スプリングステークス2021過去データと予想

日程 2021年3月21日(日曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G2
条件 3歳
斤量 馬齢(牡56kg)
出走数 15頭
天気 雨(ヤフー天気)
クッション値 9.7(21日)

スプリングステークス2021

皐月賞の前哨戦スプリングステークス2021です。近年の皐月賞では、前走芝1800m戦を使った馬の好走が目立つ傾向にあり、スプリングステークス連対馬も相性の良さを見せています。本番に向けて注目のレースになりそうです。

中山競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年のスプリングステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回あります。波乱決着となった2019年を除くと、比較的順当な決着が続いていますが、例年、中穴が1~2頭ほど馬券圏内に好走し、若干の好配当を演出しています。

年度 馬連 3連複 3連単
2020 2,910円 3,050円 37,220円
2019 10,290円 32,400円 235,870円
2018 680円 2,230円 7,440円
2017 1,350円 6,670円 34,730円
2016 3,390円 1,690円 19,380円
2015 1,090円 1,180円 10,310円
2014 850円 1,890円 10,010円
2013 1,090円 8,760円 29,470円
2012 700円 8,980円 45,030円
2011 1,420円 6,030円 28,270円

では過去10年のスプリングステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:フジテレビ賞スプリングステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

スプリングステークス2021過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2020 1 7 ガロアクリーク 6 水仙賞(1勝クラス) 4着(0.3) 6
2 3 ヴェルトライゼンデ 1 ホープフルステークス(G1) 2着(0.2) 3
3 9 サクセッション 2 ジュニアカップ(LR) 1着(-0.4) 1
2019 1 9 エメラルファイト 10 白梅賞(500万) 1着(-0.0) 3
2 1 ファンタジスト 1 朝日フューチュリティステークス(G1) 4着(0.6) 3
3 10 ディキシーナイト 7 クロッカスステークス(OP) 1着(-0.1) 1
2018 1 8 ステルヴィオ 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.6) 3
2 5 エポカドーロ 3 あすなろ賞(500万) 1着(-0.6) 1
3 12 マイネルファンロン 6 フリージア賞(500万) 2着(0.1) 4
2017 1 10 ウインブライト 5 若竹賞(500万) 1着(-0.3) 1
2 8 アウトライアーズ 2 ひいらぎ賞(500万) 1着(-0.2) 1
3 7 プラチナヴォイス 6 きさらぎ賞(G3) 4着(0.5) 3
2016 1 1 マウントロブソン 4 あすなろ賞(500万) 1着(-0.2) 2
2 4 マイネルハニー 5 フリージア賞(500万) 1着(-0.7) 3
3 10 ロードクエスト 1 ホープフルステークス(G2) 2着(0.2) 1
2015 1 1 キタサンブラック 5 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5) 9
2 6 リアルスティール 1 共同通信杯(G3) 1着(-0.1) 3
3 8 ダノンプラチナ 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.1) 1
2014 1 2 ロサギガンティア 3 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2) 2
2 4 アジアエクスプレス 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.2) 4
3 10 クラリティシチー 4 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0) 1
2013 1 5 ロゴタイプ 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.0) 7
2 2 タマモベストプレイ 3 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.0) 6
3 15 マイネルホウオウ 11 ジュニアカップ(OP) 1着(-0.1) 1
2012 1 14 グランデッツァ 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2) 2
2 9 ディープブリランテ 1 共同通信杯(G3) 2着(0.3) 1
3 4 ロジメジャー 10 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0) 4
2011阪神 1 6 オルフェーヴル 1 きさらぎ賞(G3) 3着(0.2) 2
2 7 ベルシャザール 4 共同通信杯(G3) 4着(0.3) 2
3 15 ステラロッサ 8 アルメリア賞(500万) 2着(0.2) 2
1番人気

過去10年のスプリングステークスでは、1番人気の好走例が目立ちます。複勝率90%(3-5-1-1)を誇ります。馬券圏外となった2017年は、1番人気サトノアレスが4着に敗れていますが、3着馬と僅か3/4馬身差でした。

前走3着以内

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中26頭を占めます。前走4着以下の4頭は前走4~5着に好走、そのうち3頭が前走重賞レースに出走していたことを考えると、前走好走馬が狙い目といえそうです。特に近年は、前走連対馬の好走が目立ちます。

前走重賞レース

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中14頭を占めます。14頭全てが前走4着以内に好走していました。

前走1勝クラス(旧500万クラス)

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中13頭を占めます。そのうち12頭が前走連対していました。

予想

スプリングステークス2021は、前走重賞好走馬のほか、前走連対馬など層が厚いメンバー構成だと思います。過去、穴馬(4~7番人気前後)の好走が多いレースですし、かなり多くの馬が馬券候補になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。取捨に悩むメンバーに加えて、雨予報…。難しいです。

◎10ボーデン

前走未勝利戦を優勝。データ傾向からは買い難いローテになるでしょうか。ただ前走の勝ちっぷりを見ると、スルーするわけにもいかず…。持ったまま後続を突き放して圧勝していました。前走見せた力に期待して、本命評価にしました。

〇1ランドオブリバティ

芙蓉ステークスの勝ちっぷりや前走きさらぎ賞の直線の伸びを見ると、このメンバーならあっさり勝ち負けがあっても良いのかもしれません。あとは気性面だけがポイントという感じでしょうか。

▲11イルーシヴパンサー

前走フリージア賞は、半年近くの休養明けで馬体重プラス24kgでの出走でした。直線では見せ場のある内容でしたし、力を付けてる印象を受けました。波乱があれば一発あっても…。

△4ヴェイルネビュラ

前走ジュニアカップを完勝。ただ前走のメンバーを見ると、相手関係に恵まれたような優勝だったかもしれません。今回は一気に強い相手になるので、紐荒れがあれば…ということで押さえました。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、4着、5着、7着でした。本命◎ボーデンは、3着でした。

スプリングステークス2021結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 ヴィクティファルス 3 共同通信杯(G3) 2着(0.4) 7
2 6 アサマノイタズラ 7 水仙賞(1勝クラス) 4着(0.4) 1
3 10 ボーデン 1 未勝利戦(東京芝1800m) 1着(-1.0) 1

直線、馬場の真ん中を伸びて来た人気薄アサマノイタズラとスルーしたヴィクティファルスの勝ち負け争いとなりました。特にアサマノイタズラは、前走1勝クラス4着という実績だったこともあり、紐に何頭も流さないと取れない馬だったと思います。仕方ないです。

3着ボーデン。終始タフな馬場の内側を通ってきたをことを考えると、負けて強しという印象でした。未勝利戦の楽勝を見ると、良馬場の東京コースのレースで再度期待したいところかもしれません。

深く考えない競馬