G3の過去データと予想

シルクロードステークス-過去データと予想

日程 2020年2月2日(日曜)
開催 京都競馬場11R
距離 芝1200m
格付け G3
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 18頭
天気 曇り(ヤフー天気)

シルクロードステークス2020

スプリント重賞シルクロードステークス2020です。G1高松宮記念の前哨戦として行われます。2016~2018年の3年連続でシルクロードステークス組が高松宮記念を優勝。昨年も2着にシルクロードステークス組が入りました。本番に向けて注目の一戦といえそうです。

京都競馬場の芝1200mコース

配当

過去10年のシルクロードステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。3連複では万馬券が7回。波乱傾向のレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 4,530円 73,350円 248,250円
2018 3,200円 54,280円 237,290円
2017 2,270円 7,860円 40,820円
2016 2,440円 46,300円 161,190円
2015 1,620円 21,400円 80,310円
2014 380円 8,870円 46,380円
2013 2,380円 17,920円 68,270円
2012 680円 28,960円 73,940円
2011 7,890円 29,100円 121,520円
2010 1,950円 9,680円 45,980円

では過去10年のシルクロードステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

シルクロードステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 2 牡4 56.5 ダノンスマッシュ 1 京阪杯(G3) 1着(-0.3) 1
2 8 牝6 53 エスティタート 11 京阪杯(G3) 5着(0.4) 8
3 18 牡9 57 ティーハーフ 12 淀短距離ステークス(OP) 3着(0.1) 9
2018 1 1 牡5 57 ファインニードル 4 スプリンターズステークス(G1) 12着(0.7) 6
2 7 牡5 58 セイウンコウセイ 5 京阪杯(G3) 7着(0.2) 5
3 4 牡6 55 フミノムーン 15 スワンステークス(G2) 17着(1.2) 11
2017 1 7 牡7 57.5 ダンスディレクター 3 阪神カップ(G2) 4着(0.1) 6
2 11 牡4 55 セイウンコウセイ 4 淀短距離ステークス(OP) 1着(-0.2) 5
3 9 牡5 56 セカンドテーブル 7 淀短距離ステークス(OP) 2着(0.2) 2
2016稍重 1 1 牡6 57 ダンスディレクター 2 阪神カップ(G2) 2着(0.0) 5
2 8 牡5 56 ローレルベローチェ 5 淀短距離ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 7 牡6 55 ワキノブレイブ 11 淀短距離ステークス(OP) 8着(0.6) 4
2015 1 3 牝6 55.5 アンバルブライベン 2 淀短距離ステークス(OP) 2着(0.2) 3
2 2 牡6 56 サドンストーム 3 淀短距離ステークス(OP) 5着(0.3) 2
3 15 牡8 57 セイコーライコウ 12 ラピスラズリステークス(OP) 3着(0.0) 2
2014 1 2 牝5 55 ストレイトガール 2 尾張ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 1 牝4 55 レディオブオペラ 1 淀短距離ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
3 6 牝5 53 リトルゲルダ 13 尾張ステークス(OP) 11着(0.6) 2
2013 1 4 牡6 58 ドリームバレンチノ 2 スプリンターズステークス(G1) 3着(0.2) 9
2 16 牡6 59 ダッシャーゴーゴー 4 スプリンターズステークス(G1) 16着(1.4) 6
3 8 牝6 53 メイショウデイム 11 淀短距離ステークス(OP) 2着(0.0) 11
2012 1 7 牡4 57 ロードカナロア 1 京阪杯(G3) 1着(-0.2) 1
2 13 牡5 57 エーシンダックマン 2 淀短距離ステークス(OP) 1着(-0.6) 2
3 10 牡6 53 ケンブリッジエル 16 新春ステークス(1600万) 4着(0.2) 9
2011 1 9 牡5 58 ジョーカプチーノ 1 ラピスラズリステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 6 牡7 57 アーバニティ 14 阪神カップ(G2) 16着(1.7) 11
3 7 牡7 56 モルトグランデ 4 京阪杯(G3) 3着(0.1) 5
2010 1 12 牝6 55.5 アルティマトゥーレ 3 京阪杯(G3) 8着(0.5) 1
2 3 牡5 56 ショウナンカザン 4 阪神カップ(G2) 5着(0.3) 4
3 2 牡8 54 シンボリグラン 6 京阪杯(G3) 4着(0.2) 15
1~4枠

