弥生賞 2016 過去10年のデータと予想

今年は強い馬が揃いました。リオンディーズとエアスピネルの2頭です。馬連一点、でもいいんじゃないのかと思ってしまいます。その他、まだ底を見せていないディープインパクト産マカヒキも登録しています。

過去10年を振り返ると、1番人気の馬が馬券圏外になったのは3回あります。その3回で、3連単18万馬券、46万馬券、12万馬券と波乱の決着となっています。

  • 2015年シャイニングレイ(1番人気7着)
  • 2013年エピファネイア(1番人気4着)
  • 2012年アダムスピーク(1番人気8着)

また過去10年の弥生賞3着以内で見ると、1~3番人気の馬で決着したことがありません。中穴の馬が1~2頭ほど来ることが多いです。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
弥生賞2016
年度 着順 馬番 馬名 前走
2015稍重 1 4 サトノクラウン 東スポ杯2歳S(G3) 1着(-0.0)
2 5 ブライトエンブレム 朝日杯FS(G1) 7着(0.5)
3 2 タガノエスプレッソ 朝日杯FS(G1) 6着(0.5)
2014 1 10 トゥザワールド 若駒S(OP) 1着(-0.2)
2 11 ワンアンドオンリー ラジオNIKKEI杯(G3) 1着(-0.2)
3 3 アデイインザライフ 京成杯(G3) 3着(0.3)
2013 1 8 カミノタサハラ 500万下(東京芝1800m) 1着(-0.1)
2 4 ミヤジタイガ 若駒S(OP) 4着(0.5)
3 3 コディーノ 朝日杯FS(G1) 2着(0.0)
2012稍重 1 5 コスモオオゾラ 共同通信杯(G3) 5着(0.6)
2 2 トリップ ラジオNIKKEI杯(G3) 4着(0.5)
3 4 アーデント 京成杯(G3) 4着(0.3)
2011 1 6 サダムパテック 朝日杯FS(G1) 4着(0.2)
2 3 プレイ つばき賞(500下) 2着(0.2)
3 4 デボネア 京成杯(G3) 2着(0.0)
2010 1 1 ヴィクトワールピサ ラジオNIKKEI杯(G3) 1着(-0.0)
2 3 エイシンアポロン 朝日杯FS(G1) 2着(0.2)
3 2 ダイワファルコン 500万下(東京芝1600m) 2着(0.0)
2009稍重 1 10 ロジユニヴァース ラジオNIKKEI杯(G3) 1着(-0.7)
2 2 ミッキーペトラ 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.2)
3 5 モエレエキスパート シンザン記念(G3) 10着(1.7)
2008 1 2 マイネルチャールズ 京成杯(G3) 1着(-0.0)
2 13 ブラックシェル きさらぎ賞(G3) 7着(0.3)
3 2 タケミカヅチ 共同通信杯(G3) 2着(0.1)
2007 1 4 アドマイヤオーラ シンザン記念(G3) 1着(-0.2)
2 8 ココナッツパンチ 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.3)
3 7 ドリームジャーニー 朝日杯FS(G1) 1着(-0.1)
2006 1 2 アドマイヤムーン 共同通信杯(G3) 1着(0.1)
2 3 グロリアスウィーク きさらぎ賞(G3) 4着(0.3)
3 7 ディープエアー きさらぎ賞(G3) 6着(0.4)
内枠

少し内枠が優勢です。1~3枠の馬が3着以内に来なかった年はありません。

前走重賞

前走が重賞レースだった馬は、過去10年の弥生賞3着以内30頭中23頭に及びます。レース別に見ると、以下になります。

  • 東スポ杯2歳ステークス 1頭
  • 朝日杯FS 6頭
  • ラジオNIKKEI杯 4頭
  • 京成杯 4頭
  • 共同通信杯 3頭
  • シンザン記念 2頭
  • きさらぎ賞 3頭
前走500万クラス以下

前走新馬戦、未勝利戦、500万クラスのレースだった馬は、過去10年の弥生賞3着以内に5頭いますが、5頭とも前走で連対していました。

前走二桁着順

過去10年の弥生賞3着以内では、2010年3着モエレエキスパート(前走10着)のみです。モエレエキスパート以外の29頭では、前走で最も勝ち馬から離されて負けていた馬でも0.6秒差でした。前走で大敗していた馬の巻き返しが少ないレースです。

  • 2012年1着コスモオオゾラ(前走0.6秒差の6着)

