宝塚記念 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年6月25日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 11頭
天気 曇り参考 阪神競馬場 – Yahoo!天気・災害

グランプリG1「宝塚記念2017」です。毎年、人気馬が集う上半期の大一番ですが、今年は少頭数で少し控えめなメンバーになりそうです。今年から大阪杯2017がG1に格上げされたことも影響しているでしょう。

過去10年の宝塚記念の配当を見ると、3連単1~2万円台という決着が多いですが、2014~2015年の2回で、波乱決着となっています。もともと紐荒れの多いレースなので、今年も波乱の可能性はゼロでは無さそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 2,440円 2,800円 26,250円
2015 12,900円 157,770円 528,510円
2014 8,990円 57,870円 251,440円
2013 5,150円 2,910円 23,420円
2012 1,010円 3,230円 11,550円
2011 1,660円 2,020円 17,480円
2010 5,150円 7,920円 77,160円
2009 2,630円 720円 10,630円
2008 1,080円 10,660円 55,780円
2007 1,460円 2,720円 15,570円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
宝塚記念2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
2016稍重 1 16 牝5 マリアライト 8 目黒記念(G2) 2着(0.0)
2 9 牡4 ドゥラメンテ 1 Dubai Sheema Classic(G1) 2着
3 3 牡4 キタサンブラック 2 天皇賞春(G1) 1着(-0.0)
2015 1 16 牡5 ラブリーデイ 6 鳴尾記念(G3) 1着(-0.3)
2 6 牝5 デニムアンドルビー 10 天皇賞春(G1) 10着(0.9)
3 1 牝4 ショウナンパンドラ 11 ヴィクトリアマイル(G1) 8着(0.9)
2014 1 11 牡5 ゴールドシップ 1 天皇賞春(G1) 7着(0.5)
2 5 セ6 カレンミロティック 9 鳴尾記念(G3) 4着(0.0)
3 3 牝5 ヴィルシーナ 8 ヴィクトリアマイル(G1) 1着(-0.1)
2013 1 10 牡4 ゴールドシップ 2 天皇賞春(G1) 5着(0.9)
2 4 牡5 ダノンバラード 5 鳴尾記念(G3) 3着(0.2)
3 11 牝4 ジェンティルドンナ 1 Dubai Sheema Classic(G1) 2着
2012 1 11 牡4 オルフェーヴル 1 天皇賞春(G1) 11着(1.8)
2 7 牡5 ルーラーシップ 2 Queen Elizabeth II Cup(G1) 1着
3 2 牡4 ショウナンマイティ 6 鳴尾記念(G3) 2着(0.1)
2011 1 2 牡6 アーネストリー 6 金鯱賞(G2) 3着(0.5)
2 8 牝5 ブエナビスタ 1 ヴィクトリアマイル(G1) 2着(0.0)
3 4 牡4 エイシンフラッシュ 3 天皇賞春(G1) 2着(0.1)
2010稍重 1 17 牡4 ナカヤマフェスタ 8 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.3)
2 8 牝4 ブエナビスタ 1 ヴィクトリアマイル(G1) 1着(-0.0)
3 2 牡5 アーネストリー 3 金鯱賞(G2) 1着(-0.2)
2009 1 9 牡5 ドリームジャーニー 2 天皇賞春(G1) 3着(0.3)
2 8 牡6 サクラメガワンダー 3 金鯱賞(G2) 1着(-0.2)
3 11 牡4 ディープスカイ 1 安田記念(G1) 2着(0.1)
2008 1 9 牡6 エイシンデピュティ 5 金鯱賞(G2) 1着(-0.2)
2 2 牡5 メイショウサムソン 1 天皇賞春(G1) 2着(0.0)
3 1 牡6 インティライミ 11 金鯱賞(G2) 7着(0.7)
2007稍重 1 6 牡4 アドマイヤムーン 3 Queen Elizabeth II Cup(G1) 3着
2 17 牡4 メイショウサムソン 2 天皇賞春(G1) 1着(-0.0)
3 5 牡6 ポップロック 4 目黒記念(G2) 1着(-0.0)

人気

過去10年の宝塚記念では、1番人気が(2-4-2-2)複勝率80%に及びます。

一方、穴馬の好走も多く、5番人気以下の馬が過去10年の3着以内30頭中12頭を占めます。ほぼ毎年、穴馬が馬券圏内には好走しています。

前走天皇賞春

過去10年の宝塚記念3着以内30頭中9頭を占めます。2010年を除く過去9回で、毎年1頭ずつ馬券圏内に好走しています。

前走鳴尾記念

鳴尾記念の開催時期が変更になった2012年以降の過去5年では、鳴尾記念組の好走例が多いです。ただ今年の鳴尾記念2017は、かなり小粒なメンバーだったので、軽視して良いかもしれません。

  • 2012年3着ショウナンマイティ(鳴尾記念2012 2着)
  • 2013年2着ダノンバラード(鳴尾記念2013 3着)
  • 2014年2着カレンミロティック(鳴尾記念2014 4着)※3着とクビ差
  • 2015年1着ラブリーデイ(鳴尾記念2015 1着)
  • 2016年5着ステファノス(鳴尾記念2016 2着)

8枠

直近4年の宝塚記念では、計5頭が馬券圏内に入っており、優勝馬は4頭とも8枠でした。

前走馬券圏外

過去10年の宝塚記念3着以内では、前走が馬券圏外だった馬が計7頭いますが、そのうち5頭が前走G1レースに出走していました。残るは以下の2頭ですが、2頭とも6歳馬で、前年度の有馬記念に出走していました。

  • 2014年2着カレンミロティック(有馬記念2013 6着)
  • 2008年3着インティライミ(有馬記念2007 9着)