過去10年のシルクロードステークス3着以内30頭中20頭を占めます。例年、1~4枠から2~3頭が馬券圏内に好走しています。なお2017年は、雨の影響もあり馬場の外が伸びたため、外枠決着となっています。

前走京都芝1200m戦(淀短距離ステークス、京阪杯)

過去10年のシルクロードステークス3着以内30頭中17頭を占めます。2010年以降、毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

斤量53kg以下

過去10年のシルクロードステークス3着以内30頭中4頭を占めます。ハンデ戦ですが、軽ハンデ馬の活躍が少ない傾向にあります。なお53kg以下で3着以内に好走した4頭は、ともに二桁人気馬でした。

  • 2019年2着エスティタート(11番人気)
  • 2014年3着リトルゲルダ(13番人気)
  • 2013年3着メイショウデイム(11番人気)
  • 2012年3着ケンブリッジエル(16番人気)

予想

今年のシルクロードステークス2020は、ほぼ例年通りの混戦メンバーになりそうです。飛び抜けた馬が不在のハンデ戦。過去、二桁人気馬の好走例も多く、予想的中ともに難解なレースになると思います。

以下、簡単な考察と予想です。差し追い込み馬を中心に、前走京都芝レース出走馬を狙いました。後方勢不発の緩い流れになってしまうと、真逆の結果になりそうですが…。どちらにしろ全く当たる気がしません。

追記修正:▲ハッピーアワーを○に変更、○アウィルアウェイと△カラクレナイを無印に変更、△モズスーパーフレアを追加しました。あわせて買い目も変更しています。

◎12ジョイフル

前走タンザナイトステークスを快勝。前々で進めた3頭が残る中、後方から外に出しての一気でまとめて交わしました。血統面から今の力のいる京都の馬場もこなせそうですし、伏兵扱いなら狙っても面白そうです。

16ハッピーアワー

好走例の多い淀短距離ステークス組。前走は出負けして後方からのレースでした。最後はじわじわと良い脚で伸びていましたし、今回も脚を溜めれば見せ場があるかもしれません。時計のかかる良馬場も良さそうな印象を受けるので、波乱があれば上位食い込みがあっても…。

3モズスーパーフレア

速い時計の中山コースで良績が目立ちます。そういう意味では、今の京都コースは合わない可能性がありそうです。ただ過去10年のシルクロードステークスでは逃げ馬の好走が目立ち、ちょうど2年に1度の周期で逃げ馬が2着に来ています。オカルト的ですが、データ傾向からは押さえておいても良いかもしれません。

  • 2018年2着セイウンコウセイ
  • 2016年2着ローレルベローチェ
  • 2014年2着レディオブオペラ
  • 2012年2着エーシンダックマン
  • 2010年2着ショウナンカザン
(無印)8アウィルアウェイ

好走例の多い京阪杯組。直近2戦を見る限り、末脚が活きる流れになれば、大崩れは無さそう…。あとはハンデ戦の55kgが気になる要素でしょうか。

(無印)2カラクレナイ

好走例の多い淀短距離ステークス組。前走は、前々で進めた馬が上位争いを演じました。アタマ差4着シヴァージの脚が際立っていただけに、展開も味方した3着だったかもしれません。とはいえ直近3戦の京都芝1200m戦で崩れていないのは魅力。今の力のいる京都の馬場も問題無さそうですし、ここで伏兵扱いなら押さえても良さそうです。

ワイド3頭ボックス◎○△3連複◎-○-△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、7着、8着でした。本命◎ジョイフルは、7着でした。

シルクロードステークス2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牝4 55 アウィルアウェイ 3 京阪杯(G3) 4着(0.5) 6
2 6 牝4 53 エイティーンガール 6 2019ファイナルステークス(3勝クラス) 1着(-0.4) 2
3 15 牡4 54 ナランフレグ 8 浜松ステークス(3勝クラス) 1着(-0.4) 3

晩に録画を見ました。

予想した追い込み決着も、スルーした追い込み馬で決まりました。隊列は、ほぼ想定通り。モズスーパーフレアが逃げる展開でした。この決着で4着に逃げ粘るのは、強いですね…。

最後は、最後方にいたエイティーンガールやナランフレグが突っ込んで来る中、同じく後方で脚を溜めていたアウィルアウェイが差し切って優勝。過去、ミスプロ系の血統馬が好走するレース(サンデー系は凡走傾向)だけに、例年とは異なる馬場状態だったかもしれません。前走3勝クラス勝ち馬が2~3着というのも、データ傾向からは買い難い要素でした。