紫苑ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年9月9日(土曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 馬齢(54kg)
出走数 18頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

紫苑ステークス 2017

夏競馬が終わり、秋競馬が始まりました。秋の重賞は、秋華賞トライアル「 紫苑ステークス 2017 」から始まります。 長くオープン特別戦で行われ、昨年から重賞化されたレースですが、昨年2着のヴィブロスが秋華賞2016を制し、5着パールコードが秋華賞2016で2着に好走しました。今年の秋華賞2017を占う意味でも、重要なトライアルレースになるでしょう。

コース形態

中山競馬場の芝コース
中山競馬場の芝コース

過去10年の紫苑ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回ありますが、硬めの1万円台という決着も3回あり、3歳牝馬戦らしく傾向が読めません。昨年からの重賞化に伴い、素質馬が集まるようであれば、昨年のように固めの決着になるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,210円 3,840円 14,590円
2015 3,910円 15,970円 84,840円
2014 1,670円 9,550円 62,570円
2013 2,140円 7,980円 49,900円
2012 1,870円 10,690円 48,520円
2011 4,380円 83,310円 431,040円
2010 2,450円 2,420円 16,660円
2009 19,320円 62,190円 488,650円
2008 2,000円 890円 10,900円
2007 1,850円 6,370円 35,400円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
紫苑ステークス 2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 18 ビッシュ 1 オークス(G1) 3着(0.1)
2 9 ヴィブロス 3 500万(中京芝2000m) 1着(-0.7)
3 2 フロンテアクイーン 5 オークス(G1) 6着(0.4)
2015 1 10 クインズミラーグロ 8 村上特別(500万) 1着(-0.0)
2 13 ホワイトエレガンス 5 藻岩山特別(1000万) 1着(-0.0)
3 6 エバーシャルマン 6 カーネーションカップ(500万) 4着(0.4)
2014不良新潟 1 4 レーヴデトワール 5 小豆島特別(1000万) 4着(0.4)
2 7 ショウナンパンドラ 1 糸魚川特別(500万) 1着(-0.4)
3 1 マイネグレヴィル 4 オークス(G1) 9着(1.1)
2013 1 13 セキショウ 6 大倉山特別(1000万) 9着(0.9)
2 5 リボントリコロール 2 出雲崎特別(500万) 1着(-0.0)
3 11 モモトンボ 7 浦佐特別(500万) 5着(0.7)
2012 1 5 パララサルー 1 桜花賞(G1) 9着(0.6)
2 1 ブリッジクライム 4 三面川特別(1000万) 2着(0.0)
3 11 フレイムコード 8 500万(福島芝1800m) 1着(-0.0)
2011 1 6 カルマート 4 500万(新潟芝1800m) 1着(-0.0)
2 9 デルマドゥルガー 6 クイーンステークス(G3) 10着(1.4)
3 10 コスモバタフライ 12 500万(函館芝1800m) 1着(-0.0)
2010 1 7 ディアアレトゥーサ 2 村上特別(500万) 1着(-0.0)
2 11 クラックシード 6 スイートピーステークス(OP) 6着(0.5)
3 1 コスモネモシン 1 オークス(G1) 15着(2.9)
2009 1 12 ダイアナバローズ 11 関東オークス(G2) 9着(3.4)
2 2 ラインドリーム 4 インディアトロフィー(500万) 1着(-0.2)
3 13 エオリアンハープ 5 鳥屋野特別(500万) 1着(-0.0)
2008 1 5 モエレカトリーナ 4 信濃川特別(1000万) 3着(0.5)
2 10 デヴェロッペ 2 クイーンステークス(G3) 11着(1.6)
3 3 レッドアゲート 1 オークス(G1) 6着(0.4)
2007 1 4 アルコセニョーラ 5 信濃川特別(1000万) 2着(0.2)
2 3 ラブカーナ 2 三面川特別(1000万) 5着(0.2)
3 9 アスクデピュティ 6 鳥屋野特別(500万) 2着(0.2)