馬券予想

過去10年の傾向から「1番人気」「穴馬(5番人気以下)」「前走天皇賞春」「8枠」に注目です。

宝塚記念2017は、キタサンブラック一強という印象が強いメンバーで、3着以内は大混戦になりそうです。少頭数ですが、候補を絞るとカスリもしない結果がありえそう…。(;´・ω・`A “`

先週(6月18日)、阪神の米子ステークス(OP 芝1600m)で、かなり速い時計(勝ち時計1:31.9)が出ており、場合によっては、宝塚記念2017も超高速決着になるかもしれないですね。しかし前夜からの雨で、予想はより一層難しいものに…。

以下、簡単な考察と予想です。

【追記】馬場悪化を想定し、サトノクラウンに傾いていましたが、結局予想はそのままにしました。買い目(3連単)は減らし、少し変更しました。データ通りに、天皇賞春組から1頭(キタサンブラック)、その他から2頭(ミッキークイーン、ミッキーロケット)の3連単(1万円台)を押さえました。
◎⑩キタサンブラック

前走天皇賞春2017 1着。年明け後、G1レース3戦目になるのは、心配な要素です。ただ、まるでレースの度に強くなってるように感じる馬で、ここは相手関係からも勝ち負け争い必死ではないでしょうか。

有馬記念2016は、サトノ2頭出し(サトノダイヤモンド、サトノノブレス)にやられた印象が強い内容で、現役日本馬ではトップクラスの実力でしょう。

久々の外枠になりましたが、内に逃げ先行馬がいるわけではないので、特に問題なくいつものかたちでレースが運べると思います。1番人気の相性が良いレースなので、軸としてここは期待の本命です。

○⑧ミッキークイーン

前走ヴィクトリアマイル2017 7着。前走は、圧倒的1番人気を裏切っての7着。直線で1度進路が狭くなったこと・阪神牝馬ステークス2017の反動・左回りコース・距離など、敗因になりそうなことはいくつかありますが、明確な理由が分からないだけに、今回軸にするのは厳しいかもしれません。

ただ近年の宝塚記念は、ディープインパクト産の好走例が多く、さらに牝馬の好走例も多いことから、データ的には押さえておきたい1頭です。

  • 2016年1着マリアライト(8番人気)※牝馬
  • 2015年2着デニムアンドルビー(10番人気)※牝馬
  • 2015年3着ショウナンパンドラ(11番人気)※牝馬
  • 2014年3着ヴィルシーナ(8番人気)※牝馬
  • 2013年2着ダノンバラード(5番人気)
  • 2013年3着ジェンティルドンナ(1番人気)※牝馬

有馬記念2016では、強い馬相手に0.4秒差の5着。実績面でも、無視は出来ないところですが…。

▲②ゴールドアクター

前走天皇賞春2017 7着。前々走日経賞2017が不自然な負け方で、その後の天皇賞春2017も7着に終わりました。ピークが過ぎたのでは?という見方もできますが、個人的には、もう少し短い距離(1600m~2000m)で見てみたい馬でした。

今回は内回りの阪神コース(2200m)ということで、前走天皇賞春2017よりは条件が向くのではないでしょうか。横山典弘ジョッキーだけに、どういう乗り方をするかは未知ですが、サトノダイヤモンドやキタサンブラックと差のない競馬をした昨年の有馬記念2016のように、内で前につけて粘ることができば…と思っています。

△①ミッキーロケット

人気薄の実績馬から、レインボーラインと迷って結局こちらを押さえました。

前走大阪杯2017 7着。前走は内で脚を溜めて、最後の直線で追い込むも7着という競馬でした。特に見せ場があったとは思いませんが、マカヒキ・アンビシャス・サトノクラウンあたりとは差のない結果で、決して能力が足りないわけでは無さそうです。

日経新春杯2017では、人気を集めそうなシャケトラに強い内容で勝ち切ってますし、神戸新聞杯2016ではサトノダイヤモンドと差のない2着。ハマれば一発ありそうなポテンシャルの馬だと思います。

3連複◎-○▲△-○▲△3連単◎→△→○合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、6着、9着でした。

本命◎キタサンブラックは9着でした。

宝塚記念2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 11 牡5 サトノクラウン 3 大阪杯(G1) 6着(0.4)
2 2 牡6 ゴールドアクター 5 天皇賞(春)(G1) 7着(1.1)
3 8 牝5 ミッキークイーン 4 ヴィクトリアマイル(G1) 7着(0.5)

ええ…(´;ω;`)キタサンブラック何があったのでしょう…。押さえていたミッキークイーンとゴールドアクターが来ても、キタサンブラックがいないんじゃ意味ないですね。

解説を聞くと、3コーナー手前でサトノクラウンにプレッシャーをかけられてと言っていましたが、それだけじゃないように見えました。武豊ジョッキーは「分からない」と言っていたようですが、素人目に感じるのは、やはり馬場でしょうか。勝ち時計自体は、2:11.4(稍重)と遅いものではありませんが、泥が舞うかなり柔らかい馬場に見えました。

優勝したサトノクラウンに騎乗していたミルコ騎手は、勝利ジョッキーインタビューで「やっぱりこの馬場合うね。」と言っていました。同じセリフを京都記念2016でも言っていましたね。まさに昨夜からの雨と馬場が味方した優勝でしょう。

サトノクラウンが得意な馬場というのは、想像できます。2着ゴールドアクターや3着ミッキークイーンも重馬場での好成績がある馬です。トビの綺麗な馬ということもあってキタサンブラックの敗因があるとすれば、この馬場でしょうか。それと春のG1が3戦目というのも見えない疲労になっていたのかもしれません。

次走情報