 2 サトノルークス 8 日本ダービー(G1) 17着(3.2) 8
3 1 ザダル 3 プリンシパルステークス(LR) 1着(-0.0) 5

晩に録画を見ましたが、全くかすりもせず。むしろ真逆に近い決着でした…。

前日の天気予報が雨だったため、時計のかかる重馬場による波乱決着を予想していましたが、大きな波乱なく決まりました。レースの頃には雨が止んでいたようで、勝ち時計(2:11.5)も重馬場とは思えないほど速い決着。良馬場だったら、レコードが出ていたかもしれませんね。

逃げると思っていた優勝馬リオンリオンは、3番手からの競馬。内の好位でロスなく立ち回ってきた馬が上位争いしたレースとなりました。追い込み馬や道中で外を追走した馬は、展開も向かなかったようで、押さえていた馬が奇麗に下位入着という結果に…。

深く考えない競馬