秋華賞2018-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2018年10月14日(日曜)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2000m(内回り)
格付け G1
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 馬齢(55kg)
出走数 17頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

秋華賞2018

3歳牝馬三冠、最後の一冠となるG1秋華賞2018です。秋華賞好走馬は、この後のエリザベス女王杯でも好走する例が多く、秋のG1戦線を占う上でも注目の一戦と言えそうです。

京都競馬場の芝2000mコース(内回り)

過去10年の秋華賞の配当を振り返ると、やはり2008年の1098万馬券が強烈な印象を残しますね。この年は、桜花賞でも700万馬券、オークスも44万馬券と波乱の牝馬三冠でした。この世代の牝馬は、例外的な年と考えて良いと思います。その後、大きな波乱は少ないものの、穴馬の好走や人気馬が崩れる年が多く、馬券は難解な傾向にありそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,510円 3,180円 14,760円
2016 3,550円 20,940円 95,520円
2015 2,790円 22,790円 85,610円
2014 630円 1,940円 12,790円
2013 950円 50,030円 233,560円
2012 250円 1,990円 3,660円
2011 3,100円 1,720円 12,680円
2010 1,420円 3,250円 12,550円
2009 1,340円 640円 4,640円
2008 23,080円 1,869,680円 10,982,020円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

秋華賞2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 14 ディアドラ 3 紫苑ステークス(G3) 1着(-0.0) 1
2 7 リスグラシュー 4 ローズステークス(G2) 3着(0.3) 3
3 4 モズカッチャン 5 ローズステークス(G2) 7着(0.7) 2
2016 1 7 ヴィブロス 3 紫苑ステークス(G3) 2着(0.4) 3
2 3 パールコード 4 紫苑ステークス(G3) 5着(1.1) 2
3 15 カイザーバル 8 ローズステークス(G2) 3着(0.1) 6
2015 1 18 ミッキークイーン 1 ローズステークス(G2) 2着(0.2) 1
2 9 クイーンズリング 5 ローズステークス(G2) 5着(0.9) 5
3 6 マキシマムドパリ 8 甲武特別(500万) 1着(-0.3) 1
2014 1 6 ショウナンパンドラ 3 紫苑ステークス(OP) 2着(0.0) 1
2 4 ヌーヴォレコルト 1 ローズステークス(G2) 1着(-0.2) 2
3 12 タガノエトワール 4 ローズステークス(G2) 2着(0.2) 15
2013 1 16 メイショウマンボ 3 ローズステークス(G2) 4着(0.1) 4
2 1 スマートレイアー 2 夕月特別(1000万) 1着(-0.2) 1
3 13 リラコサージュ 15 ローズステークス(G2) 18着(2.9) 12
2012 1 14 ジェンティルドンナ 1 ローズステークス(G2) 1着(-0.2) 1
2 1 ヴィルシーナ 2 ローズステークス(G2) 2着(0.2) 2
3 2 アロマティコ 6 ムーンライトハンデキャップ(1600万) 3着(0.0) 1
2011稍重 1 4 アヴェンチュラ 2 クイーンステークス(G3) 1着(-0.0) 1
2 1 キョウワジャンヌ 7 ローズステークス(G2) 3着(0.1) 7
3 12 ホエールキャプチャ 1 ローズステークス(G2) 1着(-0.0) 1
2010 1 15 アパパネ 1 ローズステークス(G2) 4着(0.2) 1
2 10 アニメイトバイオ 6 ローズステークス(G2) 1着(-0.0) 4
3 4 アプリコットフィズ 2 クイーンステークス(G3) 1着(-0.2) 2
2009 1 5 レッドディザイア 2 ローズステークス(G2) 2着(0.0) 1
2 12 ブロードストリート 3 ローズステークス(G2) 1着(-0.0) 5
3 3 ブエナビスタ 1 札幌記念(G2) 2着(0.0) 1
2008 1 4 ブラックエンブレム 11 ローズステークス(G2) 15着(2.1) 4
2 1 ムードインディゴ 8 ローズステークス(G2) 2着(0.0) 9
3 15 プロヴィナージュ 16 シリウスステークス(G3) 16着(2.8) 11
前走ローズステークス

