京都記念2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年2月11日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 10頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京都記念2018

京都記念2018」です。毎年、国内トップクラスの古馬が京都記念から動き始めますね。今年も海外G1ドバイシーマクラシック2018を予定しているダービー馬レイデオロなど、国内トップクラスの馬が出走を予定しています。

コース形態

京都競馬場の芝2200mコース

過去10年の京都記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが無く、大きな波乱のない決着が続いています。ただ近年、馬連は高配当が続いており、伏兵馬の連対が目立つ一戦となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,620円 1,880円 16,070円
2016 2,880円 8,020円 45,480円
2015 3,040円 2,940円 24,210円
2014 4,270円 7,420円 81,540円
2013 2,380円 3,130円 25,280円
2012 1,580円 1,730円 18,600円
2011 1,120円 1,020円 5,390円
2010 1,320円 840円 3,980円
2009 850円 9,570円 55,520円
2008 900円 20,400円 78,590円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都記念2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017稍重 1 6 牡5 58 サトノクラウン 3 香港ヴァーズ(G1) 1着 4
2 4 牝7 54 スマートレイアー 5 香港ヴァーズ(G1) 5着 6
3 3 牡4 57 マカヒキ 1 凱旋門賞(G1) 14着 1
2016 1 7 牡5 56 サトノクラウン 6 天皇賞秋(G1) 17着(1.5) 7
2 6 牝4 53 タッチングスピーチ 3 エリザベス女王杯(G1) 3着(0.0) 4
3 2 牡5 57 アドマイヤデウス 4 有馬記念(G1) 7着(0.3) 11
2015 1 6 牡5 56 ラブリーデイ 3 中山金杯(G3) 1着(-0.1) 4
2 9 牡4 55 スズカデヴィアス 4 ステイヤーズステークス(G2) 4着(0.6) 6
3 4 牡5 57 キズナ 2 天皇賞春(G1) 4着(0.1) 1
2014稍重 1 11 牡6 57 デスペラード 6 有馬記念(G1) 7着(2.0) 7
2 10 牡6 58 トーセンラー 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 1着(-0.2) 2
3 9 牡5 56 アンコイルド 4 ジャパンカップ(G1) 8着(0.3) 5
2013 1 11 牡5 56 トーセンラー 6 新潟記念(G3) 7着(0.2) 1
2 1 牡4 55 ベールドインパクト 3 ディセンバーステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 10 牡5 57 ショウナンマイティ 2 宝塚記念(G1) 3着(0.5) 6
2012 1 3 牡5 57 トレイルブレイザー 5 香港ヴァーズ(G1) 6着
2 1 牡5 57 ダークシャドウ 1 天皇賞秋(G1) 2着(0.1) 2
3 9 牡5 58 ヒルノダムール 3 有馬記念(G1) 6着(0.4) 8
2011 1 2 牡4 56 トゥザグローリー 1 有馬記念(G1) 3着(0.0) 14
2 5 牝6 56 メイショウベルーガ 5 有馬記念(G1) 12着(1.2) 9
3 12 牡4 56 ヒルノダムール 2 日経新春杯(G2) 2着(0.3) 3
2010 1 13 牝4 55 ブエナビスタ 1 有馬記念(G1) 2着(0.1) 1
2 12 牡6 57 ジャガーメイル 3 ダイヤモンドステークス(G3) 出走取消
3 7 牡6 59 ドリームジャーニー 2 有馬記念(G1) 1着(-0.1) 2
2009 1 9 牡5 58 アサクサキングス 3 有馬記念(G1) 14着(2.8) 9
2 11 牡6 57 サクラメガワンダー 1 鳴尾記念(G3) 1着(-0.5) 1
3 12 牡5 58 ヴィクトリー 9 京都金杯(G3) 15着(2.3) 10
2008 1 10 牡5 57 アドマイヤオーラ 1 京都金杯(G3) 2着(0.0) 1
2 14 牡6 57 アドマイヤフジ 4 中山金杯(G3) 1着(-0.3) 3
3 8 牡9 57 シルクフェイマス 11 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 10着(1.3) 11
関西馬

過去10年の京都記念3着以内30頭中26頭を占めます。関東馬は、4頭すべて掘厩舎の馬でした。

前走重賞

過去10年の京都記念3着以内30頭中29頭を占めます。そのうち19頭前走G1レースに出走していました。特に近年、前走G1出走馬の好走例が多くなってきています。

人気

直近8年の京都記念3着以内は、上位人気馬が中心となっており、1~6番人気馬で決着しています。ただ、直近5年は、1番人気馬が劣勢傾向にあり、2013~2016年は馬券圏外に沈み、昨年はムーア騎手騎乗の単勝1.7倍のマカヒキが3着となりました。

予想

京都記念2018は、ハイレベルなメンバーが揃いました。レイデオロなど、昨年のG1馬が4頭。順当な決着であれば、この4頭ボックスで良さそうな気もします。ただ過去10年では、馬連が高配当となる年が続いており、不穏な感じがしますね…。(´・ω・`;)

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑦クロコスミア

過去、逃げ先行馬が好成績を残している京都記念。過去10年の優勝馬では、アドマイヤオーラ(2008年)、トーセンラー(2013年)を除く8頭が逃げ先行していました。今年のメンバーで、先頭から3番手ぐらいまでで進めるとなると、クロコスミアが候補になるでしょうか。前走エリザベス女王杯2017は、スローの前残りで展開が向いた印象の強いレースではありましたが、近走の充実ぶりから一発あっても不思議ではないですね。穴馬扱いになるようであれば、狙ってみても…。

○⑩アルアイン

5年連続で馬券圏内に来ているディープインパクト産。今年はアルアインのみです。メンバーが揃っていますが、血統的な相性に期待して…。

▲⑥レイデオロ

台風直撃のため、かなりタフなレースとなった菊花賞2017を使っていないのはプラスに働くでしょうか。ドバイシーマクラシック2018への叩き、劣勢傾向の1番人気馬、テン乗り(バルジュー騎手)…と、不安要素が集まっていますが、押さえておいた方が無難な1頭だと思います。

△⑤モズカッチャン

人気馬に乗るミルコということで押さえ。ドスローとなった前走エリザベス女王杯2017は、内でロス無く進めた馬と先行した馬が優勢となりました。流れに上手くハマったような印象ですが、底を見せているわけではないので…。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着、8着でした。本命◎クロコスミアは、8着でした。

京都記念2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 4 牡4 55 クリンチャー 4 菊花賞(G1) 2着(0.3) 10
2 10 牡4 57 アルアイン 3 菊花賞(G1) 7着(0.8) 2
3 6 牡4 57 レイデオロ 1 ジャパンカップ(G1) 2着(0.2) 2

晩に録画を見ました。

クロコスミア、全くダメでしたね…。強化された相手関係やタフすぎる馬場がダメだったようにも見えました。例年、前が残る傾向にあるので、今年は特殊な馬場だったのかもしれません。

優勝馬クリンチャー。他の有力馬との斤量差はあったものの、強い内容でした。菊花賞2017のときに母父ブライアンズタイムの血に期待して押さえた馬でしたが、やはりこの馬場が合ったと思います。菊花賞2017もゆったりとした流れにタフすぎる馬場で強い走りを見せました。勝ち時計は、2:16.3。かなり力のいる馬場だったと思います。次走以降、良馬場での一戦となった場合に、真価が問われそうですね。