スプリングステークス-過去10年のデータと予想

日程 2019年3月17日(日曜)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け G2
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡56kg)
出走数 16頭
天気 雨(ヤフー天気)

スプリングステークス2019

G1皐月賞2019の前哨戦プリングステークス2019です。近年の皐月賞は、前走芝1800m戦を使った馬の好走が目立ち、スプリングステークス組が相性の良さを見せています。昨年は、2着エポカドーロが皐月賞を優勝。そのほかリアルスティール&キタサンブラック(2015年)、ロゴタイプ(2013年)、ディープブリランテ(2012年)、オルフェーヴル(2011年)など、スプリングステークス好走馬が結果を残しています。

中山競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年のスプリングステークスの配当を見ると、大きな波乱はなく、平穏な決着が続いています。例年、中穴が1頭ほど馬券に絡み、若干好配当を演出する傾向があります。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 680円 2,230円 7,440円
2017 1,350円 6,670円 34,730円
2016 3,390円 1,690円 19,380円
2015 1,090円 1,180円 10,310円
2014 850円 1,890円 10,010円
2013 1,090円 8,760円 29,470円
2012 700円 8,980円 45,030円
2011 1,420円 6,030円 28,270円
2010 18,090円 4,160円 64,470円
2009 3,090円 5,410円 24,710円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、阪神競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

スプリングステークス2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 8 ステルヴィオ 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.6) 3
2 5 エポカドーロ 3 あすなろ賞(500万) 1着(-0.6) 1
3 12 マイネルファンロン 6 フリージア賞(500万) 2着(0.1) 4
2017 1 10 ウインブライト 5 若竹賞(500万) 1着(-0.3) 1
2 8 アウトライアーズ 2 ひいらぎ賞(500万) 1着(-0.2) 1
3 7 プラチナヴォイス 6 きさらぎ賞(G3) 4着(0.5) 3
2016 1 1 マウントロブソン 4 あすなろ賞(500万) 1着(-0.2) 2
2 4 マイネルハニー 5 フリージア賞(500万) 1着(-0.7) 3
3 10 ロードクエスト 1 ホープフルステークス(G2) 2着(0.2) 1
2015 1 1 キタサンブラック 5 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5) 9
2 6 リアルスティール 1 共同通信杯(G3) 1着(-0.1) 3
3 8 ダノンプラチナ 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.1) 1
2014 1 2 ロサギガンティア 3 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2) 2
2 4 アジアエクスプレス 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.2) 4
3 10 クラリティシチー 4 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0) 1
2013 1 5 ロゴタイプ 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.0) 7
2 2 タマモベストプレイ 3 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.0) 6
3 15 マイネルホウオウ 11 ジュニアカップ(OP) 1着(-0.1) 1
2012 1 14 グランデッツァ 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2) 2
2 9 ディープブリランテ 1 共同通信杯(G3) 2着(0.3) 1
3 4 ロジメジャー 10 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0) 4
2011阪神 1 6 オルフェーヴル 1 きさらぎ賞(G3) 3着(0.2) 2
2 7 ベルシャザール 4 共同通信杯(G3) 4着(0.3) 2
3 15 ステラロッサ 8 アルメリア賞(500万) 2着(0.2) 2
2010 1 5 アリゼオ 2 共同通信杯(G3) 3着(0.0) 1
2 2 ゲシュタルト 10 こぶし賞(500万) 5着(0.2) 3
3 3 ローズキングダム 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.2) 1
2009 1 12 アンライバルド 1 若駒ステークス(OP) 1着(-0.6) 1
2 7 レッドスパーダ 8 500万(東京芝1600m) 1着(-0.0) 3
3 2 フィフスペトル 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.0) 5
人気

過去10年のスプリングステークスでは、1番人気の好走例が多く、複勝率90%(4-3-2-1)を誇ります。馬券圏外となった2017年は、1番人気サトノアレスが4着に敗れていますが、3着馬と僅か3/4馬身差で、大きく崩れていないとも言えそうです。

前走3着以内

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中27頭を占めます。特に近年は、前走のレースで連対していた馬の好走が目立っています。

前走重賞レース

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中15頭を占めます。15頭全てが前走4着以内に好走していました。

前走500万クラス

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中13頭を占めます。そのうち12頭が前走のレースで連対していました。

予想

今年のスプリングステークス2019は、重賞好走歴のある馬を中心に好メンバーが揃いました。過去、好走例の多い前走500万クラス勝ちの馬や重賞で好走していた馬が多く、レベルの高い混戦といえるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。相性の良い1番人気(ファンタジスト)をスルーしましたがどうなるでしょうか。雨の予報も気になるところです…。

◎2クリノガウディー

前走朝日杯FSは、内で脚を溜める競馬。直線で外に出してからは、良い脚で伸びての2着でした。見せ場は十分にあったと思います。アドマイヤマーズとグランアレグリアを相手に2着と考えれば、ポテンシャルは高そうです。

○15ロジャーバローズ

馬体重プラス16kgで出走した前走福寿草特別を完勝。ややズブそうな印象でしたが、直線では後続を突き放す強さを見せています。

▲12タガノディアマンテ

前走きさらぎ賞は、離れた最後方から外を回しての直線一気で2着。上位陣が逃げ先行勢だったことを考えれば、負けて強しという内容でした。その後、3着ランスオブプラーナは500万クラス完勝、5着メイショウテンゲンは弥生賞優勝。きさらぎ賞組のレベルにも期待できそうです。

馬連◎○▲3頭ボックス 3連複◎-○-▲合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、6着、7着でした。本命◎クリノガウディーは、6着でした。

スプリングステークス2019 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 エメラルファイト 10 白梅賞(500万) 1着(-0.0) 3
2 1 ファンタジスト 1 朝日フューチュリティステークス(G1) 4着(0.6) 3
3 10 ディキシーナイト 7 クロッカスステークス(OP) 1着(-0.1) 1

晩に録画を見ました。

3連単235,870円の波乱、カスリもせずでした。距離不安で軽視したファンタジスト以外の1着エメラルファイトと3着ディキシーナイトは、検討することもなくスルーしていた馬。タフな馬場と差しが決まる馬場を活かした好騎乗だったと思います。

深く考えない競馬