過去10年の秋華賞3着以内30頭中19頭を占めます。秋華賞に直結するローテで、例年(2016年を除く)2頭が馬券圏内に好走しています。

前走紫苑ステークス

重賞化した2016年以降では、秋華賞3着以内6頭中3頭を占めます。現在2年連続で優勝馬を輩出しており、注目のローテと言えそうです。

過去10年の秋華賞では、外枠(6~8枠、二桁馬番)から毎年1頭ほどが馬券圏内に好走しています。

前走3着以内

過去10年の秋華賞3着以内30頭中22頭を占めます。前走4着以下だった8頭中6頭がローズステークス組でした。前走二桁着順だった馬は、高配当が出た2008年と2013年の計3頭のみで、前走大きく負けていた馬が買い難い傾向にありそうです。

予想

豪華なメンバーが揃った一戦。桜花賞&オークスの上位馬マウレアとリリーノーブル、紫苑ステークスを快勝したノームコアが回避することになりましたが、それでも3歳牝馬トップクラスの馬が集ったと言えそうです。

以下、簡単な考察と予想です。近年好走例の多い紫苑ステークス組を軽視、ローズステークス組も1頭という予想になりました。アーモンドアイの勝ち負け予想だとしても、2着以下は難解なレースだと思います。

◎11アーモンドアイ

ぶっつけ本番だけが不安要素になるでしょうか。ただ桜花賞&オークスの二戦で、牝馬三冠が濃厚と考えてしまうほどのパフォーマンスを見せています。状態面さえ良ければ、勝ち負け期待の1頭だと思います。

○16プリモシーン

前哨戦ではなく、関屋記念を使ったのは面白いですね(取捨に悩みますが)。斤量的な恩恵もあったとは思いますが、前走は骨っぽい牡馬を差し切って優勝。脚を余すレースが続いていたことを考えると、価値ある内容だったと思います。今年は、ローズステークスも紫苑ステークスもオークス&桜花賞上位馬が不在という特殊な前哨戦でした。こういう年こそ、前哨戦組ではなく別路線組を狙っても面白いかもしれませんね。

▲5サラキア

セオリー通りにローズステークス組を押さえました。前走ローズステークスは、前残り馬場と展開の中、外から差して来て2着。見せ場はあったと思います。ただ例年と比べると、層が薄かったと思われるローズステークス組だけに、評価は難しいところですね。

△7ラッキーライラック

アルテミスステークスから5戦連続で本命。やや評価を下げましたが、今回も一応押さえました。やはりオークスからぶっつけ本番というのは不安な要素です。アーモンドアイとセットで来るようであれば、今年はイレギュラーな年と言えるかもしれません。ずっとコンビを組んできた石橋騎手(怪我)から北村騎手への乗り替りも未知数ですね。とはいえ、桜花賞&オークスで2着と3着に好走した能力を考えれば、同世代の牝馬が相手なら上位候補と考えた方が良いでしょうか。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、7着、9着でした。本命◎アーモンドアイは、1着でした。

秋華賞2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 11 アーモンドアイ 1 オークス(G1) 1着(-0.3) 1
2 13 ミッキーチャーム 5 藻岩山特別(1000万) 1着(-0.6) 1
3 2 カンタービレ 3 ローズステークス(G2) 1着(-0.2) 5

逃げ先行馬が多く、前が流れるかと思いきや、すぐに隊列が決まり、緩い流れになりました。先行馬ペースだったと思います。アーモンドアイを除くと、やや差し追い込み馬には厳しい流れで、押さえていた差し馬は全滅でした。

3着カンタービレは、終始アーモンドアイをぴったりマークするような競馬。流石、武豊騎手ですね。好ローテのローズステークス優勝馬ながら、緩い流れを先行して楽勝していただけに、今回は買えず…。

それはそうと、アーモンドアイは、規格外の強さでした。追い出してからも、余裕を感じさせる伸びと余力たっぷりのまま完勝。牝馬に敵なしという印象でした。ただ、勝利ジョッキーインタビューで、「もっと上のG1では分からない」という旨をルメール騎手が答えていました。もっと上のG1が国内の古馬混合G1なのか、海外G1なのかは分かりませんが、あくまで国内牝馬で一番強いという感覚なのかもしれません。

深く考えない競馬