馬券予想

注目は、やはり朝日杯FS2015 1~2着馬の10リオンディーズと4エアスピネルでしょう。その他、2戦2勝、2戦ともに単勝1.6倍、2戦ともに上がり最速だった11マカヒキが注目です。この3頭の3連複1点、もしくは3連単ボックスだけでいいのでは…と思ってしまいます。しかしデータを重視するなら、中穴の馬は要注意です。

1アドマイヤエイカン

前走ホープフルステークス2015では、最後まで良い脚で詰めてきていました。京都2歳ステークス2015と札幌2歳ステークス2015と重賞では好走しているので、能力は高いはずです。

エアスピネルとリオンディーズに先着するというのは、余程展開に恵まれないと難しいと思いますが、人気次第では紐候補として押さえてもいいかもしれません。

3タイセイサミット

前走寒竹賞2016は僅差の勝利で、実績的には買い難いです。ただ中山芝2000mを上がり最速で追い込んだ脚は、弥生賞2014年3着アデイインザライフを思い出すものでした。アデイインザライフの新馬戦と京成杯2014も中山芝2000mで凄い脚でした。

前走寒竹賞1着だった馬の成績はいまいちなので、紐候補という感じでしょうか。

  • 2012年メイショウカドマツ(寒竹賞1着→弥生賞7着)
  • 2011年ターゲットマシン(寒竹賞1着→弥生賞11着)
  • 2010年コスモヘレノス(寒竹賞1着→弥生賞5着)

上位3頭に食い込めるかどうかは別として、内枠、500万勝ちともに良いと思います。

4エアスピネル

競馬番組で、武豊ジョッキーが「強い」という旨の発言をしていたので、この馬が強いのは間違いないでしょう。リオンディーズとマカヒキは2000m戦を経験していますが、エアスピネルは今回初2000mになります。距離的な適性があれば…。

7ケンホファヴァルト

過去データでは消せない候補になりますがここでは格下感は否めないですね。自分のペースで逃げて、どこまで…というところでしょうか。

10リオンディーズ

ミルコは大変なことになりそうです。現在重賞5連勝中で、土曜日のチューリップ賞2016(ジュエラー)を勝てば6連勝、弥生賞を勝てば7連勝になります。

前走朝日杯フューチュリティステークス2015はとても強かったですし、距離も問題なさそうです。ここは買い目には入れた方が無難だと思います。

11マカヒキ

今年の3歳は次から次へと強い馬が現れます。共同通信杯2016のときにそう思いました。人気していたハートレーとスマートオーディンが馬券圏外に飛び、伏兵が上位を占めました。

マカヒキもエアスピネルとリオンディーズの2強に勝ってしまうということもありえそうです。単勝1倍台の1番人気で2連勝(上がり最速)というのは、並の馬ではないことは事実だと思います。

買い方

◎10リオンディーズ

○4エアスピネル

▲11マカヒキ

3連複◎-○-▲ 計1点

3連単◎>○▲>○▲ 計2点

合計3点です。

ガチガチの予想になってしまいました。もう1頭押さえるとすれば、3タイセイサミットです。前走寒竹賞2016ということを除けば、過去データ的には「買い」の要素が集まっています。内枠&前走500万勝ちで、例年ならば馬券候補の馬です。

ただやはり今年は、印を付けた3頭が抜けてるのではないかという印象です。もちろん過去10年でみると、1~3番人気の3頭で決着したことが無いレースではありますが…。

結果

馬券的には、1着、2着、3着でした。

本命◎リオンディーズは2着でした。

弥生賞2016
着順 馬番 馬名 前走
1 11 マカヒキ 若駒S(OP) 1着(-0.2)
2 10 リオンディーズ 朝日杯FS(G1) 1着(-0.1)
3 4 エアスピネル 朝日杯FS(G1) 2着(0.1)

凄いレースでした。馬券は的中しました。

「3連単当たる!」と思いきや、ゴール前でマカヒキがさらに伸びました。エアスピネルは序盤で掛かってしまいましたね。初2000mの影響でしょうか。リオンディーズも少し掛かり気味でした。エアスピネルと同様、前走マイル戦の影響かもしれません。

マカヒキは、やはり並の馬ではありませんでした。忘れてはいけないサトノダイヤモンドもいますし、クラシック路線は、ますます混戦ムードになってきました。ルメール騎手は、マカヒキとサトノダイヤモンドのどちらに乗るんでしょうか。今後が楽しみです!

1~3着馬の次走情報
  • 1着マカヒキ、2着リオンディーズ、3着エアスピネルは、皐月賞2016に向かいました。