札幌2歳ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年9月2日(土曜日)
開催 札幌競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(54kg)
出走数 14頭
天気 曇り(Yahoo!天気・災害)

札幌2歳ステークス 2017

2歳重賞「 札幌2歳ステークス 2017 」です。やや早熟の馬が好走する印象の強いレースですが、翌年のクラシック戦線で活躍する馬も輩出しています。

コース形態

札幌競馬場の芝コース
札幌競馬場の芝コース

過去10年の札幌2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。昨年と2014年は、結構な高配当が出ているので、近年は波乱傾向のレースのようです。

硬めの決着だった2008年、2010年、2011年は、それぞれ後のG1馬(ロジユニヴァース、アヴェンチュラ、ゴールドシップ)が出走しており、素質馬が出走した年は、荒れ難いといえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 18,120円 89,480円 501,710円
2015 880円 5,810円 26,990円
2014 23,610円 86,130円 452,740円
2013 2,360円 10,570円 51,340円
2012 540円 5,420円 22,330円
2011 410円 890円 2,430円
2010 1,250円 770円 6,200円
2009 3,550円 19,250円 103,440円
2008 2,340円 3,110円 19,960円
2007 2,120円 44,400円 259,540円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。2013年は、函館で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

※今週分から、地方所属馬の背景色を薄い桃色にしました。

横にスクロールして下さい。
札幌2歳ステークス 2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 5 トラスト 5 クローバー賞(OP) 2着(0.2)
2 13 ブラックオニキス(牝) 10 クローバー賞(OP) 1着(-0.2)
3 12 アドマイヤウイナー 7 新馬(函館芝1800m) 1着(-0.2)
2015稍重 1 11 アドマイヤエイカン 2 新馬(函館芝1800m) 1着(-0.4)
2 10 プロフェット 1 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.3)
3 4 クロコスミア(牝) 8 コスモス賞(OP) 4着(0.3)
2014 1 2 ブライトエンブレム 5 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2)
2 11 マイネルシュバリエ 11 新馬(福島芝1800m) 1着(-0.2)
3 13 レッツゴードンキ(牝) 7 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.5)
2013不良函館 1 1 レッドリヴェール(牝) 2 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.1)
2 6 マイネグレヴィル(牝) 4 コスモス賞(OP) 3着(0.0)
3 4 ハイアーレート 6 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.2)
2012 1 3 コディーノ 3 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.4)
2 11 ラウンドワールド 1 コスモス賞(OP) 1着(-0.1)
3 5 エデンロック 9 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.0)
2011稍重 1 11 グランデッツァ 1 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-1.3)
2 6 ゴールドシップ 2 コスモス賞(OP) 1着(-0.1)
3 7 マイネルロブスト 5 クローバー賞(OP) 1着(-0.0)
2010 1 13 オールアズワン 3 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.6)
2 11 アヴェンチュラ(牝) 2 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.6)
3 2 アドマイヤセプター(牝) 1 新馬(札幌芝1500m) 1着(-1.1)
2009 1 3 サンディエゴシチー 3 クローバー賞(OP) 1着(-0.2)
2 11 モズ 4 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.1)
3 9 アーバンウィナー 6 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.1)
2008 1 4 ロジユニヴァース 1 新馬(阪神芝1800m) 1着(-0.1)
2 7 イグゼキュティヴ 5 コスモス賞(OP) 2着(0.0)
3 2 モエレエキスパート 3 クローバー賞(OP) 1着(-0.2)
2007 1 7 オリエンタルロック 6 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.0)
2 10 サブジェクト 1 新馬(札幌芝1800m) 1着(-0.1)
3 11 ホウザン 13 コスモス賞(OP) 5着(0.3)

