東京大賞典-過去10年のデータと予想

日程 2019年12月29日(日曜)
開催 大井競馬場10R
距離 ダート2000m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量3歳55kg,4歳以上57kg,牝馬-2kg
出走数 13頭
天気 晴のち曇(ヤフー天気)

東京大賞典2019

ダート界の一年を締め括る一戦、G1東京大賞典2019です。2011年から国際G1に格付けされました。毎年、国内ダートのトップホースが揃い、ハイレベルなレースが繰り広げられています。

大井競馬場のダート2000mコース

配当

過去10年の東京大賞典の配当を見ると、3連単数千円~1万円程度の決着が続いています。かなり順当な決着が多いレースです。特に馬連や3連複は少点数で当てないと、的中して損なんてこともありそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 340円 250円 1,400円
2017 970円 690円 4,470円
2016 1,050円 590円 10,780円
2015 430円 2,920円 8,650円
2014 300円 4,310円 10,170円
2013 240円 160円 560円
2012 1,040円 390円 2,940円
2011 260円 1,080円 1,780円
2010 300円 1,580円 3,950円
2009 280円 4,120円 11,310円

では過去10年の東京大賞典で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

東京大賞典2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 5 牡3 オメガパフューム 3 チャンピオンズカップ(G1) 5着(1.0) 1
2 13 牡5 ゴールドドリーム 1 マイルCS南部杯(G1) 2着-0.2) 1
3 2 牡5 ケイティブレイブ 2 チャンピオンズカップ(G1) 11着(1.4) 2
2017 1 13 牡7 コパノリッキー 3 チャンピオンズカップ(G1) 3着(0.1) 9
2 3 セ7 サウンドトゥルー 2 チャンピオンズカップ(G1) 11着(0.6) 2
3 12 牡4 ケイティブレイブ 1 チャンピオンズカップ(G1) 4着(0.3) 3
2016 1 11 牡4 アポロケンタッキー 5 チャンピオンズカップ(G1) 5着(0.4) 7
2 8 牡6 アウォーディー 1 チャンピオンズカップ(G1) 2着(0.0) 1
3 14 セ6 サウンドトゥルー 2 チャンピオンズカップ(G1) 1着(-0.0) 6
2015 1 5 セ5 サウンドトゥルー 3 チャンピオンズカップ(G1) 3着(0.3) 5
2 13 牡6 ホッコータルマエ 1 チャンピオンズカップ(G1) 5着(0.3) 2
3 4 牡9 ワンダーアキュート 6 チャンピオンズカップ(G1) 6着(0.5) 14
2014 1 6 牡5 ホッコータルマエ 1 チャンピオンズカップ(G1) 1着(-0.1) 2
2 7 牡4 コパノリッキー 2 チャンピオンズカップ(G1) 12着(1.2) 1
3 13 牡6 サミットストーン 8 浦和記念(G2) 1着(-0.0) 3
2013 1 5 牡4 ホッコータルマエ 1 ジャパンカップダート(G1) 3着(0.1) 1
2 4 牡7 ワンダーアキュート 2 ジャパンカップダート(G1) 2着(0.0) 6
3 6 牡6 ニホンピロアワーズ 3 ジャパンカップダート(G1) 5着(0.8) 5
2012 1 8 牡4 ローマンレジェンド 2 ジャパンカップダート(G1) 4着(1.0) 1
2 4 牡3 ハタノヴァンクール 3 ジャパンカップダート(G1) 8着(1.4) 8
3 2 牡6 ワンダーアキュート 1 ジャパンカップダート(G1) 2着(0.6) 3
2011 1 12 牡6 スマートファルコン 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.2) 1
2 4 牡5 ワンダーアキュート 3 ジャパンカップダート(G1) 2着(0.3) 5
3 11 牡5 テスタマッタ 4 ジャパンカップダート(G1) 12着(1.0) 7
2010 1 13 牡5 スマートファルコン 1 浦和記念(G2) 1着(-1.2) 1
2 9 牡6 フリオーソ 2 JBCクラシック(G1) 2着(1.3) 1
3 10 牡3 バーディバーディ 5 ジャパンカップダート(G1) 4着(0.2) 10
2009 1 14 牡4 サクセスブロッケン 2 ジャパンカップダート(G1) 4着(0.8) 4
2 13 牡7 ヴァーミリアン 1 ジャパンカップダート(G1) 8着(1.2) 2
3 3 牡4 ロールオブザダイス 7 ベテルギウスステークス(OP) 7着(0.4) 4
前走チャンピオンズカップ(ジャパンカップダート)

