東京新聞杯2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年2月4日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

東京新聞杯2018

マイル重賞「東京新聞杯2018」です。近年の東京新聞杯3着以内からは、エアスピネル(2017年)、スマートレイアー(2016年)、ヴァンセンヌ(2015年)、ホエールキャプチャ(2014年)など、春のマイルG1好走馬を輩出しており、今年のマイルG1戦線を占う一戦といえそうです。

コース形態

東京競馬場の芝1600mコース

過去10年の東京新聞杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。穴馬の好走が多く、2010年や2013年を除くと、馬連でも高配当が続いており、穴馬の連対が多い傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,150円 1,610円 15,460円
2016 4,690円 76,830円 353,160円
2015 14,690円 19,820円 155,940円
2014 6,710円 12,170円 96,300円
2013 1,690円 3,650円 16,490円
2012 3,720円 9,430円 65,040円
2011 12,090円 9,760円 97,600円
2010 950円 3,610円 14,840円
2009 27,100円 139,830円 888,960円
2008 40,120円 514,280円 2,543,450円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

東京新聞杯2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 2 牡4 56 ブラックスピネル 3 京都金杯(G3) 2着(0.0) 6
2 5 牡4 56 プロディガルサン 5 菊花賞(G1) 11着(1.3) 11
3 7 牡4 57 エアスピネル 1 京都金杯(G3) 1着(-0.0) 1
2016 1 6 牝6 55 スマートレイアー 5 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.1) 8
2 3 牡7 57 エキストラエンド 6 京都金杯(G3) 7着(0.5) 4
3 10 牡5 56 マイネルアウラート 11 阪神カップ(G2) 9着(0.6) 12
2015稍重 1 6 牡6 56 ヴァンセンヌ 3 元町ステークス(1600万) 1着(-0.0) 2
2 13 牡6 56 アルフレード 9 ニューイヤーステークス(OP) 9着(0.6) 2
3 10 牡5 56 フルーキー 1 京都金杯(G3) 4着(0.2) 2
2014 1 7 牝6 57 ホエールキャプチャ 8 エリザベス女王杯(G1) 6着(0.5) 4
2 11 牡5 56 エキストラエンド 3 京都金杯(G3) 1着(-0.2) 6
3 12 牡5 57 クラレント 5 阪神カップ(G2) 3着(0.1) 7
2013 1 5 牡4 56 クラレント 2 阪神カップ(G2) 5着(0.3) 4
2 1 牡4 56 ダイワマッジョーレ 5 中山金杯(G3) 5着(0.4) 3
3 8 牡7 56 トライアンフマーチ 4 京都金杯(G3) 2着(0.4) 6
2012 1 5 牡5 56 ガルボ 8 ニューイヤーステークス(OP) 2着(0.5) 3
2 6 牡5 56 コスモセンサー 4 ニューイヤーステークス(OP) 1着(-0.5) 1
3 7 牡5 56 ヒットジャポット 7 ニューイヤーステークス(OP) 3着(0.8) 2
2011 1 15 牡6 57 スマイルジャック 5 マイルチャンピオンシップ(G1) 6着(0.3) 5
2 3 牡5 56 キングストリート 7 ニューイヤーステークス(OP) 5着(0.2) 2
3 1 牡4 56 ゴールスキー 2 阪神カップ(G2) 5着(0.4) 1
2010 1 2 牡4 55 レッドスパーダ 2 ニューイヤーステークス(OP) 1着(0.0) 2
2 4 牡4 55 トライアンフマーチ 1 キャピタルステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 1 牡5 56 エーシンフォワード 6 ニューイヤーステークス(OP) 2着(0.0) 1
2009不良 1 6 牡5 56 アブソリュート 5 クリスマスカップ(1600万) 1着(-0.3) 2
2 14 牡6 56 キャプテンベガ 15 2008ファイナルステークス(OP) 6着(0.3) 1
3 2 牡4 56 スマイルジャック 9 マイルチャンピオンシップ(G1) 11着(0.6) 8
2008 1 7 牡4 57 ローレルゲレイロ 6 阪神カップ(G2) 4着(0.2) 9
2 9 牡7 56 リキッドノーツ 13 京都金杯(G3) 12着(1.0) 10
3 1 牡5 56 タマモサポート 12 中日新聞杯(G3) 8着(0.4) 6
前走ニューイヤーステークス

