ステイヤーズステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年12月2日(土曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝3600m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 10頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

ステイヤーズステークス 2017

長距離重賞「ステイヤーズステークス2017」です。国内平地競争としては最長の芝3600m戦。例年リピーターの好走が見られ、長距離実績馬が活躍する一戦です。

コース形態

中山競馬場の芝3600mコース
中山競馬場の芝3600mコース

過去10年のステイヤーズステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。以前は、波乱含みのレースでしたが、近年は硬めの決着が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 880円 740円 2,710円
2015 2,880円 4,790円 23,390円
2014 1,830円 2,180円 13,910円
2013 1,340円 7,720円 29,950円
2012 11,470円 23,300円 244,500円
2011 5,050円 75,170円 410,950円
2010 2,500円 4,170円 35,920円
2009 6,730円 10,030円 59,510円
2008 3,420円 35,230円 233,610円
2007 14,120円 55,720円 582,350円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ステイヤーズステークス 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 3 牡5 57 アルバート 2 アルゼンチン共和国杯(G2) 2着(0.1) 4
2 7 セ8 56 ファタモルガーナ 3 京都大賞典(G2) 9着(0.8) 9
3 8 牡4 56 モンドインテロ 6 アルゼンチン共和国杯(G2) 4着(0.2) 1
2015 1 2 牡4 56 アルバート 1 比叡ステークス(1600万) 1着(-0.4) 3
2 7 牡6 56 カムフィー 7 ノベンバーステークス(1600万) 3着(0.4) 3
3 1 牡4 56 トゥインクル 4 比叡ステークス(1600万) 2着(0.4) 1
2014 1 8 牡6 57 デスペラード 3 アルゼンチン共和国杯(G2) 9着(1.5) 7
2 12 セ6 56 ファタモルガーナ 4 アイルランドトロフィー(OP) 4着(0.6) 6
3 2 牡5 56 クリールカイザー 1 アルゼンチン共和国杯(G2) 2着(0.4) 4
2013 1 4 牡5 56 デスペラード 1 アルゼンチン共和国杯(G2) 6着(0.7) 9
2 13 牡5 56 ユニバーサルバンク 4 アンドロメダステークス(OP) 2着(0.3) 5
3 5 牡11 57 トウカイトリック 7 アルゼンチン共和国杯(G2) 13着(1.7) 13
2012 1 15 牡10 56 トウカイトリック 8 アルゼンチン共和国杯(G2) 10着(1.6) 14
2 11 セ4 56 ファタモルガーナ 4 オクトーバーステークス(1600万) 5着(0.7) 2
3 8 牡4 56 デスペラード 2 八坂ステークス(1600万) 1着(-0.0) 4
2011不良 1 9 牡8 58 マイネルキッツ 4 京都大賞典(G2) 7着(1.0) 5
2 3 牡3 55 イグアス 6 比叡ステークス(1600万) 3着(0.4) 4
3 13 牡9 57 トウカイトリック 12 アルゼンチン共和国杯(G2) 12着(1.7) 16
2010 1 1 牡3 55 コスモヘレノス 5 アルゼンチン共和国杯(G2) 3着(0.3) 9
2 9 牡4 57 ジャミール 2 アルゼンチン共和国杯(G2) 2着(0.3) 2
3 7 牡7 58 ネヴァブション 3 天皇賞秋(G1) 5着(0.7) 11
2009稍重 1 5 牡3 55 フォゲッタブル 1 菊花賞(G1) 2着(0.0) 13
2 9 セ9 57 ゴールデンメイン 13 アンドロメダステークス(OP) 4着(0.5) 12
3 13 牡4 57 モンテクリスエス 2 アルゼンチン共和国杯(G2) 7着(0.6) 6
2008 1 4 セ5 57 エアジパング 6 アルゼンチン共和国杯(G2) 15着(2.2) 11
2 14 牡3 55 フローテーション 1 菊花賞(G1) 2着(0.2) 15
3 2 牡8 57 トウカイエリート 11 アンドロメダステークス(OP) 6着(0.6) 9
2007 1 4 セ5 57 マキハタサイボーグ 7 アルゼンチン共和国杯(G2) 9着(0.9) 12
2 11 牡4 58 ネヴァブション 2 アルゼンチン共和国杯(G2) 8着(0.6) 1
3 2 牡6 57 アドマイヤモナーク 5 札幌記念(G2) 13着(1.0) 9

前走アルゼンチン共和国杯

過去10年のステイヤーズステークス3着内30頭中14頭を占めます。アルゼンチン共和国杯での着順に関係なく好走例は多いですが、二桁着順からの巻き返しは、以下の延べ4頭のみです。トウカイトリックが生粋の長距離馬だったことを考えると、アルゼンチン共和国杯大敗からの巻き返しは少ない傾向にありそうです。