過去10年の東京大賞典3着以内30頭中24頭を占めます。近年は、チャンピオンズカップ組が上位を占める傾向にあります。なおチャンピオンズカップ組以外の6頭中5頭が前走連対馬(浦和記念、JBCクラシック、マイルチャンピオンシップ南部杯)でした。

JRA所属馬

過去10年の東京大賞典3着以内30頭中28頭を占めます。上位争いの候補は、JRA所属馬といっても良さそうです。なお地方所属馬2頭は、ともに前走重賞レース(浦和記念、JBCクラシック)で連対していました。

1~3番人気

過去10年の東京大賞典3着以内30頭中24頭を占めます。1番人気馬は、複勝率100%を誇ります。中穴は来ても1頭までという決着が続いています。

予想

今年の東京大賞典2019は、ほぼ例年並みのメンバー構成でしょうか。過去データの傾向から、前走チャンピオンズカップ組のJRA所属馬が上位争いの中心になると思います。ざっと見た感じでは、ゴールドドリーム、オメガパフューム、ケイティブレイブの3頭が抜けてるように見えますが、どうなるでしょうか…。

以下、簡単な考察と予想です。人気3頭で良い気もしますが、好配当狙いでロードゴラッソを押さえました。3連単は、オメガパフュームを除いた組み合わせにしています。

追記修正:△7ロンドンタウンを無印に変更、△13ロードゴラッソを追加しました。

◎2ケイティブレイブ

長期休養明けの前走浦和記念を楽勝。斤量差を考えても、2着以下とは能力差が大きい印象を受けました。好走例の少ないローテですが、前走が長期休養明けですし、あまり深く考えないで良いかもしれません。御神本ジョッキーにも期待して、ここは本命です。

○12ゴールドドリーム

2走前のマイルCS南部杯の低調な内容から、前走チャンピオンズカップはスルーしたものの、僅差の2着に好走。未だに衰え知らずという印象を受けました。このメンバーなら、上位争いの中心になるでしょうか。

▲9オメガパフューム

3走前の帝王賞や昨年の東京大賞典は、速い流れだったこともあり、追い込みが決まるレースになりました。今年は、絶対に逃げたい馬が不在。後ろで脚を溜めて…というタイプなので、展開に左右されそうです。

13ロードゴラッソ

重賞好走歴のある人気薄と考えると、候補になるでしょうか。前走浦和記念3着は、データ傾向から買い難いですが…。2走前のJBCクラシックは、出負けしたようなスタート。そのまま後方を追走したものの、行きっぷりも悪く、全く良さの無い7着でした。ムラのあるタイプですし、買い難い馬だと思います。あくまでここは、紐荒れに期待して…。

(無印)7ロンドンタウン

好走例の多いチャンピオンズカップ組。逃げ先行脚質と考えれば、今年のメンバー構成なら押さえても良いかもしれません。ただ実績面から2000m戦は、やや長そうな印象を受けます。

3連複4頭ボックス◎○▲△3連単◎→○△→○△合計6点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、5着、7着でした。本命◎ケイティブレイブは、7着でした。

東京大賞典2019結果
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡4 オメガパフューム 2 チャンピオンズカップ(G1) 6着(0.7) 4
2 10 セ7 ノンコノユメ 5 勝島王冠(大井ダ1800m) 2着(0.4) 2
3 5 牡4 モジアナフレイバー 4 勝島王冠(大井ダ1800m) 1着(-0.4) 1

夜中に録画を見ました。JRAの上位人気馬が飛ぶ波乱決着でした。地方所属馬が2頭以上馬券に絡むのは、過去初めてではないでしょうか…。

先団グループが総崩れ。先団グループを見るかたちで、中団で進めていたオメガパフュームの差し切り勝ちでした。2~3着には、大井所属のノンコノユメとモジアナフレイバーが突っ込んで来て、粘っていた1番人気ゴールドドリームを交わす決着となりました。前が緩い流れになる予想だったので、真逆に近いレースになってしまったと思います。ケイティブレイブやゴールドドリームには、厳しい流れだったかもしれません。

今年一年「深く考えない競馬」をご覧頂きありがとうございました。来年も少額少点数、かつマイペースで更新していきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。どうぞ楽しく良いお年をお迎えください。