高松宮記念 2016 過去10年のデータと予想

2012年以降の中京競馬場改修後の過去4年に加え、阪神開催の2011年と旧中京競馬場時代の2006~2010年の計10年の過去データをまとめました。

高松宮記念というだけで、ワクワクします。短距離G1は、国内だと高松宮記念とスプリンターズステークスの2つしかないので、どの陣営も勝ちたいレースではないでしょうか。

過去10年では、波乱決着があまりありません。3連単10万馬券超えの配当は3回です。

  • 2007年546,450円
  • 2009年191,140円
  • 2011年129,290円

特に中京競馬場改修後は、「来ても中穴まで」という決着が続いています。

  • 2012年5,930円
  • 2013年27,200円
  • 2014年71,040円
  • 2015年81,560円

過去4年のオッズを見ると、単勝20倍以下の馬が12頭中11頭を占めます。

年度 着順 馬名 オッズ
2015 1 エアロヴェロシティ 6.5倍
2 ハクサンムーン 16.8倍
3 ミッキーアイル 5.2倍
2014 1 コパノリチャード 7.7倍
2 スノードラゴン 19.6倍
3 ストレイトガール 2.6倍
2013 1 ロードカナロア 1.3倍
2 ドリームバレンチノ 9.4倍
3 ハクサンムーン 85.6倍
2012 1 カレンチャン 3.9倍
2 サンカルロ 6.5倍
3 ロードカナロア 2.4倍

大穴と言えるのは、2013年3着ハクサンムーンぐらいです。余程の穴党でない限りは、最終オッズで単勝20倍以下の馬が狙い目になると思います。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
高松宮記念2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
2015稍重 1 4 セ7 エアロヴェロシティ 4 Chairman’s Sprint Prize(G1) 2着
2 15 牡6 ハクサンムーン 6 オーシャンS(G3) 2着(0.1)
3 16 牡4 ミッキーアイル 3 阪急杯(G3) 2着(0.0)
2014不良 1 5 牡4 コパノリチャード 3 阪急杯(G3) 1着(-0.7)
2 17 牡6 スノードラゴン 8 オーシャンS(G3) 2着(0.2)
3 9 牝5 ストレイトガール 1 シルクロードS(G3) 1着(-0.4)
2013 1 11 牡5 ロードカナロア 1 阪急杯(G3) 1着(-0.1)
2 12 牡6 ドリームバレンチノ 2 シルクロードS(G3) 1着(-0.0)
3 13 牡4 ハクサンムーン 10 オーシャンS(G3) 9着(0.9)
2012 1 10 牝5 カレンチャン 2 オーシャンS(G3) 4着(0.2)
2 17 牡6 サンカルロ 3 阪急杯(G3) 3着(0.3)
3 1 牡4 ロードカナロア 1 シルクロードS(G3) 1着(-0.4)
2011(阪神) 1 4 牡8 キンシャサノキセキ 3 オーシャンS(G3) 2着(0.1)
2 8 牡5 サンカルロ 4 阪急杯(G3) 1着(-0.2)
3 6 牡7 アーバニティ 11 シルクロードS(G3) 2着(0.1)
2010(旧) 1 6 牡7 キンシャサノキセキ 1 オーシャンS(G3) 1着(-0.0)
2 17 牡6 ビービーガルダン 6 阪急杯(G3) 7着(0.6)
3 16 牡5 エーシンフォワード 3 阪急杯(G3) 1着(-0.2)
2009(旧) 1 13 牡5 ローレルゲレイロ 3 阪急杯(G3) 2着(0.2)
2 4 牝5 スリープレスナイト 1 スプリンターズS(G1) 1着(-0.2)
3 2 牡7 ソルジャーズソング 15 オーシャンS(G3) 4着(0.1)
2008(旧) 1 4 牡5 ファイングレイン 4 シルクロードS(G3) 1着(-0.2)
2 10 牡5 キンシャサノキセキ 5 阪急杯(G3) 5着(0.6)
3 1 牡6 スズカフェニックス 1 阪急杯(G3) 2着(0.0)
2007(旧) 1 8 牡5 スズカフェニックス 1 阪急杯(G3) 3着(0.0)
2 17 牡5 ペールギュント 13 中山記念(G2) 13着(1.4)
3 11 牡8 プリサイスマシーン 2 阪急杯(G3) 1着(-0.0)
2006(旧) 1 11 牡6 オレハマッテルゼ 4 阪急杯(G3) 3着(0.2)
2 14 牝4 ラインクラフト 2 阪神牝馬S(G2) 4着(0.6)
3 13 牝6 シーイズトウショウ 3 オーシャンS(G3) 9着(0.7)
前走オーシャンステークス