  • 2013年3着トウカイトリック(前走アルゼンチン共和国杯13着)
  • 2012年1着トウカイトリック(前走アルゼンチン共和国杯10着)
  • 2011年3着トウカイトリック(前走アルゼンチン共和国杯12着)
  • 2008年1着エアジパング(前走アルゼンチン共和国杯15着)

前走二桁着順

過去10年のステイヤーズステークス3着内では、アルゼンチン共和国杯組の4頭と2007年3着アドマイヤモナーク(前走札幌記念13着)の計5頭のみです。前走のレースに関係なく、大敗からの巻き返しが少ない傾向にあります。

7歳以上

過去10年のステイヤーズステークス3着内30頭中8頭を占めます。年齡よりも長距離適正の方が重要な要素になりそうです。

前走東京芝 or 京都芝

過去10年のステイヤーズステークス3着内では、前走アルゼンチン共和国杯以外だった16頭中15頭が前走で東京芝か京都芝のレースに出走していました。

年度 着順 馬名 前走 コース
2016 2 ファタモルガーナ 京都大賞典(G2)9着(0.8) 京都芝
2015 1 アルバート 比叡ステークス(1600万) 1着(-0.4) 京都芝
2 カムフィー ノベンバーステークス(1600万) 3着(0.4) 東京芝
3 トゥインクル 比叡ステークス(1600万) 2着(0.4) 京都芝
2014 2 ファタモルガーナ アイルランドトロフィー(OP) 4着(0.6) 東京芝
2013 2 ユニバーサルバンク アンドロメダステークス(OP) 2着(0.3) 京都芝
2012 2 ファタモルガーナ オクトーバーステークス(1600万) 5着(0.7) 東京芝
3 デスペラード 八坂ステークス(1600万) 1着(-0.0) 京都芝
2011 1 マイネルキッツ 京都大賞典(G2) 7着(1.0) 京都芝
2 イグアス 比叡ステークス(1600万) 3着(0.4) 京都芝
2010 3 ネヴァブション 天皇賞秋(G1) 5着(0.7) 東京芝
2009 1 フォゲッタブル 菊花賞(G1) 2着(0.0) 京都芝
2 ゴールデンメイン アンドロメダステークス(OP) 4着(0.5) 京都芝
2008 2 フローテーション 菊花賞(G1) 2着(0.2) 京都芝
3 トウカイエリート アンドロメダステークス(OP) 6着(0.6) 京都芝

馬券予想

ステイヤーズステークス2017は、アルバート一強でしょうか。メンバー的には小粒な印象で、ここはアルバートの勝ち負けを期待したいですね。ただ仮にアルバートが優勝したとしても、2~3着争いは大混戦だと思います。

以下、簡単な考察と予想です。何だかな…と思いつつ、外国人ジョッキー騎乗の人気馬3頭で!

◎⑨アルバート

前走アルゼンチン共和国杯2017 4着。このメンバーなら勝ち負け、少なくとも3着は外したくない馬でしょうか。過去3連覇した馬がいないだけに、そこは不安な要素になりますね。ともあれ、ここは深く考えず本命で。

○②フェイムゲーム

前走京都大賞典2017 10着。

アルバートを倒すならこの馬でしょうか。ただ好走にムラがある為、いまいち信用できないですね。戦績からステイヤーというのは言うまでも無いですが、今年は好相性だったダイヤモンドステークス2017で凡走しています。

△⑦プレストウィック

前走アルゼンチン共和国杯2017 9着。4着に好走した昨年と同じローテ(丹頂ステークス→アルゼンチン共和国杯→ステイヤーズステークス)。一強のアルバートを除くと昨年並みのメンバー構成で、昨年並みの走りが出来れば、上位争いの候補になりそうです。

2000m以上の芝重賞では優勝馬を出していないダイワメジャー産ということもあり、馬券的には2~3着候補として狙いたいところでしょうか。

3連複◎-○-△ 合計1点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着でした。

本命◎アルバートは1着でした。

ステイヤーズステークス 2017
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡6 57 アルバート 1 アルゼンチン共和国杯(G2) 4着(0.7) 2
2 2 セ7 57 フェイムゲーム 2 京都大賞典(G2) 10着(0.9) 5
3 7 牡6 56 プレストウィック 3 アルゼンチン共和国杯(G2) 9着(1.0) 6

きれいに的中しました。力通りに決まった感じですね。

特に振り返る点は無いですが、強いていうならば、アルバートは強かったです。長距離戦の層が薄いこともありますが、この条件で国内敵なしという内容でした。

メンバー的にも天皇賞春は勝てる気がしないので、長距離戦のG1となると、やはりオーストラリアのメルボルンカップで見たかったですね。今年は出走予定を取り消して、アルゼンチン共和国杯2017→ステイヤーズステークス2017というローテになりました。来年は7歳馬になることから、G1馬になるのは厳しそうな気がします。