スワンステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年10月29日(土曜日)
開催 京都競馬場
距離 芝1400m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 18頭
天気 曇時々晴参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

秋のマイルG1「マイルチャンピオンシップ2016」の前哨戦として行われるスワンステークス2016です。例年ここをステップにマイルチャンピオンシップで好走する馬を多く輩出しています。

過去10年のスワンステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回に及びます。そのうち2回は80万馬券を超えるなど、波乱含みのレースという印象です。直近2年は上位人気で決まりましたが、傾向としては波乱傾向ということを抑えておいた方が良いでしょう。

  • 2015年 12,830円
  • 2014年 7,020円
  • 2013年 426,890円
  • 2012年 123,950円
  • 2011年 39,420円
  • 2010年 418,640円
  • 2009年 881,590円
  • 2008年 88,490円
  • 2007年 211,850円
  • 2006年 868,690円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
スワンステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 11 牝3 52 アルビアーノ 2 京成杯AH(G3) 7着(0.1)
2 14 牡6 56 フィエロ 1 安田記念(G1) 4着(0.4)
3 9 セ4 56 オメガヴェンデッタ 4 キーンランドC(G3) 4着(0.2)
2014 1 11 牡3 57 ミッキーアイル 1 安田記念(G1) 16着(2.0)
2 12 牡3 56 サンライズメジャー 4 ポートアイランドS(OP) 3着(0.0)
3 5 牡5 56 フィエロ 2 安田記念(G1) 8着(0.8)
2013稍重 1 10 牡3 54 コパノリチャード 8 ポートアイランドS(OP) 16着(2.9)
2 9 牡4 57 ダイワマッジョーレ 4 安田記念(G1) 9着(0.7)
3 7 牡5 58 サダムパテック 10 安田記念(G1) 13着(0.9)
2012 1 15 牡4 57 グランプリボス 3 毎日王冠(G2) 6着(0.5)
2 12 牡4 56 テイエムオオタカ 6 オパールS(OP) 1着(-0.0)
3 13 牝4 54 アドマイヤセプター 7 白秋S(1600万) 1着(-0.2)
2011 1 2 牡4 57 リディル 1 米子S(OP) 1着(-0.1)
2 10 牡5 58 ジョーカプチーノ 3 キーンランドC(G3) 9着(1.0)
3 5 牡6 57 オセアニアボス 10 京成杯AH(G3) 4着(0.3)
2010 1 12 牡6 57 マルカフェニックス 3 スプリンターズS(G1) 9着(0.6)
2 2 牡5 57 ショウナンアルバ 9 セントウルS(G2) 11着(0.6)
3 4 牡4 58 ジョーカプチーノ 10 日本ダービー2009(G1) 18着(9.3)
2009 1 12 牡6 57 キンシャサノキセキ 4 スプリンターズS(G1) 12着(0.4)
2 11 牡3 55 アーリーロブスト 16 白山大賞典(G3) 3着(1.4)
3 17 牡5 58 マルカフェニックス 3 スプリンターズS(G1) 8着(0.3)
2008 1 16 牡4 57 マイネルレーニア 5 ポートアイランドS(OP) 1着(-0.6)
2 7 牡4 57 ローレルゲレイロ 3 高松宮記念(G1) 4着(0.3)
3 2 牝7 55 ジョリーダンス 8 スプリンターズS(G1) 13着(0.7)
2007稍重 1 12 牡4 57 スーパーホーネット 3 ポートアイランドS(OP) 1着(-0.7)
2 14 牡4 58 フサイチリシャール 10 セントウルS(G2) 12着(1.6)
3 13 牡4 57 ドラゴンウェルズ 5 セプテンバーS(1600万) 1着(-0.2)
2006 1 11 牡7 57 プリサイスマシーン 14 函館スプリントS(G3) 9着(0.9)
2 8 牡4 58 シンボリグラン 8 函館スプリントS(G3) 5着(0.6)
3 1 牝5 55 アグネスラズベリ 3 CBC賞(G3) 8着(0.5)
人気

直近2年は、1~4番人気までで決まる硬い決着でした。ただ2013年以前で見ると、3着以内に1番人気は僅か1頭、過去10年でも僅か3頭だけです。2番人気が来たのも直近2年だけです。

  • 1番人気(2-1-0-7)複勝率30%
  • 2番人気(1-0-1-8)複勝率20%

一方、3番人気の好走は多く、2012年までは毎年馬券圏内に来ていました。

  • 3番人気(3-2-2-3)複勝率70%

その他、20万馬券を超えた過去5回では、いずれも二桁人気の馬が馬券圏内に来ています。

  • 2006年1着プリサイスマシーン(14番人気)
  • 2007年2着フサイチリシャール(10番人気)
  • 2009年2着アーリーロブスト(16番人気)
  • 2010年3着ジョーカプチーノ(10番人気)
  • 2013年3着サダムパテック(10番人気)
外枠(6~8枠)

過去10年のスワンステークスでは、外枠(6~8枠)の好走が目立ちます。過去10年の3着以内30頭中18頭に及びます。直近4年では、連対馬全てが外枠(6~8枠)でした。

年齡

過去10年のスワンステークス3着以内30頭中24頭が3~5歳馬でした。直近3年では、3歳馬の優勝が続いています。

前走安田記念

主要なローテはありませんが、直近3年連続で前走安田記念を出走した馬が連対しています。前走安田記念組は、過去3年のスワンステークス3着以内9頭中5頭を占めます。

2010年以前は、前走スプリンターズS組の好走が多いレースでしたが、近年の傾向で考えると、前走安田記念組が狙い目になるかもしれません。

馬券予想

2016年も結構骨っぽいメンバーが揃いました。波乱想定であれば、半数以上の馬に可能性がありそうに思えます。

過去データからの注目は、「外枠」「3~5歳馬」「前走安田記念の馬」です。データ的には6歳以上の馬は劣勢ですが、今年は7歳の実績馬が多数出走予定となっているので、取捨が難しくなりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

