サウジアラビアロイヤルカップ2018-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2018年10月6日(土曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(55kg)
出走数 8頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

サウジアラビアロイヤルカップ2018

2歳重賞サウジアラビアロイヤルカップ2018です。2014年まで、いちょうステークス(2012年~2013年は芝1800m戦)として行われていました。2014年に重賞化、2015年にサウジアラビアロイヤルカップへ改称されました。

出世レースという印象はありませんが、サウジアラビアロイヤルカップとなった2014年以降の上位馬には、翌年のクラシック戦線に出走するような実力馬が名を連ねています。

東京競馬場の芝1600mコース

過去10年のサウジアラビアロイヤルカップの配当を見ると、大きな波乱がありません。かなり順当なレースと言えそうです。特に直近3年は、3連単1万円を切る払い戻しが続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 500円 2,000円 6,920円
2016 1,090円 570円 5,040円
2015 930円 780円 7,220円
2014 2,100円 3,280円 22,600円
2013 2,090円 2,920円 18,280円
2012 450円 10,430円 44,490円
2011 510円 1,600円 3,720円
2010 640円 290円 2,300円
2009 760円 4,090円 19,980円
2008 2,830円 13,150円 75,030円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

サウジアラビアロイヤルカップ2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017稍重 1 2 ダノンプレミアム 2 新馬戦(阪神芝1800m) 1着(-0.7) 1
2 16 ステルヴィオ 1 コスモス賞(OP) 1着(-0.0) 1
3 13 カーボナード 6 未勝利戦(新潟芝1600m) 1着(-0.4) 1
2016稍重 1 6 ブレスジャーニー 3 未勝利(東京芝1600m) 1着(-0.4) 2
2 7 ダンビュライト 2 新馬(中京芝1600m) 1着(-0.8) 3
3 3 クライムメジャー 1 新馬(中京芝1600m) 1着(-0.2) 1
2015 1 6 ブレイブスマッシュ 4 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.8) 1
2 12 イモータル 1 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.8) 1
3 11 アストラエンブレム 2 未勝利(新潟芝1600m) 1着(-0.7) 1
2014 1 6 クラリティスカイ 4 未勝利(阪神芝1800m) 1着(-0.3) 2
2 10 ネオルミエール 2 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.0) 1
3 2 ミッキーユニバース 3 札幌2歳ステークス(G3) 7着(0.7) 1
2013 1 2 イスラボニータ 3 新潟2歳ステークス(G3) 2着(0.5) 4
2 5 ウインフェニックス 5 新潟2歳ステークス(G3) 4着(0.5) 14
3 4 クラリティシチー 2 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.2) 3
2012 1 6 フラムドグロワール 2 芙蓉ステークス(OP) 2着(0.2) 2
2 3 サトノノブレス 1 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 5 コスモハヤブサ 12 アスター賞(500万) 5着(0.6) 5
2011不良 1 2 アーデント 1 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.1) 1
2 5 ピタゴラスコンマ 4 未勝利(中山芝1600m) 1着(-0.0) 3
3 7 マイネルカーミン 5 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.1) 6
2010 1 6 ロビンフット 3 コスモス賞(OP) 2着(0.1) 1
2 1 エーシンブラン 2 ききょうステークス(OP) 3着(0.4) 1
3 5 ショウナンパルフェ 1 未勝利(新潟芝1600m) 1着(-0.4) 1
2009 1 12 トーセンファントム 3 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 3
2 15 アーバンウィナー 1 札幌2歳ステークス(G3) 3着(0.2) 6
3 9 セイウンジャガーズ 6 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.1) 1
2008 1 6 ダノンカモン 4 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 12 ケイアイライジン 3 新馬(中山芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 10 ダブルレインボー 5 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.3) 1
1~6番人気

過去10年のサウジアラビアロイヤルカップ3着以内30頭中29頭を占めます。直近3年では、1~2番人気が揃って好走しており、順当な傾向にありそうです。

前走の着差

直近3年のサウジアラビアロイヤルカップでは、前走のレース(新馬戦&未勝利戦)で2着以下に着差(0.4~0.8秒差)を付けて完勝していた馬の好走例が目立ちます。過去3年の3着以内9頭中7頭を占めます。残る2頭は、1番人気の支持を集めていました。

予想

上位人気馬の好走例が多いレース。今年のサウジアラビアロイヤルカップ2018も上位人気馬(1~6番人気)を中心に狙おうと思っていますが、どうなるでしょうか…。今年は、例年出走自体が少ない牝馬が多く、取捨に悩むことになりそうですね。牝馬の好走は、いちょうステークス時代のアロマキャンドル(2007年1着)まで遡ります。

以下、簡単な考察と予想です。近年好走例が多い前走1着馬から選びました。前走2着馬ドラウプニル(モレイラ騎手)をスルーすることになりますが…。

◎4グランアレグリア

4ヵ月の休養明け、藤沢厩舎っぽいですね。新馬戦の内容、勝ち時計ともに上のクラスでも戦えそうな印象でした。ただ過去10年では、馬券圏内に来ていない牝馬。どうなるでしょうか…。

○1シャドウエンペラー

前走は、マイネルリャードフが逃げ切りそうな展開の中、外から猛追して差し切りました。デビュー戦としては、見応えのある内容でした。着差こそ僅かですが、ポテンシャルは高そうな印象で、大きな差のないメンバーのここなら上位争いに加わっても良さそうです。

▲7セグレドスペリオル

前走の未勝利戦は、後方からの直線一気(上がり最速)で楽勝。斤量的な恩恵もあったかと思いますが、2着以下との差を感じる内容でした。過去、前走で着差を付けて勝っていた馬の好走例が多く、今回は上位争いの候補と言えるかもしれません。伏兵扱いになるようであれば、オッズ的な魅力もありそうですね。

△2アマーティ

グランアレグリア同様、過去10年で馬券圏内に来ていない牝馬というのが買い難い要素になるでしょうか。前走は粗削りな印象ながら、勝ちっぷりが良かったので、紐荒れがあればここでも…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、5着、7着でした。本命◎グランアレグリアは、1着でした。

サウジアラビアロイヤルカップ2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 4 グランアレグリア(牝) 1 新馬戦(東京芝1600m) 1着(-0.3) 1
2 5 ドゴール 7 新馬戦(新潟芝1400m) 1着(-0.4) 4
3 2 アマーティ(牝) 4 新馬戦(新潟芝1600m) 1着(-0.2) 3

出負けしたグランアレグリアが人気に応えて楽勝。楽に抜け出した上に、後続を突き放す競馬で、モノが違う印象でした。次走どこに向かうかは分かりませんが、年末の2歳G1も楽しみですね。

対抗シャドウエンペラーは、直線伸びず。後ろ過ぎたようにも見えましたし、少しチグハグな内容だったと思います。押さえていたセグレドスペリオルは、力負けという印象でした。前走着差を付けて勝っていた馬ということで押さえていましたが…。スルーしていたドゴールの方が2着に好走。機械的に押さえておくべきだったのかもしれません

深く考えない競馬