スプリングステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年3月19日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡56kg)
出走数 11頭
天気 晴れ参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

「スプリングステークス2017」です。皐月賞2017に繋がるステップレースです。近年の皐月賞は、前走芝1800m戦を使った馬の好走が目立っており、スプリングステークスの前哨戦としての価値も高くなってきていると感じます。

近年では、リアルスティール&キタサンブラック(2015年)、ロゴタイプ(2013年)、ディープブリランテ(2012年)、オルフェーヴル(2011年)などがスプリングステークスをステップに皐月賞で好走しています。後にG1馬になった馬ばかりというのも注目ですね。

過去10年のスプリングステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回だけで、1~3万円程度の決着が多いです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 3,390円 1,690円 19,380円
2015 1,090円 1,180円 10,310円
2014 850円 1,890円 10,010円
2013 1,090円 8,760円 29,470円
2012 700円 8,980円 45,030円
2011 1,420円 6,030円 28,270円
2010 18,090円 4,160円 64,470円
2009 3,090円 5,410円 24,710円
2008 20,010円 17,500円 184,520円
2007 640円 2,320円 8,250円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
スプリングステークス2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 1 マウントロブソン 4 あすなろ賞(500万) 1着(-0.2)
2 4 マイネルハニー 5 フリージア賞(500万) 1着(-0.7)
3 10 ロードクエスト 1 ホープフルステークス(G2) 2着(0.2)
2015 1 1 キタサンブラック 5 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5)
2 6 リアルスティール 1 共同通信杯(G3) 1着(-0.1)
3 8 ダノンプラチナ 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.1)
2014 1 2 ロサギガンティア 3 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2)
2 4 アジアエクスプレス 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.2)
3 10 クラリティシチー 4 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0)
2013 1 5 ロゴタイプ 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.0)
2 2 タマモベストプレイ 3 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.0)
3 15 マイネルホウオウ 11 ジュニアカップ(OP) 1着(-0.1)
2012 1 14 グランデッツァ 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2)
2 9 ディープブリランテ 1 共同通信杯(G3) 2着(0.3)
3 4 ロジメジャー 10 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0)
2011(阪神) 1 6 オルフェーヴル 1 きさらぎ賞(G3) 3着(0.2)
2 7 ベルシャザール 4 共同通信杯(G3) 4着(0.3)
3 15 ステラロッサ 8 アルメリア賞(500万) 2着(0.2)
2010 1 5 アリゼオ 2 共同通信杯(G3) 3着(0.0)
2 2 ゲシュタルト 10 こぶし賞(500万) 5着(0.2)
3 3 ローズキングダム 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.2)
2009 1 12 アンライバルド 1 若駒ステークス(OP) 1着(-0.6)
2 7 レッドスパーダ 8 500万(東京芝1600m) 1着(-0.0)
3 2 フィフスペトル 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.0)
2008 1 3 スマイルジャック 6 きさらぎ賞(G3) 2着(0.1)
2 11 フローテーション 11 すみれステークス(OP) 7着(0.9)
3 10 ショウナンアルバ 1 共同通信杯(G3) 1着(-0.1)
2007 1 1 フライングアップル 1 共同通信杯(G3) 3着(0.1)
2 11 マイネルシーガル 3 ジュニアカップ(OP) 1着(-0.0)
3 6 エーシンピーシー 6 セントポーリア賞(500万) 1着(-0.2)
人気

過去10年のスプリングステークスでは、1番人気(4-3-3-0)が結果を残しており、複勝率は100%となっています。

前走3着以内

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中27頭を占めます。

前走重賞

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中16頭を占めます。特に、前走共同通信杯前走朝日杯フューチュリティステークスの好走例が目立ちます。

前走500万クラス

過去10年のスプリングステークス3着以内の30頭中10頭を占めます。そのうち、2010年2着ゲシュタルト&2009年2着レッドスパーダを除く8頭が前走芝1800~2000mのレースに出走していました。

馬券予想

過去10年の傾向から「1番人気」「前走3着以内」「前走重賞」「前走500万(芝1800~2000m)」に注目です。

スプリングステークス2017は、重賞好走歴のある馬のほか、前走500万勝ちの馬など、少頭数ながら骨っぽいメンバーが揃いそうです。中でも注目は、サトノアレスでしょうか。実績的には一強という感じですが、3着以内と考えると、半数以上の馬にチャンスがありそうだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎⑨サトノアレス

前走朝日杯フューチュリティステークス2016優勝。サトノアレスとモンドキャンノの2頭が抜けてるような内容でした。距離が200m長くなり1800m戦となる今回は、父キンシャサノキセキ&母父サクラバクシンオーのモンドキャンノよりはサトノアレスが狙い目でしょうか。

○⑧アウトライアーズ

前々走百日草特別2016(500万)3着。優勝したアドマイヤミヤビと0.1秒差の僅差なら、ここでも十分上位争いの1頭でしょう。その後、アドマイヤミヤビはクイーンカップ2017を優勝しています。2着のカデナには、最後ギリギリで差されてしまいましたが、カデナ相手に好勝負している点もアウトライアーズの能力の高さを表しているように思います。その後、カデナも弥生賞2017を優勝しています。

今回、休養明けになりますが、中山コースは2戦2勝の相性が良いので、上位争いを期待したいですね。

▲⑤エトルディーニュ

勝ち切れない馬ですが、未だ掲示板を外していない安定感は良いですね。前走共同通信杯2017は2~5着まで混戦でした。先行からロス無く馬場の内を進めて、何とか粘ったという競馬でした。

ただ戦っててきた相手を見ると、ソウルスターリング、スワーヴリチャード、サトノアレス、トラスト…など、かなり強い相手ばかりで、その中で好走し続けてるのはポテンシャルの高さを感じさせます。人気すると買いにくいタイプだと思いますが、中穴なら押さえておいても…。

△⑪トリコロールブルー

前走フリージア賞2017(500万)優勝。戦ってきた相手を見る限りは、中穴評価ぐらいにしたいところですが、何より鞍上が魅力です。最近メインレースでの勢いが凄いことになっているミルコが騎乗するだけに、また今回も勝ち切ってしまうのではないかと思ってしまいます。

2着に敗れた2走前の黄菊賞2016も大逃げをしたタガノアシュラを差し切れなかっただけで、全く底を見せていない成績も魅力です。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、5着、6着でした。

本命◎サトノアレスは4着でした。

スプリングステークス2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 10 ウインブライト 5 若竹賞(500万) 1着(-0.3)
2 8 アウトライアーズ 2 ひいらぎ賞(500万) 1着(-0.2)
3 7 プラチナヴォイス 6 きさらぎ賞(G3) 4着(0.5)

カスリもせず(´・ω・`)

極々平均ペースで流れたようで、ロス無く進めた馬がそのまま優勢という結果に見えました。勝ち負けしたウインブライト&アウトライアーズと4~5着サトノアレス&トリコロールブルーの差は、最終コーナーでの位置取りの差という感じで、最後後ろから大外をまわしたサトノアレス&トリコロールブルーは、伸び切れずという決着となりました。

近年のスプリングステークスは、皐月賞に直結しやすい傾向にありますが、今年の結果を見る限りは、どうだろうな…と少し懐疑的な印象を持っています。

1~3着馬の次走情報
  • 1着ウインブライト、2着アウトライアーズ、3着プラチナヴォイスは、皐月賞2017に向かいました。