前走新馬、未勝利戦

過去10年の札幌2歳ステークス3着以内30頭中19頭を占めます。そのうち12頭札幌&函館芝レースに出走していました。

前走オープンクラス

過去10年の札幌2歳ステークス3着以内30頭中11頭を占めます。11頭全て札幌&函館のオープン特別に出走していました。

  • 前走コスモス賞 6頭
  • 前走クローバー賞 5頭

牝馬

過去10年の札幌2歳ステークス3着以内30頭中7頭を占めます。直近4年連続で馬券圏内に来ており、近年は穴馬の好走が目立っています。

  • 2016年2着ブラックオニキス(10番人気)
  • 2015年3着クロコスミア(8番人気)
  • 2014年3着レッツゴードンキ(7番人気)
  • 2013年2着マイネグレヴィル(4番人気)

馬券予想

過去10年の傾向から「前走新馬戦・未勝利戦(特に前走札幌&函館芝)」「前走コスモス賞、クローバー賞」「牝馬」に注目です。

札幌2歳ステークス 2017 は、近年の波乱傾向に加え、過去データから絞れる要素も少ないので、かなり難解なレースになると思います。

その中で、 札幌2歳ステークス 2017 の注目は、前走で着差をつけて勝ったカレンシリエージョファストアプローチ、前走オープン特別で好走している地方所属馬の2頭(ダブルシャープミスマンマミーア)でしょうか。とは言っても、とにかく新潟2歳ステークス2017に続いて、当たる気がしない難解な2歳重賞です。 (;´・ω・`p

以下、簡単な考察と予想です。

凄く難解ですね…。前走札幌&函館芝の馬を中心に、近年好走例の多い外枠から選びました。
◎⑩クリノクーニング

前走新馬戦(函館芝1800m)1着。ノーステッキで、まるで周ってきただけというような完勝(上がり最速)。さらにレコードタイムということなので、能力は高そうですね。

このときの2着は、その後未勝利戦を圧勝したカレンシリエージョ。オルフェーヴル初年度産ということで、傾向など分かりませんが、デビュー戦の内容なら…という感じがします。

○⑭ファストアプローチ

前走未勝利戦(札幌芝1500m)1着。直線グイグイ伸びて、2着以下に0.8秒差をつける楽勝でした。

父Dawn Approachは、芝1400~1600mでG1を4勝したアイルランド産馬。母父MarjuもマイルG1を制したアイルランド産馬。洋芝はガッツリ合いそうな血統ですが、確かにグイグイ前へ前へという印象の走りだったので、距離が伸びてどうか…という感じはあります。

▲③ミスマンマミーア

前走コスモス賞2017 2着。最終コーナーまで内の後方で脚を溜め、コーナーからまくり気味で外に出していきました。最後はステルヴィオを交わせなかったものの、上がり最速で時計差の無い2着でした。

ステルヴィオは素質の高そうな印象の馬で、ステルヴィオ相手に差の無い2着なら、無くはない1頭では無いでしょうか。近年、好走例の多い人気薄の牝馬に加えて、前走コスモス賞好走馬。人気薄になるようであれば…。

△⑦ダブルシャープ

前走クローバー賞2017 1着。最後の直線、絶好の手応えだったタワーオブロンドン(ルメール騎手&1番人気)に、一度は差されたものの、そこからもう一度差し返しての1着時計自体は平凡ですが、強い内容だったと思います。芝1800m戦に対応できれば…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、6着、7着でした。

本命◎クリノクーニングは6着でした。

札幌2歳ステークス 2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 11 ロックディスタウン(牝) 1 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.1)
2 14 ファストアプローチ 4 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.8)
3 7 ダブルシャープ 7 クローバー賞(OP) 1着(-0.1)

晩に録画を見ましたが、残念な結果でした(´;ω;`)

本命クリノクーニングは、スタートで前に行けず後方から。前走みたいに、もう少し前からの競馬が見たかったです…。最終コーナーでも後方馬群の中。直線入ってから出して、伸びてきていたものの、時すでに遅しという結果になりました。

押さえていたダブルシャープは、外からまくり気味で出していったのが功を奏したようで、3着に好走。洋芝巧者という可能性もありそうですが、前走のタワーオブロンドンを差し返した内容も相当強かったので、これは中央でも結果を残せるかもしれませんね。