紫苑ステークス2020-過去データと予想

日程 2020年9月12日(土曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 3歳牝馬
斤量 馬齢(54kg)
出走数 18頭
天気 曇り(ヤフー天気)
クッション値 11.2(12日)

紫苑ステークス2020

秋華賞トライアル、紫苑ステークス2020です。 長くオープン特別戦で行われていましたが、2016年から重賞化されました。重賞レースとなってからは、紫苑ステークス組が秋華賞で活躍する傾向にあります。今年の秋華賞を占う意味でも、重要なトライアルレースといえそうです。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の紫苑ステークスの配当を見ると、重賞化した2016年以降は、3連単1万円台の順当な決着となっています。この傾向が続くようなら、今年も上位人気馬が狙い目になるでしょうか。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 3,040円 2,400円 18,020円
2018 680円 3,400円 16,070円
2017 1,470円 3,110円 11,870円
2016 1,210円 3,840円 14,590円
2015 3,910円 15,970円 84,840円
2014 1,670円 9,550円 62,570円
2013 2,140円 7,980円 49,900円
2012 1,870円 10,690円 48,520円
2011 4,380円 83,310円 431,040円
2010 2,450円 2,420円 16,660円

では過去10年の紫苑ステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。なお2014年は、新潟競馬場で開催されています。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:紫苑ステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

紫苑ステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 15 パッシングスルー 2 1勝クラス(福島芝2000m) 1着(-0.5) 1
2 6 フェアリーポルカ 6 オークス(G1) 16着(3.5) 11
3 14 カレンブーケドール 1 オークス(G1) 2着(0.0) 12
2018 1 14 ノームコア 2 フローラステークス(G2) 3着(0.1) 5
2 1 マウレア 1 オークス(G1) 5着(1.0) 6
3 8 ランドネ 7 オークス(G1) 11着(1.9) 10
2017 1 16 ディアドラ 1 HTB賞(1000万) 1着(-0.0) 2
2 11 カリビアンゴールド 6 かもめ島特別(1000万) 2着(0.0) 3
3 7 ポールヴァンドル 4 かもめ島特別(1000万) 1着(-0.0) 1
2016 1 18 ビッシュ 1 オークス(G1) 3着(0.1) 5
2 9 ヴィブロス 3 500万(中京芝2000m) 1着(-0.7) 3
3 2 フロンテアクイーン 5 オークス(G1) 6着(0.4) 12
2015 1 10 クインズミラーグロ 8 村上特別(500万) 1着(-0.0) 1
2 13 ホワイトエレガンス 5 藻岩山特別(1000万) 1着(-0.0) 3
3 6 エバーシャルマン 6 カーネーションカップ(500万) 4着(0.4) 2
2014不良新潟 1 4 レーヴデトワール 5 小豆島特別(1000万) 4着(0.4) 3
2 7 ショウナンパンドラ 1 糸魚川特別(500万) 1着(-0.4) 1
3 1 マイネグレヴィル 4 オークス(G1) 9着(1.1) 16
2013 1 13 セキショウ 6 大倉山特別(1000万) 9着(0.9) 4
2 5 リボントリコロール 2 出雲崎特別(500万) 1着(-0.0) 3
3 11 モモトンボ 7 浦佐特別(500万) 5着(0.7) 5
2012 1 5 パララサルー 1 桜花賞(G1) 9着(0.6) 7
2 1 ブリッジクライム 4 三面川特別(1000万) 2着(0.0) 6
3 11 フレイムコード 8 500万(福島芝1800m) 1着(-0.0) 4
2011 1 6 カルマート 4 500万(新潟芝1800m) 1着(-0.0) 3
2 9 デルマドゥルガー 6 クイーンステークス(G3) 10着(1.4) 13
3 10 コスモバタフライ 12 500万(函館芝1800m) 1着(-0.0) 2
2010 1 7 ディアアレトゥーサ 2 村上特別(500万) 1着(-0.0) 1
2 11 クラックシード 6 スイートピーステークス(OP) 6着(0.5) 2
3 1 コスモネモシン 1 オークス(G1) 15着(2.9) 10
前走1勝クラス~2勝クラス(500万~1000万クラス)

過去10年の紫苑ステークス3着以内30頭中18頭を占めます。前走1着馬を中心に幅広く馬券に絡んでいます。

前走オークス

過去10年の紫苑ステークス3着以内30頭中8頭を占めます。紫苑ステークスが重賞化した2016年以降では、計6頭が馬券圏内に好走しています。近年は好走例が多いローテと言っても良さそうです。

1~8番人気

過去10年の紫苑ステークス3着以内30頭中29頭を占めます。毎年、中穴が1~2頭ほど馬券圏内に好走していますが、大穴や下位人気の好走例が少ない傾向にありそうです。

関東馬

過去10年の紫苑ステークス3着以内30頭中23頭を占めます。新潟開催の2014年を除くと、毎年2~3頭が馬券圏内に好走しています。

予想

今年の紫苑ステークス2020は、例年以上に混戦だと思います。殆ど全頭が馬券候補といっても良さそうなメンバー構です。近年のデータ傾向からオークス組や人気上位(1~8番人気馬)を中心に狙おうと思っていますが、全くカスりもしない決着もあるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。外枠のオークス組や差し馬を中心に狙いましたが、全く当たる気がしません。

◎13ホウオウピースフル

レースレコードとなったフローラステークスで2着。その後のオークスで小差の8着と今回のメンバーなら、上位争いの候補になりそうな実績だと思います。父オルフェーヴルや兄ブラストワンピースという血統なので、力のいる馬場になったとしても対応できるかもしれません。

〇17ウインマイティー

13番人気ながら前走オークスで3着に好走。速すぎる時計の決着になるとどうだろう…と思っていましたが、土曜の日中は雨予報が出ています。馬場傾向が全く分かりませんが、外が伸びるようなら…。

▲11スカイグルーヴ

前走フローラステークス5着。強風の影響もあったのか、早めに抜け出した人気馬のスカイグルーヴとレッドルレーヴが直線垂れることになりました。フローラステークスで1番人気の支持を集めたぐらいの実力馬ですし、大きく減少していた馬体重が回復しているようなら、上位争いに加わっても良いかもしれません。

△18パラスアテナ

前走ラジオNIKEI賞4着。牝馬のローテとしては珍しいレースでした。前に行った馬が押し切ってしまうようなレースだったので、馬場も展開も向かなかったといって良いと思います。春のG1を戦ってきた馬との力関係だけは分かりませんが、近年外枠の好走例が多いレースということで押さえました。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、6着、9着、13着でした。本命◎ホウオウピースフルは、13着でした。

紫苑ステークス2020結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 10 マルターズディオサ 5 オークス(G1) 10着(0.7) 12
2 18 パラスアテナ 10 ラジオNIKKEI賞(G3) 4着(0.9) 1
3 16 シーズンズギフト 3 ニュージーランドトロフィー(G2) 2着(0.1) 5

全くかすりもせず…。オークス上位陣は全て圏外の波乱決着(3連単147,440円)でした。

狙った4頭の中で最も人気薄だったパラスアテナが2着に好走、一方1番人気、2番人気、4番人気の3頭が馬券圏外という難解なレースとなりました。好位の良いポジションから早めに動いた馬が上位争いを演じる決着で、外差し勢には厳しいレースだったかもしれません。

スポンサーリンク