過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中7頭を占めます。2010年優勝レッドスパーダを除くと、中穴(4~9番人気)程度の支持を集めていました。

前走京都金杯

過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中7頭を占めます。直近6年連続で、馬券圏内に好走しています。

人気

過去10年の東京新聞杯3着以内では、上位人気馬が不振傾向にあり、1番人気馬の優勝がありません。

  • 1番人気(0-1-2-7)複勝率30%
  • 2番人気(2-0-1-7)複勝率30%
  • 3番人気(2-1-0-7)複勝率30%
前走二桁着順

過去10年の東京新聞杯3着以内では、以下3頭のみです。そのうち2頭前走でG1レースに出走していました。

  • 2017年2着プロディガルサン(前走菊花賞2016 11着)
  • 2009年3着スマイルジャック(前走マイルチャンピオンシップ2008 11着)
  • 2008年2着リキッドノーツ(前走京都金杯2008 12着)

予想

東京新聞杯2018は、G1好走歴のある馬が多数集まり、かなり層の厚いメンバーとなりました。高いレベルでの混戦になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。有力馬が多すぎますね。ダノンプラチナやリスグラシューが気になりつつ…。

◎⑦クルーガー

直近6年連続で3着以内に来ている京都金杯組。今年のメンバーの中では、クルーガーが候補になるでしょうか。前走京都金杯2018は、最後の最後でもう一度伸びての2着。トップハンデ57.5kgだったことを考えれば、ポテンシャルの高さを感じるものでした。直近3戦をコンスタントに使って好走しているのも、状態の良さを伺わせますね。

○⑯グレーターロンドン

昨年の安田記念2017で4着に好走。その後、勝ち切れないレースが続いてはいるものの、戦ってきた相手を考えると、ここでも上位争いを期待できそうです。ただ過去10年では、1番人気馬の優勝がないレース。後ろから行くタイプだけに、前走ディセンバーステークス2017のように、差し切れず…というのは有り得そうですね。

▲⑮ダイワキャグニー

全4勝をあげている東京コースはプラスに働きそうですね。3走前の毎日王冠2017は、ディープインパクト産の差し追込み馬が1~3着までを独占する中、先行し3着グレーターロンドンとハナ差4着に好走しました。人気馬の凡走が多いレースというのは不安要素ですが、能力の高さに期待して…。

△③サトノアレス

前走キャピタルステークス2017は、ダイワキャグニーとのマッチレース。先行したダイワキャグニーを差し切れず2着となりました。大きな能力差は無いとは思いますが、今回は1kg重い斤量(57kg)。そのためダイワキャグニーより下の評価にしました。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、8着、9着でした。本命◎クルーガーは、8着でした。

東京新聞杯2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牝4 55 リスグラシュー 3 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.4) 7
2 3 牡4 57 サトノアレス 5 キャピタルステークス(OP) 2着(0.0) 2
3 15 牡4 56 ダイワキャグニー 2 中山金杯(G3) 5着(0.3) 3

晩に録画を見ました。直線、ほんの一瞬だけ楽しめました…。(´・ω・`)

勝ち時計は、1:34.1稍重で行われた昨日の節分ステークス(1600万クラス)の勝ち時計が1:33.9ですから、少し特殊な決着だったかもしれません。4着デンコウアンジュは、好走したマイル戦3戦がすべて1:34.1~1:34.2という時計。昨日の1600万クラスより遅い決着は想定できず完全にノーマークでしたが、このぐらいの時計で決まるレースだと、差しが活きるのかもしれないですね。

グレーターロンドンは、スタートが良く、予想に反して先行する競馬。しかし平均的なペースながら、最後は差しが決まる流れとなり、チグハグした内容になってしまったと思います。

優勝したリスグラシューは強かったですね。評価的には6番手だったこともあり、馬券は狙えなかったです。2歳以降勝ちきれないレースが続いていましたが、ここに来て鮮やかな勝ちっぷり。東京のマイル重賞2勝と考えると、ヴィクトリアマイル2018に出走するようであれば、楽しみが大きそうです。

深く考えない競馬