過去10年の高松宮記念3着以内30頭中8頭を占めます。

中京競馬場改修後の過去4年で見ると、12頭中4頭を占めます。2009年以降、毎年1頭が馬券圏内に来ています。

前走阪急杯

過去10年の高松宮記念3着以内30頭中13頭を占めます。前走阪急杯の馬が馬券に絡まなかった年はありません。

中京競馬場改修後の過去4年では、12頭中4頭を占めます。

前走シルクロードステークス

過去10年の高松宮記念3着以内30頭中5頭を占めます。5頭全てが前走で連対していました。

中京競馬場改修後の過去4年では、12頭中3頭を占めますが、3頭ともシルクロードステークス1着馬でした。

前走二桁着順

過去10年の高松宮記念3着以内では、以下の1頭のみです。

  • 2007年2着ペールギュント(前走中山記念13着)

馬券予想

影響などは分かりませんが、今年は、Bコースを使用するそうです。

二連覇の可能性もあったエアロヴェロシティ、そしてダンスディレクターの二頭が出走取り消しになりました。混戦模様ということに変わりはありませんが、上位人気の二頭がいなくなったことで、ほんの少しだけ予想しやすくなったかもしれません。

今年の注目は、一番人気(推定)のミッキーアイルです。昨年は、阪急杯015 2着から高松宮記念2015 3着(0.1秒差)に入りました。前走阪急杯2016は逃げに拘ったようで、格の違いを見せ付けたような強い勝ち方でした。松山ジョッキーの初G1制覇なるか注目したいですね。

中京競馬場改修後の過去4年では、大穴の好走というのは目立ちません。「人気サイドの馬を軸にしつつ、中穴まで」というのが狙い目になりそうです。

4ビッグアーサー

重賞でずっと買い続けている馬です。過去データ的には「消し」の馬ですが、前走シルクロードステークス2016は外枠で後方からの競馬で届かず…という内容だったので、度外視してもいいと思います。

勝ちきれないレースが続いていますが、9戦連続で1番人気に評価されるような馬です。自力はあると思うので、期待したいですね。

5スノードラゴン

8歳になりますが、前走は衰えていないところを見せました。

2年前はオーシャンS2014 2着から出走し、高松宮記念2014では2着に食い込みました。成績を見る限りは、あまり速い時計にならない方が良さそうなので、前日から当日の馬場状態は気になるところです。また人気していないとき(評価が低いとき)の方が好走するタイプだと思うので、人気薄になりそうであれば押さえたいところですが…。

6ミッキーアイル

特に言うことも無く、前走阪急杯2016は強かったです。前走は、もう一度逃げに徹するということで、逃げて完勝しました。他の馬とは格の違いを感じるレースでした。

高松宮記念を逃げ切るというのは至難の業だと思いますが、昨年の高松宮記念2015 3着、スプリンターズS2015 4着と強いところを見せているので、ここでも大崩れはないのでは…と予想しています。

8アルビアーノ

前走オーシャンステークス2016は、ルメール騎手に乗り代わり、後方から競馬をしました。馬券圏外になったものの、何かを試すためのレースをしたように見えました。今回も後方からの競馬を続けるかもしれません。変に人気したら買い難いですが、良い具合に空気だったら狙いたい1頭です。

前走の内容を見る限りは、今回も後ろからのレースをしそうです。直近5走では、馬券になったのが、斤量52kgで出走したスワンS2015のみです。なので、成績だけ見ると買い難いですね。

