七夕賞2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年7月8日(日曜日)
開催 福島競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 12頭
天気 弱雨(ヤフー天気)

七夕賞2018

サマー2000シリーズ第一戦、ハンデ重賞「七夕賞2018」です。波乱決着の多い一戦。上位人気が崩れの年や人気薄の激走もあり、かなり難解なレースとなっています。今年も一筋縄ではいかないのではないでしょうか。

コース形態

福島競馬場の芝2000mコース

過去10年の七夕賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。3連複では万馬券が8回も出ており、穴馬を押さえることが出来るかが馬券のポイントになりそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,420円 6,180円 21,540円
2016 2,290円 24,200円 96,740円
2015 3,820円 290,610円 1,006,440円
2014 15,840円 15,310円 121,740円
2013 4,960円 76,040円 310,070円
2012 16,450円 67,180円 591,030円
2011 3,950円 13,120円 84,620円
2010 11,440円 12,600円14,180円 91,300円99,480円
2009 2,090円 3,780円 21,170円
2008 21,570円 45,470円 357,690円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、中山競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

七夕賞2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 8 牡4 57 ゼーヴィント 1 アメリカジョッキーカップ(G2) 2着(0.1) 1
2 11 牡6 57 マイネルフロスト 5 鳴尾記念(G3) 3着(0.3) 7
3 12 牡5 53 ソールインパクト 7 芦ノ湖特別(1000万) 1着(-0.1) 1
2016 1 8 牡4 57 アルバートドック 3 エプソムカップ(G3) 7着(0.8) 5
2 4 牡8 58 ダコール 5 新潟大賞典(G3) 4着(0.5) 5
3 12 セ6 53 オリオンザジャパン 11 アハルテケステークス(OP) 4着(0.2) 8
2015 1 11 牡6 57 グランデッツァ 2 鳴尾記念(G3) 5着(0.5) 3
2 12 牡6 56 ステラウインド 8 目黒記念(G2) 12着(1.1) 5
3 7 牡6 52 マデイラ 16 福島民報杯(OP) 10着(1.2) 13
2014 1 2 セ6 56 メイショウナルト 5 鳴尾記念(G3) 11着(1.3) 7
2 4 牡5 56 ニューダイナスティ 10 仁川ステークス(OP) 10着(1.9) 8
3 7 牡6 58 マイネルラクリマ 1 エプソムカップ(G3) 2着(0.0) 4
2013 1 4 牡5 57 マイネルラクリマ 1 都大路ステークス(OP) 2着(0.1) 1
2 10 牡6 58 トレイルブレイザー 7 Dubai Sheema Classic(G1) 11着
3 2 牡8 55 タガノエルシコ 14 米子ステークス(OP) 8着(0.7) 8
2012稍重 1 6 牡5 55 アスカクリチャン 14 東京新聞杯(G3) 10着(0.8) 11
2 5 牡4 57 トーセンラー 1 鳴尾記念(G3) 3着(0.4) 5
3 7 牡5 55 ミキノバンジョー 7 福島テレビオープン(OP) 1着(-0.2) 5
2011中山 1 15 牝5 52 イタリアンレッド 7 マーメイドステークス(G3) 4着(0.4) 4
2 10 牡5 55 タッチミーノット 2 新潟大賞典(G3) 6着(0.5) 1
3 2 牝4 55 アニメイトバイオ 4 エプソムカップ(G3) 7着(0.8) 3
2010 1 8 牡5 52 ドモナラズ 11 福島テレビオープン(OP) 4着(0.9) 7
2 7 牝6 54 アルコセニョーラ 6 ヴィクトリアマイル(G1) 17着(1.2) 17
3 9 牡6 55 サンライズベガ 1 大阪杯(G2) 10着(0.8) 3
2009 1 14 牡6 57 ミヤビランベリ 1 目黒記念(G2) 1着(-0.8)
2 8 牝5 53 アルコセニョーラ 4 福島テレビオープン(OP) 6着(0.4) 7
3 13 牡7 56 ホッコーパドゥシャ 2 エプソムカップ(G3) 9着(1.1) 7
2008 1 9 牡5 53 ミヤビランベリ 7 関ケ原ステークス(1600万) 13着(1.3) 3
2 11 牡5 53 ミストラルクルーズ 11 ダイヤモンドステークス(G3) 14着(2.3) 5
3 7 牡5 54 マイネルキッツ 3 エプソムカップ(G3) 5着(0.2) 6
人気