前走条件戦

過去10年の紫苑ステークス3着以内30頭中20頭を占めます。500万クラスから1000万クラスまで、前走勝ち馬から馬券圏外の馬までと、特に傾向がありません。ただ2013年1着セキショウ除く19頭が前走で5着以内に好走していました。

人気

過去10年の紫苑ステークス3着以内では、大穴の激走は少なく、二桁人気馬が僅か2頭です。残る28頭は、1~8番人気馬でした。

関東馬

過去10年の紫苑ステークス3着以内30頭中24頭を占めます。優勝馬は、新潟開催だった2014年を除く9回で、関東馬が優勝しています。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走条件戦5着以内」「1~8番人気」「関東馬」に注目です。

紫苑ステークス 2017 は、波乱か順当か全く読めない傾向のレースですが、昨年の重賞化に伴って、有力馬が上位争いをするのではないでしょうか。ただ軸にできそうな馬が不在のため、恐らく人気が割れ、馬券的には難しい一戦になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

傾向からは、1~8番人気までという感じですが、予想的中ともに難関レースだと思います。(;´・ω・`A “`前走オークス2017組が気になりつつ、だいぶ適当に選びました。
◎⑪カリビアンゴールド

前走かもめ島特別2017 2着。勝ったポールヴァンドルを交わせずの2着でしたが、通ってきたコースの差という印象で、力差を感じるものではありませんでした。

今回は、前走から距離200m長くなる為、ダイワメジャー産のポールヴァンドルではなく、ステイゴールド産のカリビアンゴールドの評価を上にしました。

馬番10番前後や5~6枠というのは、過去わりと好走例が多い馬番です。本命にしたい馬が不在なので、この馬を…(適当)

○⑮ルヴォワール

約5ヶ月半の休養明けとなる一戦。

前走ミモザ賞2017 1着。勝ち時計2:04.3は遅いですが、ノーステッキで楽に伸びて、1頭だけクラスが上というような楽勝でした。休養明けさえクリアできれば…。

▲③ライジングリーズン

前走ラジオNIKKEI賞2017 11着。直線入ったところで、既に手応えが無さそうでした。前走の内容だけ見ると、買いにくい馬ではありますが…。中山マイルだけ異常な強さを見せています。

中山マイルは3戦3勝勝った相手がアエロリットとディアドラの2頭。アエロリットは、NHKマイルカップ2017とクイーンステークス2017を完勝、ディアドラはオークス2017を4着のあと1000万クラスを勝っています。ディアドラは、今回人気を集めそうですね。

前走の敗因が距離だとすれば厳しいかもしれませんが、単に中山巧者だとすれば、伏兵の今回が狙い目でしょうか。2000m戦に対応できれば…。

△⑯ディアドラ

前走HTB賞2017 1着。オークス2017 4着から挑んだ前走は、2着ラヴィエベールとのマッチレースを制しての完勝。ラヴィエベールは、直近2走の1600万クラスで僅差の2着に入っている実力馬で、ラヴィエベールを抑えて勝ち切ったのは、能力の高さを伺わせます。

オークス~HTB賞の内容から、ここで軽視するわけにも…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、5着、6着でした。

本命◎カリビアンゴールドは2着でした。

紫苑ステークス 2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 16 ディアドラ 1 HTB賞(1000万) 1着(-0.0)
2 11 カリビアンゴールド 6 かもめ島特別(1000万) 2着(0.0)
3 7 ポールヴァンドル 7 かもめ島特別(1000万) 1着(-0.0)

久しぶりにリアルタイムのテレビ観戦だったんですが…。とにかく悔しい結果となりました。(´・ω・`)

前走条件戦組の1~8番人気馬という組み合わせで決着。結果的には、データ通りという感じでした。

最後、内からはライジングリーズン、外からはルヴォワールが伸びて来ていただけに残念です。カリビアンゴールドが本命というのは、だいぶ適当だったので、さておき。ディアドラが強かったですね。紫苑ステークス2着馬と秋華賞の相性が良いみたいですが、本番ではディアドラの方を狙いたくなります。

スポンサーリンク