前走は不利があったので評価が難しいですが、レース後、ルメール騎手が「(不利があったので)スムーズなら、たぶん勝てたと思う」ということをコメントしていました。ルメール騎手を信じるなら「買い」だと思います。ただ前走後に「跛行」のため治療を施し、17日に帰厩したということなので、万全では無さそうです。

12ウリウリ

6歳の牝馬ということを除けば「買い」でしょうか。昨年のスプリンターズS2015では勝ち馬から、僅か0.2秒差の5着でした。クビ差の4着がミッキーアイルです。

昨年のCBC賞2015(中京芝1200m)では、牝馬を-2kgして考えると、55.5kgは最重量ハンデでした。それで勝ってしまうぐらいですから、このコースの相性は良いでしょう。

13エイシンブルズアイ

最も評価に悩む一頭です。特に言うことも無く、前走は強かったです。ただルメール騎手が不利が無かったら勝ってたというぐらいなので、後ろから行く馬を買うとすれば、アルビアーノとエイシンブルズアイで迷うところです。人気だけ見れば、中穴になりそうなので面白そうです。

18ハクサンムーン

この馬も7歳になりますが、前走は衰えていないところを見せました。中京芝1200mの成績は(0-2-1-1)で、勝ってはいないものの好相性です。4戦のうち3戦はG1高松宮記念なので、この舞台の相性の良さを伺わせます。

2014年は不良馬場だったことに加え、スタートで後手を踏んで後方からの競馬になりました。それでも5着まで来ているので、力のあるところを見せた印象です。ここもスムーズに逃げ先行の形に持っていくことが出来れば、大崩はないのでは…と予想しています。

あとは、大外18番枠に入ってしまったのが、どう影響するかでしょう。逃げそうな馬が内から6ミッキーアイル、10アクティブミノル、11レッツゴードンキ、15ローレルベローチェと4頭もいます。

買い方

◎6ミッキーアイル

○13エイシンブルズアイ

▲4ビッグアーサー

△18ハクサンムーン

3連複◎-○▲△-○▲△

合計3点です。

毎年、馬券圏内に来ている前走阪急杯2016組から、ミッキーアイルを本命にしました。他の前走阪急杯2016の馬と比べると、前走は頭ひとつ抜けているよう見えました。逃げ先行勢が崩れる展開になってしまうと逆転もあるかと思いますが、ここは買いたいと思います。

その他、好走例が多い前走オーシャンS2016組から、エイシンブルズアイとハクサンムーンを押さえました。逃げ先行が残るようであればハクサンムーン、差しが決まるようであればエイシンブルズアイという想定で、特に深い意味はありません。

最後に、前走シルクロードS2016組から、ビッグアーサーを押さえました。過去データからは連対馬を選びたいところですが、逃げ先行馬が揃っているので、脚質的にローレルベローチェは厳しいと予想しました。

結果

馬券的には、1着、2着、5着、11着でした。

本命◎ミッキーアイルは2着でした。

高松宮記念2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 4 牡5 ビッグアーサー シルクロードS(G3) 5着(0.6)
2 6 牡5 ミッキーアイル 阪急杯(G3) 1着(-0.1)
3 8 牝4 アルビアーノ オーシャンS(G3) 5着(0.5)

惜しかったです!「エイシンブルズアイ!差せー!」と思いながら、届かずの5着でした。1~3番人気が順に1~3着に入ったので、かなり順当な結果となりました。2012年に続き、1~3番人気で決まったのは二度目になります。新中京競馬場は、まぐれが少なく、力を出しきれる舞台とも言えそうです。

過去データを振り返ると、データ通りの決着でした。前走阪急杯組から1頭+前走オーシャンS組から1頭+前走シルクロードS組から1頭という決着になりました。

昨日今日の条件戦でもかなり速い時計が出ていた馬場だったので、レコード決着想定でした。スノードラゴンは、速い時計はダメだと思っていたので、7着というのは凄く頑張ったと思います。前半は凄いハイペースで、流石に最後ハクサンムーンは垂れてしまいました。アルビアーノは、前走後「跛行」があり、万全ではなかったはずですから、ここの3着はかなり強いことを示してるともいえます。ルメール騎手が前走後「スムーズなら、たぶん勝てたと思う」とコメントしていたので、やはり強い馬だったのでしょう。

次走情報