過去10年の七夕賞3着以内では、人気馬が不振傾向にあります。特に2010年以降、1~3番人気から2頭以上馬券圏内に来た年がありません。

  • 1番人気(3-1-2-4)複勝率60%
  • 2番人気(1-1-1-7)複勝率30%
  • 3番人気(1-0-1-8)複勝率20%

一方、穴馬の好走例が多く、過去10年の3着以内30頭中17頭5番人気以下でした。そのうち二桁人気馬計7頭が馬券圏内に好走しています。

前走の着順

過去10年の七夕賞3着以内30頭中22頭が前走馬券圏外(4着以下)からの巻き返しでした。前走が馬券圏内(3着以内)だった8頭中5頭1番人気の支持を集めた馬でした。

予想

過去データからは、全くと言っていいほど候補を絞れる要素が殆どない為、予想すら難しいレースになりそうです。今年の七夕賞2018は、少頭数ながら実績面で抜けた馬が不在ですし、何が来てもおかしくないレースになると思います。過去、大穴の激走例も多いですし、殆ど全頭が馬券候補と言って良いかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。後ろ過ぎない位置から進めることが出来そうな馬を中心に選びました。しかし全く当たる気がしないレースですね…。

◎⑥サーブルオール

前走エプソムカップ2018は、かなり力を付けてきた印象のサトノアーサーが優勝。2着以下は、重馬場適性や通ってきたコースの差という感じでした。とはいえ、久々の重賞で崩れなかったのは、評価できそうです。2走前の美浦ステークス2018のように、早めに動くことが出来れば、勝ち負けがあっても…。

○⑪マイネルミラノ

今回は、単騎で逃げることが出来そうなメンバー。気分良く、楽に逃げてこそというタイプです。人気も落ち着きそうですし、前残り期待で押さえても良いかもしれませんね。

▲⑦ワンブレスアウェイ

出遅れ癖のある馬でしたが、やっと前走のマーメイドステークス2018で、スタート良く、スムーズに進めることが出来ました。インコースで脚を溜める競馬で2着に好走。スタートさえ良ければ、重賞でも十分に上位争いが出来るように見えました。今回、牡馬相手にどうかな…という感じですが、前走馬券的中した縁起を担いで、ここは押さえておきます…。

△③マイネルフロスト

昨年の七夕賞2017 2着馬。ムラのある成績に加え、勝ち切れないレースが続いています。ただ重賞で好走する力はあると思うので、昨年のように先行グループで進めることが出来れば、粘り込みがあっても…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、5着、8着、9着でした。本命◎サーブルオールは、4着でした。

七夕賞2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 4 牡7 54 メドウラーク 11 米子ステークス(OP) 11着(2.0) 8
2 5 牡6 52 マイネルサージュ 4 福島民報杯(OP) 1着(-0.0) 5
3 8 牡6 56 パワーポケット 12 夏至ステークス(1600万) 8着(1.1) 8

録画に録画を見ました。3連単2,563,330円の大波乱決着でした。

想定通りマイネルミラノが逃げる展開。後ろ過ぎない位置で進める馬ということで狙ったワンブレスアウェイ、サーブルオール、マイネルフロスト…と、直線に入ったところでは、先団グループにいました。ただ速い流れになったこともあり、前が潰れて差しが決まる展開に…。

12頭立てで優勝馬11番人気、3着馬12番人気。これはどう足掻いても当たらないレースですね。