①エイシンブルズアイ

4走前のオーシャンステークス2016優勝から挑んだ高松宮記念2016は5着に好走し、今後が楽しみな馬でした。その後、確勝と思われたCBC賞2016は9着に破れ、セントウルステークス2016も8着となり、買い時が分からない馬となってしまいました。

今回、全5勝中4勝を上げている京都に変わるのはプラスに働くでしょう。その4勝とも福永ジョッキーが騎乗してます。来るなら「ここ」という感じがしますが流石に人気しそうですね。

例年外枠が好走しているレースだけに、データ的には買い難いですが、条件が揃っているので押さえて良いかもしれません。

⑦バクシンテイオー

前走北九州記念2016組は買い難いレースですが、前走は1強と思われていたベルカントを差し切っての優勝で、7歳馬にして重賞初勝利となりました。北九州記念2016はハンデ戦なので牝馬のベルカントとの斤量差を考えると、評価が難しいところですが…。

昨年は、北九州記念2015 6着からスワンステークス2015に出走し、4着に好走しています。勢いのある今なら上位争いの可能性も否定できないでしょう。

⑧フィエロ

近年の好走例の多い前走安田記念2016組です。京都の相性(1-5-2-1)が良い馬で、馬券圏外は僅か1度です。馬券圏外となったマイラーズカップ2016は、4枠ながら終始外を追走し、大外をぶん回しての届かずという競馬でした。上位は内を捌いた馬が独占しているので、馬券圏外は仕方ないというレースでした。

今回はマイルチャンピオンシップ2016への叩きだとしても、戸崎ジョッキーが乗るようですし、上位争いを期待しても良いのではないでしょうか。

⑩ブラヴィッシモ

波乱決着だとすれば、ブラヴィッシモのような馬が注目でしょうか。下馬評では人気薄になりそうな感じです。今回人気を集めるだろうアルビアーノ、サトノアラジン、フィエロ、ダンスディレクターあたりは、ともに中団より後ろで脚を溜めるタイプだと思います。

このクラスでは一枚下という印象の馬ですが、5走前の阪急杯2016は内枠から先行し、3着に粘っています。(阪急杯2016では4頭中△評価にしました。)今回の出走馬では、近走で重賞好走のある先行馬が少ないので、面白いかもしれませんね。

⑪サトノアラジン

近年のスワンステークスでは、前走安田記念組の好走が多いので、フィエロと並んで押さえておきたい馬です。

前走は逃げがハマったロゴタイプから僅か0.2秒差の4着に好走しています。直近の成績と戦ってきた相手を見ると、このメンバーなら少なくとも馬券圏内を期待したいです。斤量はフィエロよりも1kg重くなりますが、3~5歳馬が優勢のレースであることを考えると、サトノアラジンの評価を上にしたいです。

⑬エイシンスパルタン

「5歳馬」「外枠」ですから、データ的には押さえても良いと思います。

前走京王杯スプリングカップ2016は、勝ち時計1:19.6と時計が速く、上位陣は外からの差し追い込み馬が独占しています。その中で先行して差の無い7着に粘ったエイシンスパルタンは、度外視して良いかもしれません。

⑭アルビアーノ

今年のスワンステークス2016で最も取捨に悩む馬です。昨年のスワンステークス2015優勝馬、前走高松宮記念2016 3着という実績を見る限り、勝ち負け候補でしょう。「4歳馬」「外枠」とデータ的にも良さそうです。ただやはり不安要素もあります。

  • テン乗りの外国人ジョッキー(シュタルケ騎手)
  • 7ヶ月の休養明け

実績では軸にしたい馬ですが、どこか叩きの今回は、馬券圏外でも納得してしまう部分があります。

買い方

◎⑪サトノアラジン

○⑬エイシンスパルタン

▲⑧フィエロ

3頭まで絞りましたが、馬券圏内が有り得そうな馬が多すぎるので、当たる気がしないですね。

印は、週初めに取り上げた前走安田記念2016好走馬のサトノアラジンを本命に、同じく安田記念2016好走馬のフィエロも押さえました。

その他、スワンステークス2016は、直近4年連続で外枠の馬が連対しているので、エイシンスパルタンも押さえました。アルビアーノと迷うところですが、オッズ的に面白そうな方を選ぶことにしました。

馬連 ◎ – ○ 1点

3連複 ◎ – ○ – ▲ 1点

合計2点

結果

馬券的には、1着、3着、9着でした。

本命◎サトノアラジンは1着でした。

スワンステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
1 11 牡5 サトノアラジン 2 安田記念(G1) 4着(0.2)
2 2 牡5 サトノルパン 8 スプリンターズステークス(G1) 7着(0.2)
3 13 牡5 エイシンスパルタン 6 京王杯スプリングC(G2) 7着(0.5)

晩に録画を見ましたが、本当に勘弁してほしいぐらい惜しかったです。

「よし馬連きた!」と、ふと目線をずらした間にサトノルパンに差されていました…。リプレイ映像を見て「差されてる…」と落胆しました。馬連でも結構ついいたので悔しいですね。ハナ差の3着ですが、アタマの上げ下げのタイミングだと思うので、ほぼ差のない競馬でした。

エイシンスパルタンが気分良く引っ張る流れを外から差し切ったサトノアラジンの完勝でした。このメンバーの中では、力が一枚上という内容でした。

フィエロは出遅れ…内で包まれ良いところを出せなかった感じですね。藤原厩舎ですから、叩きの今回ではなく軽視された次走が怖いと思います。

1~3着馬の次走情報