プロキオンステークス2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年7月8日(日曜日)
開催 中京競馬場 11R
距離 ダート1400m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 14頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

プロキオンステークス2018

ダート重賞「プロキオンステークス2018」です。秋の交流G1マイルチャンピオンシップ南部杯2018やJBCスプリント2018に向けて、ここを使う馬も多く、この先のG1戦線にも繋がるレースになると思います。

コース形態

中京競馬場のダート1400mコース

過去10年のプロキオンステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。中京競馬場開催となった2012年こそ波乱決着となっていますが、近年は、硬めの決着が多くなってきています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 830円 2,810円 16,380円
2016 870円 1,020円 4,510円
2015 1,700円 10,480円 55,100円
2014 550円 6,620円 18,430円
2013 2,380円 4,070円 26,140円
2012 34,920円 24,290円 302,950円
2011 12,450円 8,560円 117,300円
2010 1,960円 930円 8,930円
2009 640円 760円 3,960円
2008 1,530円 3,920円 31,470円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2010年以前は阪神競馬場、2011年は京都競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

プロキオンステークス2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 12 牡6 56 キングズガード 5 天保山ステークス(OP) 2着(0.2) 3
2 8 牡5 57 カフジテイク 1 Godolphin Mile(G2) 5着
3 14 牡8 56 ブライトライン 6 アハルテケステークス(OP) 10着(0.7) 7
2016稍重 1 14 牡4 57 ノボバカラ 1 北海道スプリントカップ(G3) 2着(0.0) 2
2 10 牡5 56 ニシケンモノノフ 3 天王山ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 9 牡5 56 キングズガード 2 栗東ステークス(OP) 1着(-0.4) 1
2015 1 2 牡5 59 ベストウォーリア 4 かしわ記念(G1) 2着(0.2) 1
2 6 牝4 55 コーリンベリー 2 かきつばた記念(G3) 1着(-0.3) 1
3 1 牡7 56 キョウワダッフィー 8 天保山ステークス(OP) 4着(0.4) 2
2014稍重 1 6 牡4 56 ベストウォーリア 1 アハルテケステークス(OP) 2着(0.0) 1
2 3 牡6 56 キョウワダッフィー 2 栗東ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 1 牡5 56 ガンジス 10 すばるステークス(OP) 10着(1.0) 2
2013 1 5 牡6 56 アドマイヤロイヤル 2 欅ステークス(OP) 1着(-0.1) 2
2 1 牡7 57 セイクリムズン 5 さきたま杯(G2) 2着(0.1) 1
3 14 牡7 56 ダノンカモン 1 アハルテケステークス(OP) 1着(-0.1) 3
2012 1 6 牝6 54 トシキャンディ 12 京葉ステークス(OP) 6着(0.5) 6
2 14 牡5 56 アドマイヤロイヤル 4 アハルテケステークス(OP) 3着(0.4) 2
3 9 牡7 56 ファリダット 1 天保山ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2011京都 1 6 牡5 56 シルクフォーチュン 9 天王山ステークス(OP) 6着(0.5) 2
2 13 牡5 56 ダノンカモン 3 フェブラリーステークス(G1) 4着(0.4) 5
3 2 牝5 55 ケイアイガーベラ 1 ポラリスステークス(OP) 3着(0.0) 1
2010稍重阪神 1 16 牝4 54 ケイアイガーベラ 4 マリーンカップ(G3) 4着(0.4) 2
2 8 牡5 56 サマーウインド 2 天王山ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
3 1 牡4 56 ナムラタイタン 1 欅ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2009阪神 1 14 牡6 56 ランザローテ 3 オアシスステークス(OP) 5着(0.5) 4
2 15 牝4 54 トーホウドルチェ 1 安芸ステークス(1600万) 1着(-0.3) 2
3 12 牡6 59 バンブーエール 2 さきたま杯(G3) 2着(0.2) 2
2008阪神 1 11 牡6 56 ヴァンクルタテヤマ 7 欅ステークス(OP) 2着(0.0) 7
2 12 牡6 57 ワイルドワンダー 1 かしわ記念(G1) 3着(0.3) 2
3 7 牡6 58 サンライズバッカス 4 東海ステークス(G2) 11着(0.6) 3
前走オープンクラス

過去10年のプロキオンステークス3着以内30頭中29頭を占めます。前走が条件クラスだった馬は、2009年2着トーホウドルチェ(1番人気)のみです。3着以内は、前走オープン特別や重賞で好走していた馬が中心で、前走二桁着順だった馬は3頭のみ。残る27頭前走6着以内に好走していました。

人気

過去10年のプロキオンステークス3着以内では、1番人気馬が好成績を残しています。

  • 1番人気(2-3-5-1)複勝率90%

予想

過去データから候補を絞れる要素が少ないものの、1番人気馬を中心に、実績馬が結果を残す傾向にあるので、今年のプロキオンステークス2018も大きな波乱は起こりにくい気がします…。

以下、簡単な考察と予想です。差し追い込み馬を中心に…。

◎⑦キングズガード

昨年のプロキオンステークス2017優勝馬。今年は、逃げ馬&先行馬の多く、前がやり合うなら、流れが向くことになるでしょうか。戦績を見る限りは、昨年から力を落としている印象も無いので、今年も上位争いを期待できそうですね。深く考えず、本命で。

○⑩ダノングッド

今回は、前に行く馬が多いですし、流れは向くことになるでしょうか。直近2戦は、後方からの追い込み。ともに良い脚を使っているので、末脚が活きる流れになれば、一発あるタイプかもしれません。ムラがある成績の為、本命というよりは、波乱期待で押さえておきたい1頭です。

▲⑥インカンテーション

直近2戦は、G1フェブラリーステークス2018~かしわ記念2018と2戦連続で3着に好走。実績面では、勝ち負けも期待できそうです。前に行く馬を見ながら進めることが出来そうな脚質は魅力ですね。あとは初のダート1400m戦に対応できるかがポイントになるでしょうか。

馬連3頭ボックス◎○▲ 3連複◎-○-▲合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、7着、8着でした。本命◎キングズガードは、7着でした。

プロキオンステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 13 牡4 56 マテラスカイ 5 花のみちステークス(1600万) 1着(-0.6) 1
2 6 牡8 57 インカンテーション 1 かしわ記念(G1) 3着(0.2) 1
3 3 牡5 56 ウインムート 2 天保山ステークス(OP) 1着(-0.1) 5

録画に録画を見ました。追い込み決着予想も、前が粘る結果となりました。

本命キングズガードは出負けして後方から。対抗ダノングッドも後方からで、2頭ともに予想していたような隊列でした。1400mの速い流れの為か、インカンテーションは、思っていたよりも後ろから進めていました。

最後の直線、押さえていた3頭はともに、上がり1~3位の脚で詰めてきてはいたものの、それ以上に前が止まらない馬場でした。その中で、1頭突っ込んできたインカンテーションは、やはり能力上位の力を示したといえそうです。

優勝馬マテラスカイ。長く条件クラスを勝てない馬でしたが、ドバイ遠征前から急に力を付けてきた印象です。このメンバーでハナに行けた脚も魅力ですし、今後JBCスプリント2018に出走するようなら注目の1頭になりそうですね。

深く考えない競馬